私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  取るべき道は金正恩の排除しかない ~ 北ミサイル発射と米中首脳会談

取るべき道は金正恩の排除しかない ~ 北ミサイル発射と米中首脳会談

← 応援クリック、ありがとうございます。

 北朝鮮が昨日朝、日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。おりしも米中首脳会談を目前にした強行で、平壌の意図を「忖度」しつつ、様々な憶測が飛び交っている。官邸ではNSCが開かれ、安倍総理は「安全保障上の重大な挑発行為だ。国連安全保障理事会決議に明確に違反し、断じて容認できない」と北を批判。菅官房長官、岸田外相、稲田防衛相らも相次いで批判と見解を会見で表明し、北の脅威が更に段階を上げたことを示した。

 これが、平壌からの「日本は森友ばっかりやってないで、こっち向け」というメッセージだったら笑えるが、当然ながら事は極めて深刻だ。麻生副総理は、先月31日の閣議後記者会見で、北朝鮮情勢に関して「いま日本の新聞が書いているより深刻じゃないか」と述べたている。この「深刻」さは、北のミサイル開発技術の向上もあるだろうが、北に対する米国のアクションと、そのアクションによって生じる日本のリスクを指すのではないか。安倍総理が「急ぐ必要はない。(早く帰したら)国民も納得しないだろう」と述べていた駐韓大使の帰任を、南鮮からの実質的な回答が何もない中で決断したのも、事態の深刻さを示唆している。

金正恩


 トランプが大統領に就任してから初の米中首脳会談を前に実施された暴挙だ。米中両国が、東アジアのホットスポットである北朝鮮に関して協議を行うことは、今までも既定路線だったと言われる。しかし、この北の行為によって、トランプとキンペーが何を語り、対北政策でどのような合意を形成できるのか(もしくはできないのか)に、益々世界の注目が集中する環境ができた。

 私個人は、特に根拠はないものの、中共が米国の軍事オプションを含む具体的なアクションについて、難色を示すか、もしくは積極的な協力を拒むだろうと予想している。トランプは、「中国が解決しないというのなら、我々がやる」と宣言している。また、ティラーソン国務長官は、「戦略的忍耐の政策はもう終わった。あらゆる選択肢が検討されている」と語り、軍事オプションもテーブルの上にあることを示した。

 これまでの大統領、国務長官の強気な発言が、米中首脳会談で変化を見せるのかが注目される。ひとつ言えるのは、これだけ強硬な発言をしてきたトランプが、キンペーとの会談後に従来の方針を覆せば、その選択が歓迎さるか否かは別として、世界から「口だけ男」と軽蔑されることになるということである。それは、米国の威信を著しく低下させることを意味し、相対的に支那のポジションが上がるということだ。

 戦争は誰も望まない。日本とて、北の暴発の対象となる可能性は高い。だが、米国の威信の低下は、海を隔てて支那と対峙する日本にとっては、百害あって一利なしである。取るべき道は、金正恩の平壌からの排除しかないと思われる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/04/06 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
この件に関してはアメリカは韓国抜きで対応を協議してると思います
今すぐどうこうと言うよりは
退路を徐々に塞いで激発を誘い、それを持って大義名分とするんじゃないでしょうか
[ 2017/04/06 09:49 ] [ 編集 ]
暗黒国家対策はどうする
北を経済封鎖というか、兵糧攻めというか、それをやって、北朝鮮
を弱らせることが一番効果があるように思う。
それができるのは中国である。でも、中国は
それをやらない。従来、北を泳がせて中国は
対アメリカで有利になるように持っていこうと
してきたが、もうそのやり方も限界だ。
さて、アメリカ、中国、北朝鮮の3角形はどう変化するか。
[ 2017/04/06 12:01 ] [ 編集 ]
国際舞台という舞台での大根役者たちの喜劇
そもそも六か国協議(六者協議)だとかいうつまらない集まりで北朝鮮に核ミサイル開発の時間稼ぎを与えた事に根本的な問題が有り、北朝鮮という国がキム独裁体制を維持するという明白な核心的意思に対して時間を与えればこうなることは何年も前から自明の理であった筈です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E8%80%85%E4%BC%9A%E5%90%88

ではこの六か国協議が進展しない(失敗した)原因は何かと言えば、主に中国に責任があります。
つまり北朝鮮を脅したり、宥めたりしながらも自国の勢力圏に置こうという考えから経済制裁の抜け道を自ら作ってこの北朝鮮を生き延びさせてきたのではないでしょうか。
また米国も民主党、非現実主義者オバマなどによりやはりこれも北朝鮮に時間を与えた犯人でしょう。

そんな北朝鮮が増々脅威を増しているというのに、お笑いは日本の政治家の議論です。
特に野党(民・共・社・自)に於いては『敵基地攻撃』に反発をしています。

これが『専守防衛』です。

http://www.sankei.com/world/news/170330/wor1703300034-n1.html

http://www.sankei.com/column/news/170406/clm1704060005-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170402/plt1704020006-n1.html

ゆっくりと敵が攻めて来るかどうかを見極めて、どうこうするというWWⅠ・WWⅡ以前の国防ならまだしも、今は数分、数十分で敵が発射した核ミサイルが日本に到達する時代です。
別に核を積んでいないとしても一発で相当の被害を日本国民に齎すでしょう。

それを呑気に一発日本が被弾したら、『敵基地攻撃』をすると与党自民党は言っているわけです。
対する野党、それでは『憲法九条に反する』とか。
であれば、普通は日本国の国民の生命と財産を第一に守るべき仕事の政治家は『憲法九条』改憲でなければおかしい事です。

違う言い方をすれば「ミサイルが何発日本に落ちたら敵基地攻撃をすることが出来るのですか?」、「敵がミサイルを日本国に落としているのに話し合い解決ですか?」と当然普通の頭があれば思うことでしょう。

つまり今の民・共・社・自などの野党政党(政治家)は政党、政治家として存在を許されているかもしれませんが、実際的要件を満たしてはいません。

それが今国会で喚いています。

http://www.sankei.com/west/news/170406/wst1704060005-n1.html

そして今考えるべき事は、金正恩(キム・ジョンウン)の排除と金体制の壊滅です。
それ以外にはありません。
「話合い」などと狂った事を言っている暇はありません。
それを妨害する中国などは敵国でしかありません。
それを妨害する日本国内のさよく・在日連合は敵でしかありません。

[ 2017/04/06 12:27 ] [ 編集 ]
韓国に従北政権が誕生する前に片を付けるか!?
https://quasi-stellar.appspot.com/articles/4a/NY4ab04caa.html
より

在韓米軍の軍属はほぼ全員帰国しており、今は一部空軍と撤退援護のローテンション部隊しかいない。
従い朝鮮戦争再開時は即、撤退ということになるだろう。
あいもかわらず韓国情報の暗号化は進んでおらず筒抜けであるから米軍も楽なのだ。
米国民間人もほとんど帰国しているようだ。

しかしまだ日本人はお花畑が万単位でいるようだ。南北開戦となったら脱出は困難だろう。
すさまじい犠牲が出るだろうが、まあ自己責任で、としか言いようがない。

日本政府も国外よりも国内に於ける反日勢力や朝鮮総連中心の反日テロ等の国内治安の方がよほど問題だから手が回らないのだ。



[ 2017/04/06 13:49 ] [ 編集 ]
・・・ですね
戦争紛争は誰も望まない事ですが、かと云って国際社会が今までと同じ対応をしていたら、ドンドン北は核ミサイル開発とその使用の脅し行為に専念するのでしょう。
最近の北スローガンに「宇宙」というのも入って居る様で、中共の宇宙開発に対抗するつもりなのかも知れません。
ティラーソン国務長官の「言うべき事は言ってきた」一言が、米国の覚悟を表わしている気がします。

先月のミサイル4弾発射で中共は北の石炭輸入を止めると云いましたが、それも直ぐのことではなく「年末までに」。
半年以上の時間の中では状況次第でなし崩しも計算の内かも、と疑念は残ります。
北の石炭は一般消費用ではなく工業に使用出来る燃費の良い物だそうで、積極的に中共がそれを手放したい筈もありません。

北に混乱が起ったとき、周辺国がどうしても避けたい事態は難民が自国に押し寄せる事だと思います。日本も南鮮も中共もロシアも。特に陸続きで思想が似ている中共は。
その中共が米国と手を組んで?ちょっと想像が出来ません。

国境線を長く持つ中共と南鮮が取り敢ずの難民流入先でしょうが、日本はその際どさくさに紛れた南鮮からの密入国も気になります。
何故か彼らは困った時は日本が助けるべき、だと言い張る民族ですから尚更です。
そして現在の法務省は大変移民に対して緩い。

ピンポイントで刈り上げ受話器が倒されるのは大賛成なのですが、あのド厚かましい民族が我が物顔でその辺に根付かれるのはぜ~~~ったいイヤです。
節度を弁える人であれば兎も角、日の丸や旭日旗を踏み裂く種類の人ほど揉み手で擦り寄り裏で舌を出しそうで・・・イヤ!
というのが私の個人感情。でも、可能性は多いにあるのですよね。

今南鮮の大統領代理を務めている黄教安首相は検事出身で北のスパイを長年取り締まってきた経験者なのだそうで、随分骨のある方だとか。
日本メディアはこの黄氏を事実と違って日本批判ばかりの人の様な報道をしているそうですが(反日メディアは読んでません)、「北の核問題解決は自由統一しかない」という持論者。
クネさんではなくこの方が大統領だったら良かったのに、と他国からタラレバを云っても仕様が無いのですけれど、ため息交じりに云っちゃいます。

在韓米軍家族は避難訓練として沖縄に既に移っている、とか、避難訓練の繰り返しをしている、とか聞きますが、刈り上げ受話器がミサイル遊びをし続けるなら、米国が黙視するとは思えませんしそれも仕方が無い、と考えます。
で、日本の出来る事は如何?
[ 2017/04/06 14:22 ] [ 編集 ]
口を出すな
北朝鮮に対しては軍事行動も排除しないとトランプ大統領は言っている。その場合の最大の懸念が中国の挙動だ。

アメリカとぶつかりたくなければアメリカの北朝鮮対応に口を出さず、黙ってみていろ。とトランプさんが習近平に引導を渡すのではないか。

北朝鮮攻撃は韓国大統領選挙後、テロ支援国家再指定など制裁を強化していってやるつもりではないか。

日本は憲法9条関係なく当事国になる。覚悟が必要。
[ 2017/04/06 14:37 ] [ 編集 ]
訂正
大間違いでした。
北の石炭は燃費が良いのではなく、コークスになる粘結炭というもの、でした。工業用でもなく製鉄用だそうです。訂正致します。

[ 2017/04/06 17:02 ] [ 編集 ]
ガラガラポンしたい
個人的に平和ボケの日本国民を覚醒させるには北の暴発がキッカケになるのではとも考えられますが?
国土、国民に大きな犠牲が無ければ我が国は目が覚めない事を大震災で証明済である。しかし数年経過しただけで元の木阿弥状態。
明らかに我が国周辺にミサイルがぶち込まれている現状を危機として捉えられない糞メディアと電波芸人や糞野党の痴呆議員共が朝から総出で「お笑い劇場」を繰り返し、誤魔化しに北のミサイル問題をチョロリと仕込みながら糞ネタばかりのお花畑にはウンザリ感だけである。
辛淑玉が雲隠れし、ようやく祖国?日本に戻ったらお友達の生コン辻元に籠池問題が飛び火して同様に雲隠れ状態。お互いに頑張れ等と励まし合った等ともはや半島野郎共もズブズブの関係すら自ら白状している。やはりバカだな。
一方でコバンザメ公明が都議選で小池へすり寄り与党自公の連携にも霧が出始めてきた。半島政党は自滅まっしぐらの道を突き進み、もはや第2の社民化の現状。こんなバカげた事をガラガラポンするには北の暴発にしか期待する他は無し。
そうそう、護憲派や9条カルト信者がミサイル恫喝には何らの声も出ない事があら不思議じゃ有りませんか?
[ 2017/04/06 20:07 ] [ 編集 ]
トランプの開戦決意?
トランプ大統領は安倍総理との電話会談で、「米国としては引き続き抑止力を強化し、あらゆる軍事的能力を使って自国と同盟国を守る」と明言したそうです。
メッセージとしては簡単明瞭ですが、さて、これで米軍が北朝鮮の核施設を攻撃した時に、北がソウルにロケット砲弾の雨を降らせることを抑止できる訳ではなく、又撃ち漏らしたミサイルが日本に着弾することを防げる訳でもありません。
軍事的手段を使った場合に、もともと百パーセントという話はないのです。

但し、北朝鮮のような跳ねっ返り国家をこのまま放置しておく危険性に比べれば、他のリスクはあえて甘受するべきと理解しました。

キム体制が続く限り、拉致問題の根本的な解決など実際には不可能であります。
キム体制を崩壊に導くためにあらゆる手段を駆使することは、本来、日本がやるべきことなのです。

アメリカの背中に隠れて、やれ砲弾が、ミサイルがと、またぞろ騒ぎまくる反戦平和という名の破壊勢力に対しては、今度こそ根絶やしにしたいものだと考えております。
[ 2017/04/06 21:27 ] [ 編集 ]
米国も限界(日本も当事者意識を持つべし)
米国まで届く「大陸間弾道ミサイル」が開発されない限りは、米国も「様子見」という選択肢もあったのだろうと思いますが、最近の北の核実験やミサイル発射の成功(今までのように見事な失敗で笑っているようなレベルでは無くなってきている)、その他諜報筋等の情報からも、その種のミサイルを開発する寸前、もしくは既に開発を行っている可能性が高まってきた為、米国も「他人事」では済まなくなったわけで、そうなると、アジア太平洋地域の安定化の為に「軍事的オプション」も含めた作戦を実行せざるを得なくなる可能性だってあります。

最近のカリアゲ君の動きからすると、支那の言う事をきかなくなっているような節があり、支那も苛立っているようなところがあります。カリアゲ君は、ジョンイルような「支那の忠犬」というわけではないようです。

米国からも北を統制するように言われていると思いますが、支那的には微妙な位置で、米国の言いなりになりたくはないが、北の暴発の可能性を考えると、「飲まざるを得ない」のではないかと思います。

さて、そうなった時に日本はどうするのか、当事者意識が無かったような日本ですが、米国が「軍事的オプション」を選択した場合は、「当事者」になる可能性は十分あり得るでしょう。

流れ弾のミサイルが降り注いだり、半島(特に南鮮)から難民が押し寄せたり、国内でゲリラが活動を始める可能性だって高いと思います。

早急に手を打たなければ、間に合わなくなる可能性が高いと思います。
[ 2017/04/07 00:38 ] [ 編集 ]
森友問題もここにきて藪の中から大蛇が出て来ました。
辻元清美の悪行です。掘れば掘るほど悪行が横の繋がりへと明らかになって来ました。単なる国有地払い下げから左派系組織~沖縄辺野古~福島瑞穂~革マル派~在日朝鮮問題と暗部が暴かれてきました。
特に旧社会党との繋がりがあり、やはりなと思います。社会党は北朝鮮から資金提供を受けていたことは既成事実です。
しかし、民進党の若手代議士も社会党の歴史を知らないのでしょうかね。
野党4党が共謀罪に揃って大反対ですが彼らは日本の暗闇勢力の代弁者だと言ってもいいでしょう。
産経以外の新聞・NHK・民放テレビと反対の声は拾うが賛成の添えは声は一人か二人で反対派の擁護と捉えて間違いはないでしょう。

[ 2017/04/07 12:37 ] [ 編集 ]
北への空爆は100%ある
時期は分かりませんが、アメによる北への空爆は100%あると思います。

北朝鮮は、放っておくと、キューバ危機と同じ状況を招くからです。あの時、アメリカは戦争を決意しました。ソ連の軍艦がキューバに近づかないよう海上封鎖をした。両国の艦隊がにらみ合うなかで、砲弾が一発でも飛べば米ソ戦争の危機があった。

アメリカ全土を射程に収める核ミサイルの配置を、アメリカは絶対に許さない。そのことは、キューバ危機で証明済みです。このまま、キューバ危機と同じ状況を作り出したら、トランプ政権の重大な汚点として残る。それくらいは、トランプも理解しているでしょう。

中国が北朝鮮の問題を解決できないなら、我々が単独でもやる。この言葉は何を意味するか。言い換えると、中国が北に軍事進攻するか、北で軍事クーデターを起こして、はねっ返りの若造を殺せ、さもなくば、アメリカが若造を殺す、と言っているのですよ。

斬首作戦を実行して金正恩を殺したとして、それで終わりになるはずがない。反撃を許さないために、北朝鮮軍の解体まで必ず行くと思います。

[ 2017/04/07 22:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: