私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  長島昭久氏の遅すぎた民進党離党

長島昭久氏の遅すぎた民進党離党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党内で保守派と言われた長島昭久氏が離党を決意したそうである。


 決意は尊重したい。しかし、あまりに遅すぎた決意と言えるのではないか。保守政治を追及するのは結構なのだが、あの党に属しながらそんな理念を貫くことが無理であることは、客観的にみても明らかだった。よくここまで我慢できたものだと感心してしまう。

長島昭久


 今までの民進党は保守政党ではなく、保守政党であった瞬間もない。それは、民主党の結党から現在の民進党に至るまで、代表に就いてきた人物を羅列しただけでも明白である。1996年の旧民主党の時代から挙げれば、鳩山由紀夫と菅直人、民主党時代にはその2名に加えて、岡田克也に前原誠司、小沢一郎、野田佳彦、海江田万里、現在の民進党になってからは岡田克也に蓮舫が代表の座を務めてきた。どう考えても、党の主流派はリよく言えば左派であり、菅直人のようにサヨク活動家の成り上がりが党を代表した経緯もある。長島氏は自他ともに認める保守派と言われるが、このような状況下で保守政治を実現できるとは考えるだけ無駄ではないか。

 内側から党を変えるという手段もあるかもしれない。だが、綱領も定まらなかった党に、共通する理念や政治目的があるとしたら、それは「反自民という軸」しかないのだ。実際に、民主党や民進党はそれを掲げて選挙を戦ってきた。長島氏は2015年、当時代表の岡田が共産党の志位と安保法の反対デモなどで共闘したことを厳しく批判し、「こんな民主党に成り下がってしまったことが残念でならない」とブログに記した。それ以降、民主党/民進党が路線を変えたことはない。党を内側から変えることなど、無理なのだ。

 長島氏は暫く無所属で活動しながら、小池都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」との連携も検討したい考えだという。しかし、小池都知事は築地市場の豊洲移転問題で、共産党とも微妙に連携している。その判断が正しいのかどうか、民主党に入党した失敗を繰り返さぬよう、熟考すべきだ。まともに保守政治を追及したいなら、属すべき政党は自ずと限られる。

 長島氏は2014年暮れの総選挙で、民進党候補として比例復活で議席を得た経緯がある。民進党の看板で当選した以上、議席を返上するのが筋である。そのうえで、まっとうな保守政党に入党し、捲土重来を目指すべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/04/09 10:27 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
長島氏。2003年の第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬し初当選。ざっと14年経過。その間、民主党の要職を務めて、この党のコアな部分をいやというほど見ているはずです。
党内の立場や選挙対策の面から、できることの制約はあったに違いないですが、確かに遅すぎの感を拭えません。
[ 2017/04/09 11:31 ] [ 編集 ]
「都民ファーストの会」は、地域政党ではなく、自民党小池派かつ第2自民党です。
「都民ファーストの会」は、地域政党ではなく、自民党小池派かつ第2自民党です。
-----

東京都知事の小池百合子先生が率いる「都民ファーストの会」について、

帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社は、自民党を分裂させたいという帰化未帰化在日韓国人の韓国式願望に基づいて、「都民ファーストの会」を地域政党と韓国式捏造報道するけど、
「都民ファーストの会」は、地域政党でなくて、自民党小池派ですよね。自民党幹事長の二階俊博先生、自民党選挙対策本部選挙対策委員長の古屋圭司先生などのお話に基づいて察すれば、「都民ファーストの会」は、公職選挙法上、政党届出もされていない、でしょうからね。

ところで、平成29年7月2日(日)に執行される東京都議会議員選挙において、「自民党(内田 茂界隈を除く純正自民党一軍、第1自民党)」と「都民ファーストの会(自民党小池派、寄せ集めで急造された自民党二軍、第2自民党)」が両サイドで大きな口を開けているため、公明党は、「都民ファーストの会」に韓国式小判鮫しているけど、議席数を減らし、(社民党別工作部隊の)生活者ネットワークも、「都民ファーストの会」に韓国式小判鮫しているけど、議席数ゼロになり、偽民進党は、議席数ゼロになるでしょうね。
[ 2017/04/09 12:38 ] [ 編集 ]
維新も第2自民党から始まった
>(松井一郎は)自民党大阪府議団の政調会長まで務めたが、WTC府庁移転問題を機に自分と考えが違うと言う理由で「自民党維新の会」を結成。

>2010年(平成22年)に橋下徹が代表を務める地域政党大阪維新の会に参加して、幹事長に就任。

松井一郎WIKIより抜粋

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E4%B8%80%E9%83%8E
[ 2017/04/09 15:50 ] [ 編集 ]
追記 
>都民ファーストの会(とみんファーストのかい)とは、小池百合子東京都知事が主宰する政治塾「希望の塾」の運営団体ならびに
東京都議会において活動する地域政党。代表は小池の特別秘書(政策担当)をつとめる野田数。

>2016年に、小池百合子東京都知事を支援する政治団体として誕生する。ただし、小池自身は党の代表をはじめとする役職には就いていない。

※つまり、小池新党などと呼ばれることもあるが、あくまで小池都知事を支援する地域政党であり、小池は代表や幹部として運営にタッチしてない。

都民ファーストの会WIKI
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E6%B0%91%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E4%BC%9A
[ 2017/04/09 16:00 ] [ 編集 ]
まとめ
何が言いたいのかよく分からなかったので、説明がちょっとチグハグになったかもしれませんが、
小池都知事が自民党と都民ファーストの会の二股を掛けてるような状態だと思っているのなら、それは誤解です。

小池は、まだれっきとした自民党員であり、小池ファンクラブのような地域政党、都民ファーストの会に所属してるわけじゃありません。
[ 2017/04/09 16:26 ] [ 編集 ]
タイミングを逸していた!?
本文に指摘されているように、「共産党との連携は一線を越えた。内側から民主党(民進党)を改革する」…とは表向きの理由であり、離党のタイミングをうかがっているうちに時間が過ぎてしまったことと、比例で拾われた身という現実が離党の動きを鈍らせたと私は見ている。

そもそも民主党結党時の非現実的理念先行型とも称すべき素人野合集団だったわけで、そんな中で比較的普通の感性をもった長島議員の離党は当然かと。

議席を返上して、一から出直せば、まだ芽はあるかも。
[ 2017/04/09 20:03 ] [ 編集 ]
もうイイです
民主党時代からも言えるのですが、民進党になってもこの党に所属できている議員が「保守」なんてどんなホシュなんだ?と思って久しいです。
防衛問題に詳しいということで、この長島氏には勝手乍ら随分お待ち申し上げた時期もありました。私的には民主党の中の唯一の注目議員でした。
が、なにしろ”動かない事山の如し”で、結局は保守的評論家だと思い切りました。


松井一郎大阪府知事はお父様も自民党系の議員さんだったと聞きましたが、違ったかしら?政治力は橋下氏より遙かに堅実だと大阪在住の方の評価です。
[ 2017/04/09 20:11 ] [ 編集 ]
長島衆議院議員には、当然期待していました。
離党するのも一つの道ですが、きっと最後まで内側から改革の道を模索しておられたことでしょう。

健全な2大政党を、彼もまた夢みて来たはずですが、この期に及んでは、残念ながら見果てぬ夢と、決断されたようです。

東京新聞の長谷川元論説副主幹も、未だ退社せず、頑張っておられますが、TBSをお辞めになった山口氏の最近のご活躍を拝見すると、むしろ自由になってからの活動範囲の方が、生き生きと有意義かもしれません。

長島衆議院議員には、税金の無駄にならない今後の活動に、大いに期待致します。
[ 2017/04/09 21:33 ] [ 編集 ]
長島は似非保守
ぱよちん集団ミンシンに所属する保守派は似非保守にすぎない。
長島も然り。
離党してもすぐに真正保守になるわけでもない。
恐らく石破レベルぐらいの似非保守だろう。だから、当面何も期待できない。
せめてミンシン崩壊への一石になるべきだが、多分そうはならず
保守ヅラした松原や前原、馬渕あたりはぱよちんのままだろうね。
[ 2017/04/10 10:21 ] [ 編集 ]
まともじゃない組織などに残っている人たちは、癖のある人たち、要領をかます人たち、鳥頭の人たち、まともじゃない人たちなどばかりになりますね。
まともじゃない組織などからは、少しでもまともな要素を有している人たちは、どんどんやめていって、まともじゃない組織などに残っている人たちは、癖のある人たち、要領をかます人たち、鳥頭の人たち、まともじゃない人たちなどばかりになりますね。
[ 2017/04/11 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: