私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「中国人お断り」と書くまでもなく、施設内に「南京の嘘」本や「天安門」記録写真集の設置を

「中国人お断り」と書くまでもなく、施設内に「南京の嘘」本や「天安門」記録写真集の設置を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮LOTTEグループ系列のロッテ・シネマの建物にあるネットカフェが、「日本人の入店お断り。入りたいなら“竹島は韓国の領土”と3回言うこと」という横断幕を掲げたそうである。日本のマスメディアも人権派サヨクも、レイシズムを極端に批判するが、このレイシズムとしか解釈しようがない横断幕へ、何らかの抗議をしたり、批判したりしたのだろうか。彼等は、特亜人に対する表現には敏感に反応するが、自国民に対する侮辱には、極端に鈍感であり、知っていて知らないふりをするのが得意である。つまり、彼らの言説というのは、ポジショントーク以外の何物でもない。

 いまだに中共が問題視する、APAホテルの「南京事件本」だが、香港のテレビ記者が萩生田内閣官房副長官に対し、執拗にコメントを迫ったという記事がある。「書籍の撤去についてはどう考えているか」と問うのだが、日本政府が民間の言論に対して干渉するようなことをしないのは、我々の常識であっても、彼らの常識ではないようだ。萩生田氏は、「中身まで政府が精査し、置いていいとか置くなとか、このようなことを日本政府として発言するつもりは今のところない」と回答したが、当たり前すぎて拍子抜けである。香港のテレビが、萩生田氏から何らかの言質を取れると思っていたなら、いかにも程度が低い。

20160317-286.jpg
アパグループ代表 元谷外志雄氏


 さて、本拠地北京では、中共政府がいまだにこの問題を声高に批判している。そして遂に、政府の具体作として、「APAホテルに泊まってはならぬ」という指示を出したという。

アパホテルの利用中止要求 中国政府、国内旅行業者に (朝日)

 アパホテルの客室内に南京事件などを否定する本が置かれ、中国で反発が強まっている問題で、中国の国家旅遊局は24日、自国内の旅行業者や宿泊予約サイトに対し、同ホテルの利用中止や広告の撤去を要求したことを明らかにした。国営新華社通信のニュースサイトなどが伝えた。大手予約サイトでは、すでに同ホテルの予約ができなくなっていた。

 同局は「日本事務所を通じて、日本側に厳正な申し入れをした」としており、観光客にも同ホテルを利用しないよう呼びかけている。広報担当者は「中国の観光客に対する公然の挑戦であり、旅行業界の基本道徳に反する」と話した。

 ホテルを経営するアパグループは「日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならない」との見解を示しており、本の回収は考えていないとしている。(北京=延与光貞)


 中共にとって、南京事件というプロパガンダは、青瓦台にとっての竹島や慰安婦のように、対日カードの切り札である。その中身が史実ではなくプロパガンダなので、南京というストーリーが固定化されなければならないのだろう。

 しかし、これは中共にとって、世界に恥を晒す指示である。一般人の旅行という娯楽にすら、支那人民には自由がなく、常に中共の意の元でコントロールされるということだ。今回、中共は、この人民党勢を世界に発信したようなものなのだ。

 アパホテル側は、「札幌市冬季アジア大会開催における対応について」というリリース文の中で、アジア大会で選手村として使われる札幌市南区のホテルについてのみ、大会組織委員会側から正式な書面による要請があれば、客室から撤去する意向を明らかにした。組織委との間で、何らかの妥協が成立したのだろう。しかし、中共国家旅遊局が国内の旅行業者や宿泊サイトにアパホテルの予約中止を求めた件についてはアパホテル側が答える筋合いはないと斬り捨て、「本件によって書籍を撤去しない方針に変更はありません」と述べている。(リリースページ参照)

 アパグループ側は、支那の国家旅遊局の妨害行為について、「政府が一民間企業の活動を個別に批判することに対しては疑問を感じます」と述べている。中共は、次第にアジアにおけるプレゼンスを強める日本に対し、ネガキャンを張る材料を探していたのだろうが、今回は材料が悪すぎ、逆に「一党独裁国家」の印象を強めている感がある。ひとつ言えるのは、「支那人はお断りと」公言せずとも、南京であれ、天安門であれ、中共にとって都合が悪い事柄に関する書籍を置けば、宿泊客に対する支那人比率を下げることができるということではないか。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/01/25 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
何とかせねば!
一企業に国が絡んできました。
安倍総理、何とかせねば!!
[ 2017/01/25 14:33 ] [ 編集 ]
支那人と犬入るべからず
戦前、上海の英国祖界の公園の入り口にあった立て札に書かれた有名な文句ですが、東洋の君子国の余りの落ちぶれ様を目の当たりにした維新の志士たちは悲憤慷慨し、日本がかくなってはならないと深く心に誓ったものであります。しかし、今や日本人の気分はほとんど当時の大英帝国の臣民気分 (笑)

英国の措置が正しかったことを百数十年後にやっと気がついた感がありますね。
文明と野蛮の差はいかんともし難いものがあるのです。
[ 2017/01/25 16:56 ] [ 編集 ]
"ミゾーユー"から"でんでん"へ
人気ブログランキング/カテゴリー:【政治】保守 第17位 The Curation
[ 2017/01/25 19:33 ] [ 編集 ]
日本軍は平和の使者
現代の国家総動員法は中共の道具です。彼らこそ全体主義の先軍主義国です。
アパは、書籍撤去不要です。
(本当の)友好を演出するために、日本軍によって平穏を取り戻した南京などの市民の写真などを掲示すればいいです。
日本兵が中国農民から農産物を購入しているところとか、一緒に麻雀に興じているところとか。みんな笑顔ですよね。
[ 2017/01/25 23:02 ] [ 編集 ]
一店舗に一冊
どうやら人世で一度も誤読した事の無い人達がいるらしい。でなけりゃ他人様の事は言えないものよね~


「厄除け書物」で中共人に来て欲しくない処は皆その御本を置いたらとっても好いと思う。
もしかしたら神社仏閣のお札より速効ね。
中共人が来ないと分れば安心して訪れる客は多いでしょう。

日本の法律では、お客が感染症だったり風紀を乱す人などの理由以外「お断り」出来ない、らしい、というお話もありますが、だとしても、立派な精神的感染症患者ですし、日本国憲法で保障されている言論、表現の自由を阻害する人種はやはり「風紀」を乱す訳で、お断りするに必要充分条件をしっかり充たしている、と私は思いま~す。

一歩引けば相手は十歩圧してくるのですから、ここからは今までの政府や害務省がしてきた「譲歩」ありきの手段は絶対取らない事が、官民共に大事です。
南鮮以上に大嘘つき宣伝が上手な中共なのですから、退いたら世界に何を言い触らすモノか、知れたことではありませぬ。

末田先任軍曹殿、生きてるかい!寒いけれど巣籠りしてるんじゃーねーど。
[ 2017/01/26 02:53 ] [ 編集 ]
対中韓歴史戦
自国の正しい歴史に触れる機会も無く、自国の正しい歴史を主張すれば弾圧され、自国の正しい歴史を求めず洗脳教育で育ち、そんな国の人民が何をしに日本に来るのか?

ここで不思議な事は中国人は中国政府の言うことなど信用していないにも関わらず洗脳教育は信じているということで、幼少の頃から繰り返し繰り返し授業などで刷り込まれている結果なのではないかと思えます。

その中国は中国政府の都合のよいように事件をでっちあげたり、情報統制したりし人民を支配しています。
もう既に『天安門事件』というものがあったと知らない世代も増えているようです。

今回香港のテレビ局の記者が萩生田内閣官房副長官に対し言質を取りたがったようですが、その香港も中国支配が更に進んでいるという証明でしょう。
過去、中国の実態などの情報が香港経由で世界に伝えられましたがこれからどんどんとCCTV化していくのでしょう。

中国中央電視台
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%9B%BB%E8%A6%96%E5%8F%B0

メディア住所
http://drhaniwa.tumblr.com/post/35565101926/%E6%97%A5%E6%9C%ACnhk-%E4%BD%8F%E6%89%80%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E7%A5%9E%E5%8D%97%E4%BA%8C%E4%B8%81%E7%9B%AE2%E7%95%AA1%E5%8F%B7-%E4%B8%AD%E5%9B%BDcctv%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%94%AF%E5%B1%80

三宅博 - (20140214) NHKは公共放送と言うが、私には『中共放送?』と思える時がある
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=413HSTMBz7I

『南シナ海自国領プロパガンダ』、『尖閣諸島自国領プロパガンダ』など昨今のもの以前からのこの『南京大虐殺プロパガンダ』であるとかに日本国政府は本腰を入れて取り組まず、放置していた事が今世界にハンデを負ってしまった原因でその責任は政府、外務省は勿論、朝日や毎日、NHKなどを含めた広範囲のメディアを含めたさよくにあります。

日本政府も『慰安婦プロパガンダ』もそうですが、いつまでも民間の対抗活動におんぶにだっこではなく実際の戦争と別の重要な『歴史戦』であるという認識で中国や韓国と戦って貰いたいものです。
かつて大東亜戦争では米国を舞台に蒋介石夫婦の歴史戦に敗北した事や『ゾルゲ事件』での甘さなどがその後の実際の戦争に影響したという『歴史戦』の重要さを教訓として貰いたいと思います。

中国、韓国が目的を持って日本毀損プロパガンダを続けているのにも関わらず、中国、韓国の作り話を日本のメディアなどが特定国サイドに立ち日本国内に拡散させ、日本政府も放置、時に特定政治家などが同調してしまっていたという情けなさが今に繋がっています。

http://ironna.jp/theme/583

そんな同調者を未だに偏向メディアはテレビ出演などさせて発言させ活用しています。

河野洋平
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E6%B4%8B%E5%B9%B3

宮澤喜一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%BE%A4%E5%96%9C%E4%B8%80

天安門事件とNHK・日本政府が天皇陛下を政治利用・北京大虐殺(89動乱、64事件)から25年
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5469.html?sp

天皇特例会見
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%89%B9%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E8%A6%8B

「いいタイミングで騒いでくれた」アパホテル元谷代表が自信の主張…「本当のことがわかれば保守になる」 大阪での月例会
http://www.sankei.com/west/news/170125/wst1701250038-n1.html


[ 2017/01/26 12:05 ] [ 編集 ]
日本国の観光プロジェクトに欠けている事
日本国の観光プロジェクトに欠けている事。
「日本国民への配慮。」
その一言に尽きる。

「おもてなし」の良い話もあり、経済効果も高い。しかしながら、民泊のゴミや騒音、温泉宿のマナー違反など、勝手放題の良くない話もある。そして、今回、個人の歴史観という思想の自由を、中国人が侵害するという国内問題だ。

中国人の多くは、忘れているのかもしれないが、かつて中国に賢人は多かった。
『禮記』 曲禮 上篇には、
「入竟而問禁、入國而問俗、入門而問諱。」
(竟に入るときは、禁を問ひ、國に入るときは、俗を問ひ、門に入るときは、諱を問ふ。)
とある。
http://fukushima-net.com/sites/meigen/1669

今回、アパホテルの私本配置の問題は、アパホテルの社風であるから、アパホテルという門に入ったならば、その社風を認めるべきであろう。

旅先は、中国人の旅行者にとって、すでに中国ではないのだ。日常生活との違いを求めて、気分転換に観光するのが旅行の本質である。仮に、本は気分を害するというならば、その本を読まなければよいという話であることは、ここの記事やコメントにあるとおりである。

もしくは、読書した感想を、正々堂々とフロントに提出すればよい。ホテルの本を読書して、その反対意見を述べるのは、全くの自由である。権力に反論し難い中国とは、日本国は違うのだ。自由に反論を述べればよい。その一事で、日本政府に拘束されることはないと、オレは断言する。ただ、インターネットで、風説を拡散したり、社会問題化を働きかけるのは、企業の経済活動を害する営業妨害であるから、法に抵触するような悪事は控えたほうが、よい旅になるであろう。

南京事件については、日本国の外務省の対応が、いまいち不明確である。公式見解も求めるにしても、国会で話題にすらならない。これは、中国人に対して、いささか軽薄すぎるであろう。中国人と思われる蓮舫さんですら、南京事件は国会で問い正さずに、アベノミクスうんぬんと放置である。

天皇陛下は、満州事変を気にかけておられた。旧満州国への慰霊は、政治家にとって必要な事であろう。
[ 2017/01/28 19:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: