私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  辛淑玉と政治活動 ~ 外国人の政治活動という不法行為を取り締まれ

辛淑玉と政治活動 ~ 外国人の政治活動という不法行為を取り締まれ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先だってTokyo MXの「ニュース女子」を名誉棄損で告発した、在日朝鮮人三世の辛淑玉だが、一昨年、琉球新報に掲載された辛のインタビューが話題だ。「未来を築く自己決定権 戦後70年 差別を断つ2 ~ 植民地支配、清算を 日本を告発し独立目指せ」とタイトルの付いたこのインタビューで、辛はタイトル通り、「沖縄は日本を告発し、独立せよ」と煽っている。

―日本の犯罪性とは。
「差別の上に成立する植民地支配だ。この清算が大切だ。日本は差別や植民地支配を一度も反省したことがない。過去に何をしたのか真相を究明し、後世に伝えて行くことこそが反省がだ、一切やっていない。やられた側が訴えない限り。やった側は絶対に反省しない。沖縄自身が行った朝鮮人への差別、先島差別なども清算し、同時に日本を告発してほしい。『琉球処分』あたりまでさかのぼり、たとえ死んでいても植民地行政官らを一人ひとり告訴する。『仕方がなかった』で済ませてはいけない」(中略)

―沖縄への提言とは。
 「国際的な人権サミットを開くなど、憲法9条を最も具現化した島を目指す『沖縄宣言』をしてほしい。その意味で、沖縄は段階的にでも独立を目指すべきだ。このままでは沖縄の歴史は本土の歴史にのみ込まれる。ウチナーンチュから見た歴史を教科書にし、まず教育を奪還すべきだ」(以上、抜粋)


 有名なマクリーン事件の判例にある通り、外国人による政治活動は違法である。「外国人に政治活動の自由はあるか」という争点に対して出た判決は、「外国人の政治活動の自由はわが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動等を除き保障される」とあ。国政に影響を与えるような政治活動は認められてはいないのだ。辛は沖縄で反基地運動をしていることを隠さないが、彼女の告訴を採りあげるるのは報道の自由だが、彼女の違法行為を指摘しないメディアは、ある意味で反政府運動の共犯と言えるだろう。

辛淑玉
辛淑玉


 元プロレスラーで、元在日の前田日明氏は、辛について「差別されたとか、日本は加害者だとか言うだけで、それだけ叫び続けて一生を送るのかなと思うと、とてもおれは共感できない」と語っている。前田氏の言う通り、“活動家”辛を動かでしているのは被差別意識だと思われるが、それが転じて政治活動に及びのは行きすぎなのだ。まして、国家への告発や沖縄独立を「外国人」として煽ること自体、許されることではない。辛淑玉の行っていることは、非合法活動なのだ。

 辛淑玉の発言は、様々なところで話題を呼んでいる。例をあげよう。

「『愛子さまー』も『将軍さまー』も同じ。人の上に人をつくるのが天皇制。あらゆる差別構造の象徴です。天皇制が大義になって、殴られてもいい人間、殺されてもいい人間を生んだ」


「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、『出てけ』とか『帰れ』と言われる。そうすると、『ハイわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。天皇つれて帰ります』と言ってやる。(笑い)。だけど、アイツ働かないからな(笑い)」


「戦後も日本は戦争をし続けた。朝鮮戦争、ベトナム戦争……。アメリカの公共事業である戦争に加担し、甘い汁をずっと吸ってきた。もっと甘い汁を吸うために憲法9条を改正する。憲法は2000万の民の血の代償として日本人の手に渡った。この憲法を破棄することはアジアへの宣戦布告だと思います」


 在日外国人にも表現の自由はある。しかし、辛のこういった発言は、日本人の共感を得られることはない。天皇は、そのお立場やご存在の意義を外国人にとやかく言われる対象ではないし、憲法は日本国民のものであって、外国人に変えろとか守れとか意見されるものではない。辛の主張は、日本国民への主権侵害であり、内政干渉である。

 辛淑玉ら在日外国人は、前述のマクリーン事件の判例にある「政治的意思決定に影響を及ぼす」の曖昧さに付け込んで活動をしているが、彼女らの活動が「政治的意思決定に影響を及ぼす」目的を持っていることは、論を待たない。基地容認にしろ反対にしろ、それそのものが政治なのだ。国籍を持たない以上、辛淑玉に主権はなく、基地だの憲法だのを論ぜられる筋合いはないのである。

 当局は、このような違法行為を許さず、日本国民と外国人の間に「差別」ではなく「区別」があることを示すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/01/31 07:09 ] 社会問題 | TB(0) | CM(6)
外国人の政治介入を許すな
外国人の日本国内の政治介入は違法だ。

在日ゴキブリの辛淑玉も嘘吐きトカゲ女村田R4もしょせん違法(異邦)人。
[ 2017/01/31 11:39 ] [ 編集 ]
今回のこの騒動が、在日で反日活動している人物がどういうものか全国的に広まって、一般市民にも事実が暴露されて、良かったです。

被害者ぶって演じていても、結局日本を嘘で陥れようとしている確信犯的加害者ですから。
今後は沖縄での活動も出来なくなるんじゃないですか。
違法行為と判明しましたからね。
世論が味方につけば、警察も動きやすいでしょう。

あとは、左翼マスコミ連中ですね。
だけどもう、あいつらが、重箱の隅を突っついて、偽善者ぶって方向違いの批判を繰り返せば繰り返すほど、全てブーメランとなって返る事でしょう。
もう嘘の笛では、誰も踊りませんよ。
一般市民を甘く見過ぎましたね。
[ 2017/01/31 14:13 ] [ 編集 ]
安倍晋三は保守を装った反日極左
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || 一水会 = 真面目で、正義感が強い草の根の保守 
 ||           社会の公正、公平を願っている
 ||                                          (~)
 || 在特会 = 在日朝鮮人による似非愛国ヤクザ集団       γ´⌒`ヽ
 ||           日本の国益毀損と勝共連合の利益の為に 。  {i:i:i:i:i:i:i:i:}  いいですね。
 ||        .  様々な工作活動に従事している         \(・ω・` )
 ||    .   .  .         ..                     (:::::::::::::)
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧______         | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧                ̄ ̄ ̄
    ~(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は~い、先生。
      ~(_(   ,,)~(_(   ,,)~(_(   ,,)
        ~(___ノ  ~(___ノ   ~(___ノ
[ 2017/01/31 17:17 ] [ 編集 ]
☆反日企業の情報です☆
「日本死ね」のやくみつる氏を起用し、熱心に健康食品オルニチンの宣伝を行っているのは、協和発酵バイオという企業です。協和発酵とキリンの合弁企業であると言うことです。
また、このCMを長期にわたって掲載しているのは、在日企業の旅行代理店HISの子会社である、外為どっとコムの金融情報メールです。
このCMを作成しているのも、その内容から見て、在日系広告代理店である模様です。
これら企業とその製品、サービスには、みなさん十分ご注意下さい。
[ 2017/01/31 17:22 ] [ 編集 ]
狂ってる?
朝鮮人には他国の事の「琉球処分」を言う前に、祖国の、せめて高麗から李朝鮮の散々な歴史を顧みて祖国に物を言い続けていればこの辛なる者は自己満足に一生を終えられるであろう。
いろいろ不具合の覆いクニの様で突っ込み箇所は幾らでもあるだろうから。
どんな時代の如何なる権力の下になっても、ニダ国は互いの足の引っ張り合いと陥し入れ合い、殺し合いで、一冊の朝鮮史を読むさえ日本人には堪え難いクニであることは解りますから、この辛某には取り組み甲斐のある課題であろう。

と言っても、ニダ国と違ってこの情報に溢れる日本に居てさえ真っ当な歴史観を持てないのだから、どうなるかは知ったことではないが。
時々日本人にも奇妙な政治関係者が居て、思考回路がショートしているのか、線が足りないのか、とは思う事もありますが、コヤツは実にニダ国民で狂ってるとしか思えない発言ばかり。

日本本土では相手にして貰えそうに無くて、翁長中共ベッタリ沖縄ならば居場所があると思えているのかもしれないが、そのこと自体が、沖縄に住む人々をコヤツは軽視しているのであろうと思う。


管理人様 二つ上のナンジャラ矛盾ゴミバカコメント、消しても良くないかしら? こちら、幼稚なお絵かきブログじゃないんですから。
[ 2017/01/31 19:24 ] [ 編集 ]
四行目「いろいろ不具合の覆い」は×で
「いろいろ不具合の多い」でございまする。訂正。
[ 2017/01/31 19:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: