私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  朴槿恵罷免と、「今こそ大使帰任」を叫ぶ朝日、毎日などの“棚上げ論”

朴槿恵罷免と、「今こそ大使帰任」を叫ぶ朝日、毎日などの“棚上げ論”

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朴槿恵が失職した。南鮮の憲法裁判所が、裁判官8名全員の賛成を以て、朴の罷免を決定した。南鮮の憲政史上、はじめてのことだそうで、朴は在任中に来日することがなかった数少ない大統領のひとりとなった。60日以内に大統領選が実施され、日本は新たに誕生するであろう北朝鮮寄りの大統領と対峙することになる。

 南朝鮮では、朴の罷免が過激な政治闘争に発展しており、罷免の賛否両派の衝突が頻発し、多数の逮捕者を出しているという。罷免に反発した市民が警官隊と衝突し、3名の死者も出た。朴の弾劾は、南鮮が情治国家であることの証明のような気がするが、反発も極めて情緒的だ。朝日新聞には、元SEALDsの元メンバーで、南鮮で大統領辞任を求める集会にも参加した玉川大4年の矢部真太なる学生のコメントが掲載されている。「韓国では国民が政治を動かした。そう思うと、鳥肌が立った」というものだ。いわゆる「民主主義の成果」的なものを表現したかったのだろうが、政治が情緒で流されるという南鮮の未熟さを認識できていないということではないか。

朴槿恵罷免


 朝日新聞は、社説でこう書いた。

 かつての軍事独裁を脱却し、韓国が民主化を勝ち取って今年で30年。民衆の圧倒的な行動が「絶対権力」といわれた大統領の交代をもたらしたのは、韓国型民主主義のひとつの到達点として歴史に残ることだろう。


 この文句には唖然とする。日に日に増大する北朝鮮の脅威を見ぬ振りし、落ちゆく経済にも目をつぶり、政権を潰すことにひたすらエネルギーを集中させた行動は、果たして民主主義の到達点なのか。この罷免成立を「歴史的偉業」と礼賛する朝日は、「日本もあやかって安倍政権打倒を」と言いたげだ。「北寄り」の政権が誕生したとき、朝日がどうコメントするかは注目である。

 もうひとつ、日本の各紙が騒いでいるのが、長嶺駐韓大使の帰任要求だ。朝日と毎日は、それぞれこう書いている。

朴大統領罷免 国政の安定化が急務だ (朝日)

 日本政府は、いわゆる少女像が釜山の日本総領事館前に設置されたことの対抗措置として、2カ月以上も駐韓大使らを一時帰国させている。だが、韓国ではこれから政治論議が一気に活発化する。大使らを早く任地に戻し、新政権ができるまでの情報収集や対話のパイプづくりに万全を期すべきである。


朴大統領罷免 挫折乗り越え安定望む (毎日)

 重要な隣国が激動に見舞われている中、日本の長嶺安政駐韓大使は現場に不在である。慰安婦問題を象徴する少女像の問題で政府が一時帰国させたものだが、ソウルに帰任させる時期ではないか。


 南鮮で次に誕生する大統領は、100%に近い確率で、親北朝鮮派だろう。日韓合意の破棄、もしくは白紙化を政治目標にあげている候補者がほとんどで、国家間合意という約束事を一方的に反故にする可能性が高い。

 賛否両論はあれど、日韓合意は国家間のコミットメントである。南鮮がそれを一方的に破棄しようとする場合、最初に動くべきは南鮮側であり、日本はそれまで静観すべきだ。ここで大使を戻せば、「日韓合意は破棄でよい。侮辱的な慰安婦像もそのままでいい」というメッセージと捉えられるだろう。これは外交とは言えない。

 朴槿恵罷免と新大統領選は、南鮮の内政問題だ。日本の彼の国にあるのは、日韓合意を含む既定の条約であり、政府はただそれを守れと言うだけでよいはずだ。それらを棚上げして、大使を帰任させるなど、いわゆる慰安婦などの諸問題を「今まで通りで良い」ということを意味する。それは、日本による外交の放棄だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/03/12 10:25 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
キモいのなんの・・・
ブザヨメディアが狂ったように一斉に帰せ帰せ言い始めてキモいのなんの・・・
帰任して何させるわけ?
現政権は、大統領不在、次期大統領は不明、場合によっては内戦状態になるのに。
駐韓大使が帰任したところでどうしようもあるまい。
むしろ行く先不明だからこそ、身の安全のためにも大使を帰任させるわけにはいかないだろう。ヘタすりゃ、リッパードの二の舞になるぞ。
この手の記事は読者に向けたものじゃなく
「日本国民の世論はこうですよ、新聞社が代弁しましたよ」って感じで
それを情報源として読んでる政治家や官僚に向けてるものなんだけど
ネットが発展してる今の時代にやっても痛いだけだわ(嘲笑)
[ 2017/03/12 15:12 ] [ 編集 ]
長嶺駐韓大使の帰国したワケ
>日韓合意の破棄、もしくは白紙化を政治目標にあげている候補者がほとんどで、国家間合意という約束事を一方的に反故にする可能性が高い。

…今の状況を、まとめてみた。

 Q。長嶺駐韓大使は、なぜ帰国したのか。
 A。韓国が、日韓合意を履行しないため。

 Q。長嶺駐韓大使を、なぜ韓国に戻さないのか。
 A。韓国が、日韓合意を履行しないため。
         ↓某新聞の思惑「日韓合意は、白紙撤回だな。」
   某新聞「長嶺駐韓大使を、韓国に戻すべきだ。」
(いずれにしても)↓
   次期韓国大統領は、日韓合意を…
        ↓       ↓
       履行する    履行しない
        ↓       ↓
安倍総理→駐韓大使を派遣or駐韓大使とゴルフ
↓↑(連携)          ↓(安倍総理の勝ち)
トランプ大統領      民進党(民主党)「そんたくするな。」
               
[ 2017/03/12 15:47 ] [ 編集 ]
あれから48年・・・補足
3月10日付の稲田大臣、よくぞ言った! ~
「教育勅語の精神、取り戻すべきだと今も思う」のコメント欄で
団塊世代の方のご意見を散見したので補足ということで・・・

小学校の同窓会を十数年前にやった時の話です。皆、中年と化し
はしましたが小学校卒業以来の再会で担任だった先生方も全員出
席して頂き大変盛り上がった同窓会となりました。
後日、小生撮影したビデオを希望者と先生方にお送りしました。
しばらくすると一年生の時、担任だった女教師(独身80歳代)
から礼状とともに彼女が創作したという絵本が数冊、そしてそれ
を紹介した地元の新聞記事のコピー数枚が送られてきました。
見るとそれは「教え子を再び戦場に送るな、青年よ再び銃を取る
な」まさしく日教組スローガンをテーマとした絵本であった。
ちなみにウィキペディアで日本教職員組合の組織率をみると1958
年(昭和33年)我々が小学生の頃86.3%何と大概の先生が日教組。
戦後まだ疲弊した貧しい時代ゆえ先生とか公務員は魅力的な職業
であったのだろう。今もだが(爆^^
礼状には是非絵本を同級生に回覧して下さいとあったが事務所の
ゴミ箱へ(苦笑^^

小学校の先生をしていた従兄弟がいますが現役時代は選挙となる
と必ず「輿石東を頼むな!輿石東!」と電話をかけてきた。校長
を務めあげいまは余裕の年金暮らし・・・
町の社会教育委員の時、新しい歴史教科書をつくる会の資料を配
ったら、「誰だこんなものを、この席に持ち込んだのは!」と県
庁職員であった男が息巻いた。週休二日で高給を得、死ぬまで国
家によって保証された身分のくせにと思った。
新旧役員親睦会の席で隣でほろ酔いの元中学校校長だった教育長
に、新しい歴史教科書についてどう思うか訊ねたが「賛否両論あ
るから・・」で逃げてしまう。教育長、月の手当が57万円だと
知って彼らには天国のような国なんだろうと思った。

村の区長役を任じたとき区民にせめて元旦には日の丸を飾ろうと
提案しても横を向いている。北朝鮮の拉致の問題など口にすれば
個人でどうにもならんことなど、どうしようもないと一蹴され
右翼ですか?で終わりだ。区長といえば体育協会の常任理事だと
いう秋の体育祭の準備会で担当者いわく年々参加者が減っている
という。東北大震災などが起こり国旗掲揚の際、国歌を唄って気
持ちを盛り上げたらと提案しても執行部で検討しましたが唄わな
い方がいいという意見があるので例年通り唄わないことにしまし
たの回答。そういえば平和憲法を守る、九条の会などと大書きし
た看板が立つ地域だからだろう。貧しい本当に貧しく卑しい・・・

戦後教育などまさしく日本人としての矜持を持たされずひたすら
日本経済の下働きをしてきたのだろう。いまはインターネットで
情報を得られるので臥薪嘗胆はもうやめて賢くなってこの国を貶
める勢力と戦いましょう!(笑^^



[ 2017/03/12 17:43 ] [ 編集 ]
歴史的異業ではある
団塊の端くれ様 
とにかく何をするのでも数の多かった世代の故か、集団行動に違和感を持たずに居た気もします。
仰せの方々のサヨクぶりも、本気で言っている人と声を挙げて目立つのは面倒で長いものに巻かれる習性が身についている人など、中味はいろいろかも知れません。今からでは治りませんでしょw


朝日、毎日は南鮮のドコゾから頼まれているのかも、と思うぐらい大使を帰任させようとしていますね。
何の為に帰国させたか、解っていて政府の意図を無視するメディア。

外務官僚の大使が南鮮で日本に有益な情報を察知して報告した事ってあるのかしら?偏見かも知れませんがアチラ様に取り込まれて居る方の方が多いように思い居ますけど。
彼の国の確かな情報が必要なら、政府は大使経由では無い方法で充分に得られるでしょう。
大使や公使が在外手当の為にも戻りたいとしても、日本国の為には帰任する時期ではないと思います。目的達成をせずに戻って国に泥を塗られては適いません。

今戻す理由も無し、戻す価値も無い外交はするべきでは無い、と考えます。

それにしても裁判官全員の可決とは・・・あんな国に生まれなくて本当に善かった!
あの国情や米国追放南鮮人などを思うと、今後日本に入国しようとする南鮮人が増える可能性があるようで政府には対策を立てて戴きたいです。理由、イヤだから。
[ 2017/03/12 19:33 ] [ 編集 ]
簡潔な応答
>理由、イヤだから。
ありがとうございます^^
[ 2017/03/12 21:32 ] [ 編集 ]
日本は明治維新の後、西洋国から見た野蛮国のイメージからの脱却もあり、法治国家への方向性を突き進んだ。
それが日清日露を経て、一等国の仲間入りまでしたことは周知の事実。

お隣さんは歴史をもっと学ぶべきだ。
日本に対するひがみ根性は、これまでの歴史を鑑みて理解もする。
しかし、いつまでも情緒的な政治を行っていてもらっては困りますね。

これは個人も会社も、世界であってもすべてに言える事ですが、「一身独立」の気概がなければ、それぞれの社会の構成員になり得ない。
といいながら我が国もそろそろ真の「一身独立」を迫られているところであるが。

とにかくお隣さんである以上、まずは建前のお付き合いは必要ですが、本気で付き合えるかどうかは、彼の国の対応を見定めてからですね。大使の件も当分おあずけですわな。
[ 2017/03/12 21:46 ] [ 編集 ]
共謀共犯関係
日韓関係冷却化の最大原因を造った朝日新聞がそれを言うか。ならば、次代の日韓関係のためにも大使を帰さないのが正解でしょう。

日本を貶めるという点で、朝日新聞と韓国の挺対協などのいわゆる従北派は共犯関係にありました。もともと朝日の植村記者の義母は挺対協の大幹部で、思想・信条のみならず、利益をも同じうしたといっても過言ではありません。

むしろトランブ政権が韓国の新政権にどのように反応するか、ワシントンでの情報収集の方が重要です。ソウルで蝋燭デモを見て感激しているのは、間抜けな元シールズのお兄ちゃん達でたくさん。

パク・クネは大統領官邸を退出したそうで、アジアのバランサーの夢(笑)は、もう終わったのです。
[ 2017/03/12 22:12 ] [ 編集 ]
韓国の「幼稚性」が招いた結果
元々、北の工作活動が激しく、社会の内部にまで浸透していた韓国ですが、それ以前に、南鮮という国や国民自身が「感情に走りやすい」事と、「誰でも良い(北や支那、米国でも、日本以外ならどこでもいい)から、自分達の生活を保障し、悪しき日帝をやっつけて欲しい、そういった者達が為政者について、自分達を支配ほしい」と思うという、「幼稚性(奴隷根性、乞食)」が強すぎるなために、そういった工作活動が、容易に浸透してきたのではないかと思います。むしろ、北は南と同民族であるが故に、そういった南鮮人の「精神構造」を理解するのが容易だったっと思います。

パククネも、北の工作にやられて失脚した感も否めませんが、自身も、苛烈な競争社会である、南鮮社会で生き残るためには「仕方が無い」側面もあったわけで、それ自体を非難するのも、ちょっとずれているのでは、と思わなくもありません。

別にパククネが好きなわけではありません(それでも、反日社会である南鮮の政治家の中では、従北派ではないという意味で、親日、親米派に近い方です)が、あのいびつすぎる南鮮社会の中では、成功者として「信奉」されていた一面、科挙の理不尽さを物語る、学歴至上主義(ソウル大学に入学しなければ、人間扱いされないなど)の「階級社会」に「絶望感」と「憎悪」を抱く若者が増えてきたのも、南鮮大統領の失脚を、後押ししたのではないかと思います。

パククネの今後は、間違いなく悲惨な結果になるでしょうね。政治生命どころか、実際の命すら絶たれる可能性だってあります。社会で、面を挙げて歩けるような状態ではありませんからね。

日本は、従北派の台頭で、今後、ますます厳しい対応を取らざるを得なくなるだろうと思いますね。現時点で慰安婦増の撤去が行われていませんから、合意不履行と見なし、帰国させるという選択肢は取れません。

場合によっては「断交」の可能性だってあり得ます。その場合、北や支那(と露)の動き次第で、日本だけでなく、アジア全体の安全保障上の危機にもなりますがね。

まあ、戦後の面倒事案の多くが解決する可能性もありますが、リスクも大きい為、できる事ならば、穏便に解決したいものですね。
[ 2017/03/13 01:59 ] [ 編集 ]
朴槿恵首→韓国赤化は本当に溜飲の下がるグッドニュースでしたね
日本の手下ども(マスコミ)が親分の容態を心配する様が本当に面白い。
どうせ長くないってのにね。

韓国滅べば自分達も論調を変えなきゃならなくなる(=変節)等の不利益を恐れているのでしょう。

左向け左で普段「楽」してるからですよ。
馬鹿者め。

ムン氏には頑張って韓国をぶち壊してもらいたい。

現状の韓国で満足しているのは日本の手下どもの他、財閥勤めなど一部のエスタブリッシュメントだけですね。

非財閥の、困窮した多くの国民は、プロレタリアート革命でこの閉塞が打破できるならムン大統領万歳ですよ。

少なくとも師のノムヒョンのしかめ面よりはイケメンです。

中身はマルクス主義者という悪魔ですがね。

皆ケロっと騙されて地獄に直行してください。真のヘル朝鮮ですよ。

韓国人が北朝鮮人に葬られている間、我々日本人にはできることがある。
[ 2017/03/13 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: