私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  田原総一朗に見る守旧ジャーナリズムの劣化 ~ 「証拠ないけど、寄付はあったのではないかという気もする」

田原総一朗に見る守旧ジャーナリズムの劣化 ~ 「証拠ないけど、寄付はあったのではないかという気もする」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2015年12月9日、辻元清美が「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」というパーティーを憲政記念館で開いた。そのパーティーに参加したメンツが凄い。香山リカ、辛淑玉、鳥越俊太郎、小池晃(共産党)、石坂啓(「週刊金曜日」の編集委員、ピースボート水先案内人)、蓮池透など、“その筋の人たち”が一堂に会し、みな口々に辻元を礼賛したという。その中には、自称ジャーナリストの田原総一朗もいた。

 田原は、辻元清美に政治献金を行っていると、自ら公言している。他にも陳哲郎にも献金しているというのだが、辻元の扱いは別格である。辻元が朝生に初出演したのは1987年で、朝生スタートの年である。そのころ辻元自身は二十代後半で、平壌を後ろ盾にしたピースボートで活動家人生を送っているころだ。早稲田大の学生時代に辻元をスカウトしたのは、北のスパイと言われたあの小田実らしいが、田原は辻元の活動家時代から、朝生で辻元を重用し続けている。出演回数は71回だそうで、舛添要一、大島渚、高野孟に続いて歴代三位だ。

 その田原、BLOGOSでインタビューに答えているのだが、語った内容がお粗末すぎて話にならない。

今回、新聞やテレビが大きく報じたのは、籠池氏が証人喚問の冒頭で陳述した「100万円の寄付」だ。安倍昭恵・首相夫人から100万円を直接渡されたと、国会の証人喚問で明言した。その内容は具体的で「100万円の寄付はあったのではないか」という印象を与えた。

実際のところ、現時点では「寄付があった」という決定的な証拠があるわけではない。だが、一方で「寄付がなかった」という証拠もない。籠池氏の証人喚問が終わっても、真相ははっきりしないが、100万円の寄付はあったのではないかという気もするのである。


田原総一郎


 ジャーナリストであれば、情報ソースを追い、自身の発信する内容には責任を持つのが礼儀だろう。それがなければ、タブロイド紙で、想像をベースに芸能ネタを書いている三流ライターと同じだ。田原は、「寄付があったという証拠もないが、なかったという証拠もない」と、義務教育レベルの感想を述べつつ、「100万円の寄付はあったのではないかという気もする」と言っている。

 いやしくも、一応名の通ったジャーナリストとして、これほど無責任な発言はない。田原は以前、朝生で「拉致被害者は死んでいる」と発言し、「家族会」によってBPOに訴えられた。この時のBPOの見解は、放送倫理上の問題があったとしながらも、「言論の自由の範囲内にあるものとして許容されるべき」といいうものだった。今回の発言も、「拉致被害者は死んでいる」と同じレベルの妄言と言えるだろう。しかしそこには、安倍総理および昭恵夫人の名誉など知ったことかという、守旧ジャーナリズムの傲慢さが見えるのだ。

 田原には是非、寵愛し続けてきた辻元清美に関する問題について、意見陳述を求めたい。過去30年に渡って重用してきたのだから、辻元の素性ぐらい既に熟知しているだろう。タブーに挑戦してきた田原なら、朝飯前のことだと思うが…。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/03/30 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(15)
耄碌ジジイ田原
田原はジャーナリストではなくコント役者かエンターテイナーと割り切れば
やっていることが面白く受け取れる。
ただし日本の国益に害することばかりするのが不快。
齢80超えてからの著作での発言は「ドネぺジル」(←医薬品事典で調べよう)
服用者そのもの。
田原の辞世の句ってどんなものだろうか?「もっとやりたかった」(何を?)
じつは女性との関係だったりして。
[ 2017/03/30 07:51 ] [ 編集 ]
yasu
>コント役者かエンターテイナーと割り切れば

当方は朝生スタートのころから初代の「電波芸人」と見てきました。
この係累につながるのが、鳥越や大谷、池上らです。
ジャーナリストって肩書は実に使い勝手がいいんですよ。
自称すればいいのだから。
[ 2017/03/30 08:54 ] [ 編集 ]
証拠がない場合、寄付はあるともないともいえない。
>実際のところ、現時点では「寄付があった」という決定的な証拠があるわけではない。だが、一方で「寄付がなかった」という証拠もない。籠池氏の証人喚問が終わっても、真相ははっきりしないが、100万円の寄付はあったのではないかという気もするのである。

…寄付はある、その証拠がないならば、寄付はないとはいえない。寄付はない、その証拠がないならば、寄付はあるとはいえない。いずれにしても、証拠がない場合、寄付はあるともないともいえない。

=== 論考イメージ ===================================

1 〇=〇 (あると仮定、証拠ある、結論あるといえる)
2 ×=× (ないと仮定、証拠ある、結論ないといえる)
3 〇≠× (あると仮定、証拠ない、結論ないとはいえない)
4 ×≠〇 (ないと仮定、証拠ない、結論あるとはいえない)

================================================
[ 2017/03/30 08:58 ] [ 編集 ]
ありもしない裏事情を作ってつまり捏造して
相手を貶めるやり方はシナ朝鮮の得意とするところである。
それに同調する日本の反日政党、反日マスゴミ。
そのおこぼれもらって仕事する政治評論家。
その程度か,このしょぼくれ老人は。
恥ずかしい存在である。
[ 2017/03/30 09:06 ] [ 編集 ]
反権力が反日になっているのがおかしい
田原さんは以前番組でハッキリ仰っていましたが、
自分たち(ジャーナリスト)はまず反権力なんだと
なぜならば、先の大戦は権力の暴走から始まった
その反省から二度と戦争は繰り返させない、
権力は時として間違えるのだから と

角川文庫ですが、文庫本を読み終えると最後に
先の大戦は文化力の敗戦だったと書いてあります

その言葉を今のジャーナリスト達にお返ししたいですね
韓国と北朝鮮と中国を、戦後日本と近い価値観を持った国と
同列に語りたいのでしょうが

北朝鮮と中国には政治的な弾圧を受けて今日も牢屋越しに壁を見て生きている人が
いるに違いありません。手記を何冊か読みました。

韓国は絶えず文句を言う国民性に磨きをかけてほしいと思います。
次は日本は関係ありませんからね。
[ 2017/03/30 10:47 ] [ 編集 ]
インチキ野郎ですよ、田原は。ずっと見てきたものとしての結論です。
12チャンネルにいたころはまだよかったが、朝日に行ってからはもうアウト。
[ 2017/03/30 10:48 ] [ 編集 ]
インチキ野郎田原がそれでも売れていたのは、あの政治漫談芸をできる人間がいなかったから。いまは全て
本番の時代になってしまい、モラトリアムが許されなくなっている。
南北の崩壊、中国の民衆蜂起など。
だから、あの漫談芸は、もうオシマイ!
[ 2017/03/30 11:02 ] [ 編集 ]
いいですね~
証拠は無いけど民進党の辻元清美は建造物侵入した気がする
証拠は無いけど民進党の辻元清美は威力業務妨害した気がする
証拠は無いけど民進党の辻元清美は14億円値引きに関与した気がする

罪でっち上げ放題で辻元清美をブタ箱にぶち込めるわけですね?
[ 2017/03/30 15:38 ] [ 編集 ]
ゴミ
これまでのマスゴミを振り返っていましたら、また怒りが沸々してきて
前エントリで皆様よくご存じの迷言を貼ってしまいました(汗)

「放送法遵守を求める視聴者の会」の28日記者会見は正論主張でした。
地上波でこれが抹殺されているのが悔しいですが(まあ出せないわw)。
視聴者の会では田原らに3:3討論を呼び掛けましたが
民進党と同じように公平な議論からは逃げるでしょうね。

怪しい気がするだけなら「寄付」より小沢や辻元の「献金」の方が
やりがいあるんじゃないのと思うのですが・・芸人は芸風があるからねー
[ 2017/03/30 17:06 ] [ 編集 ]
ジャーナリストと言われてもね。
ジャーナリストは真実だけを伝えてくれたらいい。テレビに長いこと君臨し、他人が調べた記事にああだこうだと感想を述べ、反対意見を言う者がいたら途中で遮って邪魔をする。ジャーナリストのうさん臭さはNPO並に国民に浸透してきている。日本のジャーナリストは、冬暖かく夏涼しい部屋で見てきたかのような口調で、国内や海外の情勢を語る語り部です。その代表ともいえる田原氏は恥ずかしい存在です。
[ 2017/03/30 20:36 ] [ 編集 ]
GHQと共産主義者が作り出した幻想に浸りたいだけのテレビ芸者
田原総一郎といえば、テレビ局(東京12チャンネル)のディレクターを長年務めた後、主にテレビジャーナリスト(自称)として活動していた人物ですね。

ディレクターを長年務めていただけあって、「番組」の仕切り方や構成などは、それなりの技術があった事は認めますが(それでも随分不公正な番組作りでしたが)、ジャーナリストとしての使命感のようなものは、微塵も感じられませんでしたね。

田原氏の番組に出演した事のある故三宅先生も、相手の話を遮るような、進行役の田原を非難していましたし、そういった、たとえ「真実」であっても、「認めたくない」ものを「認めない」姿勢というのは、左翼に非常に多く見られる習性だと思います。

それでも、彼は、カルト染みた共産主義に嵌っていない(田原自身は、左翼ですが、共産主義の自覚は無いと思われる)という意味で、たとえ反対意見の類であっても少しは聞こうとする分(それでも途中で妨害しますから、議論や討論に臨む姿勢としては未熟だと思いますが)、ましな部類ですが、彼の意見の多くに、願望的悲観論が多すぎる所が目立ちますね。

要するに、「こうであってほしい」とか、そういうのがあったと「思う」のような、願望ばかりが目立ちます。これって、真実を追求するジャーナリストの姿勢としてはおかしいのでは?たとえ、都合が悪くても「事実」であった場合は、認めなければおかしいでしょう。

自分の意見として発するならば、まだ別としても、「拉致被害者は死んでいる」と、自身の意見(というよりは、予想)に過ぎないにもかかわらず、まるで、自分はその真実を知っているかのように断言するような発言なども、その被害を受けた相手を、無責任に傷つけているという自覚が無いのだろうかと思う。

>自分たち(ジャーナリスト)はまず反権力なんだと
なぜならば、先の大戦は権力の暴走から始まった
その反省から二度と戦争は繰り返させない、
権力は時として間違えるのだから

という田原の発言も、昭和期の日本政府や、官公庁、大学などの教育機関、昭和研究会やその後継である大政翼賛会(主催者は、筋金入りの共産主義者であった近衛文麿)などの政治団体、そして彼らが非難している軍部などに、数多くの「共産主義者」が潜んでいた事を知らない事を示している。

つまり、田原自身が味方だと思っていた当時の為政者が軍国主義のファシストであり、自分達日本人の敵であったと戦後の教育等で知ってしまい、戦中の日本政府に失望と憎悪に近い感情を持った一方で、そういった「虚像」を信じ込む事、すなわち、カルトに浸る事の危険性を、彼は生涯をかけて必死に訴えたかったのだろう。

しかし、彼が敵だと思った「日本政府」は、完全に「国民」の味方であったとまでは言えないにせよ、実は、共産主義の脅威から国民を必死に守ろうとしていたのであり、特高等の活躍もあって、ある程度は阻止できていたものの(誤認逮捕や、革命まで考えていたかどうか不明な者も逮捕された側面は確かにありましたが、だからといって、共産革命が脅威でなかったから特高は不要だったという理屈にはなりません)、残念ながら、最終的には、政府の中枢部や軍部、官公庁、大学、新聞社(特に朝日新聞)に共産主義者が浸透し、日本国民を洗脳し、日本の国家を破壊しようと動く事を許してしまいました。

彼らは、マルクス・レーニン主義に基づく「敗戦革命論」を革命の理論とし、共産主義の総本山たるソ連に、日本を統治させる為に、時に過激に、時に徹底的な国家主義を唱え、それが最終的に国家社会主義という「全体主義」に行きつき、「二・二六事件」に代表される「皇統派」を生み出したわけです。

皇統派は、一見すると、「保守」のように見えますが、実際には天皇を政治利用(彼らが皇室や天皇を敬愛していたとは限りません)して、政治を全体主義に持って行く事で、日本国家を破滅させようとした「国賊」です。

つまり、田原などの「真相箱」を真に受けた集団が、味方だと思っていた者が敵であり、それは一部事実(皇統派の正体が日本国民の敵)だが、ある事実(皇統派の正体)を隠した、歪めた事実であり、真実は、嘘の中に巧妙に紛れ込ませ、国民を騙し、天皇を政治利用し、戦争に持って行こうとした「皇統派」を糾弾しなければならないわけです。

こういった事実を、「一介の庶民」に過ぎない「我々」が知るようになっても、田原のような長年ジャーナリストをやってきたはずの人物が知らないというのは、普通に考えれば「おかしい」はずであり、敗戦とGHQの真相箱によって、目を曇らされて、真実を正しく認識できなくなった彼が、真実を伝えたいと言いながら、奴ら(GHQ、共産主義者、支那人、朝鮮人、ヒトモドキ)の言いなりとなり、結局は、奴らと同種の人間(左翼、パヨク)に成り下がっているというのは、ジャーナリストとして情けないと思わないのだろうか。

老い先短い人生だと思うが、GHQと共産主義者が作り出した幻想に浸りたいだけの「テレビ芸者」は、これらからの日本には不要だと思う。

それと、この田原のように、様々な工作に嵌められた被害者になり得ない為にも、戦前、戦時中の史実を明らかにする事と、工作活動の実態、そして「人間」というものの明暗を徹底的に追及する必要があると思います。

[ 2017/03/30 23:54 ] [ 編集 ]
江戸時代の長屋の井戸端
テレビ朝日長屋の井戸端で有頂天になって無駄話しているおかみさん風 の田原総一郎じゃーなりすと。

証拠は無いけどナンタラカンタラ。
で事が済むのはドコゾの人民裁判レベルです。サイテー

籠池問題を反日野党や汚染マスゴミが手放さないのは、この件で安倍内閣を潰そうという意図が有るのでしょうね。
蟻の一穴になりそうな昭恵夫人の名前で、証拠も根拠も無ければ作れる(筈)。という計画だったのかも。
随分長い時間を掛けて大阪朝日は塚本幼稚園取材をして来た様ですので、事の真偽は分っていての事の様な気もします。

ところがドッコイ、本筋は辻元事件。となった今後、長屋の田原オバサンはハテ!今後どんな発言をして顰蹙を買うのでしょう。
[ 2017/03/31 01:17 ] [ 編集 ]
ポストセブン の記事
塚本幼稚園の先代さんの好評はどなたのネットコメントでも変らないのですが、お亡くなりの時期が人に依って違っていましたので、そのコメントのまま私がこちらに書いた代替わりの時期は不確実で訂正致します。

今度は「ポストセブン」の記事に先代さんが1995年に病に倒れられそのまま再起されずに亡くなった主旨の文があってこれも確かな時期は書かれていませんが、病続きだったら実際には今の籠池氏夫妻の経営だったのだろう、と推測出来ます。

継いだ幼稚園経営は財政的に苦しく随分大変だったそうですが、それに連れて「愛国主義」がエスカレートしていた籠池氏。 だそうです。
ポストセブンの記事ですと
<そんな籠池氏の前に現れたのが、愛国者を自認する保守系の安倍首相だった>
これでは、実際に安倍首相が籠池氏と会ったかの様にも読めるのですが、モノは書きよう、という「余韻」の怪しさでしょう。

そして、(学園関係者)の云う
<彼にとって安倍首相は「愛国主義」という一家の闘いを権威づけてくれる強力な装置だったのです。>
関係者の説明がコレ。

本当の「愛国主義」「保守系」って権力を持つ人を利用したりはしない、と思うのですが・・・したのね。
[ 2017/03/31 04:07 ] [ 編集 ]
つまりインチキ野郎田原は、元禄太平の時代に忠臣蔵の紙芝居を面白く読んでた漫談師ってこと。
いまや、黒船だの桜田門外の変だのが起こりそうになってきている。
この先どこかで止めて、再度(中国との)第二次太平洋戦争の無条件降伏の負け戦に突入させたら、今度こそ終わる。チベット人の運命が私にも、あなたにも待っている。
インチキ野郎田原など、この時代には完全に邪魔な存在。
[ 2017/03/31 09:03 ] [ 編集 ]
変革期
テレビの番組でも4月は改編で局の人間などの移動の季節です。
それと同時に出演者、コメンテーター、キャスターなどの変更もあるのでしょう。

さよく全盛であった昨今まで、政治経済ニュース番組は左傾化した人物たちで占められていました。
その変化が表れ出したのは折しも安倍内閣誕生あたりからの様に感じます。
それから第二次、第三次安倍内閣と進むに伴い、その間朝日の変更ぶりの露呈などを経て変化が実際的に表れているように思います。

近年、最近まで特に全国放送などには香山リカやら落合恵子、佐高信、高野孟、吉永みち子などの顔を日常的に見ていた時もありました。
特に香山リカなどがBPO(放送倫理・番組向上機構)に居たという酷い状態でした。

http://www.bpo.gr.jp/

そんな第一線のさよくの露出が縮小して来た中、志方俊之氏、森本敏氏、青山繁晴氏、潮匡人氏、石平氏、宮崎哲弥氏、宮家邦彦氏などの保守系の人物がまだまだ不足していますが出演比率を増やしています。

そのでその過渡期にあるテレビ出演をしている評論家、ジャーナリストなどを現時点で見まわしてみますと。

先ずTBS(毎日)に毎日の精神として鎮座している『サンデーモーニング』というドさよく・在日化石番組があり、毎日から顔を出している岸井成格、そして田中優子、寺島実郎、金子勝などが出演しています。

TBSにはその他、『報道特集』という香ばしい番組が在ります。

http://www.tbs.co.jp/houtoku/

此処にはあの「怒っている」メンバーの金平茂紀を筆頭に膳場貴子、日下部正樹などがいますが、兄弟番組『Nスタ』にはその予備軍として竹内明、佐古忠彦などが只今修行中です。

http://www.sankei.com/entertainments/news/160229/ent1602290021-n1.html

更に各局に出演している「怒っているメンバー」で現役バリバリが青木理です。
この人物は年齢的にもこれからも反日偏向メディアに多用されるのでしょう。

因みに「怒っているメンバー」には他に今主題の田原総一朗、大谷昭宏、鳥越俊太郎、田勢康弘が居ます。

「私たちは怒ってる」という、時代に取り残される左派ジャーナリストたち
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2250.html

その田原総一朗に行く前に忘れてはならない功績者の名を挙げておかなければなりません。
その名はテレビ朝日の『報道ステーション』で活躍した古舘伊知郎です。
もう相当稼いだでしょうに久米宏同様引退すれば良いものをやはり久米同様フジテレビなどに顔を出しています。
此処でフジテレビというテレビ局の胡散臭さが分かります。

さあ、いよいよ田原総一朗ですが、この先挙げる他の者の中では一番正体を露呈しているとも言えます。
永らく左傾化が続いていた日本のメディア界であっただけにこの人物が時に中道というかまともに見えたりして言論界でえ影響力を持っていた様ですが、実態は『侵略史観』の自虐史観さよくです。
そろそろ一般の日本国民もこの人物の座標軸が左に傾いている事に段々と気づくでしょう。

そして続きとしてこの田原と同じような所に居るのが大谷昭宏、後藤謙次、池上彰とそれぞれ多少の違いはありますが大きな括りで同類と見ています。

最後に最近はテレビに外国人も多数出演し、コメントをしているので追加で記すと反日偏向という局に合わせてか、もともと合っているのかデーブ・スペクターが多用されています。
その逆は例えばケント・ギルバート氏でしょう。
ケント氏、保守系だけにデープとは違いテレビから出演依頼はほぼ無いのでしょう。
今後、日本語が堪能な外国人が増えて来ます。
そこに日本側の保守系か米国などのサヨク系かという区分けが目につくようになるでしょう。

https://noisyminority1999.wordpress.com/2013/04/25/goto_kenji/

ニッポンの左翼マスコミに告ぐ!
http://ironna.jp/theme/376

[ 2017/04/02 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: