FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民主党内の保守系議員よ、体を張って謝罪談話を阻止せよ!

民主党内の保守系議員よ、体を張って謝罪談話を阻止せよ!

← 応援クリック、ありがとうございます。

民主・松原氏、日韓併合の首相談話「与党の合意を前提にせよ」と牽制

 衆院予算委員会は2日午前、菅直人首相と全閣僚が出席して、基本的質疑を開始した。6月の菅内閣発足後、国会の予算委の論戦はこれが初めて。
 冒頭質問に立った民主党の松原仁・予算委筆頭理事は、政府が今月29日に迎える日韓併合100年に合わせ、首相談話の発表を検討中であることについて「さまざまな(首相・官房長官)談話で、日本外交に大きな問題が出た。(併合談話は)極めて慎重に(すべきだ)。少なくとも与党内で議論、合意することを含めた手続きを強く要請しておきたい」と述べた。
 与党に諮ることなく、菅首相や仙谷由人官房長官が、国益を損なうような談話を一方的に出すことを牽(けん)制(せい)したものだ。
 仙谷氏は「談話を行うかどうかを含め、慎重に検討している」と述べ、談話発表を検討していることを改めて認めた。
 首相談話をめぐっては、7月30日の民主党政策調査会の会合でも「国益にかかわることを党側と詰めずにやっていいのか」(勝又恒一郎衆院議員)などと異論が出ていた。


まずは松原仁議員のGJである。
私は民主党による国家運営を全く指示しないが、それでも民主党内には松原仁、渡部周、長島昭久のような保守系議員も存在する。
このような議員には、1日も早く民主党を離党し、保守政治の確立のために一役買ってほしいところだが、それでもこの菅・仙谷コンビが画策する謝罪談話に対し、多少なりとも党内で抑止力を効かせる役とあれば、大いに頑張っていただきたいし、時には体を張って国益を守る姿を示してほしい。

さて、この予算委での答弁のあと、仙谷官房長官は、「当然、与党のしかるべき部署との協議をすることになると思う」と述べている。
これは、談話の内容等については閣僚で決めることなく、党側の理解も得るということだろうが、予算委の「談話そのものを行うかどうかを含め、慎重に検討している」というスタンスから、与党のしかるべき部署との協議をしながら談話発表の準備を進めると、言葉を変えている。
つまり仙谷氏は、国会では牽制を受けつつも、謝罪談話発表の意図は何ら変えていないということになる。

「与党のしかるべき部署」という対象がどの部署なのかさっぱりわからないが、一応の手続きとして形だけを整え、後は押し通すだけという行動様式を取る可能性も否定できない。
昨日、この仙谷氏は政権内の病原菌であると定義したが、やはり病原菌は封じ込めなければ、日本の将来が危うい。

かの村山談話は、一応閣議決定というプロセスを経ている。
それならば、今度は国民新党の出番である。
保守政党を標榜するこの国民新党は、最近の影の薄さは否めないものの、まだ連立政権に留まり、閣僚を出している。
外国人参政権、選択制夫婦別姓法案などの売国法案が俎上にのるのを防いだ亀井元大臣のGJ連発は、記憶に新しい。
仮にカイワレと仙谷のリベラルコンビが談話を発信するために閣議決定にかければ、毅然と反対の意を示し、閣議署名は拒否するべきだ。

最後に言えば、松原仁さん、渡部周さん、長島昭久さん、
謝罪談話を阻止できなければ、あなた方には一日も早く民主党を離党しなさい。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/08/02 21:26 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
無力な自分
管理人様の7/24のエントリーにもありましたが、ねずきちさんの「謝罪談話の裏で巨額のカネが動く」が、真実であれば私たち個人にできることは何なのでしょうか。恥ずかしながら、今、私には的確は解答がありません。
[ 2010/08/03 15:51 ] [ 編集 ]
無力か、微力か。。。
阪神優勝さま
真摯なコメント、ありがとうございます。
私自身も、恥ずかしながら、的確な回答を持ってブログを書いているわけではありません。
ただ、少しでも声を上げようと。
拙い理解ですが、民主主義の基本は、黙っていること=(もしくは≒)賛同を意味すると思っています。
例えば外国人参政権の問題に関しても、法案を留まらせたひとつのファクターはネット上の反発であったと、どこかで読んだことがあります。
ひとつのブログでは微力ですが、それがグループになれば、違うパワーを持ちます。
その一助になればということで、私自身は声をあげています。
すみません、答えになっていませんが、ブログで声を上げる、議員に直接、メールや手紙で直訴する等々、何でもよいと思います。
兎に角、何かアクションを起こすということか、と。
[ 2010/08/03 22:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ