私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  ニュース女子問題 ~ 民進木村よ、辛淑玉よ、反論を受けて立て

ニュース女子問題 ~ 民進木村よ、辛淑玉よ、反論を受けて立て

← 応援クリック、ありがとうございます。

高市総務相の電波停止発言を野党や左派メディア、ジャーナリストが言論弾圧だと騒ぎ立てたことは記憶に新しい。高市発言は、政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に電波停止を命じる可能性を示唆したものだが、これは単に「放送法という法律を順守する」ということばに等しい。逆に、「総務大臣が放送法を根拠に電波停止を命ずる可能性はない」と言ったとしたら、その発言こそ法秩序の否定になるのだが、高市糾弾の一派のおつむの中には、放送法の改正など微塵もなかったとみられる。

 Tokyo MXの「ニュース女子」を絡め、民進党の本村賢太郎なる議員が「MXを指導するのか」「(総務相として)様々な判断をするのか」と高市氏を問い詰めた。NHKやテレ朝日、TBSなど、政権に厳しい放送に対しては厳しい姿勢で臨んでいるにもかかわらず、政府と同じ方向である番組は守るというイメージを与えかねないような感じがする。偏向した二重基準ではないか」という主張だったが、この「感じ」は木村某の主観に過ぎない。仮に、明らかな事実誤認があった場合は指導が入る可能性はあるが、事実を無視して「政権寄り」などとレッテルを張ることは、逆に番組の自主性をも侵害する発言だ。

井上和彦氏と手登根安則氏


 ニュース女子の番組内容は、果たして事実誤認に基づいたものなのか。辛淑玉はそう主張し、BPOに訴えた。しかし、ここにきて、事実はなにかを訴える沖縄県民が登場する。ニュース女子に出演者が、高市氏を問い詰めた民進・木村に対し、「私たちを証人として国会で喚問せよ」と要求しているのだ。

「国会で取り上げて頂きましてありがとうございます。番組に出演し発言をした沖縄県民の一人でございますが、ぜひ国会の場で私たち当事者を証人喚問に呼んで頂きニュース女子の報道にどのような問題点があったのか、国会の場で明かにしていきませんか?私はいつでも協力させて頂きます。真実を明らかにするためにも、本村賢太郎代議士と民進党の皆様には私たち沖縄県民が国会の場で話す機会を作って頂きますようご尽力のほど、よろしくお願い申し上げます。」

「番組に出演した当事者として要求します。真実を明らかにする為に証人として喚問して下さい。沖縄県民として、現場で見たままを証言させて頂きます。問題を国会で提起した責任が貴殿にはあると思います。」


 声を上げたのは、DJの手登根安則氏。沖縄県民という当事者の立場として、真実を明らかにすると主張している。大いに結構なことではないか。今までの報道ベースでは、ニュース女子の番組内容が事実に基づかないという前提に立っての批判が、ほぼ一方的に流されてきた。辛淑玉の主張を丸呑みし、「差別」という切り口でMXと番組、スポンサーであるDHCを糾弾する主張だが、その「事実に基づかないという前提」に対し、反論しようとしているのだ。木村某はこれを受けて立つべきだろう。

 手登根氏は、同じく沖縄県民の依田啓示氏、我那覇真子氏と共に、辛淑玉氏に対して公開質問と公開討論を呼びかけている。公開質問状と公開討論の要求書は2月13日付で、答える側になった辛淑玉は翌々日の15日以来、Twitterを更新せず、だんまりを決め込んでいるようである。人を批判する以上、自らの正当性を証明するため、辛淑玉も黙っているべきではない。不都合な議論から逃げるだけなら、BPOへの訴えを取り下げてからにしてもらいたい。

 ニュース女子を社説でぶった切ってきた朝日も毎日のような新聞も、不都合な事実と向き合い、互いの主張を平等に扱うべきではないのか。手登根らは決して少数派ではないと思うが、仮に少数派だとしても、その声を聴けと主張してきた新聞なら、従来のポリシーを貫徹すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/02/24 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(10)
マルクス主義者の反論=暴力()
ゲヴァルト棒だったり言葉の暴力だったり乱訴だったり、その時々。

あ、一番欲しいのは人民軍(用心棒)でしょうね。

逆らう奴らはみんな戦車で踏み潰せれば便利なので。

自衛隊も共産党は解体すると言っていますが、あれは解体して「日本人民軍」に看板を掛け替えますの意。

本当バカな奴らです。

しかしその「バカな奴らのために」世界中で数多くの生命が失われ、国富が横領され、経済成長は妨げられたのであります。

アイツラは人ゴロシであり、強盗犯であり、詐欺犯なのです。証明済み。

そして代わりに得られたもの、それは、

共産(労働)党員の満足

オンリー。

生まれ育った故郷の人間を苦しめ、賄賂を強要して、たっぷり蓄財。あとはバイバイ!(海外移住)

なーんとフザケタ外道でしょう。

まあ漢族や朝鮮族の生き方にはマッチしてるので、永久にアイツラの内輪だけで「党員資格の椅子取り」をやってなさい。

社会化など、日本でやるべき実験ではないです。

社会主義国での党員間の権力闘争は苛烈です。
ヤクザの抗争を一国の規模でやるんですからね。
有名なのが文革。昨日までの革命元勲がオシッコ垂らしながら獄中死ですよ。

日本の民進・共産の輩は日本国を社会化したうえ、あの輪の中に入りたいという。

「モヤシが」思い上がっていますね。生き残れるはずがない。

支那本土の地方幹部にすら劣るんじゃない?悪謀とクソ度胸が。
[ 2017/02/24 07:52 ] [ 編集 ]
国営放送局の創設
日本国政府の主要な公式見解は、菅官房長官の会見を通じて、日本国民に伝わることは多い。しかしながら、会見を取材する記者、その所属するマスコミは、外国資本の会社が多く、日本国民の立ち位置から物事を報じない会社もあるのかもしれない。

インターネットの掲示板などでも指摘されているが、編集はそもそも意図的なものであるから、報道各社の都合に合わせて、国会の答弁や記者会見の言動を都合よく切り貼りすることもあるようだ。つまり、菅官房長官の言葉は、必ず編集されて日本国民に伝わっており、その意とするところも、歪んでしまう可能性がある。日本国民の立ち位置から、日本国の公式な情報を伝達するには、直球の伝え方ができる国営放送局は必要であろう。

NHKは、受信料など批判する声も多いが、個人的には、NHKの放送時間枠を政府が購入借り受けして、1時間程度でもいいので、ホームページで公開しているような情報を、政府ニュースのような形で、日本国民に伝えたほうがよいと思う。似たような取り組みは、既にあるのかもしれないが、いまいち認知度は低いように思う。

悪いニュース、良いニュース、国内情勢、国際情勢、防犯、防災、基礎的な公式見解など、日本国民に伝えるべき情報は、たくさんあるはずだ。日本国政府として、情報のほとんどを企業まかせにすることは、無責任ではないだろうか。

南スーダンへのPKOもそうだが、第九条を改憲して闘える万全の状態に法整備したうえで、戦闘が起こりうるかもしれない地域へ、日本国民たる自衛隊員を派遣すべきである。安易に派遣したのは民主党だが、一度派遣されてしまうと、撤退することは難しくなる。近隣の国に輸送機を常駐するなど、万が一の退路は確保すべきだ。

南スーダンは、外務省の海外安全ホームページでは、レベル4(避難勧告)である。防衛省と外務省では、情報の共有は出来ているであろうか。日本国民たる自衛隊員は、法的には民間人であり軍人ではない。一般の日本国民には、避難勧告をしておきながら、民間人たる自衛隊員は常駐するという判断は明らかに間違っている。防衛省の認識と外務省の認識に差異があるのは、先の戦争もそうであったように危険な兆候である。日本国政府として、日本国民たる自衛隊員を撤退すべきか、今一度熟考すべきであろう。海外で危険な任務に従事されている自衛隊の方々には、無事に日本国に帰還してほしい、多くの日本国民はそう願っているはずだ。

http://www.mod.go.jp/j/approach/others/shiritai/sudan/
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_301.html#ad-image-0
[ 2017/02/24 11:13 ] [ 編集 ]
さあ、どう出るか?
この期に及んでも「シンスゴ」や「のりこえねっと」は、「デマ」という「嘘」を貫き通すつもりなのか。

ほとぼりが冷めるまで待つつもりなのだろうが、そもそもの発端は、「シンスゴ」らが自分達が発言したことを、「ニュース女子」が取り上げただけにもかかわらず、「デマ」などと、意味不明(自分の言った事すら忘れるというのは、認知症でしょうね)な事を述べて、ニュース女子を恫喝した事が始まりだろう。

今回、「デマ」だとか、「法的措置」をとるなどといった、「威勢の良さ」はどこへ行ったのだろうか。逆に、自分達が「デマ」を広げた事で、「法的措置(威力業務妨害等)」を取られる可能性だってあり得なくも無くなったと思うところだ。

「シンスゴ」らは、都合の悪い議論からは悉く逃げるか、だんまりを決め込む習性があるが、自分達に都合が良い時だけは、法的措置(笑)も含めて、徹底的に相手を、(物理的にも精神的にも)たたきつぶしに来るという悪質さがある。

今回の問題でも、都合が悪くなったために「だんまり」を決め込んでいるようだが、それでも、ばれそうになると、大声や、物理的手段(逮捕覚悟で)を用いて「嘘」を貫き通そうとするから、朝鮮人やそのお友達は、ゴキブリ(ゾンビ)並みのしぶとさがあると言われるのだ。
[ 2017/02/24 20:49 ] [ 編集 ]
自分がする事したい事
民侵・本村某(だけではないですが)は、もしも有権者の出来心で又政権を獲ったら、自分達がするであろう政策方法を言っているのだと思います。
つまり、高市大臣に国会質問した通りに、政権に厳しい放送姿勢には厳しく臨み、政府と軌を同じくする方向の番組は守る。
二重基準の偏向政治をすることしか考えない。っと。

民主党政権時に彼らがしていたことを思い起こせば、政権盗ったら何でも好きなように出来る、とでも未だに思い込んで居そう。
だから、悉くブーメラン突き刺さり。
政治観が気ままな政権勝手運営しか頭に無いから、同じ事ばかりで有権者に見放される繰り返しではないのか?と思います。

党首や元政調会長からして自分に都合の悪いことにはシレ~っとダンマリ。この厚顔無恥には唖然です。
幹事長も同じで自政権時のした事を党議員が安倍政権攻略にしようとするのに、これもダンマリ。破廉恥集団としか思いようが無い。

自分達反日サヨクの言行動は「自由の権利」で守られるべし。
保守系人物の言行動には究極の非寛容。
子供でも判る「自分勝手」。
とても一国の国会議員のして良い事じゃあないですね。あ、コレ、近隣諸国の姿勢と同じだわ。


同じ様な人がこちらにもお寄りですが、気に入らなければ「戦車で」 なんぞ、中共・天安門事件そっくりな思考の様で、「人それぞれの考え」の範疇とは私には思えません。
煽りや暴言はご自宅で済ませて戴きたい。
      ==================
別件でお邪魔致します。
文科省が次期学習指導要領の改定案を発表し、その中に、聖徳太子の御名を消し「厩戸王」という呼称に替える案があるのだそうです。
理由は聖徳太子と称されたのは薨じられて約100年後の事だから、と云うのだそうですが、ならば歴代天皇や皇子のお名前も生前呼称でなければ理に合いません。あの、カタカナ長々の尊 というお名前は教科書に載る気配はありません。

聖徳太子は皆様ご存知の通り、日本精神の核になる御方です。
前から歴史学者の中には名を売るためか日本毀損思想の所為か、とかく聖徳太子や大化の改新を無い事としたい「新説」を振りまく人も居て、その説には、私は一冊読み切る忍耐がありませんでした。
酷いのは朝鮮古語では日本語と似た「音」が別の意味を持つから、日本に伝わる内容は違う、とトンチキを書く人も居て、日本古代史は彼らの一種の標的でもあるようです。

文科省がそういう変態歴史学者を信奉するのか既存歴史に飽きたのか分りませんが、この唐突な「改定」へのパブリック・コメントを、文科省は3月15日まで募集しているそうですので、ご意見をお持ちの方々はどうかよろしくお願いしたいです。
[ 2017/02/24 23:16 ] [ 編集 ]
さまざまある戦い
見えない人にはこのマトリックスが見えないのでしょう。
反日さよく在日連合VS保守連合の戦いが。
場所は沖縄で、場所はメディア内で、場所は国会で・・・・・。
つまりは日本という場に於いて。

http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html

『憲法九条護憲・改憲』を線引きとして。
安全保障を重視するか、無視・軽視するか。
そこで仕分けると分かり易いでしょう。
自民党VS野党
産経VS朝日など
「米国が分断された」とかではなく、日本はとっくに分断されているのではないかと思います。
守旧利得反日派と改革正しい歴史認識派と。

在日反日韓国朝鮮人による日本国への内政干渉。

http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html

http://www.sankei.com/west/news/170224/wst1702240060-n1.html
[ 2017/02/24 23:20 ] [ 編集 ]
はぁ・・・・
辛淑玉大先生は帰化してるのでしょうか?

だとしたら彼の政党から立候補して
将来の党首になりうる逸材ですな。
[ 2017/02/25 05:06 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
>文科省が次期学習指導要領の改定案を発表し、その中に、聖徳太子の御名を消し「厩戸王」という呼称に替える案があるのだそうです。

…情報ありがとうございます。

国史『日本書紀(やまとふみ)』では、「厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみのみこ)」、薨去されたときは、「上宮太子(かみつみやのひつぎのみこ)」、『上宮聖徳法王帝説』では、「聖徳法王(しょうとくほうおう)」と呼んだそうです。いろいろな呼び方があり、人々に愛され尊敬された皇太子でした。『日本霊異記』には、聖徳太子が乞食に服を与え、自ら乞食の服を纏ったという説話があります。聖徳太子とは、日本国民が先祖代々、語り継いできた敬称であり、大切にしたいものですね。
[ 2017/02/25 08:56 ] [ 編集 ]
本村賢太郎という人
こんにちは、初コメントです。以前よりお気に入りに登録して見ていました。
民進 本村賢太郎はまさか当事者からボールが返ってくるとは予想をしていなかったのではないでしょうか?恐らくある筋からの要請でMXに圧力かけるつもりで質疑したのでしょうが、まさか国会招致してくれと反応されたのには焦ったと推測します。
なんせ圧力かけられた当事者(MXも沖縄保守も)は自信満々ですから。(笑) 真実を持っている側は強いのです。
本村賢太郎はfacebookを持っているので「証人喚問受けてくれますよね?」とレスしたら返答が無いばかりか削除されてブロックされてしまいました。(笑) 情けねェぞ 本村賢太郎!

[ 2017/02/25 10:26 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
長く長く人口に膾炙されて日本民族が無意識の内にも親しんでお呼びする尊名を、何故敢えて替える必要があるのか?
それも官指導というのが信じられません。

「聖」と「徳」という、これ以上は無い尊敬の念を顕わす称名を、世紀を超えても慕われて奉じられた御方ならこそ、その御名は永遠に伝えるべきであろうにと考えます。

替えて初期の内は聖徳太子も付記される予定だそうですが、主体を「厩戸王」とする、というのですからいすれは抹消目的の呼称扱い、なのだろうと推測致します。

日本紀の様な歴史書ではない万葉集でも、巻三挽歌の筆頭に
上宮聖徳皇子(かみつみやしょうとこのみこ)と記されていますから、万葉仮名で書かれた日本の文物以降は皆「聖徳太子」「上宮太子」だろうと思います。

それでなくても多事多難な現在に、なんと余計な事を考え出す痴れ者であることか!
[ 2017/02/25 13:22 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
下記内容にて、パブリックコメントを3件、提出しました。一件一意見なので、3件になりました。…オレの考えとしては、こんなところかな。論説などで、厩戸王(聖徳太子)と記す学者もいますが、天皇(大王)と記す学者だったりするので、なんだかなぁ…と思う。


小学校学習指導要領案について
44ページに、聖徳太子(厩戸王)とあるが、厩戸王は不適切だと思う。王とは、地方の豪族の長を指した言葉。聖徳太子は、皇太子であり、王ではない。推古天皇の摂政を務めたこと、仏教では法王と呼ばれたこと、聖人として徳の高い方であったことなどを考慮しても、王の称号は格下であるから失礼に思う。実名を用いるのであれば、国史「日本書紀(やまとふみ)」にある「厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみのみこ)」、薨去されたときの、「上宮太子(かみつみやのひつぎのみこ)」を引用すべきだと思う。いずれも、尊称は皇太子であり、王は用いていない。聖徳太子(上宮太子)、もしくは聖徳太子(厩戸豊聡耳皇子)を用いたほうがよいと思う。

小学校学習指導要領案について
小学校学習指導要領案44ページの聖徳太子(厩戸王)は、中学校学習指導要領案40ページでは厩戸王(聖徳太子)となっている。後者は訂正すべきだと思う。小学校では、聖徳太子(厩戸王)と習い、中学校では違う表現で習う。それでは、小学校で嘘を教えたことになる。同じ人物という意の併記であっても、太子と王は、同格の尊称であるとも錯覚してしまう。天皇の摂政を務めた太子であるから、天皇と王(大王)は、同じ意とも錯誤するおそれがある。聖徳太子(上宮太子)、もしくは聖徳太子(厩戸豊聡耳皇子)を用いたほうがよいと思う。

中学校学習指導要領案ついて
40ページに、厩戸王(聖徳太子)とあるが、厩戸王は不適切だと思う。王とは、地方の豪族の長を指した言葉。聖徳太子は皇太子であり、王ではない。推古天皇の摂政を務めたこと、仏教では法王と呼ばれたこと、聖人として徳の高い方であったことなどを考慮しても、王の称号は格下であるから失礼に思う。実名を用いるのであれば、国史「日本書紀(やまとふみ)」にある「厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみのみこ)」、薨去されたときの、「上宮太子(かみつみやのひつぎのみこ)」を引用すべきだと思う。いずれも、尊称は皇太子であり、王は用いていない。
[ 2017/02/26 14:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: