私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の短絡性 ~ 教育勅語=軍国主義

朝日新聞の短絡性 ~ 教育勅語=軍国主義

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のエントリーで取り上げた、稲田防衛相の「教育勅語の核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」という発言。翌日の新聞がどう取り上げるか注目していたが、読売、毎日、産経は、社説のテーマとしては取り上げなかった。脊髄反射のように、社説で露骨な批判をした唯一の新聞が、天下の朝日新聞である。朝日は「教育勅語肯定 稲田大臣の資質を問う」と題した社説で、稲田氏の一連の発言に対する徹底的な批判を展開している。

「教育勅語肯定 稲田大臣の資質を問う」(朝日新聞)

 稲田防衛相に閣僚としての資質があるのか。重大な疑義を抱かざるを得ない発言である。

 稲田氏は8日の参院予算委員会で、戦前の教育勅語について次のように語った。

 「日本が道義国家を目指すというその精神は今も取り戻すべきだと考えている」

 「教育勅語の精神である道義国家を目指すべきであること、そして親孝行だとか友達を大切にするとか、そういう核の部分は今も大切なものとして維持をしているところだ」

 天皇を頂点とする国家をめざし、軍国主義教育の根拠となったのが教育勅語だ。明治天皇直々の言葉として発布され、国民は「臣民」とされた。

 親孝行をし、夫婦仲良く。そんな徳目が並ぶが、その核心は「万一危急の大事が起こったならば、大儀に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為(ため)につくせ」(戦前の文部省訳)という点にある。

 いざという時には天皇に命を捧げよ――。それこそが教育勅語の「核」にほかならない。

 稲田氏のいう「道義国家」が何なのかは分からない。ただ、教育勅語を「全体として」(稲田氏)肯定する発言は、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という憲法の理念と相いれない。(抜粋)


 教育勅語の「核」が、「いざという時はお国のために命をささげよ」の部分である、というのは、朝日新聞なりの解釈である。この「核」の解釈の仕方が違えば、教育勅語に関する議論は永遠にかみ合うはずがない。朝日の解釈が稲田氏のそれと違うことは、指摘するまでもないだろう。

教育勅語


 朝日の社説では、看過できない言説がいくつかある。まずひとつは、教育勅語が「軍国主義教育の基礎」となったという部分である。これは、戦争というものを絶対悪にしておきたい側が、その絶対悪を構成するものとして教育勅語を利用しているにすぎない。「教育勅語を国是としたから戦争をした」という単純な公式が成立するということを信用している人はいないだろう。そういう無理筋な理論がまかり通るなら、「朝日新聞のようなメディアがいたから戦争に突入した」という公式だって成立してしまうのである。

 そしてもうひとつが、社説の結びに出てくる、「稲田氏は自衛隊を指揮監督する立場の防衛相である。軍国主義の肯定につながる発言は国内外に疑念を招く」という部分だ。この、国内外の「外」が、支那や朝鮮であることは、朝日新聞の思想を理解している人には説明するまでもない。しかも、教育勅語を肯定する人物は軍国主義者であると言わんばかりだ。朝日はこのようなステレオタイプな言説が、いつまで通用すると思っているのだろうか。

 日本は、近代化を経て、なんとしても諸外国から独立国家として認めてもらうために、明治憲法という改革憲法を制定した。ちょんまげを落とし、刀を置き、洋服をまとい、立憲君主国として国際社会にデビューを果たした。その改革的な憲法の裏で、日本の伝統と価値観を支えてきたのが皇室典範と教育勅語ではないか。外面は明治憲法を整備したことで体裁を整え、内面は皇室典範と教育勅語で慣習を継承しようとした。これが明治の英知ではないのか。

 教育勅語=軍国主義などという一面的な理論は、もう通用しない。稲田氏の発言を、社説を挙げて真っ向から批判したのが朝日新聞のみという、象徴的な10日の朝であった。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/03/11 07:24 ] メディア | TB(0) | CM(20)
毎日新聞も相変わらずです。
ネットの記事を読んでいましたら、毎日新聞の配信記事が目に入りました、

>盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領以来、9年ぶりの革新系政権が誕生するか注目される。【岩佐淳士】(毎日新聞)

「革新系」だそうで・・・。
「親北政権」と書くのが妥当なところで、少なくとも「左派政権」程度の表記は必要なところですが、「革新」で誤魔化しています。
“何が革新じゃい!”
相変わらずの反日左翼two topでした。


さて、本日で震災から6年目を迎えました。
2時46分、黙祷を捧げさせてもらいます。

思えば、あのとき国会では菅直人が不正献金で追い詰められていました。
発災で委員会審議は休会となり、すべては震災対応に向けられました。
その混乱のなか、菅直人にメディアが「総理、政府はどうされますか」という主旨の質問をした。菅直人は引きつり怯えた顔で、何も答えなかった。
少なくともトップリーダーであるなら、勇気を奮い起こして、国民の恐怖、不安に声をかけるべきであった。彼は、それすらできなかった。
卑怯なうえに心底、臆病な醜態を晒した瞬間であった。

あれから6年、
専門家に言わせると大きな地震発生の可能性は高まっているとのこと。
そして、卑怯で臆病な「政治家」が依然として跋扈している。

備えなくてはならないこと、戦わねばならないことが続く。

黙祷を新たな決意の機会としたいと思います。

あらためて、合掌。
[ 2017/03/11 08:21 ] [ 編集 ]
反日左翼の常套句
教育勅語=軍国主義は、反日左翼の常套句。その他、君が代斉唱や日の丸掲揚も軍靴の音、いつか来た道に飛躍。反日左翼は、本当におかしい。

今日も、私的憂国の書物なる人物の戯言コメントを待とう。
[ 2017/03/11 09:38 ] [ 編集 ]
朝日新聞の印象操作
朝日新聞
>天皇を頂点とする国家をめざし、軍国主義教育の根拠となったのが教育勅語だ。明治天皇直々の言葉として発布され、国民は「臣民」とされた。

…まず、大日本帝國憲法によって、「天皇を頂点とする国家」とは、既に成るために、教育勅語によりめざすことではない。

「軍国主義教育」とは、教育勅語の後の話であるから、軍国主義教育のために、教育勅語をなされたのではなく、後の軍部により利用されたと見るべきであろう。

「国民は「臣民」とされた。」とあるが、大日本帝國憲法の臣民という定義に、基づいたという話である。当時の書物は、あたりまえだが、すべて「臣民」であり、「国民」と記す書物は、仮にあったとしても少ないであろうし、「臣民」なくして、公式文書とはいえないであろう。
[ 2017/03/11 10:04 ] [ 編集 ]
お笑いお花畑
明治憲法は、実はトルコの初代大統領が憲法を作る際に最も参考にした憲法だそうです。
日本に学び、独立を勝ち取った初代大統領のケマル・アタテュルクは、自室に明治天皇のお写真を飾り、終生尊敬し続けたと言われている。
そんな彼はいまだにトルコ民族独立の英雄として、毎年彼が亡くなった時間には国民が一分間の黙とうを捧げています。
そういう大切な事実を、なぜほとんどの日本人が知らないのでしょうか?
知っているのは「南京大虐殺」とか「従軍慰安婦」だとか、捏造の歴史ばかり。
戦後の日本はすっかりシナ朝鮮と愚かな日本人左派によって、国柄を下げられてしまったのです。
[ 2017/03/11 10:28 ] [ 編集 ]
鬼畜中韓、暴支膺懲
戦争を絶対善に設定して煽ると商売繁盛「朝日新聞のようなメディアがいたから戦争に突入した」(仮説)

教育勅語にはない「暴支膺懲」
1937年(昭和12年)の盧溝橋事件および通州事件以降は特に用いられるようになった。
暴支膺懲国民大会では「抗日絶滅」や「共匪追討」がスローガンとなっており、政財界・言論界の人物が登壇した。やがて「鬼畜米英、暴支膺懲」となった。
朝日が社説などでどう扱っていたのやら。
[ 2017/03/11 11:04 ] [ 編集 ]
民意じゃ
なんだか昨日のブログ名背乗り希望者は、その朝日を信奉して書き写した感じですね。
やけに「臣民(家来)」に拘るなあ、と思ったらそういうことか。
良いわね、落ち目の朝日でもそういうアリガタイ信者が居て。


「20世紀は戦争の時代」と言われますが、であれば世界中が戦争していた時代というわけで、日本だけが闇雲に戦争していたのではない。
日本だけが戦争の国でその元が教育勅語だとしたら、
<親を大切に兄弟、夫婦、友人仲良く、公に尽し世界にも通じる人間になって先祖の意志を守り、戦争に征こう>って事?
ば~かも休み休み、少しはモノを考えてから言え!

一方<朝日新聞の様なメディアがあったから(煽ったから)戦争に突入した日本>という面は確かにあっただろうと思います。
同時期のドイツの場合は、煽ったのはナチスでありヒトラーの演説であり、それを聴いて驚喜する大広場を埋め尽くす民衆の相乗効果であったろうと思える映像がありますが、
日本の場合「開戦の止むなきに至った」昭和様の開戦の詔書に、それまでの長い月日の堪忍袋の緒を切った臣民(国民)の思いを、囃し立てたのは朝日や毎日(日日)新聞メディアだったでしょうし、戦局を行け行けドンドンで報じたのも新聞とNHK。
戦後になって「軍部には逆らえなかった」と逃げ続ける姿勢は未だに厳守。

安倍総理は二度目の政権樹立に向け「日本を取り戻す」と明言され、民主党の無国籍無責任政権に呆れ果てた国民に依り、政権奪還致しました。
民主党の政権盗りと違って、メディアに下品に揶揄されながらの選挙も、結果を見ると民意の最たるものだったと思います。
そしていまだ高支持率。

稲田防相のその国会発言は、そういう安倍内閣の核心部分でありますから、余計に朝日一統は稲田防相を引きずり降ろしたいのでしょう。まもろ。
[ 2017/03/11 13:36 ] [ 編集 ]
もう6年経ったのですね。
あの時から一番早いインフラ復旧の電力でも四日ほど不通でした。
なので、当日の首相の様子は知らず仕舞いでした。知っても何ら期待は出来なかったろう、とは思いますけど。

今日は仏教では七回忌。
御霊の安からんことを祈ります。合掌
[ 2017/03/11 14:08 ] [ 編集 ]
ことごとくアカヒを信ずれば則ち愚蒙哉
アカヒの論旨とその展開は驚くほどコメ欄に粘着し意味不明なカチドキ的
愚叫を挙げるヤカラに似ておりますなぁ。 呆れるよりも嗤うしかないようで。
こはる大姉様のご納得、さもありなん。

>「万一危急の大事が起こったならば大儀に基づいて勇気をふるい一身を捧げ
  皇室国家の為(ため)につくせ」(戦前の文部省訳)という点にある。

上を守ることは当時も今も当然のことでしょう。 
当時『国民主権、平和主義、基本的人権の尊重』は国家無くして守れず、今でも
バチカンのような特殊な国を除き守れることを実証できていないのですから。

「XX書物」やアカヒが固執する占領憲法ですら「皇室は国民統合の象徴」である
とされている以上「国家の象徴」は実力でも守らねばならぬものであり守らない
なら象徴たりえないことになります。 

人は理念や概念よりも具体性が在るものに理解と共感を覚えやすいものです。
教育が今ほど普及していなかった戦前に具体がある「皇室や天皇に尽くせ」と
教育勅語に謳ったのは当然のことであり、これをゴチャゴチャ言う奴は馬鹿と
断定するしかないでしょう。 
英国なんざ臣民がつくすのはもちろん神様だって女王様を助けろと歌っている
じゃないですか。 「ゴッド セイブ ザ クイーン」と。

国力とは、国民の統合・団結力、経済力、軍事力、文化力等ですが最も重要な
ものは国民の統合・団結力と思えます。 経済力と軍事力を持つ国家であれ
その国の国民が愚蒙ならば戦う前にマスゴミが籠絡され国民が分断されてしまう
からです。 民主党政権や今の南鮮が見事に示しているではありませんか。

人口数百万の小国スイスが「民間防衛」の中で語ることは、「国民主権、自由、
人権、を守ることが国是であるが、敵国は武力よりもまずマスゴミを使い「自由と
平和と豊な暮らし」の甘言で政治を壟断し国家の分裂を謀る。 
この甘言を見極める方法は敵国の国内の状況を観ることだ・・」と繰り返します。

資源大国であり軍事大国でもあるUSAですら小学生の段階から「星条旗の誓い」
を叩き込むのです。 国力とは、国民の団結と統合が第一だということでしょう。
[ 2017/03/11 14:39 ] [ 編集 ]
こはる様 間違いにございます
何か悪い間違いを犯した気がいたしましてコメ欄を見直すと、なんと「大姉」としているではありませんか。 間違いでございます。 <(_"_)>

偉大なるお姐さまの意でございます。 崩御を謀ったなど露ほどもないことを寛容なるお心で、なにとぞお許しくださいませ。 
( <(_"_)> x 1000 )
[ 2017/03/11 15:06 ] [ 編集 ]
大笑いしちまったい!
WWWWW わたしゃ位牌かえ、と名古屋方向をニンマリ遙拝して居ります。勿体ない戒名を戴きましてアリガトさんよ。
でもホント、これ将来遣えそう。WWW

米国は資源のない日本国の強さを、国民の一致団結と見てのGHQ政策だったのでしょうね。朝日はいまだに米国占領下にあるのでしょう。大変ネ、中鮮米の支局は。
[ 2017/03/11 15:38 ] [ 編集 ]
ローマ人の言葉
あらゆる愛の中でも、最も重要で最も大きな喜びを与えてくれるものは、祖国に対する愛である。父母への愛の大切さは自然であり、我が子や親族、友人たちへの愛も、親愛の情を恵んでくれる意味で、人間にとって大切な愛であることは周知の事実だ。

しかし、これら全ての愛ですらも 実は祖国への愛の中に組み込まれているものなのだ。祖国が必要とするならば、そして、そのために貴方に起って欲しいと求めるならば、祖国に一命を捧げることを躊躇う市民はいないであろう。


あらゆる愛は祖国への愛に包括される、というローマ共和制の時代に生きたキケロの力強く、美しい言葉です。

国民としての得目の最後の稿を、一旦緩急アレバ義勇公ニ奉ジ、を以て締めた教育勅語の起草者たちは、実はキケロのこの「義務について」を読んでいたのではないかと思います。それほど文章の構造がよく似ており、しかも漢語表現のよさも手伝って、より簡明で美しい表現になっています。

朝日新聞やその追随者はそれは気に入らないでしょう。彼らはヘブライズムの亜流で、絶対平和という名の、いわば奴隷の思想の信奉者ですから。

ヨーロッパではヘブライズム=キリスト教以外にもラテン語でヘレニズム=ギリシャ・ローマの古典を読むというもう一つの学問的、思想的な流れがあります。アメリカの国防長官マティスのように、こちらは東洋風に言うと治者の論理であり、云わば「士大夫」の文学ですな。この両方があって欧米の政治風土は精神の健康が維持できるのです。
国家や君主より親兄弟が大事だとする「思想」は思想の名に値せず、自分を含み自分を越えるものを想定できない、明らかに奴隷の感情が言わせているものです。
[ 2017/03/11 18:00 ] [ 編集 ]
マスコミの資質を問う?
朝日の好きな?中国はマスコミが一党独裁の共産党中枢の支持を得られなければ、即、辞職させるか、逮捕(法律が一晩でできる?)韓国の報道(従軍慰安婦、竹島)もまあまあで仲良くしましょう!北の核もミサイルも日本がそこで怒りを挙げてはいけない云々、自民党を潰すべきと洗脳された左翼か、あちらの人の帰化人か?
[ 2017/03/11 18:50 ] [ 編集 ]
原発について
東日本大震災が原発事故を起こした…いや、人災の側面もあったわけだが、いずれにしても、原発はもうやめたほうがよさそうだ。

電力会社や原発推進派の方々の言うように、原発にはメリットがある。経済的なメリット、安全保障上のメリット、温室効果ガス削減など、メリットは多くあるのかもしれない。しかしながら、事故のデメリットと比較した場合、オレの心の中にある判断の天秤は、ノー側に傾かざるを得ない。

よく左翼は反原発だという話であるが、正論を先んじて主張する反日家ほど、愛国心ある親日家にとってやっかいなものはない。愛国心とは、国の無事長久を願う心だ。国靖らかならば、国民も安らかである。

東京電力は、日本国の首都東京のインフラを担っている。日本国の無事長久のためには、東京電力の安定的成長は不可欠だ。原発のメリットは魅力的かもしれないが、事故後の住民の避難と廃炉までの費用というデメリットを考えたとき、愛国心に照らして、原発を是とはし難いように思う。もんじゅの事故の際に、国は方針を転換すべきだったのかもしれない。福島第一原発の事故、これは津波という災異による被害ではあるが、人災をも含むことは、女川原発が安全であったことからも明らかであろう。

災異と人災に強い電力、つまり原発に代わる新発電の技術開発は、日本国の国策として急務といえるであろう。
[ 2017/03/11 21:45 ] [ 編集 ]
どうでもいいけれど、気になる・・・
お昼に読んだ時から、何か引っかかるものがあるのですが、その稲田防相批判の朝日の題名。「資質」ってなんか変じゃあないですか?

こんな処で「生まれつきの才」の如き言葉を使用するのかしら?
一応クォリティ・ペーパーを自認している新聞社だそうですのに。
[ 2017/03/12 00:14 ] [ 編集 ]
同意
こはる様

朝日新聞に入社する輩の資質はもともと疑われています。(笑)

次に朝日は北朝鮮並みに○○は出身成分が良くないとか言い出すのでしょうか。
毎日、朝日新聞の天声人語を書き写す思想改造をへないと大臣の資格を得られないとか、

冗談はよし子さん。
[ 2017/03/12 00:35 ] [ 編集 ]
野焼きを放火と
追伸

最近、朝日新聞の記者が阿蘇で放火、いたるところで山火事とツィッターで報じ、大炎上しましたからね。(笑)

「野焼き」という言葉を知らないのですよ。今の朝日新聞の記者の言語能力はその程度のものと覚しめせ。
[ 2017/03/12 00:54 ] [ 編集 ]
ぎょえ~ 萌えちゃいそw
野焼きが山火事!
「出火の原因は」とやったら熊本県民、たのしくって仕様が無い?w

本気で、どうするんだろ?朝日 と他所ながら・・期待してしまいそう。
ためしに一度潰せ、と声を裏返して言って差し上げよう。
[ 2017/03/12 01:38 ] [ 編集 ]
カビが生えた論理
「教育勅語=軍国主義の元凶」などという、カビが生えた論理をいつまで「連呼」しているつもりなのだろうか。

まともな人間ならば、トンデモこじつけ論にしか聞こえないだろう。

そもそも、紛争に至った経緯には色々あるわけで、教育勅語との因果関係は少ないだろうと思う。紛争が発生したら、全て「教育」の所為にするようなものだろう。

教育勅語自体は、「道徳教育」の指針みたいなもので、「法律」ではないですね。これは、文科省の答弁からも分かっていますね。

その時点で、「人権」がどうのこうのなどという、アカヒの主張が「出鱈目」である事は明白ですね。
[ 2017/03/12 01:51 ] [ 編集 ]
教育勅語はリトマス試験紙
タイトルを伏せて内容を見せ、感想を聞く。
大半が「いいこと書いてあるね」と述べるが、
ぱよちんはそれが「教育勅語」と聞いた途端、
理由もなく「こんなのダメ」と言い出す。
ぱよちんの脳内では「戦前=悪」でしかない。

教育勅語はぱよちん脳を見つける絶好のリトマス試験紙だ。
[ 2017/03/13 10:35 ] [ 編集 ]
yasuさんへ
>ぱよちんはそれが「教育勅語」と聞いた途端、
理由もなく「こんなのダメ」と言い出す。

…「教育勅語」とは、大日本帝國憲法における明治天皇の御言葉であるから、日本国憲法における「教育勅語」の法的無効は理解できるが、御言葉そのものを否定することは、天皇陛下を始めとする皇室の批判とも受け止められる。

宮内庁は、「聖徳太子」を「厩戸王」の「王」として、「皇太子」としない文科省の教育方針、「教育勅語」の内容を否定するマスコミの風潮、日本国民にもかかわらず、「教育勅語」を「こんなのダメ」と批判する国民がいることなど、「皇室の批判とも受け止められる言動は、いかがなものか。」と、宮内庁としての懸念は、はっきりと主張したほうがよいであろう。
[ 2017/03/13 11:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: