私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  対話と外交努力という馬鹿の一つ覚え

対話と外交努力という馬鹿の一つ覚え

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本日4月15日は、北の建国者である金日成(1912-1994)の生誕105周年にあたる日である。このため、北朝鮮の核実験が実施されるひとつの候補日とされている。米NBCが、北が核実験をしようとしている確証が得られた場合、通常兵器で先制攻撃する準備を進めていると報道しているが、これはホワイトハウスの意図的なリークではないかと推察している。「踏みとどまるなら今しかないぞ?」という、トランプの金正恩に対するメッセージだ。平壌の選択肢は日を追うごとに狭められている。長らく北朝鮮の後見人であった中共の習近平は、トランプの前で何も言えず、米軍によるシリアへの空爆を容認するほど、この問題でのキープレヤーの座から降りつつある。

 だが、日本の野党はまだまだボケから覚めていない。覚めることを拒んでいるようでもある。以下は、共産党委員長の志位の発言を報じるNHKの記事だ。

共産 志位委員長 北朝鮮情勢 米に外交的解決働きかけを (NHK)

共産党の志位委員長は記者会見で、北朝鮮情勢について、アメリカと北朝鮮がそれぞれ軍事力を行使する事態に発展することを強く憂慮するとして、政府に対し外交交渉によって問題の解決を図るようアメリカに働きかけることを求めました。
この中で、志位委員長は北朝鮮情勢について、「アメリカのトランプ政権は、北朝鮮に対する軍事力行使を選択肢として、軍事的威嚇を強めているが、極めて危険な動きだ。北朝鮮がさらなる挑発行為で応じ、軍事対軍事の危険なエスカレーションが起こることを強く憂慮する」と指摘しました。

志位和夫


そのうえで、志位氏は「アメリカが北朝鮮に先制的な軍事行動をとった場合、韓国や日本を巻き込んで深刻な武力紛争に発展し、おびただしい犠牲が出るのは避けられない。安倍政権はアメリカに対して、外交的解決の立場に立つよう強く働きかけるべきだ」と述べました。

また、志位氏は「衆参両院で予算委員会の集中審議を行って、政府のとるべき対応をきちんと詰めていく必要がある」と述べ、北朝鮮情勢などをめぐって集中審議を行うよう求めました。


 朝鮮中央通信の代弁者のような言いぐさだ。米国が軍事行動に出るとすれば、それは北の核と、その核によって他者を攻撃する危険の排除であり、「極めて危険」なのは北朝鮮の側なのだ。志位の立ち位置は38度線より北のほうにあり、有事が勃発すればそれは米国の責任であり、同時にその行動を理解した安倍政権の責任だというための準備だろう。

「アメリカが北朝鮮に先制的な軍事行動をとった場合、韓国や日本を巻き込んで深刻な武力紛争に発展し、おびただしい犠牲が出るのは避けられない。安倍政権はアメリカに対して、外交的解決の立場に立つよう強く働きかけるべきだ」


 北朝鮮の問題を外交で解決できるのであれば、それに越したことはない。だが、対話のドアを閉ざしている張本人は金正恩であり、トランプではない。外交が問題解決に置いて万能でないことは、侵略の歴史を繰り返してきた歴代中共国家主席やウサマ・ビン・ラディン、アサドらが繰り返し証明してきている。そういう暴君相手においては、対話は無力に近いのが現実だ。

 対話姿勢を軸とする外交努力が、北朝鮮に何をもたらしたか。危機を回避し、その場しのぎと場繋ぎと事なかれ主義が北の核開発を助け、危機を一層膨らませただけだ。拉致被害者は今も故郷に戻らず、ミサイルは日本に向けられている。「政治は結果がすべて」ということばをベースに考えれば、これまでの対北政策は完全に失敗だったのだ。威嚇をもって対抗を鮮明にするトランプが引けば、北朝鮮は意のままに核兵器を手にし、中共はほくそ笑む。米国の地位は失墜し、同盟国の日本もその道連れになる。志位の望むのは、そういう結果なのだ。

 現下の北朝鮮問題は、日本の安全保障政策における戦後最大の転機である。いま民主党(民進党)政権だったとしたら…と想像するだけで、寒気がする思いだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/04/15 08:59 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
発言の目的は?
志井の言う「アメリカが北朝鮮に先制的な軍事行動をとった場合、韓国や日本を巻き込んで深刻な武力紛争に発展し、おびただしい犠牲が出るのは避けられない。安倍政権はアメリカに対して、外交的解決の立場に立つよう強く働きかけるべきだ」の目的を聞いてみたいものだ。

果たして、「日本人の生命と財産を守ること」をどうしても譲れない最大にして第一優先の目的として挙げるだろうか。

それをさっと言えない人間の言うことなど、何の説得力もないし、そんなヤカラに国会議員を任せてはならない。
[ 2017/04/15 09:42 ] [ 編集 ]
大至急、国内の有害勢力を駆逐しましょう。
邪教の教義である「南無 憲法9条」、または、「平和は話し合いで」。
全く無力である。
そのことを痛感し始めた国民も多い筈。

脅威が迫る今、「対話」という空しい言葉を繰り返す連中、党内混乱に狼狽するだけの連中。
彼らが、日本国の安全にとって、無益どころか有害であることを改めて明確にした。

敵基地攻撃態勢を至急、構築することが求められている。

戦後最大の危機を迎えているようで、恐怖感が覆ってきました。

[ 2017/04/15 09:48 ] [ 編集 ]
日本国は、異民族国家などの韓国、共産シナ朝鮮族、共産シナ人などと全く関係ないです。
日本国は、異民族国家などの韓国、共産シナ朝鮮族、共産シナ人などと全く関係ないです。
-----

●日本国が、同胞民族国家など(フィン・ウゴル・モンゴルブリヤート系=ウラル人たち)のモンゴル国、内モンゴル、ロシア連邦ブリヤート共和国、パラオ共和国、フィンランド共和国、エストニア自由国、ハンガリー共和国などを気遣うことは当然です。

●しかしながら、日本国は、異民族国家などの韓国(ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族)、共産シナ朝鮮族(ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族)、共産シナ人(ペルシャ系)などを気遣う必要は全くないです。
[ 2017/04/15 11:49 ] [ 編集 ]
そう言えば「話せばわかる」と言いながら暗殺された首相もいましたっけ。
何事も「話せばわかる」のであれば、地球上から戦火はなくなっているでしょうにね……。
[ 2017/04/15 11:55 ] [ 編集 ]
偏向メディア・特定野党 ・・・・ちちん陳腐
http://www.sankei.com/world/news/170415/wor1704150020-n1.html

>北朝鮮の問題を外交で解決できるのであれば、それに越したことはない。
まさにそういう事です。
しかし、相手が全て「話せば分かる」者たちではないのです。
もう少し分かり易く言えば「ISと話し合えば大人しくテロ、虐殺をやめますか?」、「イスラム教・スンニ派以外認めない姿勢を改められますか?」
つまり話し合いで解決できる相手とそうでない相手がいるという基本中の基本を子供でもないのですから議論のイロハのイとして貰いたいものです。

今米国トランプ大統領のしている事は長らく世界の主要国が北朝鮮の核ミサイル開発への中止を訴えたりしてきた(六カ国協議など)の経緯があって、又最も北朝鮮に影響力を持つ中国の非協力的な無駄な時間の浪費に対して当たり前の事をしているだけの事です。

北朝鮮がそれこそ核ミサイル(ICBM)を完成させ、米国も北朝鮮に影響を与えるのが難しくなった時こそ本当の日本の危機のは筈ですが、そんな当たり前の事を理解しているのか、知っていて国民をミスリードしているのか相変わらず日本の大手メディアはお粗末で陳腐なニュースを流しています。


その一例が早速今日TBSは陳腐化した田中均や丹羽宇一郎を出演させ語らせていました。
ここにTBS(毎日)作為があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%9D%87

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E7%BE%BD%E5%AE%87%E4%B8%80%E9%83%8E

今になって「北朝鮮を攻撃すると日本も反撃される」などと北朝鮮がこうなる前に北朝鮮を生かす時間稼ぎを与える協力をしたのは結局は日本の毎日・朝日や民進(民主)・共産・社民などと言えるでしょう。
それがいまだに「会話で解決」、「相手の状況も理解して」、「攻撃は反撃を受ける」などとまだまだ北朝鮮に時間を与えたいということです。

http://www.sankei.com/world/news/170415/wor1704150024-n1.html

此処まで来るともう日本の特定メディア・野党は北朝鮮のシンパと言ってよいと言えませんか。
冗談ではなく、其処まで北朝鮮の工作が進んでいるのかもしれません。

http://ironna.jp/theme/744

http://www.sankei.com/premium/news/170415/prm1704150001-n1.html
[ 2017/04/15 12:37 ] [ 編集 ]
偏向メディア・特定野党 ・・・・ちちん陳腐

名前入れ忘れ
[ 2017/04/15 12:38 ] [ 編集 ]
士気
対話を閉ざしている北朝鮮。脅威は増すばかりだ!
しかし、こんな危機の中で桜鑑賞にいそしんでいる指導者がいることを知り、唖然とした。北朝鮮の重大な記念日に敢えて日程を合わせる事務方にも責任がある。自衛隊員の士気に関わる。日本国民にも誤ったメッセージを与える。霞が関全体が平和ボケに陥っていると言わざるを得ない。
[ 2017/04/15 21:49 ] [ 編集 ]
カリアゲ君は排除必至でしょうね
北が米国本土まで届くようになった核兵器を持つ事になれば、米国は嫌でも「北」に核開発を停止させなければならなくなるのは当たり前です。

そうしなければ、米国は北の核を背景とした軍拡を止める事ができなくなります(北は失うものがありませんから、リスクは無いに等しいですが、米国は人命の価値が高い為、リスクしかありません)。

この期に及んで、対話がどうのこうの等、時既にに遅しです。北は、本来価値の無い国ですが、核を持つ事で、米国等を交渉の場に引きずり出してきたわけですが、核開発をやりすぎた為、米国から警告を受ける羽目になり、そしてとうとう、軍事的オプションによる金一族の排除まで有り得るようになったわけです。

支那やロシアも、実際、金一族が好きなわけではありません。カリアゲ君が、言う事を聞かないという事になれば、取るべき手段は排除、新たな傀儡政権の樹立しかないでしょう。

ただ、半島は無国籍地域になる可能性があります。現状、どちらかというと、こちらのプランで動いているのでは。

軍事的オプションが無いとしたら、カリアゲ君の亡命しかないでしょう。

どちらにしても、北の未来は「明るい」とは思えません。

日本も他人事では無いですが、国際政治の力関係と、日本の立場上(軍事を米国任せになっている)、どうする事もでき無い為、日本も覚悟するべきだと思います。
[ 2017/04/15 22:58 ] [ 編集 ]
491
マタイによる福音書によれば、
ぺテロが「主よ、兄弟が私に対して犯した罪は何度まで赦すべきでしょうか、7回までですか?」とイエスに訊ねたのに対し、
イエスは
「7たびの70回まで赦しなさい」と答えたとあります。
7の70倍は490回、したがって491回からは神をも赦さぬ大罪という意味になりますが、北朝鮮が周辺諸国を欺いた回数はこれをはるかに上回っていることでありましょう。

日本の子女を拉致誘拐し、しかも一日千秋の思いで待っ親御さんに偽の遺骨を送りつけてくる犯人と、日本政府が6カ国協議等で同じテーブルに就くこと自体が恥辱であると私は考えるものです。

北朝鮮は滅ぼさざるべからず、朝鮮労働党のあるかぎり、拉致問題の解決はあり得ません。

聞けば、日本の法令では拉致被害者を救出する作戦を自衛隊が展開するためには当該国(この場合は北朝鮮政府、ないしはその後継たる暫定統治機構)の承認がいるとか。

この間の抜けぶりにはただ唖然として、言葉もありませんわ。

日本に(だけ)ありとあらゆるリスクを被せることが、世界平和に繋がるという奇妙な信仰集団は、ここではっきり根切りにせねばなりません。
[ 2017/04/15 23:08 ] [ 編集 ]
志位委員長は憲法九条で説得を
志位は朝鮮中央通信の代弁者ですから、その発言は北の刈り上げの希望なのでしょう。
日共志位に依る北刈り上げへの「忖度」ってトコで。

まるで米国と北朝鮮が全く同じ土俵に居るかのような印象を操作する志位発言ですが、北の刈り上げは無闇に核ミサイルを打ちあげる暴走チンピラですが、米国トランプが北にしようとしている事は、国際社会の安定の為の圧力です。
なので
(説得が可能なら)説得されるべきは北の刈り上げであって、逆に米国への説得は国際社会の後退を意味し、北の暴挙を周囲が認める事になりましょう。志位の狙いはその辺か?と忖度されちゃうのよね。

それでも、どことなく北への同情心がある様にも見える日共志位が説得を試みるなら、誰も止めはしないでしょう。してご覧になれば?
決して国政の責任を持つことの無い日共の、無責任な発言では無い証明が出来る良いチャンスです。

現実点で観ると、米国は自国に向けられる核・ミサイル破却は先制的自己防衛ですが、北は、周辺国や米国或いは北朝鮮を起点とする360度の飛距離範囲内にある国々に、何故に敵対心を持ち随時攻撃可能な体勢を採る必要があるのか?と考えれば,刈り上げのして居る事こそ国際社会の「ならず者」でしかありません。

とっくに対話の時期は過ぎ去って、今は武力を以てでも、先ずは「北の非核化」を具体的に徹底するのが周辺国の安全に繋がるのですから、日共は周囲を見回して下手な発言を自重するべきだと思います。
お得意の日本憲法第九条で刈り上げ説得が出来る!筈ですよね?
[ 2017/04/16 01:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: