私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  山口二郎、「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」

山口二郎、「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 いまや、東京新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏は、サヨクの格好の標的となっているようだ。ニュース女子の放送内容に反発し、活動家の辛淑玉が番組を人権侵害でBPOに申し入れたところから始まったが、番組司会の長谷川氏は「言論の自由」を主張し、氏が所属する東京新聞は「深く反省」と、東京新聞側でも「ねじれ」が起きている状態だ。

 そんななか、辛淑玉が共同代表を務めるのりこえネットのメンバーらが、東京新聞に対し、長谷川氏のクビを要求するという展開になっている。

反対派有志ら、長谷川幸洋氏に謝罪要求 「謝罪なければ解任を」 東京新聞に申し入れも (産経)

 沖縄の米軍基地反対運動を扱った内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の問題で、司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹がラジオ番組で反論したことを受け、基地反対派の市民団体「のりこえねっと」のメンバーら有志が9日、長谷川氏に謝罪と訂正を求めた。応じない場合は論説副主幹の職から解任するよう東京新聞に申し入れた。

 メンバーらは同紙を発行する中日新聞東京本社を訪れ、小出宣昭社長、深田実論説主幹らあての申し入れ書を担当者に手渡した。書面は長谷川氏にも郵送した。

 書面では、同紙による2日付の謝罪記事掲載を受け、長谷川氏が6日にラジオ番組で「言論の自由の侵害」と反論したことに触れ、「事実に基づかない論評を流すことは、言論の自由でしょうか」と批判。長谷川氏に謝罪し、番組内容を訂正するよう求めた。

 さらに、同紙に対しても「新聞社の任命責任は問われずにすむのでしょうか」として、長谷川氏が「訂正と謝罪をしない場合、論説副主幹から解任すること」を要望した。

 申し入れに先立ち、有志らは衆院議員会館で記者会見を開いた。有志の1人で、同紙にコラムを執筆する法政大の山口二郎教授(政治過程論)は「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」と述べた。

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の委員を務めた経験のある精神科医、香山リカさんも有志として会見に出席。「東京新聞という看板を背負って司会進行を務めているにもかかわらず、無責任で、開き直って正当化している。(長谷川氏は)言論弾圧というが、デマは言論や議論ではない。それを批判することは弾圧ではない」と話した。(以下、略)


東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹の謝罪と訂正を求める基地反対派の市民団体メンバーら有志


 人の意見が気に入らないから「謝罪しろ」「あいつをクビにしろ」という要求を聞くに及び、なにやら、なんとか解放同盟の糾弾を思わせるような空気を感じる。

 こういうところに必ず出て来るのが、山口二郎だ。先月の共産党大会では、民進の安住、自由の小沢、社民の吉田らが結集したことに気を良くしたのか、山口は「民主主義を守るための、21世紀版人民戦線が必要な時だ」と熱弁をふるったそうである。「人民戦線」などと、お里が知れるようなボキャブラリーを披露した山口だが、反安部ということになれば、学者であるとは信じがたいことばを発するのがこの人物だ。「アベ、たたき斬ってやる」は有名だが、ツイッターでも「安倍政権は統合失調」と発言し、障害に苦しむ人間に対する侮辱との指摘を受け、謝罪に追い込まれている。

 その山口は、「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」と述べた。要するに「リンチを加えろ」ということだ。 「嘘をついたジャーナリスト」は、「(自分らに)都合の悪い事実を報道するジャーナリスト」と読み替えるべきだろう。旅費5万円を支給したことが露呈した時点で、辛淑玉の嘘はバレているのだが、そちらを批判せずして長谷川氏だけを批判するのはフェアではない。まして、嘘をつくジャーナリストに対して徹底的に攻撃を加えるなら、山口の矛先は先ず朝日新聞に向かうべきだ。

 私の山口二郎の位置づけは、学者でもなく言論人でもなく、あくまでも活動家だ。しかし、山口がもし自分を言論人と位置付けるなら、長谷川氏を攻撃する前に、まず論破するべきだ。言論には言論で対抗すべきである。「長谷川をクビにしろ」という時点で知性のかけらもないことがわかるけれども、できないことを承知の上で言うが、学者であれば知性で対抗すべきだろう。

 彼等は「事実ではないこと」と喚くが、その「事実でないこと」が具体的に何を指すのかは言わない。「爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まって」という辛淑玉の犯罪教唆が判明していながら、のりこえネットもよく人前に出てこれたものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/02/10 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(10)
ぱよちんはダブスタ一直線
「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」と言うなら
本多勝一と植村隆は真っ先に徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要があるな。
それをしないぱよちんはダブスタ一直線と自ら立証しているようなもの。
それにしてもぱよちん山口は見る度にツラが爬虫類化しているね。
[ 2017/02/10 09:43 ] [ 編集 ]
ははは、
「落ち目の」中華人民共和国に忠義を尽くすとは物好きの変態だな(笑)

ムダな努力ご苦労さん。

トランプ政権は支那の化学肥料にも報復関税をかけたぜ?

所詮国の補助金が無きゃ安くなきゃ売れないメイドインChinaの終わりの始まりだな。

「経済が」ハードランディングな支那政府が、日本のひ弱なマルクス主義者にこの先いくら投資する「体力」が残るか、

甚だ疑問だな。

日本のマルクス主義支援するより、その金で武装警察強化して「国内の」反乱に備えた方がマシだぜ。

つかこの記事の山口始め、日本のマルクス主義者が所詮北京党本部の指示が無きゃ何もできない「ボンクラ」すぎるんだよ。

指示待ち人間乙。コスパ悪すぎ~。

むしろ中国共産党が気の毒だぜ(笑)
[ 2017/02/10 12:29 ] [ 編集 ]
よく言えますね!!
この山口なる人は、法政の教授とか。以前「安倍をぶっ殺す」なんて、これが教育者の言う言葉かと呆れたことを思い出しましだ。法政大学は、親戚の子どもも行っていて、まあまあと思っていたのですが。人格を疑いたくなろ人物から何を学んでいるのかと思うと学生がかわいそう。自分で他の意見をよくよく聞いて、何が正しいか何が変か気づいていってほしいです。
[ 2017/02/10 17:21 ] [ 編集 ]
最近は素性を隠さなくなってきたようで
山口某、最近は追い詰められてきているのか、言葉の過激さや形相など、素性を隠さなくなってきたようですね。

彼の活動は、大学教授などという肩書は名ばかりで、実際は過激な活動家と何も変わらないのではないかと思いますね。

具体的に、長谷川氏の発言のどこが事実ではないのかすらも指摘せず、のりこえねっとの動画でシンスゴが発言した、テロリスト紛いの言動等の事実に対しては沈黙、結果、追い詰められると、御用弁護士やら、文化人(?)ら雁首揃えて、スラップ訴訟や解任要求を突き付けて、実力で封殺するという、お得意の「言論弾圧」を繰り返している。

>「事実に基づかない論評を流すことは、言論の自由でしょうか」

→ 朝日新聞の捏造記事(慰安婦、南京大虐殺、サンゴKY、吉田証言など)の数々については、どう思っているのか?

>「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」

→ 本田勝一、吉田清治、植村隆ら、「嘘をついたジャーナリスト」にも攻撃を加え、制裁を加える必要がありそうですね。

>(長谷川氏は)言論弾圧というが、デマは言論や議論ではない。それを批判することは弾圧ではない

→以下同上

これら、そっくりそのまま「ブーメラン」で自分を殴っているのだが、それに気づかない所も痛々しい。

いずれ、テロでも起こす可能性が高いと思いますから、共謀罪等の制定が確実に必要であるという事をあらためて認識させられますね。
[ 2017/02/10 20:53 ] [ 編集 ]
どうやら、ニュース女子の件をBPOが審議するそうですね。

果たして、審議する連中が公正に審議するのか・・・。

平気で中指を立てて人を侮辱しヘイトスピーチをしても、相手が日本人
だからお咎めなしだった、○○リカがいたくらいの偏った集団ですからね。

審議を始めるのは、多くの意見が寄せられたからと言ってます。
こういうとき在日左翼集団は一心不乱ですからね。
声さえあげれば、嘘も押し通せると思っているから始末が悪い。

ならば、こちらも真実を教えてあげるためにどんどん意見を送った方が良さ
そうです。

→【BPOでは放送に関するご意見をお受けしています】
 http://www.bpo.gr.jp/?page_id=1119
[ 2017/02/10 23:10 ] [ 編集 ]
サヨクの焦り
長谷川氏はこの司会をするに当たって果たして「東京新聞」の看板を背負って引き受けたのかしら?
長谷川氏個人の域でしている司会だろうと私は思うのですが、香川リカなる正体何者かが分らない人のコメントには疑問が残ります。世間を知らな過ぎるおとなはみっともない。

一般的企業は社員が副業するには、いろいろ制限や禁止事項があると思いますが、メディア職はどちらも個人の責任に於いてしている様に見受けます。
新聞人がTVで発言するに社論をそのまま述べる人は居ません。著書を出して居る社員も多く居ます。その誰一人、「社の看板を背負って」批判をされているなど記憶に無いです。
長谷川氏の行動の何かに異を唱えて問うなら、東京新聞社内での事であって、こんな悪相の者達に公で集団でつり上げられるのは「言論封鎖、弾圧」でしかありません。

国家公務員がかつて新宿・歌舞伎町のノーパンしゃぶしゃぶに通って写真雑誌で暴露され、一時は閑職に異動されましたが沈静化したらそれなりの部署で働けた様です。中には宮内庁長官にもなれた人が居ます。
何処へ行っても国家公務員の看板がついて回る人の恥ずかしい行いでもこの程度。

ましてや長谷川氏は他局でも同じ様に「東京新聞」とは一線を引いた個人的言動を久しくしてきたジャーナリストです。破廉恥公務員の愚行とは違います。
以前長谷川氏は関西TVの番組(「そこまでいって~」)でご自分の自論を述べることの不都合を東京新聞社社長にお伺いしたとき、(実際の言葉は忘れましたが)「構わないよ」というお墨付きを戴いたと仰って居ました。
「のりこえネット」の超マズイ”証言”で焦りまくりのバカサヨクが口出し出来る人事ではありません。

山口二郎という悪相凶暴路線をひた走るだけの「教授」。これだけ悪相なら何処へも逃げようが無くて、法政大の「看板」を失ったら何処のサヨク大が引き受けるのか?見てようっと。

慰安婦強制連れ去り物語を書いた吉田清治はジャーナリストではありません。単なる嘘つき小説を書いただけの故人です。


[ 2017/02/11 00:01 ] [ 編集 ]
沖縄は左翼最後の防衛線
成田=三里塚のたたかいの炎はすでに遠く、同和問題やアイヌ人問題はさすがに今日性がなく、今や朝鮮人への差別を訴えても逆効果、国内の被害者ビジネスの主力たる沖縄を失ったら、日本の変態左翼はどうすればいいのか?

今や沖縄問題は左翼にとって日本のマスメディアが「市民団体」におおっぴらに同情し、敬意を払った振りをしてくれる?唯一無二の場所に成りました。

辛スゴはじめ山口二郎氏に至るまで、基地害じみた抵抗を示すのは、ひとえにその利権を守らんがためではないのでしょうか。


沖縄のジェニ係数はマスコミという格差の殿堂を抱える(笑)東京より大きいそうですね。翁長の後援企業が辺野古の工事を請け負っていたり、私自身はオイルダラーの大金持ちがアルカイダに献金するような構造が沖縄にはあるのではないか、と実は疑っております。

辛スゴの出張手当?5万円はさしたる金額ではありませんが、イデオロギーよりもかかるカネの出所と流れを解明することの方に興味があります。

スゴなんてのは自白を迫らなくても、自分からペラペラ喋っちゃう人間ですから。あの扁平顔を見たくもないけれど、裁判等で味方になれば大脅威ですが、敵に回ればまことに好都合な人間のようですね。突破するのはここ、民族性とは争えぬものです。
[ 2017/02/11 00:58 ] [ 編集 ]
てか、本気で安倍を叩きたいなら、移民に対して叩けよな。
本当に巫山戯んなって話だわ。税金の無駄。
デンデンなんて、マジでどうでも良いんだわ。
[ 2017/02/11 07:32 ] [ 編集 ]
帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社に対する苦情などは、BPOへでなく、お葉書、お手紙、FAXなどで総務大臣へ直接送りましょう。
帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社に対する苦情などは、BPOへでなく、お葉書、お手紙、FAXなどで総務大臣へ直接送りましょう。
-----

BPOは、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社が韓国式つるんで韓国式結成した帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社の韓国式自主団体であるため、何らの法的根拠がないものです。

帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社に対する苦情などは、BPOへでなく、お葉書、お手紙、FAXなどで総務大臣へ直接送りましょう。
[ 2017/02/11 11:46 ] [ 編集 ]
井上和彦が防衛企業・双実エアロスペースの正社員だった
井上和彦が正社員として、ずっと大学卒業以来、そして今も、双実エアロスペースに勤務し続けており、それが本職であり、ゆえに、「ジャーナリスト」「軍事評論家」と身分を偽って防衛省の空自に潜入するのがいかに防衛省が問題視しており、もちろん、私も大問題であると判断する次第です。 ちなみに、彼のページに本業は双実エアロスペース(名刺を持っている、人事総務課長に確認した)と私が投稿するたびに、井上氏、および私がリサーチした限り、彼が持っている多数のユーザーネームをつかって、削除してきます。 あと、私は、彼が、私のページを削除しつづけている張本人であることも裏付けたとれています。ユーザーネームの本名の一致するアカウントをみたところ、彼と、もう数名が、必死に私のページを削除しようとしているのです。それは他でもない、私自身が、井上氏の職業詐称というとんでもない実態を知っていることを、彼は警戒し何とか自分の嘘を航空自衛隊関係者に対しても守りたかったゆえに、私宛の不当な一連の行動につながったことをつきつめました。 利害関係企業・双実エアロスペースの正社員と、軍事ジャーナリストの2足のわらじは許されない。ジャーナリズムの中立性においても、職歴詐称という点からも、防衛省には断固とした措置をとるべきであります!
[ 2017/02/13 05:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: