私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  暴露された中共の札束外交 ~ カネで国交を買う傲慢さ

暴露された中共の札束外交 ~ カネで国交を買う傲慢さ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 西アフリカに、サントメ・プリンシペ民主共和国という小国がある。ギニア湾に浮かぶ、人口163千人の島国で、1975年にポルトガルから独立したが、世界最貧国の1つであり、経済は破産状態にある。この小国が、昨年の暮れ、いきなり台湾との国交断絶を宣言し、数日置いて中共との国交を結んだ。(実際は国交回復)

 なぜこの小国が…とも思ったが、カネで釣られたことは容易に想像できた。中共はアフリカ大陸にカネをばら撒き、そのカネの力によって、シンパを増やしているのだ。その策略の一端が、同じ西アフリカにあるブルキナファソによってリークされた。

中国、台湾との断交提案 ブルキナに5兆円示す “金銭外交”露呈 (共同)

 中国が台湾と外交関係のある西アフリカのブルキナファソに対し、500億ドル(5兆6600億円)の供与を条件に台湾との断交と中国との復交を持ちかけていたことが26日、分かった。米ブルームバーグ通信や台湾紙が報じた。

 中国は、台湾で昨年5月に発足した独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権に対し、外交的に孤立させる戦略で圧力をかけているが、“金銭外交”の一端が露呈するのは珍しい。

 同通信によると、バリー外務・協力・在外ブルキナファソ人相がこの問題を明らかにし「台湾はわれわれの友人であり、(金銭供与で)外交関係を見直すことはない」と語った。

 台湾の外務省報道官はバリー氏の外交姿勢を歓迎し「台湾との関係は一貫して安定している」と強調した。台湾は職業訓練や衛生、太陽光発電など26項目の支援を進めている。

 中国は、中台は不可分の領土とする「一つの中国」原則を受け入れない蔡政権に不満を強めている。(共同)


 ブルキナファソのGDPは、約120億ドルだ。支那は、この国の4倍強のカネをぶら下げ、そのバーターとして、台湾との国交断絶を要求した。台湾との国交断絶、中共との国交回復というプロセスから見ても、サントメ・プリンシペを転ばせたのも同じ手口だろう。彼等は、政治体制をカネで買い上げるのだ。

china-africa-oda.jpg


 日本の2014年におけるODAの実績は157.1億ドル。米、英、独に続いて、世界第四位である。ところが、そのODA大国の日本が「追いつけかないと…」と悲壮感を以て臨むのが、対アフリカの経済援助である。JETROによれば、中共の対アフリカ直接投資は、2011年末の累計で150億ドルにのぼる。まさに湯水のごとくカネをばら撒いている状況だ。資源分野においては「開発と名の付く略奪」を進めるため、支那本土から大量の資本、物資、労働者などを送り込む。

 その中共との2国間関係で、累積総額において最大の援助をしているのが、我が国日本である。情けないことに、日本の対支援助は中共を太らせ、その太った中共が支援国の数倍、数十倍の額を他国に援助しているのだ。そしてそのカネは、資源の搾取のみならず、サントメ・プリンシペやブルキナファソの例にある通り、対日、対米、対華の目的で使われているのだ。相手に対抗させるための中共への経済援助など、本末転倒である。

 ブルキナファソの骨のある外交には、賛辞を贈るべきだろう。一方、何でも金で買えるとばかりに、札束外交を繰り広げる中共は、こんなニュースは意に介さないだろう。日本が取るべき態度は、第一に、経済や技術を含む中共への一切の援助を止めることだ。加えて、自由と民主主義、法の支配という価値観を共有する国と連携し、支那の異様さを国際社会の場で炙り出すことだ。

 日英両政府が、26日、自衛隊と英軍が物資を融通し合う物品役務相互提供協定(ASCA)に署名したという。良い動きだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/01/28 07:19 ] 外交 | TB(0) | CM(17)
日本は自由陣営国としっかり手を組み
あやふやな中国への姿勢を改める時期に来ている。
日中友好というスローガンを掲げて国交を開いて
以来今日までかなりの年月が過ぎたが、結局
中国の経済成長に貢献し、その結果日本に敵対する
中国を作ってしまった。日本政府の負けである。
馬鹿を見たのは日本である。そして、まだそのことに
気の付かないぼんやり日本人が多すぎる。
[ 2017/01/28 10:15 ] [ 編集 ]
国民が見て理解している。
矛盾もいいところです。半島や大陸のマスコミの如き日本の多くのマスコミや良く解からない思想のない野党。日本国や国民の為に真面目に将来に向けて活動すべきです。国民があきれております。
[ 2017/01/28 11:02 ] [ 編集 ]
蓮舫の二重国籍の闇
月刊WiLL3月号特集 深田萌絵氏の公開質問状 二重国籍の闇を問う!「蓮舫さん、あなたはいったい何者なの?」・・・必読です。
いやいや読んでいて蓮舫のどす黒い履歴に驚きますね。
まさに親父は背乗台湾人疑惑、台湾ヤクザ青幇(チンパン)と繋がり、チンパンは支那共産党のスパイ機関で有り、シャープを買収した台湾企業(実質台湾ヤクザ企業でも有り支那のスパイ企業)と繋がり、更には国賊:河野洋平の企業とも関係が深い。更に経団連関係企業も繋がるとは?
益々蓮舫が国籍開示を拒む理由が何故か?理解できますね。
政府も深く追求できない理由が有る。暴露されれば政府、経済界は吹っ飛ぶな。無論カスゴミも追求できないのだろう。
[ 2017/01/28 12:02 ] [ 編集 ]
広義の情報戦
中国のこの「金で他の国を思い通りにする」という戦略は常套的戦略ですが、その効果は大きく現在の様なWWⅡ後のレイムダック国連に於いても「決めさせない効果」を持ち、しかもどんな小国であろうと一票という一票の格差が生きている組織です。

そして中国が援助戦略を取れるという事は中国が金を持っているという事であり、それは今も継続はしている『世界の工場』と言われる中国を生産拠点へとしてしまった欧米日本の過ちがあります。
米国などは中国の非民主的・非人権的実態を知りながら富めば民主的な国になるという間違った考えと、市場としての色気でせっせと出資し、日本は米国に煽られてという一面は有りますが、やはり市場としての色気と又中韓のプロパガンダによる不要な贖罪意識が作用する『自虐史観』で『天安門事件』で欧米が中国から引いた時でさえ物心援助を続けていました。

現在、『都合が悪くなると発展途上国に逃げ込む中国』への援助の最後の見直しの時代を迎えていますが、此処まで日本の国益を損ねる敵対行動を続けている国に対して対応が遅過ぎるのは例えば外務省などの無能・作為などはあるでしょうが結果責任は政府に有ります。

さてそこで政府、官僚もそうですが、日本に於いては企業もまたユーキャンの例に有る様に国家観に乏しく中国、韓国を喜ばせる存在です。

その企業に関しては直近『アパホテル事件』が話題として継続しています。
ところで先に「中国の金品外交」がの話がありましたが、このアパの問題でも疑われるものがあります。

「中国選手団のアパ宿泊回避要求 OCAが大会組織委に ホテル側は書籍撤去の意向を伝達」

http://www.sankei.com/sports/news/170128/spo1701280006-n1.html

ここでは幾つかの点を整理しておきたいと思います。

主な関係者として
アジア・オリンピック評議会(OCA)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A9%95%E8%AD%B0%E4%BC%9A

冬季アジア大会組織委員会

https://sapporo2017.org/site/overviews/organization.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

アパG

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97
と成ります。

であればよくユネスコへのロビー活動であるとかと同様、中国のアジア・オリンピック評議会(OCA)での工作が常識的に考えられます。

そしてあの竹田恆和のいる、秋元克広札幌市長の居る冬季アジア大会組織委員会がその受け口です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%85%83%E5%85%8B%E5%BA%83

その環境下に於いて中国選手団へのホテル一棟貸しの一私企業であるアパホテルの対応という事になるわけで、さてどうなのか?
という事だと思います。

実際の戦争だけでなく、現在はサイバー攻撃、そしてプロパガンダを含めた情報戦など多数の火力以外の戦争が有る中、金で一国の意思を買うと同様に敵とした相手を崩そうとする手法は広義の情報戦というものでしょう。

[ 2017/01/28 12:19 ] [ 編集 ]
中共は不人気ではあるのだが
島部は存じませんが、アフリカ大陸の数カ国に仕事で行った事のある人達の経験談では、何処でも中共は嫌われて居て中共ファンは政府のトップだけ、とその国民が諦めつつ嗤うのだそうです。
道路工事は中共から来た工事人が引揚げる頃には元の穴だらけに戻ってる「工法」などなど。

シナ大陸を制した諸民族は歴史的に漏れなく拝金主義になるようで、社会共産主義を奉じていても拝金体質は変らない辺り、あの大陸にはゼニの瘴気で充たされているのかも、と思います。だから賄賂、買収は当たり前、なんの不思議もありませぬ、ではないか?と、

中共では個人で5兆6兆の貯えは朝飯前の富裕層が米国などへ資産逃避していると言いますから、そういう類いをキンペーが差し押さえれば国家の出費ではなくアフリカ一国が靡く計算になります。
靡かせて工事の人件費や資材費で取り戻す。欠陥が出れば又集団で出かけて再工事で雑収入。その工事人の多くは刑務所からの労役。
額面通りには相手国の収入にはならない仕組みです。

小泉内閣の時に対中ODAは以後止める事にしたのが何の理由でか急遽復活する事になって、当時中川昭一さんが随分憤慨していました。
そうとうマズイ何処かの誰かが醜態をネタにされたのではないか?などと下笥の勘ぐり(当たっていそうな)も噂に上っていた記憶です。

ブルキナファソの対台姿勢には敬意を表しますが、それも台湾の見返りがあってのこと・・・などと年を重ねるといや~ねえw。

日露戦争の日本勝利が非白人植民地に希望を与えたのは事実の様ですが、それで日本に留学生を送り学ばせ独立を目指しても、日本敗戦でさっさと敵側に媚びを売り、元日本兵に罪を着せた期間もあった元植民地国家は多く、それも弱小国の身過ぎ世過ぎと考えると、”一度戦争に負けても日本は本当に強いのね、めげないで責めもしないで援助の手を差し伸べて”と身贔屓ではなく思います。
[ 2017/01/28 13:16 ] [ 編集 ]
冬の日溜まり
サントメ・プリンシぺの事はblog台湾は日本の生命線で読みました。台湾はあんな暴虐国と近接していて、いつも脅威を与え続けられていて本当に可哀想です。だから台湾と国交を結ぶ国はほんの少数です。日本が台湾を引き揚げてから苦難の道を歩いてきた台湾。台湾を応援しましょう。
[ 2017/01/28 14:10 ] [ 編集 ]
エースカード
「清官三代」…支那で一家で一人が役人になれば、清潔な官吏でもその子孫は三代に渡って飯が喰えるほどの蓄財ができるという意味です。ましてや裸官においておや。百代は食って行けるんじゃないだろうか。(笑)

支那によるアフリカ諸国へのアバウトな援助交際の結果、何%がバックリベートとして共産党幹部に戻されるのか、気になりますね。というか、「真水」の部分はどれぐらいあるのでしょうか。

さて、ヨーロッパの隠然たる大国、バチカンは依然として欧州で唯一、台湾と国交を保っています。苦境にある友邦を見捨てない、という精神的な態度と、もう一つは中共政府がローマ法王によるカトリック司教の叙任権を認めないためであります。

ローマ教会は中共政府がでっち上げた天主教愛国会なる偽カトリック集団を断固として認めていませんし、正俗の分離は「カノッサの屈辱」以来、バチカンの絶対の大方針であります。一方において中共は宗教も党の一元的な統制下に置かなければ安心できないイデオロギー集団ですので、水面下で交渉が続いているものの、容易に妥協点が見つけられないようです。

このような時期に登場した蔡総統はきわめて敬虔なカトリック教徒だそうですね。カトリックの持つ巨大なネットワークを台湾の独立と防衛の為に利用させて頂いても、(相手は無神論者の中共ですから)神様の罰は当たりますまい。そもそもバチカンは優れて「政治的」な存在です。冷戦末期にポーランド人法王を選出したごとく。

バチカンと我が安倍総理と西洋花札が揃えば、台湾にとってエースカードが三枚集まったも同然ではないでしょうか。
[ 2017/01/28 18:32 ] [ 編集 ]
経済対策
トランプ大統領は、二国間交渉を進めるという方針を明らかにした。
そこで、日本国としては、ガチガチに警戒するのかもしれないが…
提案であるが、トランプ大統領は敵も多い。ならば、ここは花を持たせるべきであろう。

「損して、得を取れ。」
米国からの要求は、先行投資と思えば、日本国の経済にも、後の株価などの恩恵から、十分にペイできる先行投資になると思われるからだ。

中国については、金融自由化の前に、金利の変動相場制移行を進めるべきだと思う。日本国としては、対米貿易黒字の縮小の分、対中貿易赤字を縮小して、バランスをとるしか道はない。ODAは、即廃止すべきだという話よりも、メイドインチャイナをメイドインジャパンに切り替えていく。国産回帰という国策が、長期的には大切になるであろう。

これは、マスコミのいう保護貿易や反グローバル化という話とは異なる。経済的にグローバルに攻めるには、しっかりとした国産産業と内需が、とにもかくにも前提として必要という話である。世界的に分業するよりは、国内における終始一業のほうが、各国から技術者を招くことができる。結果として、企業の方向性を企業が主導することになり、世界の経済の発展にも貢献できるであろう。

つまり、国産回帰と企業への外国人就労枠を創設(外国人犯罪の取り締まり強化)、すべての基軸通貨を変動相場制に移行、そして災異に対する備え。私見ではあるが、この三つは忘れがちかもしれないが、常に大切であると思う。
[ 2017/01/28 20:34 ] [ 編集 ]
バロン閣下
中共はキリスト教にも偽物を立てて居るのですか。チベット仏教を簒奪する中共製ダライラマ様だけじゃないんですね。

偽物を立てても、神も仏もあるものか、の共産主義なら、ある方がおかしい、と誰もが思いますのに。

バチカンを騙そうなんて、幾ら元シナでも百年早いわw
[ 2017/01/28 20:53 ] [ 編集 ]
こはる様

支那のキリスト教徒は6千万から1億2千万人と言われますが、その3分の2は政府の公認を受けない地下教会の信者だそうです。

今時、地下教会とは驚きで、カタコンベがあるかどうかは知りませんが、キリスト教に対する弾圧が厳しくなったのは太平天国の乱以来だそうです。外国勢力による民衆への影響を極端に怖れる支那の権力者の心理が作用しているのかも。

逆にバチカンも中共指名の司教を教会法に基づき破門に処す等の対抗措置を取っており、両者の対立は抜き差しならないレベルになっております。

中共政府は香港のカトリック枢機卿の陳氏にバチカンへの仲介を依頼したらしいですが、この人が信念の人で、中共政府の宗教政策を猛烈に批判して仲介を拒否したり、悶着続きです。

中共の天主教愛国会(偽カトリック教会)には5百万人の会員がいるようですが、信者が司教に告解しても共産党に筒抜けになるようではゾッとしませんわね。いやはや、中共はここでも罰当たりなことをやっているのです。
[ 2017/01/28 22:09 ] [ 編集 ]
国際通貨と基軸通貨
ツキクサ様

すべての基軸通貨を変動制に、と書いておられますが、えっ、ドル以外に基軸通貨があるのですか?戦前は英ポンドが、戦後は米ドルが国際決済通貨として使われ、米ドルの利用率は未だに80%以上です。米ドルの基軸通貨としての地位はいまだに揺らいでおりません。

それって基軸通貨(キーカレンシー)のことではなくて、国際通貨(ハードカレンシー)のことでは?

一般にハードカレンシーとしては米ドル、欧ユーロ、英ポンド、日本円、スイスフランが挙げられますが、この中に固定為替制のものはないはずです。人民元がハードカレンシーかどうかは諸説あり、一般的には疑問符がつくのでは?

意見を書くのはご自由ですが、金利の変動制とか?も含めて、言葉の定義があさってでは、何を言っているのか理解できませんぜ。

[ 2017/01/29 00:40 ] [ 編集 ]
流石の支那も焦燥感が見えてきたか
最近では、流石の支那も、「札束ビンタ」が通じなくなってきているようで、米国には「距離を置かれ」、頼みの綱であるロシアには「反米」という事で一致しているものの、ロシアは、米国(と英国)を中心とする「国際金融資本」への「抵抗」する為であり、支那を「経済的、軍事的」に信用しているわけではありません。

支那が勝手に動くと、ロシア製の武器などが売れませんから、牽制する為に、支那と軍事的に敵対しているベトナムに対しても「武器の供与」を行っているのが現実です。

ロシアが日本に対して領土的野心が無いかと言えば、太平洋進出の過程からしても、難しい所であり、軍事的な同盟は結ぶべきではない(中立の方が良い)のかもしれませんが、反国際金融資本(反グローバリズム)という点では、ロシアの方針と一致している為、経済的、外交的な協力関係を築くことはできます。

これを尻目に、日本の領土を狙う支那は、袋小路に追い込まれ、身動きが取れないような状態になっているのではないかと思います。

勝手な動きはロシアが許しませんし、札束のビンタも、国内の不満分子の抑制とパナマ文書の存在などに回され、日本や米国等への工作資金を回す余裕が無くなってきたのではないかと思います。

この状態から支那が巻き返すためには、実質大概紛争を起こすしかないですから、我々は軍事的増強と法整備を進めなければならないと思います。


[ 2017/01/29 02:08 ] [ 編集 ]
レッドバロンさんへ
言葉の定義については、申し訳ない。こういうご指摘は、ありがたい。

すべての基軸通貨というのは、不適切かもしれないが、おそらく今、とてつもなく発行されているであろう「元」を意識した発言です。今は、IMFの主要通貨のひとつの「元」、といったほうが適切かもしれませんが、中国の「元」は、おそらく基軸通貨を目標にしている…気づかれていない方も多いのかもしれませんが、そういう野心があると思われます。

金利の変動相場制は、言い間違いました。言いたいことは、「元」の為替レートを固定から変動にすべきだということです。

つまり、
1 「元」は、毎年とてつもなく発行して、人民に配られているようだ。
2 「元」の為替レートは、固定のままであり、未だ変動に移行していない。

「元」の膨大な発行量、にもかかわらず固定の為替レート…
人民の購買力を高めて金権外交をしている中国が、将来的に何を目指しているのか?

→ ドルのような基軸通貨であろう。
…という、個人的な見解を言いたかったのです。
[ 2017/01/29 19:44 ] [ 編集 ]
バロン閣下
あの大陸ですものカタコンベ級の地下や洞穴は各地にありそうな気も致します。敦煌の窟などいろいろ。案外中南海にもあったりしてw
人口の割合から言えば多いのか否か、検討がつきませんが少なくは無いクリスチャン信者数ですね。

世界一の信者数を抱えるキリスト教に政策的に足がかりを作るのが、世界制覇を狙う中共政府の戦法の一つなのかも知れませんね。

勿論告解は仰せの通りで。
[ 2017/01/30 00:01 ] [ 編集 ]
「告解」 アホの蛇足でございますが・・・
レッドバロン閣下 こはる様

「告解」というシステムを作り上げれ,その解析までできるようになればそれは
恐ろしいまでのシタタカなモノになるのかも知れません。

【エロ奴が教会で「私めはキーセンに乗っかってしまう大罪を犯しました。 
朝鮮婢と知らなかったのでありますが魂の穢れは久遠末代までタタリをもたらす
ことでありまして、なんとか我が魂のお祓いにぃ・・」なんて告解はありふれたこと
でございましょう。 神父は「神は寛容にして慈悲なり、悔い改めればそれでよし」
とノタマイ普通は百円のお布施を200円寄進させればよいだけです。

ところが紀伊国屋の手代・番頭、十和田屋の女中頭、本間大荘園のドラ息子等
の告解を聞き集めジグソーパズルのピースとして組み上げてゆけば恐ろしき
権謀術策を事前に掌握することも不可能に非ず。

十和田屋の女将さんは美形女中を紀伊国屋に送り込むことで巨額の資金を
用立ててもらう密約を結び、その資金で本間大荘園の取引先にコメやモノを
安く納めることで本間様を傾むかせ、本間の乗っ取りを謀っている等々・・・

商業の世界で蠢く謀りごとを知れば、使い方によっては巨額のお布施の寄進
が見込めます。そして薩摩藩、長州藩、土佐藩の信者の告解から得たピース
からジグソーパズルを組み上げればカソリック組織の存亡に関わるか否かの
国家的規模の動乱を予測し、それなりの策を立てることも可能となります。

そして告解システムが欧州のように国境を越えて築き上げられていれば
革命がおころうが大戦が起ころうが耐え忍ぶ免疫力を持つことになります。】
    (主旨 = 世界史オタク 出口治明から)

塩野七生女史が、「カソリックとは史上空前のアタマのヨロシキ組織」と
称賛? 詠嘆? 悲憤? されたのもこんなところに理由があるのかも
しれませんネ
[ 2017/01/30 19:29 ] [ 編集 ]
ド・ゴールの祈り
末田先任軍曹殿

私も似たようなことを考えていました。キリスト教=カトリックの考え方では、洗礼によってそれまでの罪は赦されますが、それ以降に犯した大罪は必ず司祭に告解しなければ天国には行けません。最低、一年に一度は告解という秘跡(サクラメント)を教会で受けなければならない事になっております。さて、そうなると某国家機関に勤めている人間はどうなるか?私はプーさんの手下の大臣に、一服盛って東京湾に沈める大罪を犯しました、お国の為とはいえ、神よ、お許し下さい、と神父に告解したらその神父はローマ教会に報告しないでしょうか。もちろん、告解の内容はけっして第三者には洩らさないというのがカトリック教会の絶対の信頼の基になっておりますが、軍曹殿のキーセン事件とはレベルが違う国際秩序を揺るがしかねない大事であり、しかも報告すべき相手は神の代理人たる法王の場合は。いろんな想像をしてしまいますね。

告解まで行かなくとも、聖職者ゆえに知りうる内密の情報はごまんとあるでしょう。バチカンがきわめて強力な、世界をまたにかけた情報ネットワークであると言われる所以です。

ちなみにプロテスタントにも似たような儀式はありますが、こちらは秘跡(サクラメント)ではなく、信者の義務にもなっておりません。ゆえに、プロテスタント諸国は国家として最強、カトリック諸国は教会が強すぎて国家が振るわない一因かも。

ところでド・ゴールが教会に入って行くのを見かけ、後をつけていった人物がいるそうです。ド・ゴールが神に何を祈るのか興味津々で。

教会の壁に隠れて聞いていたら、ド・ゴールはかくの如く神に祈りを捧げたそうです。

「神様、フランスのことはどうか私にお委せ下さい。」

さすがですね。
[ 2017/01/30 20:47 ] [ 編集 ]
軍曹!
よくもまあ、一瞬でもキーセンなんぞにうつつを抜かす想像が出来るわねえ。
嘘でも吉原トップ花魁の旦那の夢を見なはれ。

ついでに偏見に満ちてつぶやいて置こう。薩長土が正直な告解をするかいな!
[ 2017/01/30 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: