私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  金正男暗殺 ~ 対話が通じない金正恩には、軍事的圧力の強化で臨むしかない

金正男暗殺 ~ 対話が通じない金正恩には、軍事的圧力の強化で臨むしかない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 金正男が13日午前9時、マレーシアのクアラルンプール空港で2人組の女性に襲われ、死亡した。犯人と思しき女1人逮捕されたが、マレーシア当局は女がベトナムの旅券を所持していたと発表し、一方で国営ベルナマ通信が女はミャンマー人だと伝えるなど、情報は錯綜している。当局はもう一人の女と、事件に関与したと目される男4人を追っているという。いずれにせよ、時間を追うごとに「暗殺」ということばが真実味を帯びる事件だ。

 日本には、正男ファンが多く、2チャンネルなどでは悲壮感を漂わせながら「俺たちのまさおー!」などと叫ぶ書き込みも多い。偽造パスポートを使って日本に密入国を繰り返し、2001年には遂に成田の入国管理局で拘束されたが、密入国の理由を「東京ディズニーランドに行きたかった」と答えたことも、ある意味で「お茶目」と取られたのかもしれない。しかし、指導者の立場を是が非でも死守したいと考える正恩にとって、正男は目の上のたんこぶだったらしい。南鮮の情報当局は、正恩が「5年前から正男の暗殺をねらい、継続的に試みていた」と語っている。正男の死で利益を得る者は正恩以外にはおらず、恐らく暗殺とみて間違いないだろう。

 金正恩は容赦のない粛清で知られる。軍の行事で居眠りをしたとして、軍のナンバー3だった玄永哲人民武力相が高射砲で公開処刑されたという情報もある。最も知られるのは、正恩の叔父でり、ナンバー2であった張成沢の処刑だろう。数百発の機銃掃射で殺害され、遺体は金正恩の「地球上から痕跡をなくせ」という指示で火炎放射器で焼かれたという話もあるくらいだから、正恩の非道さは想像を絶する。

金正男


 この張成沢は、中共と結び、実は正男を体制の指導者に据えてのクーデター計画を画策していたという話もあるようだ。実際のところ、張成沢の公式な罪状は「国家転覆陰謀行為」であり、処刑の残忍さから見ても、正恩が張に対して憎悪を滾らせていたという見方も成り立つ。さすがに国外では殺害の方法も選ばねばならず、このような暗殺劇になったとみられるが、体制維持のためには残忍非道は粛清も厭わない正恩の正体が再認識される事件である。

 さて、この事件に我が国も無縁ではない。今回の事件が暗殺と仮定すれば、金正恩は間違いなく、会話が成立するような指導者ではないのだ。日本の対北朝鮮に対する対応姿勢は「対話と圧力」ということばで表現されるが、その「対話」など成立しないことを、正恩は自ら国際社会に示したのである。

 では、残る「圧力」とはなにか。より具体的に言えば、それは軍事オプションだろう。経済的圧力は、中共が裏で平壌を支援する方針を改めない限り、効果は限定的だ。北朝鮮にかかわる日本の課題は、拉致被害者全員の奪還と軍事的脅威の除去である。いずれも対話による解決が見込めないと判断したとき、残る手段は軍事的圧力を強化しかない。具体的かつ象徴的なイシューは敵基地攻撃能力というオプションだろう。それに反対する陣営や9条信者には、どうやったらこの対話の通じない相手から拉致被害者を奪還できるのか、具体的方法論を提示してもらいたいものだ。

 幸い、トランプ米大統領が、我が国との同盟の重要さをようやく認識したようである。オバマとでは取れなかった方法論が、トランプとの間では可能になる余地が出てきた。国民の生命と安全を守るのは国家の使命だが、その使命は、いま日本に住む国民と同様に、北に拉致された日本国民にも適用されなければならない。敵基地を叩くという議論を、具体的に進めるべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/02/16 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(15)
金正男は親中派の神輿でしたからね
彼を金正恩指導部が除いたことは大きい。

あわよくば金正男を使って北朝鮮に傀儡政権を作ろうという支那の野望は打ち砕かれたのです。

血の同盟()であるにも拘わらず金正恩は未だ訪中していないし、新型ムスダン発射など支那がアメリカに攻撃される材料ばかり作るイヤな国ですが、もう「消去法」で支那は北朝鮮を支え続けるしかない。

ところで、北朝鮮の存在は日本にとって損でしょうか?得でしょうか?

「得」に転換しなければならないでしょう。

残念ながら出る杭は打たれるで、歴史問題を見ればわかるとおり、米韓支は「グルで」日本を平和な「無抵抗国家」に留めようとしている。3対1のままではジリ貧なんですよ。

あまり国民感情は関係ないと思いますね。

隣国とはとかく邪魔なものです。英仏独の数百年に亘る抗争史が好例です。。

一方、日本の隣国であった漢族国家や朝鮮族国家は、簡単に異民族に征服されるようなザコばかりだったので、日本人にはその種の「悪意」が希薄でしたが、世界大戦に負けた悲劇の遠因だった気がします。

使えるものは何でも使い、隣国を「陥れる」べきです。

例えばアメリカとの戦争だって、ナチスドイツやソ連を「ダシ(共通敵)」にすれば避けられたのでは?

同じ状況が日米韓🆚北朝鮮にも存在する。

仮に韓国の次期マルクス主義政権の南北融和により赤化統一が実現し、1国抜けて、日米🆚北朝鮮になれば、アメリカの対日政策は大きく変わらざるを得ないと思いますね。
ドイツみたいに勢力伸長を許してくれるようになりますよ。

アメリカがより「不利」になるからです。残った同盟国にエサを与え歓心を買おうとするのは当然でしょう。

日本人を拉致しミサイルで狙い続ける北朝鮮はあくまで敵国です。

敵国ですが、アメリカとの「暗闘」を考えた時にダシに使えることは確か。

赤化統一成ったら、「韓国人が北朝鮮人にぶっ〇されてる隙に」、アメリカの黙認の下で、マルクス主義者や在日を一気に掃除し、9条も削除してしまえばいい。

過去のレッドパージでマルクス主義者を根絶やしにせず残したのはアメリカの陰謀です。
左翼メディアのあの強気の裏にはアメリカがいますよ。

なぜって、邪魔な隣国である日本を陥れるためです。
「アメリカほどの大国でも」汚い小細工を使うのです。

アメリカの数分の1程度の国力である日本が、小細工抜きで世界と対峙しようなどと、大変な思い上がりだと思いますね。
[ 2017/02/16 07:54 ] [ 編集 ]
特殊作戦
確かに仰る通りですし、日本のご家族の事を思えば時間もありません。半島有事も現実味を帯びて居る様に感じます。
が、救出に行くべきは日本です。米国に助けられながらでも拉致被害者奪還を果たすべきは日本です。

法整備さえされれば、元特殊作戦群初代群長の荒谷卓氏は救出できると明言して居られます。勿論決死の覚悟でしょうし尊い犠牲者がどれだけ出る事か、と思いますが、彼らはあるべき国家像として自国民を助けられない日本は義務を果たしていないと考えて居ます。
そういう人々が自衛隊に居られ、日夜苛酷な訓練を積んでいるのですから、政府や国民はその志を有難く戴き、彼らが充分安心して任務に臨める環境を作るべきだと考えます。
作戦中に「これは法に反しないか」と考えながら死と隣り合わせで行動するわけにはいかないのですから。

今回の訪米で安倍総理麻生副総理、多分同行された岸田外相も同じだと思いますが(岸田外相の映像が見られませんでしたので)、国内と同じ様にブルーバッチを付けておられました。
今まで海外へお出かけの時や外国要人と会見の時には、必ずは着用ではなかったとお見受けしていましたので、嬉しかったですし内閣の心構えも見えた様に感じました。

拉致の犠牲者数も定かではないですが相当数は居る、と分って居ながらの野党の国民への誠意の欠如。これが改心することはほぼ絶対ないでしょうから、政府は直接国民に訴えて改憲行動を急ぐ必要があると考えます。

進めそうで進めなかった理由の一つが陛下の護憲ご発言が多い事だと推測しているのですが、陛下には虞ながら、「護憲」と仰る現行憲法では政治向きの権能はお持ちではないのですから、仰せになる事自体が違憲行為だと思います。

日本国民、同胞の悲劇を見捨てる様な陛下と憲法であって良い筈は無いのですから、なんとか、このハードルを越えられる知恵が内閣に授けられますように祈ります(もう神頼み!)


訪米の一番に総理はアーリントン墓地に赴かれ献花されました。大変重厚で清々しい雰囲気のお姿でした。
どうかこの春に、靖國へもお参り戴き昨年の広島から真珠湾、今回のアメリカ感想などをご報告して戴きたいもの、と思って居ります。
[ 2017/02/16 08:43 ] [ 編集 ]
金正男氏という人は、生まれや育ち方を聞けば聞くほど、そしてこの最期。本当に不運な人の様に思え、御気の毒に思います。合掌
[ 2017/02/16 08:54 ] [ 編集 ]
こはる様、おはようございます
一日本人として、今上を悪く言いたくありませんが、少年時代の英語教師が日本を農業国にし弱らせようと企んでいたGHQの手先で、且つクリスチャンだか創価学会だかに乗っ取られた宮内庁に囲まれている状況からは、今上の平和主義の衣を被ったマルクス主義への傾倒も詮無きことかなと。

譲位発言は衝撃でしたね。口の悪い学者は「辞めたいから」辞めるのかと痛烈な皮肉です。
ぐうの音も出ないでしょう。

皇室制度の改革意欲とやらはわかりますが、伝統をないがしろにされてしまわれた。
改革など、余計なことです。

歴史上、後鳥羽上皇や後醍醐天皇など、時の聖上が民や国のためにならない「ご謀叛」を起こされることが無かったわけではない。

そんな時、時々の政権はどう対応したか?

「ペナルティ」ですよ。謹慎させたり島流しにしたり、玉体こそ傷つけるようなことはありませんでしたが、結構思い切った措置をしています。
せざるを得なかったのです。

この日本は聖上の「私物」ではありません。ならぬものはならぬのです。

ですので、今回の今上の行いについても、何かペナルティを課すべきです。

課して東宮両殿下に対する「戒め」と致しましょう。

具体には、
①「敢えて」今上の思惑に反して一代限り譲位にし且つ特措法対応に留める
②今上の譲位後の尊号は「前(さきの)天皇」で十分

特に②について、今上は10年ほど前、私的な席で「上皇」を希望されていたようなので、屈辱感は大きいでしょう。
さきの~などせいぜい退官後の臣下の呼び方です。

オオミヤ家のこれ以上の赤化を止めなければ。
お諌め申し上げなければならない。

そのためには「断固たる措置」を!
[ 2017/02/16 11:08 ] [ 編集 ]
両班野郎の画像^^
休載中のブログ「中韓を知りすぎた男」でもお見かけしますが・・・
両班野郎さん、ちと物言いが日本人として汚く感じますが^^
[ 2017/02/16 11:34 ] [ 編集 ]
朝鮮王朝騒動
http://www.sankei.com/world/news/170215/wor1702150072-n1.html

北朝鮮の『マレーシア金正男(キム・ジョンナム)暗殺事件』ではロイヤルファミリー暗殺などという重大な事は金正恩(キム・ジョンウン)の指示がなければできません。

では何故一時はナンバー2の張成沢(チャン・ソンテク)などまで処刑して北朝鮮国内で危険を排除して安全性が大幅に上がった筈なのに金正男を暗殺したのか?

理由というものは殆どの場合1つという事はなく複数あるのが普通ですが、自分の見立てとしては主に中国が金正男を将来担いで中国・金正男北朝鮮体制を作る事が中国の理想であり、金正恩としてはそれは是が非でも阻止したい事です。
それが主な理由であると考えますが、そこで脳天気な日本人は「兄弟であるのにそんなことがあるのか?」などと間抜けた事などを言っています。
韓国時代劇ドラマを御覧なさい。
勉強に成りますよ。
異母兄弟など敵であるとしか思えない筈です、金正恩にとって。

ではこれからどうなるのか?
中国としては北朝鮮を利用出来るだけ利用したいわけでそれが金正恩の北朝鮮であっても表だって全面的に敵対する事は避けたいわけです。
余程軍事的に中国相手に挑発、攻撃でもしない限り。
だから国連では出来るだけ北朝鮮を擁護して来ました。

であると考えると中国としては金正男の子金 漢率(キム・ハンソル)を担ごうとするのではないかと思います。
もうそれなりの年齢です、中国に歯向かうのでなければ中国は利用したいでしょう。
既にあのチベットではパンチェンラマ11世(ゲンドゥン・チューキ・ニマ)を行方不目いさせ、中国が擁立したパンチェンラマ11世(ギェンツェン・ノルブ)を立てています。
と同時にダライラマ15世を中国の傀儡としようと画策しているところです。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/11/dalai-lama-successor-and-china_n_5801862.html

http://gmmi.jp/press_news/news/item/5467

というチベットでの方式と同様に北朝鮮でも中国傀儡の指導者を強い気持ちで作りたいとは考えているでしょう。

そうそう此処にも売国奴がいました。

「慰安婦像は再度設置された」「姉妹都市、外交とは別次元」 韓国・光州市の慰安婦像で奥山恵美子・仙台市長
http://www.sankei.com/politics/news/170216/plt1702160008-n1.html

福岡・那珂川町が韓国自治体と友好協定へ 「反日行動」進む中「なぜ今なの?」町関係者から疑問の声

http://www.sankei.com/world/news/170216/wor1702160032-n1.html

[ 2017/02/16 12:12 ] [ 編集 ]
こっちも糾弾してください

森友学園「国有地9割引」疑惑 首相夫人が名誉校長の神道小学校の土地取引に次々と浮かぶ疑問点
BuzzFeed Japan 2/16(木) 9:40配信
[ 2017/02/16 13:03 ] [ 編集 ]
両班野郎さま 
どうでしょうねえ、私は後鳥羽上皇の幕府転覆宣旨不発や後醍醐天皇の武力行使、後伏見系の皇位の方々の拉致監禁、神器の偽作などと、今上様の「護憲」に代表されるご発言他を同列で考える事は、殆ど賛成ではないです。
目には目を歯には歯を、と考えるべきケースだとも思いません。

御高齢故の御退位をお望みなのですから今上様が皇位を降りられる為の政府の特措法は致し方の無い事と考えますが、それでも個人的には「何故摂政では駄目なのか?」という疑問を納得させる理由に未だ出逢えないで居ります。

唯、この件で許し難いのは、民進・野田幹事長の如何にも自分こそは陛下の思し召しを体して居る、と聞える物言いです。
そして皇室の終焉に繋がる女性宮家、女系天皇の道を開こうとしている言動には、それこそ時が来れば目には目をでもイイかな、と思います。

この問題をこれ以上大きくすると、今の多忙すぎる多すぎる課題の政府に更に負荷を掛けることになりますので、今のところは一応温かくない視線で「静観」。と考えております。
陛下に上奏する機会がある総理のご判断を支持するだけです。

私が今朝投稿しましたのは、改憲(出来れば自主憲法制定ですが)は安倍総理の思惑で進めないのではなく、事情があるのであろう、その一つは、というものです。

通り道 なる方へ
何事も、糾弾するには物事の確かな物証が必要です。
慰安婦問題に大騒ぎしたサヨクや南鮮の様な、虚偽や妄想や真実に基づかない噂で動くことは恥だと考えます。
正されるべきことならその内真相が知られるでしょう。慌てるな。
民進党議員や反日サヨクの様に取り敢ず騒げば良い、とは考えません。お生憎様。
[ 2017/02/16 14:16 ] [ 編集 ]
中世の夜と霧
21世紀マレーシアの白昼の空港に、突然、中世の夜と霧が舞い降りたような暗殺劇でした。それもくの一を使っての謀殺とは恐れ入りました。

まるで日本でいうと鎌倉時代のよう。頼朝の血筋をめぐる幕府内の血みどろの暗闘を思い起こさせせますが、残念ながら金王朝では源氏ほどの高貴な悲劇性というか、格調を感じさせません。そう言えば七百年に渡る歴史の目撃者=鶴岡八幡宮の大銀杏は枯れてしまったのですね。残念です。

山は裂け 海はあせなむ世なりとも
君にふた心 我があらめやも
(実朝)
[ 2017/02/16 14:26 ] [ 編集 ]
妄想
「正男さん、お目覚めですか?」
「ん……俺は一体……」
「あなたは暗殺されたのです」
「なんだって? では、ここは天国か? それともディズニー……」
「どちらでもありません、マレーシアの病院ですよ」
「しかし、今暗殺されたと……」
「命を狙われていた事はご存知ですね?」
「ああ……弟にとっては邪魔者以外の何物でもないだろうからな」
「我々はその情報を入手して、一足早く手を打ったのです、あなたを仮死状態にする毒針を使い、あなたが死んだことにした」
「なるほど、死んだと思われていれば命は狙われない……」
「そういうことです、申し訳ありませんが、もう自由にあちこち歩き回られては困ります」
「……だろうな……しかし、実際に暗殺されそうになったとあれば仕方がないな……」
「では、我々に同行して頂きます、極秘裏に出国するのです」
「どうしてこんな手の込んだことを?」
「あなたは我々の切り札なのですよ」
「と言う事は……つまりは傀儡になれと?」
「察しが良いですね、では行きましょうか……北京で主席がお待ちです」


 ってなことはないでしょうね。
[ 2017/02/16 16:13 ] [ 編集 ]
   返歌に替えて

 世の中は 押して放ちの 相違なく
        思ふ矢筋よ 神も違うな  (同じく実朝公の詠草より)
[ 2017/02/16 16:15 ] [ 編集 ]
またやっちゃった
済みませぬ。文字が違って居ました。
 世の中は 押して放ちの 相違なく
          思ふ矢筋よ 神もたがふな  
に訂正致します。

バロン閣下 このお歌は鶴岡八幡宮に蔵されている詠草の一首だそうです。大銀杏の木の代りに。


ST様
ジュリエット、白雪姫、眠りの森の美女、なら仮死状態で再生しますけどね。コレ、何故か皆女性。
後味の悪すぎる事件です。
[ 2017/02/16 23:37 ] [ 編集 ]
北(正恩)は支那の傀儡をやめるつもりなのか?
まだ完全に北当局の関与があったと確定はしたわけではありません(正恩体制へのダメージを狙った者による犯行説も無いわけではありません)が、可能性としては、やはり北の関与が濃厚です。

3年前(4年前?)の張成沢(チャン・ソンテク)の粛清、処刑、に続いて、正男の暗殺と、北朝鮮と支那を繋ぐパイプを失わせるような行為が、ここ数年の正恩体制の傾向です。

正男は、正恩にとって好ましくない存在(北の国外で金一族の世襲体制批判なを行うなど、正男に反発していた)ではありましたが、支那当局の保護下にあった為、支那をあからさまに敵に回すわけにもいかず、手を出す事を渋っていたところがあります。

しかし、今回、突然の暗殺という事態に見舞われ、支那当局も反発しているところからしても、「カリアゲ君」の「暴走」としか思えず、支那との関係を態々悪化させるような行為に臨むというのは、後先を考えていないようにも思えます。

支那としては、素直に従わない「カリアゲ君」よりも、正男の方が「傀儡」として利用しやすいと考えていたはずで、あわよくば、北の指導者を挿げ替える事を目論んでいたと思われます。

しかし、その事に反発していた正恩は、正男を暗殺し、体制維持に努めたというのは、支那にとっても好ましくない事態のはずです。

そうなると、北の指導者を、支那に忠実な者に挿げ替える為に、軍事作戦も含めたオプションを、支那当局は試みる可能性がありますね。

所詮、金一族の体制を維持してきたのは、支那に忠実であったからであって、反旗を翻せば、当然体制を挿げ替える事を考えるはずです。

最近では、支那の軍政部が「北朝鮮」を「軍事的脅威国」と位置付け、北への制裁にも賛同するなど、正恩体制を好ましく思っていない所があります。

正男の暗殺は、支那とのパイプを潰すようなものですから、正恩は、支那の傀儡である事をやめるつもりなのかと思いたくなりますね。

しかし、そうなった場合に、彼の「地位」の保障があるのかどうかと言えば、非常に難しい所だと思いますが。
[ 2017/02/17 00:32 ] [ 編集 ]
しかしこの暗殺には疑問も残る
韓国側がどこの国よりも早く金兄が殺されたことを報じたこと
金兄にへばりついてなければ知らなかったんでないの?
北と中国の分断を狙うなら成功かな?
[ 2017/02/17 17:35 ] [ 編集 ]
スパイの暗殺はおとがめなし 拡散希望
「スパイの暗殺はお咎めなし」
FBI日本支局や公安に確認済みです。

スパイ防止法のあるなしは関係ありません。
以外と知られておりませんが、
日本人に認識されると困る人物が多いようで。

「背乗り(はいのり)」
「日本人なりすまし」
「集団ストーカー殺人部隊」
「創価殺人部隊」

など含め、日本人に認識されると困る連中がいるようです。

「スパイの暗殺はおとがめなし」です。

「中韓を知りすぎた男」では、アップされなかったようだ。
老人だからしょうがないか。
[ 2017/02/22 12:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: