私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  東京新聞の「深く反省」は、メディアとしての自殺行為である

東京新聞の「深く反省」は、メディアとしての自殺行為である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 いわゆる「ニュース女子問題」がいまだに大きな議論を呼んでいるが、辛淑玉が馬脚を露した動画については、昨日書いた。本来ならここでもう「勝負あり」というところなのだろうが、この問題で尾を引くのが、東京新聞の謝罪記事である。東京新聞は2月2日の朝刊で、「「ニュース女子」問題 深く反省 沖縄報道 本紙の姿勢は変わらず」という記事を掲載し、ネットでも配信した。論説主幹である深田実の署名記事で、内容は、同紙の長谷川幸洋氏の言論に対する批判と社としての反省である。

「ニュース女子」問題 深く反省 沖縄報道 本紙の姿勢は変わらず (東京新聞)

 本紙の長谷川幸洋論説副主幹が司会の東京MXテレビ「ニュース女子」一月二日放送分で、その内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません。
 加えて、事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません。
 残念なのは、そのことが偏見を助長して沖縄の人々の心情、立場をより深く傷つけ、また基地問題が歪(ゆが)めて伝えられ皆で真摯(しんし)に議論する機会が失われかねないということでもあります。
 他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します
 多くの叱咤(しった)の手紙を受け取りました。 
 「一月三日の論説特集で主幹は『権力に厳しく人に優しく』と言っていたのにそれはどうした」という意見がありました。
 それはもちろん変わっていません。
 読者の方々には心配をおかけし、おわびします。
 本紙の沖縄問題に対する姿勢に変わりはありません。 (論説主幹・深田実)


さて、大多数の人は、長谷川幸洋氏が東京新聞の社論や主張と異なることをベースとして、その異なる主張に長谷川氏が加担したため、同氏について「対処する」、という風にこの記事を読むだろうと思う。本来、東京新聞自体がTokyo MXのいち番組の内容に目くじらを立てる必要がなく、取り上げたとしてもベタ記事レベルの扱いになるはずだ。しかし、その番組の司会を務めていたのが長谷川氏であったことを、同紙は「重く受け止める」と反省しているのだ。そして「対処」ということばは「処分」以外の意味を持っているとも思えない。

ニュース女子


 これは、言論の自由を体現すべきメディアにとっての自殺行為である。長谷川氏は、ニッポン放送のラジオ番組で、「東京新聞の報道・あるいは論説姿勢なるものと、私が社内、あるいは社外で発言することが違っていたとしても、そういうことを保障すること自体が、私は言論の自由を守るということ」としたうえで、「東京新聞の報道姿勢に沿ったことしか言えなくなっちゃう。はっきり言って北朝鮮状態になっちゃう」と、この「深く反省」を「とんでもない問題」と逆に批判した。

 どう考えても、長谷川氏の反論のほうに説得力がある。私は、東京(および中日)新聞という新聞のポジションは、リベラルとかサヨクというレベルではなく、むしろ赤旗に近いと思っている。しかし、政党や団体の機関紙ならいざ知らず、彼らは一応は新聞社だ。新聞各社に社論があってよいと思うが、その社論と異なることが発信できなくなれば、それはまさしく北朝鮮状態であり、党のコントロールを受けながら決して党の方針しか伝えることができない人民日報と同じである。どちらも言論の自由など問題視しないどころか、言論統制のシステムを是としている立場だ。いまの東京新聞は、それらと同類である。

 社論と違うことを言えず、問題を放置したことで社会的信用を失ったのが朝日新聞だ。東京新聞には恰好のお手本があるのだ。北朝鮮張りの「社内言論統制」を敷くのであれば、東京新聞も朝日の轍を踏むことになるだろう。その覚悟が、東京新聞にあるのか。

 「事実に基づかない論評」は、逆に、辛淑玉の馬脚動画によって「事実に基づく論評」となった。従って、東京新聞およびそのシンパ、長谷川氏を糾弾する側が、この「事実に基づかない」という論点を槍玉にあげても無駄だ。このことで、東京新聞側に「長谷川を首にしろ」と言っているバカもいるようだが、こういう短絡的な責任追及より、新聞の購読をしなければよいだけの話である。

 長谷川氏への「対処」は、単なる東京新聞社の社内問題である。しかし、MXの主張に偏見があるなどと、ニュース女子を批判した東京新聞には、辛淑玉の馬脚動画が晒されているいま、自社が「事実に基づかない論評」とこきおろした部分の「事実」を確認することが求められる。それこそ、報道機関としての義務ではないのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/02/09 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(6)
東京新聞()は周りが日本軍国主義なら軍国主義万歳で、周りがマルクス主義ならマルクス主義万歳なんだな(笑)
やはり「便所紙」。カネ出して読む価値ななし。つかパルプという資源の無駄だから新聞刷るなよ。

流されるだけ、
ロクに取材しない勉強しない
反省しない

最悪だな。アカヒ新聞の劣化コピーとしか思ったことがない。
[ 2017/02/09 12:38 ] [ 編集 ]
所詮東京しんぶんがみ
「権力に厳しく人に優しく」ねえ・・・ 「権力と人」しかこの新聞がみの基軸は無い訳だ。
正義や不正、真実と虚偽 には重点は置かない、っと。

「人」というのも反日人とか日本毀損に励む人だけがこの社の「人」なんじゃあないですか?
「権力」だって民主党政権時代にはどうだったんでしょ?

朝日毎日東京などは 「一応新聞」とすら私は既に捉えてないもので、「だって東京でしょ」という気持ちが溢れます。

「異質な物は封じる」宣言なのでしょう。
狭量で先見性のないトップには優秀なナンバー2は常に目障りで、勝手に後ろからの殺気を感じてチャンスがあれば蹴り落としたいケースは世の中いっぱいあります。

この東京しんぶんがみだけではなく、今の日本のメディアは墜ちる処は墜ちて、読者や視聴者に相手にされない坂の途中にあるのではないでしょうか。
[ 2017/02/09 13:47 ] [ 編集 ]
ぱよちんの「多様性」
ぱよちんがよく口にする「多様性」の実態がこれ。
同調する側だけの「多様性」が「多様性」と呼べるんかいな?

「核武装」についても同じ。
議論すら「不適切」と切り捨てる。
偽善にどっぷりつかり、ぬるま湯で思考停止して
異端は決して認めない。
まるで中世のキリスト教会のようだ。
[ 2017/02/09 14:13 ] [ 編集 ]
採長補短
さぞ東京新聞にとっては長谷川幸洋論説副主幹はさぞ「獅子身中の虫」という存在なのでしょう。

http://www.sankei.com/politics/news/170209/plt1702090002-n1.html

これが朝日新聞ならば内部にはこういう人物がいません。
やっと退職後に朝日を批判するというのが限度というメディアでしょう。
毎日なども同様です。

これらメディアはいわゆる偏角度御三家ですが、この長谷川論説副主幹が居ることで東京新聞は他とは異質な部分を見せています。
ある意味不自然な違和感とも言えますが。
さてそれではこの長谷川氏がいない東京新聞であれば朝日、毎日とはて何処がどう違うのか。
値段が安いのが東京新聞?

東京新聞の社内規定は分かりませんが、Tokyo MX「ニュース女子」に既に関わって居るという事はそれ自体問題はないのでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

因みに岸井成格毎日新聞社特別編集委員がTBSの「サンデーモーニング」や「NEWS23」に出ていたりします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BA%95%E6%88%90%E6%A0%BC

そうであるとして、やはりこの東京新聞の論調を代表する深田実中日新聞論説主幹は朝日、毎日同盟と社是とでもいうものが異なった発言が許せないというところが根にあるというものなのでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%96%E8%AA%AC%E5%A7%94%E5%93%A1#.E6.AF.8E.E6.97.A5.E6.96.B0.E8.81.9E

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9070192.html

反対派有志ら、長谷川幸洋氏に謝罪要求 「謝罪なければ解任を」 東京新聞に申し入れも

http://www.sankei.com/entertainments/news/170209/ent1702090014-n1.html

またいつものさよくメンバー登場です。
[ 2017/02/09 19:26 ] [ 編集 ]
とうとう「長谷川氏に謝罪要求、謝罪しないなら解任を」といつものメンバーが出てきました。

http://www.sankei.com/entertainments/news/170209/ent1702090014-n1.html

この人達の頭の中はどういう構造になっているのか不思議でなりません。
まったく関係のない外部の人間がしゃしゃり出る幕ではないし
山口二郎は「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」とまで言っています。
まるで赤軍派の集団リンチみたいです。

山田二郎は、安保法案反対の時も安倍総理を殺すと発言しました。
あれこそ殺人予告、罪に問われるべき発言でした。
こういう教授に教わる学生が社会人として世の中に出てくるなんて恐ろしくてなりません。

[ 2017/02/09 21:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/02/09 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: