私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  責任だ!辞任だ!と叫ぶ、自らの責務を忘れた「永田町のチンピラ」ども

責任だ!辞任だ!と叫ぶ、自らの責務を忘れた「永田町のチンピラ」ども

← 応援クリック、ありがとうございます。

 稲田防衛相が、過去に森友学園が起こした民事訴訟に原告側代理人弁護士として出廷した事実を認め、謝罪した。「自分の記憶に基づき答弁した。虚偽の答弁をしたことはない」と説明した上で、「この件について、責任を取るということではないと思う」と述べ、自らの責任を否定した。

 13年も前のことを正確に記憶しているはずもないのに、確認もせずに答弁した稲田氏の謝罪は当然だろう。しかし、質問通告もせずに13年前のことを質した民進党議員のやり方も姑息である。様々な落とし穴を仕掛け、首相や閣僚の失言を取るのは、野党の常だ。だが、民進党の場合、政党としての目指すものがないのに、そればかりが目的化しているから、国民に見透かされるのだ。支持率低迷は当然の結果なのだ。

稲田防衛相


 稲田氏の事実誤認と謝罪について、民進党の蓮舫は強く批判している。

「あそこまで堂々と『会ったこともないし、弁護を担当したこともない』と言い切っていたので、とてもではないが、記憶違いで済まされるものではない。都合の悪い事実を隠しているとしか受け止められず、納得できない。辞任を求めるかどうかは答弁を聞かないとわからないが、答弁に納得できなかったら、迅速に判断せざるをえない」


 聞いて呆れる。この蓮舫という人物は、都合の悪いことはすべて忘れることができる特殊な能力を持っているようだ。あの二転三転した二重国籍問題の釈明は、勘違いで起きたものではなく、都合の悪い事実を隠していたことによる「まやかし」だったというのが、世間一般の見方だろう。

 稲田氏の場合、森友学園の弁護士として出廷したのは2004年であり、稲田氏が国会議員になったのは2005年である。従って、事実誤認があったこと以外で、政治家としての責任を問われるなどということはあり得ない。一方の蓮舫の場合、国籍詐称(あえて詐称という)は、国会議員どころか、野党第一党の代表選で露呈した事実である。どちらが責任が重いのかは、論ずるまでもない。余程ブーメランが好きなのか、どうしてこうも墓穴を掘り続けるのだろうか。

 そもそも森友学園の問題というのは、国政の場で議論するに相応しいイシューではない。疑惑があるなら、司法に委ねるべきで、1日億単位の税金を投じて議論すべき問題ではない。野党の役割とは、与党を批判し、間違いを明らかにすることだけに留まらず、ましてや首相や閣僚の首を取ることが目的化してはならない。与党にない選択肢を、対案というかたちで国民に分かり易く提示することが、彼らの責務なのだ。

 与党の政策を妨害し、やれ責任だ、辞任だと叫ぶだけなら、チンピラと同じである。いまの民進党を見る限り、個人的には、「永田町のチンピラ」という表現が最もしっくりくる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/15 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
私の記憶が確かなら…
>13年も前のことを正確に記憶しているはずもないのに、確認もせずに答弁した稲田氏の謝罪は当然だろう。しかし、質問通告もせずに13年前のことを質した民進党議員のやり方も姑息である。

…「私の記憶が確かなら…」このセリフで始まる料理番組は、個人的にお気に入りであり、毎週見ていた番組だった。国会においては、この一言、あるのかないのかが、セーフかアウトかの分かれ目ようだ。言葉には、何らかの保険を掛けつつ、国会では答弁しなくてはならない。インターネットも、ある意味、公言であるから、公職にないオレのような一般人であっても、言葉の保険については勉強になる。

質問通告なしの質問とは、決してほめられた行為ではない。抜き打ちの質問には、質疑を保留し、後日の回答、後回しにせざるを得ないが、そうなると回答はいくらでも蓄積し、職務に支障をきたしてしまう。国会運営上、野次禁止や質問通告の手続きなど、法整備に着手したほうがよいであろう。

質問通告が遅れた場合は、公務員の残業も発生する。国会議員の恣意的な遅延行為により、公務員の不要な残業、国民の税金の無駄遣いが発生するのだ。日本国民も迷惑する話であり、質問通告の規則を定めるべきであろう。
http://www.sankei.com/politics/news/161012/plt1610120005-n1.html

また、逆もまたしかりで、河野太郎議員は、自身のブログで、野党が質問通告をしておきながら、質問しないで国務大臣の出席が空振りとなり、公務に支障をきたすことがあるという意見を述べている。
https://www.taro.org/2016/08/%E8%B3%AA%E5%95%8F%E9%80%9A%E5%91%8A.php

国会における野次や質問通告といった問題は、放置すべきではないと、オレは思う。
[ 2017/03/15 10:42 ] [ 編集 ]
R4のツラの皮
違法人の嘘吐きトカゲ女村田R4のツラの皮の厚さはいかほどなのだろう?

とてもではないが、記憶違いで済まされるものではない。都合の悪い事実を隠しているとしか受け止められず、納得できない。

自分に向けられるべき言葉を平然と他者に向ける。
トカゲ女の精神構造は想像の域をはるかに超えている。
公の場でシレッと言ってのけるのは、厚かましさゆえか、
それとも単にアタマが悪いのか。
ぱよちん共通の特質は、自らを客観視できないこと。
総じて自己愛性人格障害の兆候が見られる点だ。
[ 2017/03/15 12:18 ] [ 編集 ]
ST
面の皮が厚すぎて脳が圧迫されているのかもしれませんよ。
[ 2017/03/15 14:29 ] [ 編集 ]
あるのは いやらしさ だけ
ST様 大正解。圧される脳が在る事が前提で。

R4自身の免責意識は並大抵のモノでは無い、としか言いようがないですし、これが一般社会ならまともに相手にする日本人は居ないでしょう。言った者勝ちのシナや特定アジアならあれでも「普通」なのかも知れませんが。

R4の言動は、党首になって出てきた性癖だとはとても思えず、ならばこの様な手前勝手過ぎる違法人と分って居て党首に据えた民侵議員の質の悪さ。こんなに気分が悪くなる政党も珍しいです。

民侵・山井国対委員長は稲田防相を「国会で嘘をつくような方が防相の職に留まるのはふさわしくない」と言ったそうですが、コレも又大ブーメランでしょう。
かつての民主党政権時、時の鳩、菅二代首相の嘘つき発言の多さを有権者が忘れてくれていると思ったら、天罰モノです!
菅氏に至っては「国会で嘘を言っても問題なし」風なコメントも残していたと記憶致します。

民侵の「事前通告無し」質疑の割合は多い様に感じます。
選んで見る動画だけでも「会議の直前に入手したので事前通告できませんでした」類いの”断り言葉”で閣僚に答弁を求める手法は多く、政府打倒だけを目指す民侵の邪戦法なのだろうと思えます。

バロン閣下がお詳しいと存じますが、裁判の第一回口頭弁論というものは裁判手続きの確認等が主で、案件に依りますでしょうがモノの10分も要するかどうか?(知人の弁護活動に見学のつもりで付いて行って拍子抜けした記憶です)
多忙な事務所の弁護士さんなら13年も前の自分自身の担当でもない代理出廷を覚えてないのはよくあることだろうと推測致します。
ちなみに、稲田防相の夫君が籠池氏の顧問契約は平成21年夏に終了しているそうです。
お仕事で引き受けた弁護業務を国会で論われては、オチオチ弁護士も出来ませんね。それも、個別人格である配偶者の。

弁護士出身の議員は国会に党を問わず沢山居るでしょう。ならば防相の立場はよく解っているだろう事を根掘り葉掘り、山の中で貝掘りをするような無駄でいやらしい者達には嫌悪感しか抱けません。

それと、安倍内閣を引きずり降ろしたいのか?大臣席が欲しいのか?自民党議員の中からの稲田批判にも注目して居ります。
前の自民党の下野は党内議員の自滅も大きかった事を、彼らは忘却したのでしょうか。

今までの主要閣僚としての稲田氏を拝見して居て、転びかけたら必ず立上がって勁く成長されているので、民侵は稲田氏を鍛えているものと、今の処は心配はしません。
民侵への気分悪さは燃え盛るだけですが。
[ 2017/03/15 17:42 ] [ 編集 ]
第一回口頭弁論
忙しい東京地裁など、まさに流れ作業で、5分からせいぜい10分ぐらいでしょう。

訴状に対する認否を問い、否認であればそれでは次回に盛大な反論を期待しますと裁判官が語って、次回の期日を入れるスケジュール調整をするのにもっとも時間を取る体のものです。

一般に弁護士という種族は記憶力にかけて圧倒的に優れていますが、稲田弁護士の場合はよっぽど不愉快なことがあって、森友の件は思い出したくもないという意識作用が働いたように思います。

記憶力に自信があるゆえの反発で、人間は自分の得意なことで失敗するものなのですよね。もちろん記憶違いの範疇で虚偽の答弁云々は為にするものです。

だいたい防衛大臣の職務と何の関係もない話ではありませんか。肝心要な共謀罪の話はどうしたの?

それにしても総理以下の忍耐力たるや見上げたものです。あの時間とカネの無駄遣い、民主主義という壮大な非効率に耐える気持ちはとうてい真似ができません。私ならナポレオンのように議場に擲弾兵を突入させて、穀潰し議員どもを一掃してやりますが。(笑)
[ 2017/03/15 18:33 ] [ 編集 ]
全くの正論で、全く同感です。
問題はこんな正論をほとんどの馬鹿マスコミは一ミリも論じない。

どんな些細な事でも、安倍内閣を転覆させるきっかけにしたくて馬鹿みたいに朝から晩まで反吐が出るほど騒ぎまくっている。

ほんとにいい加減にして欲しい。韓国をまねて弾劾デモでも起こさせたいんでしょうね。余りの低能ぶりに吐き気がします。
[ 2017/03/15 18:34 ] [ 編集 ]
バロン閣下 御説明ありがとう御座います。いきじびき~w

確かに安倍総理以下の忍耐力には心底敬服するしかないです。
擲弾兵から止むを得ず何千万歩譲って、「バカヤロウ解散」でも絶対正しい選択です。
[ 2017/03/15 21:09 ] [ 編集 ]
奴らを高く吊るせ!
稲田大臣の第一回口頭弁論でかご池を弁論。。。まず、弁護士が弁護して何が悪いんだ?しかも、国会議員になる前の話の中で。。。
それから、第一回口頭弁論。。。あほか―!!!!!!!!!!!!!!!!
第一回口頭弁論って、多数の依頼人が参加して弁護士はただ、質問するだけ。。。一日に多数を。。。ええか!!!一日に多数を、あいさつみたいに決まった質問をするんじゃ!!!!!!!!!!!覚えとるわけあるか!!!!!!じゃー、てめえら、民進党儀議員は10年前のパーティーに参加した人で握手した人覚えとんのか?朝日は10年前に街頭インタビューした人のこと覚えとんのか?
まあ、がそりーぬが質問していないから分かるが、法律家はその辺わかる。民進党はそれをしっていて、法律を知らないのを質問者にして稲田大臣を責めている。
しっかし、朝日はどうしたんだ? あほなのか?捨て身の攻撃なのか?知ってて自民党にけんか売ってんのか?
ええか、国会一回開くのに何億かかとんねん?
森友は8億か?野党が国会で森友にかけた金はいくらや?何十億だろ?
てめえらこそ差額を日本国民に返せ!!!!!!!!!!朝日はそれを報道しろ!ぼけ!
[ 2017/03/15 21:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: