私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進党のブーメラン連発 ~ 「民進党はバカ」「どうしようもない」では済まされない血税の浪費

民進党のブーメラン連発 ~ 「民進党はバカ」「どうしようもない」では済まされない血税の浪費

← 応援クリック、ありがとうございます。

 国会では、野党が森友学園問題を徹底的に取り上げ、さながら「森友まつり」の様相だ。これは、「テロ等準備罪」等の審議時間を削る、実質的には審議拒否に近い作戦だと思うが、メディアもこぞって政府の攻撃材料にするつもりだろうから、この状態は暫く続くのではないかと思われる。

 とはいえ、野党もタマ切れが見えてきている。27日、質問に立った民進党の福島伸享は、森友学園が「安倍晋三記念小学校」と銘打って寄付を募ったことについて、「森友学園に対する法的措置は考えないのか?」と論点を微妙に変えて攻勢を試みたが、総理が菅直人が安倍総理を告訴した案件を取り上げ、「首相として訴訟をすることに非常に慎重でなければならない」と反撃すると、あっさり退散する始末である。

 タマ切れといえば、森友問題で追及の先頭に立っている民進党の玉木も同じだ。玉木は、安倍総理がマスコミ各社の幹部と赤坂で会食したことを取り上げ、Twitterでこう呟いた。


 「森友学園問題で各社を懐柔することが目的との観測も出ている」というが、自分の憶測を他者の観測に置き換えるところなど、いかにも姑息である。まるで、総理がマスコミを懐柔しているかのような印象操作だが、自身の追求が失敗に終わり、その責を「総理の懐柔」に被せる算段だ。これは、「マスコミは接待で転ぶ」と言っているようなもので、マスコミをも敵に回すような発言といえるだろう。自分の詰めの甘さで政権に打撃を与えることもできず、それをマスメディアせいにするような政治家に、「政治家の矜持」といえるものはあるのだろうか。

 昨日質問に立った小川敏夫。大臣時代に審議中に競馬をやっていた不届き者だが、何を血迷ったのか、森戸学園が過去に文科大臣賞を受けていた問題で、一昨日に大西とかいう議員が巨大ブーメランを食らった一件を蒸し返した。

民進党ブーメラン


 小川は、民主党政権時にも森友学園が表彰を受けていたことについて、「文部大臣表彰は教育の中身を表彰しない」と述べたが、安倍総理に「教育内容と関係なしに出すんですか?民進党は文科省の責任をもって出すのではなくいい加減に出すんですか?」と切り返された。ヤバイと思った福山哲郎ら民進党議員が速記を止めさせ、委員長席でクリンチし、質疑を止めるといういつもの手段をお約束のように使う。何を好き好んで、自党の前日の汚点の傷口を広げるのだろうか。これで安倍政権を追い込めると思ったとしたら、学生のディベート大会でも初戦敗退だろう。

 さらに小川は、矛先を稲田防衛相に移し、過去に稲田氏が森友学園の籠池理事長を表彰したことを追求しようとしたが、稲田氏に「平成21年10月にも呉地方総監から感謝状が贈呈されています」と切り返された。平成21年10月といえば、鳩山ルーピー政権である。小川は質問席で暫し固まり、「少し話題を変えますが…」と逃亡を試みることになる。小川は「国会の鬼検事」と異名をとるのだそうだが、これでは検事といっても「見習いレベル」である。

 開催するのに一日数億円かかるといわれる国会が、このような意味のない審議で浪費されていく。民進党のやっていることは、2009年の政権交代前と根本的に何も変わっていない。彼等の目的は、我が国を良い国にすることなどではない。唯一の目的は、「打倒自民党政権」なのだ。森友学園の問題が小さいとは言わないが、国会なのだから、もっと国の根幹の問題を議論すべきであり、単に政権の粗探しのために我々は税金を払っているわけではない。

 「健全な野党」は必要だが、今の民進党は「健全な野党」からかけ離れた存在だ。民進党がアホすぎて、「バカだねー」「どうしようもないねー」などという嘲笑で済ませるべきではないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/03/01 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(40)
ぱよちんに思い知らせるには
>民進党がアホすぎて、「バカだねー」「どうしようもないねー」などという嘲笑で済ませるべきではないのだ。

国会議員はリコールできないので、次の選挙でブチ落とす以外に
有権者ができることはありませんよ。
結果的にぱよちんは安倍政権を応援して内閣支持率をせっせと上げ、
自分で自分の首を絞めているのだから放置でよろしいかと。
[ 2017/03/01 09:44 ] [ 編集 ]
国会を井戸端会議にする野合
国会について、仰る通りだと思います。
そもそも議員の仕事は国会や委員会での状況を地元におとしこむ事でもあるのに、その国会や委員会での質問の質が道端のオバチャンレベルでは、閣僚や役人の言葉が理解できないのも納得です。会話の相互理解が進まないのですから、妥協点が見える筈も無く、意味がありません。
野合は国会を政局の場としかとらえていませんね。
立候補者に国語テストしたら、民進の議員は受かるのでしょうか?
[ 2017/03/01 10:39 ] [ 編集 ]
ブーメラン連投の陰に民進党の根本的瑕疵
民進党の野党政党としての活動である国会質疑ですが、先の題材である骨抜き方向に向かってしまった『テロ等準備罪』や『森友学園問題』は共通したものがあります。

大きく見れば国家観を持った健全な野党が与党と対峙しながら議論を深めるというのは日本国にとり有意義な事であり、また国会とは元々そのようなものである筈です。

http://www.sankei.com/politics/news/170225/plt1702250011-n1.html

その目的とは「より良き日本をさらに目指す」というものが基礎にあると思うのですが、ところが今の野党第一党である民進党、それと協力関係にある共産党などは『日本国民の生命と財産に直結する日本の安全保障をできるだけ危険な方向にさせる』活動と『なんでもかまわないので与党自民党、安倍政権施策を批判する』という日本国衰退活動が二本柱です。

そしてそこに民進党が毎日のように指摘を受けている『ブーメラン』が飛び交っているということです。

http://www.sankei.com/politics/news/170228/plt1702280022-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170219/plt1702190016-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170210/plt1702100001-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170216/plt1702160001-n1.html

飛ばした数だけ戻って来る。
ところで最新ブーメラン(本日報道時点)が民進党の小川敏夫参院議員会長の投げたものですが。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%95%8F%E5%A4%AB

経歴を見れば弁護士であり、元裁判官、検察官というかなりなエリートです。
又官僚出身者や世間では一目置かれるキャリアの人物などそのような肩書なりを持つ民進党政治家は他にも多数いると言えるでしょう。

それがこの程度である。
という事は根本的な所にこの民進党議員たちは何か問題を持っていると考えざるを得ません。
これはもう基礎部分に致命的な瑕疵があるとしか思えないということです。
その瑕疵が「開催するのに一日数億円かかるといわれる国会の唖然とする審議で浪費されて行く巨額の無駄使い」に繋がっているのでしょう。

そこが精査されないと幾ら「豊洲問題」、「次期東京オリンピック予算問題」を精査しても、まさに灯台下暗しと言うものだと思います。

中々このような優秀な人物の複雑な脳回路を解析するのは難しい作業ですが、今の所結線にとんでもないところにジャンバーしているか、或いは精神が非日本人に支配されているか位しか思いあたりません。

そのような毎日ですが、日本が正常化するには『さよく・在日連合』の『メディア部』だけではなくその仲間である『政治部』も撃滅しなければなりません。
今日も『メディア部』と『政治部』のマッチポンプが続きます。

そして自国の国民の生命と財産を守る安全保障を経済という面を表に出して主張する米国トランプ大統領を日々批判する米国サヨクメディアとそれに同調しさも米国民は皆反トランプだとばかりに報道する日本のさよくメディアの情報統制。
[ 2017/03/01 12:36 ] [ 編集 ]
気に入っちゃった!!
すご~~~くよくできた民進党ブーメランKIDs ポスターじゃあ御座いませんか。ウヒャウヒャ喜んでつい買っちゃいそうw
特に「戻るよろこび」なんて、私的に「たーまや~」「かーぎや~」で御座います。何方か存じませんが作者に乾杯。

国会動画を観ますと、頻りに民侵議員は「これだけ世間が関心を寄せている森友小学校」と繰り返しますが、何処の世間でそんなに関心を?と思うばかり。
民侵とマスコミの自作自演に近いモノ、ととっくに世間は見破っておりますのに、せっせと風を送り込んで燃やしたい意欲だけは伝わります。
果ては、安倍総理に「謝罪しないのか。道義的に責任はある」という愚者。「道義的責任」なんてアノ民侵が云うのかいな?
火の無い所に火を点けて火事になったと責める放火犯の如き者達。

森友側に問題があるとしても、それは大阪府と豊中市の管轄事項で、それを飛び越えて国会で総理追及というのも面妖な、としか感じません。

総理夫人が名誉校長に名を載せられたのは、それに至ゆくたてはあるとしても、やはりちょっと甘かったとは思います。
断っても退かずに観衆の面前で「就任予定」と先走られての事だそうですが、それでもせいぜい、夫の総理退任後に考えさせて下さい ぐらいでやり過ごす工夫はして戴きたいものです。

かつての民主党(彼らに依れば、民主党と民進党は違うのだそうで)の能の無い政治ごっこから、な~~~んにも進歩して居なさそうな民侵が、今、この国際状況の複雑煩雑な時期に、安倍総理を引きずり降ろして一体誰を首班に政権が機能すると考えて居るのか?

反日民侵や共産党には安倍総理が天敵なのでしょうが、彼に敵う政治家はどんなに探し回っても日本には今居ないのですから、民侵も国会議員なら、多少でも国政を考える義務が有るのですから、歳費生活して居る立場を弁えて、これ以上の鬼ごっこは止めろ!諦めろ!黙して消えろ!


末田先任軍曹殿 厳しい熟女って誰の事かトンと心当たりは無いですが、「冬の華」の健さまは絶品だと軟弱なわたくしも思いまする。
[ 2017/03/01 15:12 ] [ 編集 ]
「戻ってくる喜び」でした。訂正。
但し、次の選挙では戻らんでよろしい。
[ 2017/03/01 15:14 ] [ 編集 ]
創価学会(帰化未帰化在日韓国人新興宗教団体)の各施設も、安く払い下げてもらった国有地に立っていますよ。
創価学会(帰化未帰化在日韓国人新興宗教団体)の各施設も、安く払い下げてもらった国有地に立っていますよ。
[ 2017/03/01 16:02 ] [ 編集 ]
むなしいお笑い国会
しかしまあ、頭にブーメランが刺さった民辛党議員が次々に登壇して、安倍総理以下、 噴笑するのを堪えて、よく付き合っていけるものと、ある意味、感心します。

トランプやプーチンと対等に渡り合える安倍総理の貴重な時間を無駄に消費しているという意識など微塵もないところが、民辛党がテロリスト以下の愚劣な集団であることを証明しています。なんと勿体ない。そんな時間があったら安倍総理には国務に邁進して欲しいものです。

日本の国会は企業でいえば毎日が株主総会をやっているようなもので、経営に集中できる暇がありません。。しかも中身といえばこの体たらくでしょう。しかも衆院が終わったら、今度は参院で同じ議論をスライドしてやらねばならない。こんな馬鹿馬鹿しい時間の使い方をする人生では、一流の人材は政界に出ることを当然に忌避しますわな。

日本の国会審議のレベルが劇的に改善することが望み得ないなら、国会法も含め、内閣と議会の関係を根本的に見直す時期に来ているのかもしれません。

[ 2017/03/01 18:39 ] [ 編集 ]
安倍総理と夫人への名誉棄損罪と侮辱罪
>玉木雄一郎議員のツイッターより
>メディアは権力の圧力に負けず、今こそ矜持を示しもらいたい。

…蓮舫議員の二重国籍問題を放置している公権力は、民進党を増長させている一因であろう。二重国籍に疑問を抱いた日本国民は、蓮舫議員から名誉棄損で訴えるかもしれないと言われ、発言を控えるようになったわけだが、権力の圧力とはこのことであろう。

玉木雄一郎議員のツイッターによると、メディアに対して、何やら発言を促しているのだが、これも権力の圧力ではないだろうか。

最近、精神的にも体力的にも疲れているので、家で国会中継を見ているのだが、安倍総理の名誉を棄損したり、安倍総理夫人を侮辱するような発言が目立つように思う。

安倍総理にお勧めしたいのが、名誉棄損罪もしくは侮辱罪で、ひどい発言者を訴えることである。国会中継は、NHKで全国放送されている。国会で相手が不快に思う悪口を言い、相手を貶める言動があるのなら、それは公然と侮辱しているのだから、発言者は侮辱罪に問われてしかるべきであろう。

印象操作は、偽計罪には問われないのか。一国の総理である安倍総理を貶める行為は、安倍政権を不安定にする意図であるから、株価にも影響する行為であろう。その報道をマスコミに煽る行為は、権力の圧力であり偽計罪になるかもしれない。安倍総理には、その判例となるような訴えを起こすことを、お勧めしたい。
[ 2017/03/01 20:12 ] [ 編集 ]
日本社会の管理層の60代〜70代までの世代が、絶望的に左が好きなんですよね。
当時は左寄り反体制とさえ言えば、中身抜きで条件反射的に文化人で知的だと見られるし。
雰囲気で反体制を気取る方々が多かったように思います。
未だに染み付いている、それらがマスコミやらの管理職に多い。
さらにそれらが人口分布で多い。
またそれらが若年層を教育する。
全く絶望的な状況ですが、彼らは正義を語る反面、正義より実利に弱く個人主義が好きです。
ネットニュースに恐れを抱いていたが、ニュースコメントでコントロールを試みている。
弱点はまだありそうです。

[ 2017/03/01 23:00 ] [ 編集 ]
審議妨害しかしていない
結局、森友幼稚園の問題も、土地の値下げが適切だったのかどうかという点において、「違法性」があるのかどうか、近畿財務局などに問い合わせて、首相や森友幼稚園に「不正」な部分が無かったのかどうか、という点を、野党は何一つ明らかにしていません。

首相や与党、森友幼稚園に立証責任などありませんよ。「無い」という立場なのですからね。「無い」という事を証明するのは困難である事は、誰でも分かるはずです。

あった「はずだ」という憶測で語るのはダメですね。実際に無ければ問題ないわけですから。悪魔の証明、陰謀論になってしまいますから、悪質な部類です。

総理の対応が全て「悪意」があるというのは、相当悪質な「誹謗中傷」ですね。悪意があるかどうかなんて分かるわけが無いのですが。

森友幼稚園の教育内容については、半ば強制的なものがある(政治的発言を、内容もよく分かっていないと思われる幼児に言わさせようとするなど)のは、教育という目的からすると、批判しなけばならない(年端もいかない子供に政治発言をさせるのは、朝鮮学校や北朝鮮の洗脳を思わせる部分があり、ちょっと危険だと思います)ところもありますが、それでも「私立」幼稚園ですから、反社会的な内容でもない限りは、行政が運営に介入する事などできません。

この幼稚園の運営方針に賛成できないというのならば、幼稚園を退園するか、そもそも選ばなければいいだけです。

連日、マスゴミ等が押しかけてきて、幼稚園の運営を妨害しているのは、「威力業務妨害」になるのではないかと思います。悪質な手段を用いている以上、無視するわけにもいきません。

幼稚園の理事長が、半ば強引に安倍首相の名前を借用しようとしたり、首相夫人の明恵氏を名誉校長に推したりするのは、公人の立場などを考えていないようなところもありますから、そこは批判するべきだと思います。

しかし、司法や行政当局とは別に、マスゴミや、パヨク団体、辻元清美や山井和則らが国会を無断欠席してまで押しかけてきて、幼稚園の運営を「妨害」する形で調査を行うのは、違法行為だろうと思います。

これでは、民進党などは、ブーメランどころか、自らを殴っているような感じですね。朝鮮学校などの「土地不正取得」が明らかにされる可能性もありますから、先手を打って潰しておこうとしているのかもしれませんね。

ただ、「共謀罪」、「テロ等準備罪」の審議を先延ばしにする為の「審議妨害」の目的で、今回の問題をマスゴミやパヨク界隈と共にたきつけたのだとしたら、処罰の方向で検討した方が良いと思いますね。
[ 2017/03/01 23:19 ] [ 編集 ]
男泣きの玉木か、
男が泣くにはそれなりの理由があってほしいものだった。

そんな玉木が「矜持」なんてね。
あんたらはその矜持、理念がないからブーメランばかりくらっているのがわからんのか。

先日の国会で安倍首相が、綸言汗の如しと言われてました。全くその通りで、民進党は自ら吐く言葉に責任を持つこと。そしてそれ以前に「矜持」という言葉の意味を勉強してくること。

立派なブーメランのパンフレットまで作ってもらいましたね。恥さらして自らの値打ちを落としていることにも気が付かず、国会の場で多額の税金を無駄遣いして、国民に多大な迷惑かけてることなんて思いもしてないでしょう。なんて幸せな人達。

でもね、いつまでも国民をバカにしてんじゃない、ってんだ。
[ 2017/03/01 23:44 ] [ 編集 ]
マスコミと民進が安倍叩きの為に森友の件を使っている事は、大変問題だと思います。

マスコミに対して、署名活動や抗議をしてはどうでしょうか。

単なる安倍叩き報道をするなと。するならフェアな報道をしろと。

学園にも、安倍さんを利用するなという抗議をしてはどうでしょうか。
[ 2017/03/01 23:44 ] [ 編集 ]
反論が聞きたい
安倍昭恵が、嫌々、瑞穂の国記念小学院の名誉校長を引き受けたと安倍晋三は答弁していたが、フジテレビが流した新たな映像では、安倍昭恵は園児からの旦那に対する言葉に涙を流して喜んでいた。これで嫌々名誉校長を引き受けたなどという答弁を信じる一般国民など皆無だ。
同時に、やはり昭恵氏の講演料受け取りを安倍は否定していたが、社会教育費の名目で受け取っていた疑惑が新たに浮上している。
更には、自民党・鴻池議員が明かしたが、森友学園側が政府に政治的圧力を掛けるよう依頼があったことを明らかにした。これで、少なくとも自民党国会議員、しかも財務局に介入出来る権力を持った議員の誰かがこの土地払い下げに政治的介入をした事は確定した。
あと、安倍は昭恵夫人を私人と言っていたが、総理大臣夫人としてアメリカ訪問をして日本国を代表して公務をこなしている。安倍昭恵の渡航及び宿泊を始めとしたアメリカ訪問の費用一切は税金から賄われている。これで、安倍昭恵の何処が私人なのか。

ここの管理人さんは論理的で事実に基づいて色々意見を述べているだろうから、上記に対してどのような見解を披露してくれるのか非常に楽しみだ。
[ 2017/03/02 01:34 ] [ 編集 ]
横から失礼
管理人様では無いですが、怪しいHNに私見を申したくなりました。

名誉校長を(仕方なく)引き受けた事と、児童の安倍総理への言葉に感激する事はイコールでなければならないのかしら?

新聞に載る総理の毎日のスケジュールをご覧になったことはありますか?
国の為に気の張り詰める事の多い秒刻みの執務や外交、儀礼的交際、隙を見せられない政治環境の毎日に、傍に居る夫人がどれだけ気を張って夫を気遣いしているか、少しでも思いを致せば、夫人が児童の可愛らしい夫への言葉につい涙腺が緩むのは当然過ぎる程当然だと思います。

その感情の素直な現れと役員を引き受けるかどうかは、何ら関係無い事だと思います。
そういう人情もお分りにならない方には、批判的に見てきた人の行為の全てを疑いたくなるのでしょうが、それはむしろ人非人と言うモノです。
又映像はどんな物でも編集されていると考える方が昨今のTVの現実の様ですから、私はその映像を見ていませんが、それが全て、などとは思いません。

疑惑は決定ではありませんから疑惑なのです。
鴻池氏の件も全体が未だ分った訳ではないでしょう。「依頼があった」ことだけで推測と期待で「確定」とするのは慎みたいものです。

外国への夫人のご同行や国内での夫人の賓客接待は、相手国との釣り合いで避けられない外交手段ですが、だからといって夫人も画一的に公人とするには、夫人名義で年間公費を支払われねばなりません。
私人であっても、必要があって公的行事の同行が義務的に為される時に、その渡航代金や宿泊費等の経費が内閣から出費するのは当然ではないですか?

選挙で選ばれた夫が首相だから夫人も公人、という扱いは他国は存じませんが、日本では歴代夫人がそのような扱いをされているとは聞いた事がありません。
彼女が公人なら、私学一学園の為の名誉校長のお話は断固断っているでしょう。

HN、今度はパクリですか。
[ 2017/03/02 03:27 ] [ 編集 ]
こはる様、よくおっしやった。幼稚園児の声援に涙腺が弛む総理夫人のお気持ちを考えればその通りでありましょう。それが普通の国民の受け止め方というものです。

学園の理事長が鴻池議員に働きかけ、しかも断られた事実をもってして、なぜ自民党の議員が財務局に圧力をかけたことが確定するのか、この辺りはまったくの憶測に過ぎません。

有力議員事務所には山のように陳情が来ますが、ハシにも棒にもかからない成績の我が子を名門私立に入学させろとか、余りに無理筋の話が多くて、相手に屈辱感を与えないように善処する=上手に断るのが議員秘書の最初のノウハウだと聞いています。

大体、この手の話に飛びつく連中というのは政治以前に、世間を知らないのですよ。
[ 2017/03/02 04:10 ] [ 編集 ]
一斉に批判してる辺り北京の党本部の「命令」なのでは?
これで安倍政権を倒せる!と勝手に前のめりですね(笑)
しかしそんなことより足下がお留守ですよ?

民進は党大会の活動指針策定から、謝蓮舫代表肝いりの原発2030年ゼロを削除しました。

これは代表権威の失墜を意味します。
また、日本共産党に対する裏切りを意味します。(※原発2030年ゼロを野党4党の共通公約にするつもりだった)

余計舐められるようになるし、タダで済むとは思えませんなあ。

そして、看板娘()を下ろしたら下ろしたで更に民進の政党別支持率は落ち、あっと言う間に「7条解散(衆院選)」ですよ。

トランプの軍拡路線も確実に支那の海洋進出を圧迫するうえ、日本に軍拡の「口実」を与えもする。

悪いことは続きますなあ?
[ 2017/03/02 08:02 ] [ 編集 ]
TV見ました
バロン閣下 ありがとうございます。
「世間を知らない」納得です。
自分が「知らない」事を自覚してないとこうなる一例ですね。

今朝のフジで丁度昭恵夫人の学園訪問時の映像を繰り返し繰り返し報じておりました。
映像を切り貼り繋げながら、何度も出てくる場面が繰り返しの中では同じ並びでは無いし、同じ場面に付けるナレーションも違って居ることも分りました。
視る側への刷り込み手法としか思えません。

園長先生の期待を園児を通じて夫人に訴える方法は、”如何なモノか”でしたが、「安倍首相ありがとうございます」「首相を支えて下さってありがとうございます」という児童の言葉を聞いて涙ぐむ夫人への違和感は少しもありませんでした。
ただ、それを取り上げる司会者やコメンテーターの「誘導言語」は「やっぱり、そう来るのね」でしたが。

どう観ても聴いても、園長の問題を安倍夫人に掛けている印象しか私は残りませんでした。
こんな番組、付き合っていられねーわ。というのが正直な感想です。

そしてこれから参院予算委員会が始まるところです。
朝も早よから、またまた同じイヤらしさに付き合わされるのであろう総理と内閣には、心底から同情致します。
日本には何時の間にこんな汚らしい人種が増えてしまったんでしょ。

余程テロ等準備罪法が怖いのだと判じるしかない腐敗野党です。
[ 2017/03/02 09:15 ] [ 編集 ]
工作員出没
その後も相変わらずさよく・在日連合(メディア・野党など)は「森友学園」関連で反政府運動を引っ張っていますが、もっとメディアにしても野党にしても他にやることはいくらでもあるでしょうが、「安倍政権を葬る」ことを最大目的としているこれらは視野狭窄と成り相変わらずブーメランを飛ばし続けています。

https://samurai20.jp/2017/03/yarisugi/

さて、最近出没している「荒らし工作員」の特徴は
まず一貫して「反安倍」をベースとして、記事に対して言葉使いは様々ですが要求をして来る事です。

敢えて注目をされるようなHN[ 2017/03/02 01:34 ] 私的憂国の書」を使用する作為。
ブログ主も一応魚拓として今は置いているのでしょう。

[ 2017/03/02 12:07 ] [ 編集 ]
ブーメラン考
本blogが3月1日に書かれている。
それに次ぐ3月2日に産經新聞 阿比留氏のコラムでもブーメラン研究が書かれてた。私はどちらも日々の精神安定剤として読ませていただいているが、2日の阿比留氏のコラムは本blogに呼応したもののように思えて、あらためて本blog主様の慧眼に恐れ入りました。
[ 2017/03/02 22:41 ] [ 編集 ]
問題の論点が、どんどんずれてきているのだが
当初の森本学園の問題は、土地の値下げに「不正な部分」があったのかどうか、という点に集約されていたはずなのですが、やれ、教育が右翼的だの、やれ、自民党議員への賄賂がどうだの(議員側は断っていますが)と、問題の論点がどんどんずれてきていますね。

何が何でも、森友幼稚園を叩き潰したいのでしょうね。

法的な問題があるのかどうかすら明らかではない(疑惑云々はありますが、それも法的な問題があるかどうかは定かではない)状態で、森友幼稚園と、便宜を断った首相を意味の分からない理由(ただ単に、対応や教育内容が気に入らないという自己満足な理由で)叩きまくり、論点をずらしてでも叩き続ける、これ程悪質な事例があるのでしょうかね。

もう、森友幼稚園は、法的な手段に出なければ駄目だと思いますね。首相は公人ですから、ある程度は仕方が無いにしても、森友幼稚園は、「私立幼稚園」、すなわち「民間」ですから、運営被害を受けているはずです。

「威力業務妨害」で訴えるべきですね。悪質なクレーマー集団と何も変わりませんよ、マスゴミ(特にTBS)、パヨク(しばき隊、在日など)、クズ野党(民進党)は。

>[ 2017/03/02 01:34 ] 私的憂国の書 [ 編集 ]

態々、ブログタイトルを名前に付けるという時点で、悪意しか感じませんね。

>更には、自民党・鴻池議員が明かしたが、森友学園側が政府に政治的圧力を掛けるよう依頼があったことを明らかにした。これで、少なくとも自民党国会議員、しかも財務局に介入出来る権力を持った議員の誰かがこの土地払い下げに政治的介入をした事は確定した。

依頼があったとは述べていますが、その後に「依頼」を断った事も明らかにしていますよね。

>安倍昭恵が、嫌々、瑞穂の国記念小学院の名誉校長を引き受けたと安倍晋三は答弁していたが、フジテレビが流した新たな映像では、安倍昭恵は園児からの旦那に対する言葉に涙を流して喜んでいた。これで嫌々名誉校長を引き受けたなどという答弁を信じる一般国民など皆無だ。
同時に、やはり昭恵氏の講演料受け取りを安倍は否定していたが、社会教育費の名目で受け取っていた疑惑が新たに浮上している。
>あと、安倍は昭恵夫人を私人と言っていたが、総理大臣夫人としてアメリカ訪問をして日本国を代表して公務をこなしている。安倍昭恵の渡航及び宿泊を始めとしたアメリカ訪問の費用一切は税金から賄われている。これで、安倍昭恵の何処が私人なのか。

安倍首相夫人である、安倍昭恵氏は、法的な位置づけとしては、あくまで「私人」です。「公人」というのは、「公権力」を持つ立場にある者を指す言葉ですから。

昭恵夫人は、国会に議席を持っていない為、直接的に「公権力」を行使する立場にはいませんね。まあ、首相夫人ですから、間接的に政治に影響力が無いとまでは言いませんが。

詰まる所、全て「陰謀論」か「疑惑」レベル(悪意を持ったような見方しかしておらず、疑惑なのかどうかすら不明だが)の事しか語っていない。

悪質な「煽動」と言わざるを得ないだろう。





[ 2017/03/03 01:54 ] [ 編集 ]
独特の感性をお持ちで
西さんという方が、安倍昭恵は私人で、公人とは

>「公人」というのは、「公権力」を持つ立場にある者を指す言葉ですから。

と主張されている。多分、ここの投稿者の大半もそういう感覚なのでしょう。ウィキペディアで公人を調べると、辞書の大辞林から引用する形で

>公人(こうじん)とは、公務員や議員などのように公務についている人を指す言葉である。

とありますね。安倍昭恵の場合、少なくとも外国訪問時は公務をこなす。また、先の参議院予算委員会で、政府側から答弁がありましたが、安倍昭恵は5人の御付き(出向した国家公務員)を抱えている。通常の総理大臣夫人は1人のみだそう。そして、第二次安倍政権になってからは辞退していると言うが、公務に対しては日当を受け取り、更には出張費は現在ももらっている。国内においても、総理大臣夫人という肩書の下、様々な活動を行っている。

このような状況で、安倍昭恵は公人としか言いようがないのが、当方の理解ですが、西さんという方を始め、ここの投稿者の大半の方々が安倍昭恵は私人だ、と言うのであればそれでも良いでしょう。ただ、世間の人々の大半は、現状の安倍昭恵の立場は公人と見なしており、そう信じないのであれば、各々とは全く面識の無い人々に聞いて下されば(面識がある人に聞くと、友情や人情などのバイアスが掛かるので公平な回答は期待出来ない)、はっきりするでしょう。

右翼思想の強い方々は、公人を私人と言える独特の感性をお持ちのようで。
[ 2017/03/04 02:14 ] [ 編集 ]
公人と私人
私的憂国の書店さんへ
>安倍昭恵の場合、少なくとも外国訪問時は公務をこなす。
>公務に対しては日当を受け取り、更には出張費は現在ももらっている。国内においても、総理大臣夫人という肩書の下、様々な活動を行っている。

…公務をこなすから公人なのか。公務をこなさないから私人なのか。
私的憂国の書店さんの理解では、例えば、日本国政府から補助金を受けて、公共事業をしている企業の会社員は、みなさん公務員の公人になるであろうし、日本国政府から年金を受給して、日々暮らしている高齢の方々も、みなさん公人になってしまうであろう。

総理夫人の肩書を用いることで公人ならば、例えば、安倍総理の家族親戚はすべて公人になるであろうし、総理夫人という肩書を公職の役職として定義するならば、人事院はその給与を決定する権限があるはずだ。人事院は、総理夫人の給与決定権はあるのか?

公的な仕事もすることがある私人を、知名度などですべて公人と定義するのは、いかがなものか。
[ 2017/03/04 10:34 ] [ 編集 ]
派遣されている5人の国家公務員は?
ツキクサさんという方の意見ももっともらしいが、5人の御付きの国家公務員が居る事について何も言及がありませんね。そこをスルーしている時点で、全く説得力はありませんね。相手になりません。
[ 2017/03/04 11:35 ] [ 編集 ]
公務員というくくりであれば
 私的憂国の書店 殿

 首相経験者であれば私人となってもSP(公務員)は付くし、暴対法対象団体構成員であれば、警察等(公務員)は彼らに対して監視・張り込みを行う。よって首相夫人に公務員が付いていることを理由に公人と認定することは、いささか無理があると考える。(「お付の公務員がいること=公人」という状況を否定できる一例を示した。)

 ブログ主及びここに投稿なさる方々の主義主張を理解しつつ、おひとりで奮戦される姿、その勇気に敬意を表します。
 ただし、この空間はブログ主の自由空間であり、ブログ主の裁量においてあなたの意見を投稿欄に乗せることなく抹殺することは可能であることをお忘れなく。しかしながら、ここのブログ主はそのような器量の狭い方ではなく、おそらくあなたもそれを見越した上で前述の挑発的とも言える意見を投稿したのでしょうが、如何に丁寧な物言いをしようとも、ブログ主及び投稿者に対する意見並びにあなたのHNから、あなたの腹の底に蠢く思考は隠し通せるものではありません。
 この空間はブログ主の意見に対する自らの意見を表明する場でしかなく、ブログ主と討論する場ではありません。あなたがおっしゃるように論戦を望むのであれば、自らの空間若しくはその他の手段で意見を投げかければよく(それでやっと対等の関係と言えます)、この空間で議論を吹っかけることは、他人のふんどしで(しかもそれはブログ主の!)相撲を取るようなもので、とても分別のある大人の所業とは思えません。あなたの主張は、本ブログの運営(好意・寛容)によって公表できている現実を理解すべきと考えます。(決して、否定的な意見をするなといっているのではありません。敬意を持って意見をするべきと言っています。)
[ 2017/03/04 17:16 ] [ 編集 ]
首相夫人法?
昭恵夫人についていた公務員さんは経産省と外務省だそうですが、その必要性を想像するに(想像です)、私人安倍昭恵氏の発言であっても総理夫人である以上は聴衆に誤解を与える物であってはならず、と言って、一々出先から官邸や省庁に確かめながら、というわけにもならず、確認連絡の為の「おつき」なのではないのか?と思いました。
勿論総理ご家族なのでSPをも兼ねているのでしょう。
常に五人が付き添って居る訳では無く、仕事内容で外務省、経産省からの出向だろうと思います。

言葉は適当では無いでしょうが、夫人の公的出番は謂わばアルバイトの様なもので、その時だけの「公人費用」が支払われているのではないですかね。

米国の様に大統領夫人はレディファーストとして当然の公的存在と認められて居る訳でも無く、かといって都合によっては出番を必要とされる「夫人」の立場を、法規制する必要があるのかどうか、あるとしたら今後の法立法を待たないと「公人」ではないと思います。
[ 2017/03/04 18:25 ] [ 編集 ]
国家公務員の出向先は公人と私人、両方あり得る
私的憂国の書店さんへ
>5人の御付きの国家公務員が居る事について何も言及がありませんね。

…そこは、そんなに重要なことではないと思うよ。
国家公務員は、民間企業に出向することもある。総理夫人は、公人であろうが私人であろうが、国家公務員の出向はあり得る話だ。

国家公務員の出向の是非で、公人の是非が語れないことは、視聴者は見ているさんの挙げた例を見ても明らかだ。
[ 2017/03/04 19:11 ] [ 編集 ]
世間一般が決める事
「視聴者は見ている」なる諸氏は、首相夫人に公務員が付いていることを理由に公人と認定することは、いささか無理があると主張されていて、その理由として首相経験者を挙げている。しかし、いずれも政府がそのように決定し、税金で派遣をしている時点で、少なくとも完全なる私人とは言えない。それに、首相経験者でさえ5人も御付きがいるわけでもない。それこそ、私人と捉えるには無理が有ると思われる。

あと法的な根拠が無いので公人とは言えないという主張は、逆もまたしかりで、法的根拠が無いから私人とも言えない。

そうなると、あとはもう世論がどうなのか、という事になる。報道機関によるアンケートなどまだ無いが、世論は安倍昭恵を公人と見なしているのはもう明らか。という事で、現在の安倍昭恵が私人だと言い張るのは結構ですが、そのような意見は世の中ではマイノリティなので、それを踏まえて下さい。

あと、「視聴者は見ている」なる諸氏は、このブログについて云々(あなた方、安倍支持者の場合は「でんでん」と読むのでしたね)については、ここの管理人も全く同じ意見なのでしょう。だが、貴方から言われる筋合いはありませんので、御承知おきを。
[ 2017/03/04 19:34 ] [ 編集 ]
委託されたものも「公人」に含むかどうかという点
「公務を担当したから公人」というのならば、「公費」が当てられさえすれば、誰でも「公人」であるという事になるのでしょうね。

しかし、「公費」を出資したのは「国」であって、安倍昭恵首相夫人ではないし、彼女自身が普段から「公権力」を持っているわけではありません。

あえて「公人」を政治的に定義するならば、「公権力」を持つ「職業的公人」を指すとしか言いようがないだろう。

「公人」の定義を、法的に明確に定めているわけではなく(「公務についている」というのが、国からの嘱託であり、一時的な場合も「公人」と言うのかどうかは不明)、「解釈」を拡大させすぎているようなところがある。

少なくとも、法的な定義が不明確な状態で、「公人だ、私人だ」と議論するのは、意味不明な中傷合戦にしかならないだろうと思います。

よくある、靖国神社への「私人参拝論」と同じで、「私人」と「公人」を勝手に区分けして良いものではありませんからね。

後、HNにブログタイトルを態々つけて、他のコメント者に対して「中傷的な(挑発的な)発言」を繰り返すのは、やめた方が良いと思いますね。

管理人様から、悪質な「荒らし」、「嫌がらせ」と判断されても、文句言えませんからね。
[ 2017/03/04 20:26 ] [ 編集 ]
公人でない人は、すべて私人
私的憂国の書店さんへ
>あと法的な根拠が無いので公人とは言えないという主張は、逆もまたしかりで、法的根拠が無いから私人とも言えない。

…(公人ではない=私人でもない)
ならば、その人は何に定義されるのか?
一般論として、公人でない人は、すべて私人になると思うよ。
[ 2017/03/04 20:28 ] [ 編集 ]
名を変えても言うことは同じのようで・・・。
根拠なく「マイノリティー」と断定するのは乱暴です。
おまけに「世間一般」が決めることだそうですが、これらの抽象的な言葉で誤魔化すのはやめましょう。

>あなた方、安倍支持者の場合は「でんでん」と読むのでしたね

相手を小馬鹿にして優越感に浸る、勝った気になる、これは幼稚ですね。

>貴方から言われる筋合いはありませんので、御承知おきを。

こんなところで書き込みをすれば、いろんな見解の反応があるのは当然です。
それを拒否するなら、発言しないことです。
言うだけ言っといて、お前の話は聞かないはないでしょう。

気に入らない連中が集まるブログで、ぎゃふんと言わせたかったのでしょうが、今回も失敗のようですね。

多少の文字いじりで、ハンドルネームをいろいろ変えてみても見透かされてますよ。





[ 2017/03/04 20:39 ] [ 編集 ]
総理や大使の配偶者(夫人)
は、「公人」ではありません。
しかし、公益上はきわめて重要な役割を果たします。これは常識論に属する問題でありましょう、

例えばアメリカの大統領夫人はファーストレディと呼ばれ、ホワイトハウス内には専属の補佐官とオフィスを持ち、限りなく公人に近いように見えますが、安全保障会議やその他の国策決定のメンバーであるはずもなく、権力の行使=職務権限を伴わない者を(公人)とは呼びませんぞえ。

だからMrs.presidentとはいいませんし、称号もないのです。ヨーロッパ諸国の王宮にならい、ホワイトハウスという擬似宮廷を構築する関係上、苦肉の策として?ファーストレディと呼んでいるだけで。あくまで配偶者たる夫人は大統領からの私的委任でファーストレディの役割を務めているだけなのです。

似たようなものに大使夫人があります。大使館では一に料理人、二に席順、三に令夫人と呼ばれ、晩餐会やパーティーでは女主人公として絶大な存在感を発揮しますが、これも夫たる大使からの委任により一時的に書記官以下を使い回しているだけで、外務省には大使夫人に関するいかなる職務規定もありません。

唯一例外として、駐日中共大使夫人だけは大使館付きの参事官を兼ねています。シナの大使夫人だけは「私人」であると同時に公人なのですな。お国柄と言うべきでありましょう。(笑)

実際、公権力の行使には当たらないけれども公的な行事はいっぱいあって、そこでこそ夫人の内助の功が期待される訳です。

昨年、五十ヶ国以上の大使夫人を集めて昭恵夫人が行ったお茶会と苔庭造りのワークショップはその最たるものでしょう。このような場合に、夫人のもとに外務省から連絡官がごっそり増員されるのは当然至極のことではありませんか。

内閣史を繙くと、病弱で、かつ田舎出であるこということもあって、一切表面に出なかった田中角栄夫人とかもおります。角さんが二重橋を渡る(閣僚になる)時だけは一緒に連れていってくれ、とか泣かせるエピソードもあるのですが、田中首相夫人のように表面に出なければ「私人」で、昭恵夫人のように露出度が高ければ「公人」とか、そんないい加減な基準でいいのですかね。

リトマス試験紙が何かも判らない人間を集めて原発の安全性を尋ねるようなもので、大衆アンケートでモノが決められるなら、三審制の司法制度も、議会制民主主義も不要だということになります。

トクヴィルは議会主義は民主主義よりも貴族主義に近いと渇破しました、現下の議会は見ての通りの状況ではありますが。
[ 2017/03/04 23:56 ] [ 編集 ]
レッドバロン閣下、、、敬服でございます
幼子に噛んで含めるが如き懇切にして丁重なるご説明、、自他と共にアホを認じております私めでもよ~~く理解することができました。

この説明でも解らんヤカラは紛れもなく救いようがないバカか、他人の揚げ足取りにのみ喜びを見出す変態か、支那・朝鮮から日銭をもらって書き込み工作で露命を繋ごうとする下賤者でありましょう。

あらためて敬服でございます。  <(_"_)>

[ 2017/03/05 00:46 ] [ 編集 ]
有権者全員に問えば公人と答えるのが多数
西さんと名乗る諸氏が次のコメントを残しているが、これには同意しますね。

>少なくとも、法的な定義が不明確な状態で、「公人だ、私人だ」と議論するのは、意味不明な中傷合戦にしかならないだろうと思います

あと、読者なるHNの方は下記のように主張しておられる。

>根拠なく「マイノリティー」と断定するのは乱暴です。
おまけに「世間一般」が決めることだそうですが、これらの抽象的な言葉で誤魔化すのはやめましょう。

確かに現時点では裏付けデータはありません。でも、現在の安倍昭恵の状況を説明した上で有権者全員に公人か私人か問えば、間違い無く公人と言う意見が過半数、多数意見なのは、動かしようが無いのです。別に認めなくて結構ですが、それが現実です。先の当方の投稿にも書きましたが、見知らぬ人を対象に各個人でアンケートを取れば肌で感じる事が出来るでしょう。

当方に幾らでも反論してくださって結構です。気の済むまで好きなだけ反論してください。でも、現実は、有権者の多数意見として、安倍昭恵は公人と見なされているのです。
[ 2017/03/05 05:17 ] [ 編集 ]
どこかでよく見るセリフ
確証は無いが、、ウリの心証では確実ニダ(@_@)
[ 2017/03/05 07:07 ] [ 編集 ]
妄想お疲れ
反論に窮すると、威勢の良い言葉を連発して、さも「議論」に勝っているかのように装う傾向が強くなりますが、

>確かに現時点では裏付けデータはありません。

と言うのが決定的なところで、要するに「あるはずだ」という「願望」のみで「あった事」にしようという魂胆だったという事ですよね。

妄想を膨らませるのは勝手ですが、それを「現実」に転嫁するのはやめていただきたいですね。妄想を膨らませ過ぎると、あるはずが無いような事でさえも「正当化」できてしまうのですから。

そろそろ勝利宣言でもして、どこかへ行ってもらえませんかね。うざすぎますよ。

他人のブログで「自己満足」なコメントを連発するくらいなら、自分のブログでも開設して、そこで他者と議論をした方が数倍有意義だと思いますけどね。

[ 2017/03/05 10:14 ] [ 編集 ]
それでも地球は動く
私的憂国の書店さんへ
>でも、現実は、有権者の多数意見として、安倍昭恵は公人と見なされているのです。

…安倍総理は、夫人を「私人」であると、国会で公言しました。百人が否であっても、ひとり是であるとき、私的憂国の書店さんは、百人の言葉を信じるのか、それとも、ひとりの言葉を信じるのか。

「事実」であるかどうか。マコトかウソか、それが最も重要である。オレの尊敬する天文学者に、イタリアのガリレオ・ガリレイがいる。寛永10年(1633年)に開かれた異端審問(宗教裁判)で、「それでも地球は動く」とつぶやいたことは、有名な話だ。

日本国では、寛永10年(1633年)に第1次鎖国令が徳川家光によってなされた。客観的な事実に基づいたガリレオですら、西洋において否定された時代だ。日本国は、鎖国をしなければ、日本人の信じる神道は、西洋において異端と解釈されていたであろう。
[ 2017/03/05 10:44 ] [ 編集 ]
「でんでん」発言は謝るべきだ。
「母ちゃん、母ちゃん、おもちゃ買ってよ」と子供が言う。
すると、母ちゃんは「何でね」と聞く。
すかさず、子供が「だってみんな持ってるもん」
「じゃあ、そのみんなを連れてきなさい」
子供「・・・・」

家庭、学校、近隣、会社等々
「みんな」という言葉が出てくるときは、言ってる本人が自分を「みんな」の陰に隠すための場合が多く、だいたいにおいて、「みんな」を多用する人間は卑怯だ。

それを前提に、
「みんなが言っている」、「世間が言ってる」という言葉を持論の強化に使う人間にどのような印象を持つか。想像は簡単である。

メディアでも「公人」、「私人」の「論争」が盛んだが、さて、「公人」とは、「私人」とは、「公務」とは。明確に定義づけられてない言葉で、実に曖昧な言葉だと思う。
各自、自分のイメージで語っているように感じる。それも都合のよい解釈をまぶしながら。
それでは議論はかみ合わない。当然のことだろう。

このような背景で、かの人物は首相夫人の批判を始めたものだろう。
「安倍昭恵は公人だと、みんな言っている」という論調で。
「公人、私人」の問題のみをつけば、それなりのパワーを持った発言になったであろうが、何せ「みんな言ってる」を背景にして、傲慢な「でんでん」発言。
レベルの低さを露呈し、そこでいとも簡単に破綻した。
[ 2017/03/05 11:17 ] [ 編集 ]
公人私人 2面かけもち
「公人」の件、興味深く拝見しました。
>あと法的な根拠が無いので公人とは言えないという主張は、逆もまたしかりで、法的根拠が無いから私人とも言えない。

結局、わからないわけですね。実質的に公的な権力行使が、できる・できない、も見る側の個々の主観的な判断でしかできません。

どなたかが言及された「ファーストレディ」に権限はあるのか、は私も途中で頭に浮かびました。「身近な公人」に人物・案件の紹介仲介は可能ですからね。意見も言える。でも、公的な仕事とは言い難い。結果としての判断責任は法的な「公人」にあります。

「家庭内野党」などと夫唱婦随でないご家庭もあるらしいし、公式行事が苦手で欠席ばかりの公人配偶者もいるはずで、一律に配偶者を公人と見なすのは無理があります。

公人と見なされるのであれば、「内縁の夫」とかは公人でしょうか、私人でしょうか。公人の、離婚したが「今も同志」とされる人らが暗躍する分には「私人」としてでしょうか。
面白いやりとりを拝見できて、ありがたかったです。
[ 2017/03/05 12:34 ] [ 編集 ]
かく書けば かくなるものと知らずして 
やむにやまれぬ朝鮮コメント。

上から目線でエラそ~なノウガキを喚き散らせば顰蹙をかうのは当然の帰結。

よろしいんじゃないでしょうか。 最後のキメ台詞があるもんネ。

「チョッパリども、ウリへの愛は無いニカ~~~」

んなモン あるわきゃ~ ねぇ~だろうがぁ 
[ 2017/03/05 15:24 ] [ 編集 ]
あれだけレッドバロン様が公人と内助の存在を説明しておられるのに、それでも「にだったらにだなんだ」なら、もう対応するに価値は無いと判断して良いのでしょう。

言いたいだけの人はお仲間ブログで言い放て居れば良い。
ここはソウルのローソク広場ではない。
[ 2017/03/05 15:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: