私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  教育 >  「聖徳太子抹殺計画」を阻止せよ ~ 歴史教育の改悪に抗議の声を!

「聖徳太子抹殺計画」を阻止せよ ~ 歴史教育の改悪に抗議の声を!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本人なら誰でも知っている聖徳太子。冠位十二階や十七条憲法を定めるなど、天皇を中心とした中央集権国家を推進した、国史では欠かせない偉人である。隋の皇帝で、暴君として知られる煬帝に対し、「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや……」という外交文書を送ったエピソードはあまりに有名だ。「日が昇る国の皇帝(天皇)が、日が沈む国の皇帝(隋の皇帝)に手紙を送るよ。変わり無い?」ってなもんで、当然ながら煬帝は激怒したという。遥か1400年も前に、中華思想・華夷秩序を全否定し、「我が国は真の独立国家である」と宣言したのだから、現代の政治家にも見習ってもらいたいロールモデルである。

 その聖徳太子の名が、教科書から消されようとしている。2月14日に文部科学省が発表した次期学習指導要領の改訂案に、聖徳太子の名を「厩戸王(うまやどのおう)」という呼称に統一するという案が含まれているというのだ。厳密には、改定案には小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、中学で「厩戸王(聖徳太子)」とされている。時系列で解釈すれば、小学校で習った聖徳太子という人物のことは、正式には厩戸王と覚えようね、ということである。

聖徳太子


 何故か。文科省によれば、聖徳太子は死後につけられた呼称で、近年の歴史学で厩戸王の表記が一般的だからだそうだ。死後に付けられたおくり名/諡号は、古くは生前の事績への評価に基づいてつけられる名前のことだ。すべてではないものの、歴代天皇の呼称も諡号である。古くは大陸から伝わったものとされるが、長い年月をかけ、日本の伝統・文化に根付いたシステムである。従って、単なる学術的な名称のみでは、我が国の価値観は継承されないのではないか。

学習指導要領改訂案
中学校学習指導要領案(p.40)


 文科省の街区集指導要領改定案の論理破綻は、これだけではない。「鎖国」も、長崎や薩摩ではオランダ、支那などとの交易を許していたため、「幕府の対外政策」に改めるというのだ。文科省の担当者は「当時、鎖国という言葉は使われていなかったので、正しい言い方にした」としているが、この役人はバカなのか。

 昭和様の御代にあっては、陛下を「昭和天皇」とは呼ばない。今上陛下を「平成天皇」と呼んだら、「お前は日本人か」とツッコまれるのがオチである。奈良時代、平安時代、江戸時代なども、あとになってからついた呼称で、奈良時代の人々が自分たちの生きた時代を奈良時代と呼んでいたわけではない。こんなこと、小学生でもわかる論理だ。当時使われていなかったから呼称を変えるというなら、歴史教科書はほとんどすべてのページを書き換えなくてはならなくなる。2チャンネルには秀逸なツッコミがあった。

太平洋戦争のことも大東亜戦争って直さないといけなくなる


 この手の謀略は、既に実行段階に移されている。山川出版の教科書は、既に厩戸王が採用され、聖徳太子はカッコ書きになっている。検定を通っているということだ。

「推古天皇が新たに即位し、国際的緊張のもとで蘇我馬子や推古天皇の甥の厩戸王(聖徳太子)らが協力して国家組織の形成を進めた。603年には冠位十二階、翌604年には憲法十七条が定められた」


 摂政とも皇太子とも書かれず、単なる「天皇の甥」扱いだ。

 歴史上のことばの数々は、算数のように、1+1=2という計算式のみで答えられるものではない。学術とは別の次元に、日本人の紡いできた言葉の歴史があるのだ。文科省ではパブリックコメントを受け付けている。3月15日までなので、この指導要領に疑問を持った方は、是非この改悪を阻止すべく、声を届けていただきたい。

文科省パブリックコメントはこちらから



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/03/02 07:08 ] 教育 | TB(0) | CM(14)
学問の自由としての表記と、日本国民として正しい知識とは異なる。
>何故か。文科省によれば、聖徳太子は死後につけられた呼称で、近年の歴史学で厩戸王の表記が一般的だからだそうだ。

…その誤った歴史学の認識を正すのが、文科省の仕事であろう。正しいかどうか、その判断ができないのなら、文科省は、宮内庁に、
「聖徳太子は、王だったのか?」
…と、尋ねてみればよい。聖徳太子は、天皇陛下の御先祖様であるから、宮内庁は無関係ではない。その答えは、聞かずとも明らかである。国史「日本書紀」では、「王」ではなく、「皇太子」だからだ。

勘違いしがちなのが、「法王」の尊称である。上宮聖徳法王とも呼ばれた聖徳太子は、仏教をマスターしていたことは、良く知られた史実である。ゆえに、「法王」と呼ばれた。豪族の長にあたる「王」とは違い、仏教上の尊称としての「法王」である。

「厩戸王(聖徳太子)」は、「上宮聖徳法王帝説 注釈と研究」(沖森卓也、佐藤信、矢嶋泉 吉川弘文館 2005年)の研究編とあとがきに表記されている。これは共同研究であるから、三名共著の一冊をもって、近年の歴史学の研究で一般的とは言い難いであろう。そもそも、近年とはいつからいつまでなのか。戦前と戦後で、日本国の歴史学は、大きく変化している。戦前の歴史学の正誤、戦後の歴史学の正誤、いずれも勘案すべきである。一般的という基準も、あいまいだ。どれほどの歴史学者が用いたとしても、それを理由に歴史学上正しいとはいえない。100人、地球は□だといっても、1人、地球は〇というのなら、文科省は地球は〇であると、日本国民に教える義務がある。

佐藤信教授は、「天皇(大王)」(144ページ)とも記している。あたりまえだが、宮内庁のホームページには、天皇(大王)陛下とは記していない。歴史学で天皇(大王)であっても、それは学問の自由でそのように表記しているのであって、正しくは天皇陛下であることは、明らかであろう。厩戸王(聖徳太子)の表記は、明らかに不適切である。皇太子は王より格上であるのに、王を皇太子の付記にするとはいかがなものか。

学問の自由としての表記と、日本国民として正しい知識とは異なる。日本海(東海)としたい国もあるようだから、付記については本当に同じ意なのか、文科省は慎重に判断してほしい。
[ 2017/03/02 10:39 ] [ 編集 ]
歴史ねじまげのサラミ作戦
歴史のねじまげは、聖徳太子、鎖国だけではない。
10年以上前になると思うが、「鎌倉幕府成立を1192年から、1185年に偽装」してきた。
誰が考えても、頼朝が征夷大将軍に任命されて、鎌倉幕府だと思う。
歴史の学会は、親分・子分の世界だと聞く。
親分の説に異論を唱えると、教授の職が危なくなると聞く。
まさに、「歴史ねじまげのサラミ作戦」だといえる。
これも、まだ70年にもならなない中国の妬みか。
[ 2017/03/02 11:18 ] [ 編集 ]
やまとの国はまほろば
聖徳太子というのは日本の歴史に於いて重要な人物であり、それは残念ながら文明が先に栄えた支那から日本が様々な文明・文化を得たという事実はあったにしても、その中華体制から離脱し日本が独立国であると宣言した為政者の一人であるからです。

しかしそれにしても何故文科省は『厩戸王』を持ち出したのか?
その文科省、官僚の氏名は?
この件では単純な官僚の思いで動き出したというのと、深謀があるのか?
という二つが今の段階では二つのうち何方かが考えられます。

ですが、この「聖徳太子(厩戸王)」、「厩戸王(聖徳太子)」は何れ時間を経て聖徳太子が消され、『厩戸王』となる過程です。
今の段階でこの問題点は指摘せざるを得ません。

何度も書いていますが、今の日本は戦後のGHQによるWGIPの影響をいまだに引き継ぎ、その担い手が『反日さよく・在日連合』であり、その工作(活動)のこれは日本毀損の事象の一つとも見れない事はありません。

日本は良い国です。
それを安全保障を疎かにする、中国人、韓国人の移民を増やす、日本の文化を削ぐ、そして日本の歴史を断絶等させるという動きが有る事を注意しなければいけません。
日本は良い国であり、更に良い国であり続けるという視点からそれらの動きには疑問を持つべきであり、日本には日本を貶めようとする『反日さよく・在日連合』が存在する事を広く一般日本国民は知るべきでしょう。

北海道は中国に買われ、対馬は韓国に買われ。

中国、釧路を“北のシンガポール”に 「孔子学院」開設計画、不動産の買収…拠点化へ攻勢

http://www.sankei.com/premium/news/170224/prm1702240007-n1.html

中国から離島を守れ! 韓国に対馬の不動産を買い占められた過去を教訓に、政府が対策に本腰を入れ始めた

http://www.sankei.com/premium/news/160807/prm1608070025-n1.html

後手に回る政府 「実効支配」を防ぐ法整備が急務 

http://www.sankei.com/life/news/161004/lif1610040047-n1.html

土地が守れないということは日本が守れないという事です。
その日本を守ろうとしない、否他国に渡そうとする反日偏向メディアと反日野党など。

そこでまだまだ認識が甘い日本の保守勢力ですが、中には「もうテレビ、新聞は古い。ネットが情報を主導している」とかの勘違いが有ります。
又「サヨクはもう衰退して終わりだ」などという声も有ります。
まったく甘過ぎる認識です。

様々なポイントであるメディア、法曹界、学会、文芸界、教育界などの要をさよくに押さえられている現状。

そこで世論調査というものは絶対的なものではなく、しかし参考にすべきものと見ての注目点が以下です。

子供が信頼している情報源は…1位テレビ局、2位新聞社 ネット苦戦、4分の1は「どこも信用していない」

http://www.sankei.com/life/news/170301/lif1703010084-n1.html

これは軽視することではないと考えます。

[ 2017/03/02 12:05 ] [ 編集 ]
情報戦(歴史戦)は着々と進行中か
文無省に抗議のメールを送っておきました。

例えにしたのはキリスト。「大工のコセガレがキリスト(救世主)と呼ばれる
ようになったのは後世になってから。 事実に即さぬとの理由で今から改名した
ときの世の中の混乱と反発を熟慮されたし」との主旨で。

特亜が仕掛ける歴史戦で一方的に攻め込まれているという印象を受けますねぇ。
日本人はお人好しで、そのうえ異議を申し立てれば反射的に折衷案を探そうと
する性質と、役人のトラブルは何が何でももみ消すとの保身意識が相乗されて
いるように思え、、やはり「平成維新」しかないのか・・と思わされますw~
[ 2017/03/02 12:18 ] [ 編集 ]
聖徳太子(十七条憲法を制定、東突厥隋シナおよび西突厥隋シナ属国朝鮮半島という侵略国および侵略国属国を突っ撥ね)
聖徳太子(十七条憲法を制定、東突厥隋シナおよび西突厥隋シナ属国朝鮮半島という侵略国および侵略国属国を突っ撥ね)
-----

「神武天皇陛下(日本国建国の祖)」

薩摩の国の古代豪族の有村家=有村治子先生の祖先、出雲大社一門、大和の国の古代豪族の高市家=高市早苗先生の祖先などなど

「仁徳天皇陛下(民の竈=国土強靭化)」

聖徳太子(十七条憲法を制定、東突厥隋シナおよび西突厥隋シナ属国朝鮮半島という侵略国および侵略国属国を突っ撥ね)

中臣鎌足=大和の国の古代豪族の高市家と同郷、摂関家藤原家一門の祖、大久保利通の祖先、麻生太郎先生の祖先

菅原道真(遣唐使廃止、東突厥唐シナおよび西突厥唐シナ属国朝鮮半島という侵略国および侵略国属国と断交)

皇籍から臣籍へ降下した清和源氏(安倍晋三先生などの祖先)一門などが誕生





「明治天皇陛下(御皇政を復古、稲田朋美先生は明治天皇陛下と遠縁?)」




皇紀2676年(平成29年、西暦2017年)

-----
そもそも、<日本人(モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系民族)>と<韓国人(ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族、西突厥)、共産シナ朝鮮族(ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族、西突厥)、共産シナ人(ペルシャ系民族、東突厥)>は、全くの異民族であり、全く関係がありません。
すなわち、聖徳太子は、東突厥隋シナおよび西突厥隋シナ属国朝鮮半島という侵略国および侵略国属国による日本国侵略を突っ撥ねられました。
[ 2017/03/02 12:49 ] [ 編集 ]
珍説日本古代史
90年半ばぐらいからでしょうか、我が国の古代史に突飛な説が流行りかけた時期がありました。
例えば小林惠子(やすこ)氏の<聖徳太子は西突厥から渡来した王>だとか。「聖徳太子は居なかった」という学者もいたように記憶します。
こういうのを夢がある説とするのか奇想天外で問題外とするのか、歴史学会の評価は存じませんが、文科省の云う「近年の歴史学」がこういう範囲をも言うなら、是非「古来の歴史学のまま」でお願いしたいものです。

法隆寺の薬師如来像後背銘文に記された 太子の称名は「東宮聖王」(太子13歳の時の父用命天皇の発願に依る如来ということなので、「東宮」聖王)。
釈迦如来像の後背銘文では「上宮法王」(太子が四十九歳で薨去された後の如来像)。
他には太子を記すに「聖徳王」「法大王」「上宮聖王」とも、全て薨じられて後の文書に依ります。
これだけ慕われ尊敬され敬愛された証拠の御名の数々。このようなご存在は他には居られないでしょう。

文科省の云う「生前の御名が厩戸王」とするのも、一説には幼名を「厩戸豊聡耳皇子」とも云いますし、それも一度に十人の言葉を聞くことがお出来だった、という伝説から(後から)付けられた御名のような気もします。

決定的ではないことを、今書き換える根拠が極めて薄弱に感じます。
世に聖徳太子と呼ばれ慕われ、昭和の御代の高額紙幣にも描かれた方は正しく「聖徳太子」とお呼びして何の不都合があるのでしょう?

などなどなどと、書けば書くほど 文科省!(いろいろ言葉は連なりますが、世界平和のために割愛)


[ 2017/03/02 15:08 ] [ 編集 ]
だから、お前が文盲なんだ!
2000年代の初め頃からでしょうか。西荻のカフェバーなんぞで左翼系出版社の若造から唐突に「聖徳太子って、本当にいると思いますか?」と囁かれだした?のは。

古代史に何の興味もなさそうなリベラル・ミーハーがなんでこんな質問を。どうせ元左翼の雑学系保守・矢沢永一氏の「聖徳太子はいなかった」(2004年)でも読んだのかと思いましたが、この辺りから、古代史に燦然と耀く聖徳太子そのものを無きものにしようとする左翼の陰謀は深く静かに進んでいたのですな。


このような史料を中心とする聖徳太子虚構説に対する反論としては、東北大助教授田中英道氏による美術史学、形象学から見た歴史の分析、なかんずく法隆寺五重塔の心棒が年輪年代測定で594年伐採のものであることや、金堂の釈迦三尊像の光背の銘文などの分析から、完全に論破されていると思いますです、はい。


虚構説が通らないので、次善の策として?貴奴らは聖徳太子の尊名を日本史から消し去ろうとしているとしか思えません。断固として反対です。

日本が自国であることが気に入らない連中の軽薄さたるや、国史科が日本史科になり、国文学科があろうことか日本語日本文学科になり果てても、止まることを知らないのですね。

囁かれるとその気になってしまう文部官僚の無教養ぶりが最大の問題です。

なお、タイトルは発表の途中で「ブ、ブンモウ…」と言い掛けた若い研究者に向かって、東洋史学会の先輩が投げつけた台詞でした。さすがに漢文が読める人たちのジョークは違います、感心しました。

[ 2017/03/02 20:10 ] [ 編集 ]
いけねえいけねえ 光背だったわ。訂正。

「コミュニスト!」も「だから、お前が文盲なんだ!」も御座布団重ねて御送り致したく存じ候
[ 2017/03/02 22:09 ] [ 編集 ]
カナ文
こはる様

お座布団たくさんありがとうございます。光背でしたよね。

国文学系でも漢語を勉強している人たちは和文をやっている人たちを「カナ文」と呼んで、軽く見ている節があって、いかにも重厚な漢文脈から見れば確かに和文はひらひら軽い感じがするのでしょう。その気分がよく出ている語だと思います。

東西古今の文化の潮
一つに渦巻く大島国の

ご存知、早稲田大学の校歌ですが、けだし名文句だと思います。日本は和文があり、漢文があり、西洋の文化も学び得る。逆にどれか一つ欠けても近代の日本人としてはバランスに欠けるような気がします。鴎外や漱石以降には漢文という背骨が欠けたように思えるのは私だけか。

教育勅語も漢文調だから凛々しく響くのですよ。現代語訳をすると、まずあの凜烈の調が消えてしまい、勅語ではなくて「お言葉」になってしまいます。言葉は意味が伝わればよいというものではありませんね。


[ 2017/03/02 23:23 ] [ 編集 ]
バロン閣下
仮名書き文書は日本の文化ですが、平安貴族でもやはり男性文化は表向き漢文調。貫之さんは仮名書きをするにオナゴに扮して「女もしてみむとて」と。

確かに御勅語は現代語になおしてしまうと座りがよろしくない。
昭和様の終戦の御勅語も品格ピリピリと、負けた感じが致しません。

教育勅語を諳んじる意欲に欠け、もっぱら私は短い海軍五省に惚れ込んで、と言っても実践している訳では無く単なる暗唱、という情けなさ。

一方、井伏鱒二氏がご自分の詩集に収めている于武陵の「勧酒」の訳詩
 コノサカズキヲ受ケテクレ
 ドウゾナミナミツガシテオクレ
 ハナニアラシノタトヘモアルゾ
 「サヨナラ」ダケガ人生ダ
などというのは隠微にw好きです。于武陵さんはお怒りかもしれませんが。
[ 2017/03/03 00:42 ] [ 編集 ]
歴史に虚構は不要だが
聖徳太子虚構説なるものは、もはや「出鱈目」という結論が出ているにもかかわらず、未だに、一部の「カルト信者」が、それを認めたがらないようにしか見えませんね。

古くは、津田左右吉が唱えた「古事記、日本書紀」の虚構説だとか、日本神話の「神武天皇」の虚構説(神話の役割を理解しておらず、仮に神武天皇が虚構であったとしても、神話の正当性自体に変わりはないのだが)など、所謂「擬古派」、「唯物史観」に基づくもので、彼らは根本的な歴史学的誤りを犯しているという事を理解していないことが分かりますね。

聖徳太子が100年以上後に就いた名前だからといって、厩戸王に変える必要などないでしょうに。

聖徳太子は、日本が支那の属国では無く、れっきとした「独立国」である事を、隋朝の皇帝に「日出づる処の天子」で始まる「文書」で、表明した「偉人」ですね。

他にも、「冠位十二階の制度(身分の貴賤によらず、能力で登用する制度)」と、「十七条の憲法(律令制度の基礎)」で、日本の政治形態を確立した人物でもあります。

このような偉人を抹消する動きには、確実に「NO]と突き付けなければなりません。
[ 2017/03/03 02:05 ] [ 編集 ]
学問の自由による名前の表記と、日本国の教育としての名前の表記とは異なる
西さんへ
>古くは、津田左右吉が唱えた「古事記、日本書紀」の虚構説だとか、日本神話の「神武天皇」の虚構説(神話の役割を理解しておらず、仮に神武天皇が虚構であったとしても、神話の正当性自体に変わりはないのだが)など、所謂「擬古派」、「唯物史観」に基づくもので、彼らは根本的な歴史学的誤りを犯しているという事を理解していないことが分かりますね。

…『日本書紀』(ヤマトフミ)は、国史(日本国の歴史書)ですから、あえて創作にしようとする学者(反日家)は、悲しいかな、多いかもしれません。

『日本書紀』の推古天皇二十八年には、「是歳。皇太子。嶋大臣共議之録天皇記及國記。」とあります。聖徳太子は、日本国の国史を始めて編纂した方ですので、
(国史の否定=聖徳太子の否定)
…という反日家の思惑があるのかもしれません。学問の自由ですから、『日本書紀』『古事記』を否定する研究は、それはそれでありなのかもしれませんが、学校教育まで浸透してくると、ちょっとまて、という話になりますね。

正直な話、厩戸王とは、近年一般的に用いているとは言い難い。どのような事実をもって、文科省は近年一般的だと判断されたのか、日本国民に説明する必要がある。学問の自由による名前の表記と、日本国の教育としての名前の表記とは異なるからだ。学術用語を重視するならば、すべての用語に()を付して、英語表記を併記したほうが、まだましという話であろう。

文科省の示すように、聖徳太子を厩戸王(聖徳太子)とするならば、(皇太子=王)の意になることは明らかだ。つまり、宮内庁ホームページなどでも、「皇太子(王)殿下」「王(皇太子)殿下」となり、拡大解釈により「天皇(大王)陛下」「大王(天皇)陛下」という表記を、日本国民は用いてもよいことになってしまう。文科省の「近年の一般的」なる常識とやらに問題ありである。

今、宮内庁は、愛子さまの健康のケアも大事であるが、皇室の歴史と伝統の否定に繋がるおそれがある聖徳太子の御名変更に対しても、宮内庁としての意見を、文科省へと申し入れすべきであろう。
[ 2017/03/03 19:58 ] [ 編集 ]
変に歴史を改ざんすれば、後世に平成時代は馬鹿の集まりの時代と後の人達に笑われるだろう。
[ 2017/03/04 03:36 ] [ 編集 ]
パブリックコメント
ブログ主さんの記事によると、2月14日にパブリックコメントの募集。こはるさんは、2月24日のコメントで警鐘したのが、ひとつのきっかけになったのかもしれませんね。文科省は…なんとびっくり、訂正するそうな!(今日の保守速報の記事を参考。保守速報でも、聖徳太子の呼び名問題を扱っておりましたが、こはるさんの方が、ご指摘が早かったように記憶しております。)

パブリックコメントは、e-GOVのホームページで一括公開されております。専門的な知識を要するパブコメが多く、なかなかにとっつきにくい。比較的意見を述べやすい「意見募集」の案件も、いくつかあるにあるが…ただ、実際は、問題意識がよっぽど高くないと、募集に気づかないままに、期限切れとなってしまうことも多いように思う。

当ブログ主さんは、ネタ切れしそうなことが…ないのかもしれませんが、パブリックコメントの、ネタになりそうな意見募集案件を紹介するのも良いかもしれません。いずれは、憲法改正について、パブリックコメントが来るでしょうし、その前には、天皇陛下の譲位について、意見募集がある?…べきだと、個人的には考えていますが…多少なりとも、e-GOVのパブコメの仕組みにも、憂国民(私的憂国書の愛読者)ならば、慣れておいたほうが良い気がしています。
[ 2017/03/20 17:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: