私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「最高権力者をおちょくるのに遠慮はいらない」 ~ 山口二郎の反知性を嗤う

「最高権力者をおちょくるのに遠慮はいらない」 ~ 山口二郎の反知性を嗤う

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞のテヘラン支局長が、Twitterで安倍総理を中傷するような投稿を行い、炎上。そのツイートを削除した。 内容は、「安倍首相…大丈夫かな、またおなか痛くなっちゃうのでは。」というもので、ネット上の批判は、安倍総理への揶揄よりも、潰瘍性大腸炎を患う人々への配慮のなさを指摘するものだった。当の支局長は平謝りの状況で、「自分の考えの至らなさ、まったくお恥ずかしい限りです」「記者として恥ずかしく思います」などとツイートを連投。ことばを商売にしている者にとっては、当然の批判だということを、身に染みて感じているようだ。

 ところが、支局長の火消しの努力を、傍から風を送り込んで再炎上させようとしている輩がいる。あの、保守派には“大人気”の山口二郎、その人である。山口は、支局長に対して「この程度で削除するべきでない。権力者は揶揄されて当たり前だ」とした、元しばき隊だった弁護士、福原元のツイートを引用し、こう述べたのである。


山口二郎


 「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」ということばの裏には、当然ながら、相手が権力者であれば何を言ってもよいという前提がある。「遠慮なくおちょくれ」ということだ。しかし、ことばには礼儀も作法も必要で、その礼儀・作法がなければ、ことばは単に「ヘイト」になり得る。実際のところ、山口が名を売った「安倍に言いたい。お前は人間じゃない!たたき斬ってやる!」という迷ゼリフはヘイトスピーチそのものだが、山口は南鮮の反日無罪よろしく、「反安部無罪「反権力者無罪」を地で行っているようである。

 その「安倍に言いたい。お前は人間じゃない!たたき斬ってやる!」という迷ゼリフを発した当時、山口は、平和安全法制反対派を扇動し、「日本政治の目下の対立軸は、文明対野蛮、道理対無理、知性対反知性である」とまで言っている。実際にこの人物は「知性」ということばを多用する。しかし、「お前は人間じゃない!たたき斬ってやる!」「安倍政権は統合失調」「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」等々のことばの何処に、ご自慢の「知性」があるというのか。

 こういう安倍憎しの人たちには共通点がある。山口の例を取るなら、憎き安部を叩くためなら、難病で苦しむ人たちをも巻き添えにしても差し支えないという、分別のなさだ。「何の遠慮が必要か」ということばのなかに、イデオロギー偏重による分別の喪失、知性のなさ等と同様に、サディズムも匂わせる。

 山口は、「文明対野蛮、道理対無理、知性対反知性」と対立軸を定義したが、自らが批判した側の野蛮、無理、反知性のすべてを山口自身が兼ね備えているという実態がさらけ出ただけである。左派にはもう少しましなイデオローグが必要ではないだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/02/15 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
左翼は根がバカだから
「楽な方」に流れてるだけでは?

言葉を選ばず、政策も勉強せず考えず、(敵国の支那韓プロデュースの下)芸人みたいにパフォーマンスだけで飯が食えれば楽だもんな?

日本の政界・官界・学会・マスコミのエリート達が「全員」堕落しているとは思わない。
うちの会社にも帝大卒は大勢いるが、謙虚で働き者で、頭の下がる人達も多いよ。
だが、
「例外」もいるってことですよ(笑)

民進(旧民主)は所詮自由民主党のミソッカス・落ちこぼれという評価が世間にあるが、正にであろう。

やっと新潟県知事になった泉田、うちの選挙区の民進候補も、

「自民の推薦取れなかったから」民進

なんだと。

ははは、元々そんな下司な根性だから落とされたんじゃないの~?

自民党さん人を見る目がありますね。

カスが百集まっても千集まってもそれはカスに過ぎない。
支那韓が資金投入して飾り立ててもやっぱりカス。

勝負は既にあった。

日本でのプロレタリアート革命など、絶対に、成功しない。

民進の奴らの顔つきは意欲に燃える革命家って感じがしない。

むしろ筆より重い物は持てない()とかほざく無能な両班野郎の顔に見えますな。
[ 2017/02/15 07:59 ] [ 編集 ]
番号で呼べそう
「お前は人間じゃない」はヘイトではあるが「ならば何だというのか?」と返されるだけの初心者ヘイト。
「叩き斬ってやる」は立派な殺害予告。
”その筋”の人が言えば即逮捕。かも。
そう言えば名字は山○。やだ~こわ~いー

それでも顔に似合わず案外正直で、野蛮で無理で反知性と自覚はある?とも解釈ができない事もない。日本人のけんきょさで、相手サマを前に自分を後者に置いて申しますでしょ。日本人なら。(国家間は別よ)

ところで、この山口某も最近、何か安倍総理への揶揄を書いて、猛攻撃されてすぐ取り消しと謝罪文章を出してませんでしたっけ?
とすれば、謝ったけれど、決して反省はしていなかった訳ですね。
ということは、あれは単なる表面的で内容の伴わない、不誠実な「しゃざい」に過ぎなかった、っと。
野蛮、無理、反知性+不誠実+嘘つき=反日サヨクってとこですかね。付録で「バカ」を付けて上げよう。

反日サヨク集団は本当に、金太郎飴の様に何処を切っても誰を見ても、以下同文なんですね。個性なし。
思想だけではなく在り方そのものが、金型に嵌められた様な造物。
こういうのこそ、てめーら人間じゃあねえ ざんす。

[ 2017/02/15 08:10 ] [ 編集 ]
Max
「お前は人間じゃない」
「統合失調」・・・

この異常が罷り通るのは、メディアの擁護があるからだ。
メディアが嫌悪する人間が、こんな言葉を吐けば、自殺に追い込むくらいの勢いで苛め抜く。
山口の異常さはメディアの異常さの上に成り立っている。

しかし、多くの賢明な国民は語らずともこの事実を承知している。
その回答の一つが、直近の政党支持率であろう。

威勢良く総理を責めているつもりの山口二郎だが、その言や何の役にも立ってはいない。愚かで卑怯な人間の結末であろう。

ただ、かかる人物が大学に巣くう現実をどうにかしなければいけない。
メディアに加えて、一部の「大学」は日本を毀損している。
[ 2017/02/15 08:54 ] [ 編集 ]
ぱよちんは浅知恵一直線
ぱよちんはたぶん、自分は賢いと思い込んでいる。
無知の知とは全くの無縁。だから謙虚さが微塵もない。まさに傲慢そのもの。
しかし、その実態は激しい思い込みだけ。
真の賢さは己の至らなさを知るところから始まる。
人権や言論の自由を声高に叫ぶくせに、自らの敵にはそれを決して認めようとしない。
つまり、ぱよちんは自分に都合の良い浅知恵をひけらかすだけ。しかも実に感情的かつ暴力的。
こんな連中が反戦や平和、共生を唱えるのは、ちゃんちゃらおかしいね。
[ 2017/02/15 08:59 ] [ 編集 ]
こはる様、うまいことを仰る
日本のマルクス主義者は「量産型」ですね。

受験戦争の弊害か?

「けど」同じ受験戦争戦い抜いても、ちゃんと社会に責任果たしてるエリートもいるんですよね~。

要するに、山口のような手合いは、最初から、劣る資質しか持ってなかったということ。
受験で力尽きてしまった「敗北者」です。

力尽きて「誰か」にすがろうとした時に現れたのが、支那韓だったのでしょう。

そうなる運命だったのです。
日本のマルクス主義は弱者の寄り合いに過ぎない。

多分劣等感とか社会への復讐()の類なんでしょうけど、日本を革命でひっくり返して日本人をたくさんコロす?

ほー。
大それた野望ですが、それをやるには力も知恵も勇気も全然足りませんな。
所詮外国頼みな時点でタカが知れた連中です。

負け犬は然るべくして負け犬なのです。他のモノにはなれない。
[ 2017/02/15 10:04 ] [ 編集 ]
山口二郎は鏡で自分の顔を見なさい
政治学者の山口二郎氏は2月13日、朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が安倍晋三首相を中傷するような投稿を行い、インターネットで批判を受けて削除したことについて、「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」と自身のツイッターに書き込んだ。2/14産経
山口二郎は東大法学部を卒業と同時に助手に採用されているので、首席もしくは2番で卒業したのだろう。しかしその後は北大に転任し、とうとう東大教授になれなかった、劣等感の塊のような人物である。目つきを見ればわかる。
劣等感の裏返しのプライドの高さは自分では気づかないが、傍目には「高慢ちき」に見える。まあ、東大法学部、教養学部を出た人は多かれ少なかれそうであるが。今回のツイッターも彼には「当たり前」の感覚なのである。
「おちょくる」に対し「風刺」という言動がある。「風刺」こそ「最高権力者」に対する批判であって、それは文化なのである。山口二郎は「文化人」ではないから「おちょくる」しか分からないのである。
しかし同じ法政大学教授の尾木ママもそうだが、山口二郎は洗面の時、自分の顔を見ないのだろうか?
[ 2017/02/15 13:09 ] [ 編集 ]
山口先生の安倍首相への憎悪
先日たまたま、在日朝鮮人が書いた自伝を読みました。
その人物は、日本でまぁまぁの成功を収めましたが、
子供の頃は、日本でひと稼ぎしようと密航までしてやってきた親から、
「日本人にだけは負けるな」と叩き込まれ、
火箸で殴られながら猛勉強したそうです。

いわく彼の親族である在日も皆、スパルタ教育によって
エリート大学に進学したという。
だが、虐待に近い教育を子供の頃に受ければ、
性格がねじ曲がってしまうのではないだろうか?
そして儒教思想の朝鮮民族は、その恨みつらみが親に向かうのではなく、
子供の頃に親から刷り込まれた「日本人憎し」に凝りかたまってしまうような気がする。
山口先生の『安倍首相・憎悪』には、そんなにおいも感じる。
[ 2017/02/15 13:34 ] [ 編集 ]
韓国人(在含む)が表面上ガリ勉なのは科挙の伝統でしょう
科挙は古典と歴史の試験でしたっけ?(笑)

いずれにせよ、全く、実用的でなかったのであります。

それが証拠に、李氏朝鮮の一生懸命勉強してなったという文官達はクソの役にも立たず、17世紀前半から「ぶっ通しで200年超」、漢民族ですらない「満州民族に」ヘーコラ服従し、次いでロシアに国を切り売りしようとし、最後は倭奴ごときに併合して「ください」と申し入れたのでした。

何とも弁解の「余地」の無い、情けない負け犬の歴史で、日帝36年は全く関係ない。

負けた相手は「日本人だけ」ではないのです。
「漢民族も」ですが、元々大した実力は無かったし、華麗な中原の興亡など日教組の吹聴するフィクションにすぎない。

何が華麗なものか。
三国志時代含め、バカ丸出しの共食い歴史です。
勝手に人口を減らし国力を削いだ結果、契丹・女真・モンゴル・満州と、少数民族にいいようにやられる歴史になったんですよね?
マヌケです。

古代文明?
はん!そんなものは、大きな大河と広い平野(地理的条件)に恵まれ農耕に有利だっただけでは?

途中から歴史談義になりましたが、こんなスチャラカ民族どもの愚痴や嫉妬や妄想など、
いちいち取り合うに値しない。

いわんや両民族の「傀儡」である某山口の虚言然りです。
彼は息をし、飯を食っていても、精神的には、学術的には、死んだ人間。

それは生きてるんじゃない!
生かされているのです。受け身人間乙です。

軽蔑すべき輩です。
[ 2017/02/15 14:20 ] [ 編集 ]
酔っぱらいのクダ巻き
山口センセが政治学者とか言われても「違和感」があります。確かに、大学の教員はやっているようですが、山口センセの政治論文で、何か手応えがあるものがあるでしょうか。

著作はサヨク出版社から出したものが数点あるようですが、ほとんどアジビラの類で、だいたい山口センセの専門は行政学のようですよ。安倍政権に対する悪口雑言で(のみ)有名になった人物で、残念ながら学者としての功績など聞いたことがありません。

統合失調症の次は大腸炎ですか?同じ左派でも、丸山真男先生がこの自称政治学者の発言を聞いたらどれほど嘆くことか。少なくとも丸山先生には知性と教養がありましたぜ。

戦前、丸山先生がマルクス系の講座に出席したかどで検挙された時など、不覚にも一睡もできず、拘置所で涙を流した。そのことが日頃の「知性」などというものの頼りなさを思い切り私に自覚させた、と述懐しています。

また、30歳を越え、東大助教授の地位にありながら、陸軍に二等兵として懲罰召集された時のこと、

軍隊に入ると「地方」での社会的地位や家柄なんかはちっとも物を言わず、華族のお坊ちゃんが土方の上等兵にビンタを喰らってる。そういう疑似デモクラティックなものが、相当、社会的な階級差からくる不満の麻酔剤になっていると思われる。

日本の軍隊の持っていた、そういうパラドキシカルな民主的性格というものを、もっと言っておかなければならないのではないか、と述べております?

田舎高校出の山口センセと違って、丸山教授は東大でも一中一高出の、エリート中のエリートでした。知的貴族主義というのがこれ程似つかわしい人はいないと思いますが、(反対現象として赤木某君の「丸山真男をぶっ飛ばしたい」なる名書・迷書が読まることになりましたが。(笑)少なくとも、反権力の安酒に酔っ払ってクダを巻いている山口センセと違って、丸山先生にはどのような場面に出くわしても己を客観視できる力量=肝心要の知性があった好例かと思います。

それにしてもサヨクの劣化スピードに付いて行くのが困難な昨今です。もう少しマシなのはいないのか?

[ 2017/02/15 20:07 ] [ 編集 ]
「客観的視点」に欠けるのがパヨク
パヨクには、「客観的視点」というものが欠けている。

故に、自分が放った言葉が「自分自身にも当てはまる事がある」という「都合の悪い事実」には徹底的に「無視」を決め込むことがある。

したがって、彼らは「自分に都合の悪い事実」で自らを雁字搦めにされる事を極度に恐れ、「腫れ物」に触られる事を拒み、それを指摘しようとする者達に対しては、「恫喝、罵倒、スラップ訴訟」で「封殺」を試みようとするものだ。

こういった集団に、「客観的事実」を教えても、それを受け入れること自体を拒むため、無意味ですね。カルトに嵌った者が、教祖の言う事が、たとえどんなに胡散臭くても「事実」だと思い込むのと同じ事です。

彼らには、都合の悪い事実を受け入れる為の耐性が一切無い為、そこを突かれることに極端に防衛的になる、それが山口達の「暴言」の意味でしょうね。

唯物論者にありがちな、世の中には「絶対的」な「唯一」の「真実」があると思い込む、非常に悪い癖が抜け落ちていませんね。

仮に、最高権力者云々の言葉を北や支那などの「独裁者」に向けても、山口は否定しないという事なのでしょうな。

まさか、北や支那に向けての言葉は「差別だ」なんて言わないよね?「最高権力者をおちょくること」に遠慮はいらないのだから。


[ 2017/02/15 22:41 ] [ 編集 ]
うーん、この
パヨクだけではないのですが、左翼に特徴的なのが、「定義がはっきりしない言葉」や「聞きなれない難解(?)な新語」、「横文字」を好んで使用するという傾向がありますね。

「ファシズム」だの、「ヘイトスピーチ」だの、「軍国主義」だの、周りから見ても「相手」が「分かっているもの」だとして、議論を進めようとしているようにしか見えません。

丸山真男の著書にも「ファシズム」という言葉がよく使用されていますが、この「ファシズム」なる言葉、学術的な定義は無いそうで、丸山の著書を見ても、意味不明な箇所が多くあります。

それでも、丸山は左派の中では、保守系知識人とまともに議論できるという意味で、比較的「まし」な部類に入るのですがね。

ただ、国内の学界では有名ですが、海外における氏の評価はよく知りません(どこかの知識人の思想に影響を与えたという話は知りません)。

実際のところ、「ファシズム」なる言葉も、単に自分の気に入らない(あわよくば保守的な)主張をする者達に対しての「レッテル貼り」程度の効力しか無かったのではないかと思いますね。

個人的に、唯物論の限界ではないかと思いますね。左派の行きつく先というものが「丸山」の「思想」であり、結局は、それ以上でもそれ以下でも無かったという事です。彼はある意味で、「左派」の「終焉」を意味する存在としての役割を果たした人物であったのではないかと思っています。

そうなると、丸山以降の「左派」というものは、丸山よりも劣った存在にしかなり得ないという事です。そして、その成れの果てが「山口二郎」だったというわけですね。

個人的に、公職追放で「保守系」の知識人が「教育」の現場から追い出された事が痛手だったと思いますね。

「保守思想」の教育が、明治以降の大学で行われて来たかもやや疑問で(明治期は、ワイマール時代のドイツの思想、大正時代以降の大学では、社会主義(マルクス、レーニン主義)の研究が中心でした)、戦後はなおさら大学教育における「保守」の劣化も激しくなったのではないかと思いますね。

[ 2017/02/15 23:05 ] [ 編集 ]
特定さよく
山口二郎は朝日側の人物であり、今回の朝日新聞神田大介テヘラン支局長の語った「安倍首相…大丈夫かな、またおなか痛くなっちゃうのでは。」には当然仲間内の共通した意味合いが有ると言えるでしょう。
だから福原元のツイート「この程度で削除するべきでない。権力者は揶揄されて当たり前だ」を引用。
そして「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」と。

https://twitter.com/kambara7/status/831071702792548352

https://twitter.com/kanda_daisuke

朝日新聞のテヘラン支局長ともあろうものが「潰瘍性大腸炎を患う人々への配慮のなさを指摘される」以前に朝日の支局長が安倍首相を語るということが既に「おちょくる」事が前提であると世間からは見られるという所まで考えるべきだったでしょう。

支局長には朝日とは「反日偏向・反安倍内閣メディア」であるという事を再自覚して頂きたいと思います。

さて、その朝日ではなく山口二郎の事ですが、さよくも幅が広くこの山口二郎レベルからいまだに朝日などに洗脳されたままのプチサヨクやさよくシンパまでおります。

ここではそのハイエンドさよく・在日グループ、山口二郎が主人公ですが自分の分類ではあの香山リカ、落合恵子、辛淑玉あたりをこの「行動さよく」に分類しています。
勿論同類には上野千鶴子、宇都宮健児、雁屋哲、田中優子、和田春樹、中島岳志、本多勝一などが居ますが、主にガナリ立てるか立てないかの表現方法に違いが有ります。

のりこえネット

http://www.norikoenet.org/representative

週刊金曜日

http://www.kinyobi.co.jp/

そしてこのガナリたてる『特定さよく』ですが、ここあたりになると偏向マスメディアも使い辛くなるようで特定の生息場所で棲息するようになります。、

しかしこのハイエンド以下、朝日などのメディア界、民進党・共産党などの野党、自治労・日教組などの労働組合、日弁連などの法曹界、日本ペンクラブなどの文筆・出版界というポイント、ポイントをさよくがまだまだ確保しているという日本の現状を甘く見て「サヨクはもう終わった」と本心で思っていてはいけません。
現在の『さよく・在日連合』はよりアンダーグランド化しているとも言えるでしょう。

昨今黒柳徹子、吉永小百合等々有名芸能人の左傾発言が続いていますが、そのランクの分析にはこの山口二郎などの特定さよくの分析が役立つと思えます。

http://www.sankei.com/politics/news/170214/plt1702140028-n1.html

[ 2017/02/16 08:17 ] [ 編集 ]
カマキリ顔
クズ山口のツラ見るとカマキリを思い出してしまう。
ごめんねカマキリ君。
こんなのが大学教授なんだから、世も末だわ。
[ 2017/02/16 10:25 ] [ 編集 ]
そもそも本当に知性のある人は無意味に他者を貶めることをしない。
そういう行為が自分を貶めことを知っているから。
彼は自分は知識人だと錯覚してるんでしょ?


[ 2017/03/03 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: