私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  詐欺は継続している ~ 民進党蓮舫「我々に提案を求めるな」という提案

詐欺は継続している ~ 民進党蓮舫「我々に提案を求めるな」という提案

← 応援クリック、ありがとうございます。

 以前、朴槿恵が南鮮の大統領であり、ヒラリー・クリントンが次期米国大統領の最有力候補だったとき、一部の左派からは民進党の蓮舫が「日本における女性の政治リーダー」として期待を集めた時期がある。言っておくが、一部の左派からのみだ。しかし、朴槿恵は大統領の座を追われ、ヒラリー・クリントンはトランプに敗れ、日本の注目すべき女性の政治家は、今は蓮舫ではなく小池都知事だろう。一方の蓮舫は、一部の期待は落胆に変わり、いまや蓮舫降ろしの声すら囁かれる状況だ。

 6日の参院質疑において、蓮舫は、東電福島第1原発事故の賠償費を賄うため、2.4兆円を上限に送電網の利用料に上乗せする政府方針に対し、「政府や電力会社の賠償責任を追及すべきだ」と声高に主張。世耕経済産業相は「提案の党ならば、2.4兆円をどう回収するかの対案も出してもらいたい」と返したが、それに対して蓮舫は、「我々に提案しろと投げないで下さい」と気色ばんだ。呆気にとられたのは国民の側だ。蓮舫は党代表就任時、提案型政党を声高らかに宣言していたからである。

蓮舫


 提案型ということばは、蓮舫の口から何度も出ている。昨年9月の代表就任時には、「批判だけではなく提案をし、こういう考えであるということを声を大にして訴えていく」と宣言したし、同時期の臨時国会前には、「国民の皆さま方のご理解、そしてご支持をいただけるような提案型の審議に臨んでいく」と言い放っている。自民党の足を引っ張るだけの政党との批判が耳に届いていた証だが、代表就任から暫くたっても、「批判型政党」の実態に何の変化もない。

 我々は、子供のときに、「国会は国権の最高機関」というフレーズを習う。もちろん、憲法41条にそう書いてあるから、実際に国会は国権の最高機関には間違いない。ところが、いまの国会の実態は、国家のことをまともに考えている数少ない政党の足を、批判することが仕事になっている多数の政党が引っ張っているだけだ。蓮舫をはじめとする民進党議員や山本太郎、福島瑞穂のようなキャラクターが国会に籍を置く現実を見ると、「国権の最高機関」という権威がまるで感じられなくなる。彼等は、国家のことすら微塵も考えず、ひたすら「批判することによる生存のアピール」をしているだけなのだ。

 週刊新潮の3月2日号によれば、今夏の都議選に向けた世論調査で、民進党の支持が地に落ちている状況だという。このままいけば、代表のお膝元でもある東京で、18ある現有議席全てを失う可能性もあると言われている。国政選挙は安倍総理の腹次第だが、いきなり解散を打たれて惨敗するなら、代表の首を挿げ替えてでも…と考える民進党議員がいてもおかしくない。蓮舫は、民進党議員らにとって、支持率回復の希望だった。その蓮舫が支持率を回復させるどころか、日を追うごとに無能さを曝け出せば、彼女の役割は既に終わっているということだ。

 「提案型政党」 ―― 今までの実績と、現下の状況を観察すれば、これは民進党にとっては不可能なことなのだ。かつて民主党は、不可能なことを平気で並べたマニフェストで宣伝し、後に「詐欺」と批判された。できなことをさもできるように宣伝し、人を欺くことを詐欺と言うなら、民進党の詐欺はいまこの時も継続中だということだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/09 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
初めまして、私は海外在住のおばさんです。
政治系のことには無関心だった私ですが、昨年母の介護のために一時帰国した折に、日本のテレビ番組のあまりのばかばかしさに国会中継を見ていました。その時強烈に感じたことがまさに
<批判することが(野党の)仕事になっている>
ということでした。
大事な審議の時間を与党批判とその足を引っ張ることだけに使っているようで、全くの素人・ノンポリである私から見てもおかしいとしか感じられません。与党の政策を批判するならばそれに代わる、国民が納得するような政策を提案すべきなのにそれすら放棄するような今回の蓮舫氏の発言にはあきれるばかりです。
[ 2017/03/09 10:24 ] [ 編集 ]
嘘吐きトカゲ女の真骨頂
これぞ違法人の嘘吐きトカゲ女村田R4の真骨頂だ。
コイツにとって嘘は日常だから、二言も三言もまるで気にしない。
きっと「あの時とは状況が違う」とか言って誤魔化すのだろう。
[ 2017/03/09 11:03 ] [ 編集 ]
指令に忠実な蓮舫
 蓮舫への”指令”の大枠は日本崩壊。日本の歴史、文化、道徳、勤労意識、家族観等々、日本古来の美徳を崩壊させること。現実に蓮舫のやっていることは、日本の政治基盤の崩壊工作。
 本来の政治は、政権与党と健全野党とが『日本ファースト』の基、お互いが切磋琢磨しながら国家としての最良の政策を立案し実行していくことだと思うのですが、蓮舫の行動結果としての現状は、日本の野党第一党の壊滅行動を着々と実行中のように見えます。具体的には、自分ファースト、自己再選(就活)ファースト、その為の揚げ足取り、他者批判だけの議員群を醸成させることにより、所属する政党の崩壊を進行中です。
 私は自民党に全面的に共感するものでもありませんし、こんなンが自民党(日本)の国会議員かョとガッカリすることもありますが、それもこれも全ては野党第一党があまりにも!情けないからだと思うのです(私の八つ当たり?)。野党第一党の民進党が弱体化すればするほど自民党(議員)は慢心し、労せずして政権党自民党内部からの崩壊が始まっていきます(現在進行形)。このまま行けば、蓮舫は”指令国”からの最上級勲章授与は間違いないでしょう。
 こうなったら仕方がないので、今のままでは総理の芽が消滅しつつある石破さんあたりの一派が自民党を割って出て、日本維新の会(ゆ党)あたりと一緒になって新しい健全(政権交代可能)野党第一党を形成して貰いたい・・・とりあえずの次善の策としては・・・。
[ 2017/03/09 12:41 ] [ 編集 ]
複雑な思い・・・
だって、日本の国会に於ける存在自体が詐欺の様な人ですもの、と言っちゃあオシマイですが、そんなもンでしょ。

知らなかったわ!ヒラリー・クリントンとクネさんとこのR4が並ぶとは?????!!!!!
「言っておくが」でも言いたいわ。 何処の一部じゃ?左派?ならばあるかw
単に集票人気がある、と甚だしく市場調査の間違いをしただけじゃないの~?と申し上げたい。
R4の口から出る言葉のほぼ全てが、私には「批判」ではなく、与党をやっつけたいだけの悪口に聞えます。批判なら少しは建設的な要素が感じられる筈ですもの。

大型コンピューターの二番じゃダメなの?発言で日本が世界一から降りた後釜に中共コンピューターの一番乗り。
日本の原発全面廃棄再生エネ転換発言の裏には、中共の国内外での原発何百基建設意欲。
岡山県真庭市のバイオ発電大絶賛(この事業は成功ですが)。これ一箇所を視察して全国各地の地産地消エネ推薦するが、日本に圧倒的に多い水分を多く含む木材の性質と降雪地域などを考慮せず推し進めると、必ず燃やすだけの為の外材輸入にならざるを得ない事には一切触れずの国会発言。
言う事為すこと、皆中共辺りの利益に繋がるんですよね。このR4発言は。


山形県人様には申し訳ないですが、この日本で石破氏に何を期待出来るのか?あの議員の今までの発言や行動の数々から、我が国の国益になる事はほぼ決して無い人だと私は思っています。
この人だけは総理にはなって戴きたくない、ぐらいに。
ですが、自民党をお出になることには賛成致します。
[ 2017/03/09 15:09 ] [ 編集 ]
次善の策として
 こはる様。石破さん(の一派)からは、とりあえず党内二軍を代表して、日本の為の”普通の野党”形成に尽力して頂くことによって”のみ”、日本の政治史にその名を残すことができるようにも思うのですが・・・。自ら望んで『捨て石』になり続けて頂いてこそ!
 余談ですが、どうも石破さんは「機を見るに”鈍”」のようでもありますが。

 それから、「他者批判」→「週刊誌を情報源とした自らの調査皆無のただの言いがかり」に加筆訂正します。この際なので思いっきり加筆させて頂きました。(苦笑)
[ 2017/03/09 17:58 ] [ 編集 ]
楽しみのない政治
今や、ヨーロッパの政界は女性政治家の活躍に目が注がれています。英国はメイ首相、フランスは国民戦線率いるルペン党首、イタリアは「5つ星運動」のリーダーでローマのラッジ市長、英仏伊がすべて女性首脳となる可能性が出てきて、しかもそのいずれもが右派系でEU離脱派であることに注目。

ルペンは大統領選の第一回投票でトップに躍り出る可能性が高く、第二回投票で過半数を占められるかどうかがポイントと云われています。政権は目の前に迫ってきました。

ラッジはローマ市政で側近の汚職疑惑を招き、いささか逆風にさらされていますが、何しろ、若くて(38歳)素晴らしく美貌な彼女。頑張って前を向いて欲しいものです。

今日のR4は稲田防衛相の教育勅語擁護発言を取り上げて、国会で問題にしていきたい旨の発言をしていました。

一体何周遅れの時局認識をしているのか?襟立てて本人は快走しているように思っていても、先頭グループは既にゴールインしているというお笑い劇。

民辛党の存在自体が朝日毎日の閉ざされた言語空間の中で永遠に漂っているバミューダ海域の難破船のごとき代物です。

近くには社民党という幽霊船のように朽ちかけたボロ船が漂っていますが、あれが民辛党の末路なねではないですか。

最近、R.4の顔を見ると髑髏(しゃれこうべ)を思い出して、ちょっと怖いです。

それにしても、戦後民主主義の骸骨はこんなに惨めで、役立たずなのか。荘厳から滑稽へは一歩でしかない、とナポレオンも言ってます。
[ 2017/03/09 18:19 ] [ 編集 ]
入り口としての北朝鮮
直近、北朝鮮はマレーシアに於いて金ファミリーの一員である金正男(キム・ジョンナム)を暗殺しました。
これについては中国が何故守り切れなかったのか?であるとか言われていますが、場所がマレーシアという他国である事、最近の正男の油断、周到な北朝鮮の計画的行動が可能としたと思います。

中国国内では決して起こらなかったでしょう。
そして次に金漢率(キム・ハンソク)は必ず北朝鮮に狙われ続けるでしょう。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902681000.html

そして北朝鮮の同じく直近の行いとは日本のEEZ(排他的経済水域)に到達するミサイルを4発(5発)同時発射しました。
そのミサイルとは将来的に核兵器を小型化し弾頭に詰め込み、米国に到達するICBM(大陸間弾道弾)を実現することです。
当然、それ以前に日本に到達するSRBM(短距離弾道ミサイル)、IRBM(中距離弾道ミサイル)は開発されるものです。
ですから、北朝鮮のICBMを気にする以前に本来日本はその前に攻撃対象であると実感しなければなりません。
まして核爆弾を積まないのならばもう今でも日本に向けてミサイル発射は可能です。

それらを総合的に見て北朝鮮とは金正恩(キム・ジョンウン)という独裁者が恐怖政治を行っている非民主・非人権独裁国家であり、しかも日本を含め他国に対して危険な国であるという事です。

そこでそんな危険な非常識な国に対してどう日本は対応するのか?というところに日本の『さよく・在日連合』の唱える『憲法九条・護憲派』との矛盾が発生します。

これほど狂暴な国を隣にしていながら「話し合いで解決すべし」などと言う『護憲派さよく』は北朝鮮を非難しながらも論理矛盾を連発するわけです。

ですから賢明な一般日本国民はこの「北朝鮮を批判しながら、護憲を唱える存在」に違和感を持つでしょう。

と、前置きが長く成りましたが、そんな矛盾を特技ブーメランと共に見せつける政党が有ります。
それが『民・共』の民進党です。

国の安全保障を常に妨害するこの民進党などが、何を図々しく日本の安全に関して語る資格があるのかと噴飯ものです。

http://www.sankei.com/politics/news/170307/plt1703070003-n1.html

http://www.sankei.com/premium/news/170307/prm1703070006-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170302/plt1703020001-n1.html

そして思っていた通り、思っていたより早く小池百合子東京都知事は国政に進む様です。

http://www.sankei.com/column/news/170303/clm1703030004-n1.html
[ 2017/03/09 19:21 ] [ 編集 ]
おさらい
>人を欺くことを詐欺と言うなら、民進党の詐欺はいまこの時も継続中だということだ。

…蓮舫さんの二重国籍問題について、おさらいしてみた。ウィキペディアによると、「2016年10月14日に、台湾当局発行の証明書が不受理であったために、行政指導に従い、国籍法14条で義務づけられた「日本国籍の選択の宣言」を行ったことを明らかにした」とある。ひとまず、これで二重国籍問題は終息したかのようだが、果たしてそうであろうか。

この内容が事実ならば、2016年10月14日までは、国籍法第十四条にある「日本国籍の選択の宣言」を、蓮舫さんは行っていなかったという話だ。

戸籍法を、今一度、読んでみよう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO224.html

戸籍法 第百四条の二
国籍法第十四条第二項 の規定による日本の国籍の選択の宣言は、その宣言をしようとする者が、その旨を届け出ることによつて、これをしなければならない。
○2  届書には、その者が有する外国の国籍を記載しなければならない。
第百四条の三
市町村長は、戸籍事務の処理に際し、国籍法第十四条第一項 の規定により国籍の選択をすべき者が同項 に定める期限内にその選択をしていないと思料するときは、その者の氏名、本籍その他法務省令で定める事項を管轄法務局又は地方法務局の長に通知しなければならない。」

…オレの記憶によれば、金田法務大臣は、戸籍法第百四条の三の通知を受けたという報道は、何時だったかに、あったような気がする。つまり、その時期まで、もしくは2016年10月14日の宣言までは、蓮舫さんは戸籍法の適用を受けない者であった、という話になるのではないだろうか。

ここで、公職選挙法を読んでみよう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO100.html

附則抄
2  戸籍法(昭和二十二年法律第二百二十四号)の適用を受けない者の選挙権及び被選挙権は、当分の間、停止する。
3  前項の者は、選挙人名簿又は在外選挙人名簿に登録することができない。

…オレは、法律については、レッドバロンさんから見れば経済、yasuさんから見れば軍事もそうかもしれないが、事実、全くの素人だ。これは、素人の感想であるが、蓮舫さんが2016年頃まで、戸籍法の適用を受けない者であったならば、公職選挙法の付則抄にあるように、それまでの被選挙権は停止されていたはずだ。その場合、選挙は当選の是非を問わず無効であるし、民主党政権において、議員として行った法律上の行為なども、すべて無効になるはずだ。

戸籍法は適用されていた、婚姻による村田性を名乗ったことからも明らかだ、という見方もできるかもしれない。しかしながら、国籍法第十四条を読むと、必ずしもそれが正しいとは思えない。
http://www.moj.go.jp/MINJI/kokusekiho.html

国籍法第十四条
 2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

…「戸籍法の定めるところにより」とある。この手続きをしていなかったのだから、国籍に関しては戸籍法の適用を受けない者に定義されていたとオレは思うのだが…その期間において、選挙に立候補していた。これは、日本国憲法と公職選挙法に照らすと、被選挙権の無き者の政治的行為だったのではないだろうか。

ご意見がある方は、ぜひコメントをいただきたい。
[ 2017/03/09 22:11 ] [ 編集 ]
レッドバロン様の一言に共感
「いずれも右派系でEU離脱派であることに注目」とおっしゃいましたが、トランプ当選以降、私が感じていることをズバリ言っていただきました。
蓮舫、福島瑞穂等は下の下の話であるのでここでは言いません。しかし日本の多くの政治家が、この世界の潮の変わり目を、素人である国民に知らしめることが出来ていない現状にじれったさを感じています。
本質は多くの先進国、それもその国々の多数の国民が、これから訪れる危難の時代を感じ取っている証拠。グローバルなんて言っている場合じゃない、どこもが我が国大事となってきています。
それにしても日本人はどこまで鈍感なのでしょうか?

それにしても、森友学園の話題には私もたいがいウンザリしています。
[ 2017/03/09 23:14 ] [ 編集 ]
入り口としての北朝鮮
直近、北朝鮮はマレーシアに於いて金ファミリーの一員である金正男(キム・ジョンナム)を暗殺しました。
これについては中国が何故守り切れなかったのか?であるとか言われていますが、場所がマレーシアという他国である事、最近の正男の油断、周到な北朝鮮の計画的行動が可能としたと思います。

中国国内では決して起こらなかったでしょう。
そして次に金漢率(キム・ハンソク)は必ず北朝鮮に狙われ続けるでしょう。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902681000.html

そして北朝鮮の同じく直近の行いとは日本のEEZ(排他的経済水域)に到達するミサイルを4発(5発)同時発射しました。
そのミサイルとは将来的に核兵器を小型化し弾頭に詰め込み、米国に到達するICBM(大陸間弾道弾)を実現することです。
当然、それ以前に日本に到達するSRBM(短距離弾道ミサイル)、IRBM(中距離弾道ミサイル)は開発されるものです。
ですから、北朝鮮のICBMを気にする以前に本来日本はその前に攻撃対象であると実感しなければなりません。
まして核爆弾を積まないのならばもう今でも日本に向けてミサイル発射は可能です。

それらを総合的に見て北朝鮮とは金正恩(キム・ジョンウン)という独裁者が恐怖政治を行っている非民主・非人権独裁国家であり、しかも日本を含め他国に対して危険な国であるという事です。

そこでそんな危険な非常識な国に対してどう日本は対応するのか?というところに日本の『さよく・在日連合』の唱える『憲法九条・護憲派』との矛盾が発生します。

これほど狂暴な国を隣にしていながら「話し合いで解決すべし」などと言う『護憲派さよく』は北朝鮮を非難しながらも論理矛盾を連発するわけです。

ですから賢明な一般日本国民はこの「北朝鮮を批判しながら、護憲を唱える存在」に違和感を持つでしょう。

と、前置きが長く成りましたが、そんな矛盾を特技ブーメランと共に見せつける政党が有ります。
それが『民・共』の民進党です。

国の安全保障を常に妨害するこの民進党などが、何を図々しく日本の安全に関して語る資格があるのかと噴飯ものです。

http://www.sankei.com/politics/news/170307/plt1703070003-n1.html

http://www.sankei.com/premium/news/170307/prm1703070006-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170302/plt1703020001-n1.html

そして思っていた通り、思っていたより早く小池百合子東京都知事は国政に進む様です。

http://www.sankei.com/column/news/170303/clm1703030004-n1.html
[ 2017/03/09 23:39 ] [ 編集 ]
山形県人様
御本人の意欲に関係無く、野党に限定するなら、石破氏は弁が立ちますし、与党もおちおち不勉強ではいられない訳で、なろほど。と今頃納得してもイイかな。です。
が、万年野党でも利敵行為をジワジワされるなら石破氏だけじゃなく、×ですw。

加筆訂正はご尤も。
あり得ないですよ。議員が恥も無く週刊紙のゲラを振りかざして質疑の元にし、それを読んで居ないという官僚に「読んでないなんて!」と怒りをぶちまけるんですから。

週刊紙情報は全国民が読むものだと思い込んで居るメディア出身議員の思い上がりだけははっきり分りましたけど。
あの人、未だ五年も国会議員なんですよねー

[ 2017/03/09 23:42 ] [ 編集 ]
いい忘れました
多くのコメンテーターのブーイングを覚悟しますが、この線でいきますと、東京都知事も半周は遅れていると感じます。
あくまで東京都知事ですからそれでいいのかも知れませんが。

辻元なんかは反対向いて走ってますね。
[ 2017/03/09 23:42 ] [ 編集 ]
新しい党公認キャラが決まり「民主くん」は失業した
「次」は民進党議員の番ですね(笑)
潔く、全滅してください。

可哀想だから民主くんの再就職先を探すと大西青年局長は言うが、「本当に可哀想だと思うなら」党名を変えるべきじゃなかったんじゃないか?

また、党名を変えねばならないほど追い詰められないために、真面目に日本人の「雇用と安全保障」に関わる政策を考えるべきだったんじゃないのか?

何もかも矛盾に満ちている。
南朝鮮の泣き婆と同じで、お涙頂戴により集票しようという腹がミエミエですね。

全く同情に値せんわ。

世間じゃ働かなければサラリーを貰えないのは当然。下手すりゃクビです。

日本の国会議員がお仕えする主は日本国民。これは憲法にもはっきり書いてあるのです。

ので、その日本国民の雇用・安全保障を考えるのは重要な義務であり、それを故意又は重過失でやんない民進党議員には民主くんと「同じ」末路を辿ってもらうしかありませんなあ。

ここは日本です。
「芝居と詐欺だけ」で生きてる朝鮮人の国と一緒にしないように。
[ 2017/03/10 07:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: