私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮という反日全体主義国家は放置すべし

南鮮という反日全体主義国家は放置すべし

← 応援クリック、ありがとうございます。

 「大韓民国民間報道」という情報サイトによると、2000年に、日本から観光で南鮮を訪れた四人連れの家族のうち、11歳と9歳の姉妹が刃物で脅され強姦された事件で、ソウル市裁判所は容疑者の男に「無罪」判決を下したという。裁判長は「被告が真の犯人である可能性は極めて高く、他に犯人がいるとは考えられないが、被害者が日本に帰国したため罪を無理に罰する必要もなく、無罪が妥当」と語ったそうだ。

 上記のニュースは、その後、デマだと判明しました。読者の皆さまには大変失礼いたしました。(1/27 ブログ主)

 「反日無罪」は彼の国の民族にとって不文律であるようだが、司法までもがこの定義に沿って判決をくだす事例を見るにつけ、彼の国が法治国家ではなく「情治」国家と批判されるのは致し方ないと思わざるを得ない。日本から盗まれた仏像について、窃盗罪を正面から裁かず、日本に返さなくてもよいと判決を下したのも、この「情治」の典型例だ。

韓国の反日


 朝鮮日報に興味深いコラムが掲載された。鮮于鉦(ソンウ・ジョン)という論説委員の「韓国の歴史上、日本を軽視した時に何が起きたか」という記事の中で、「日本が落ち着こうとしている理由は、私が知る限りただ一つだ。怖いからではなく、韓国が米国の同盟だからだ。」とある。至極まともなものの見方だ。南鮮が少々煩くても、日韓は米国を媒介とした間接的な同盟関係にあり、それが北の暴走を38度線で食い止める状態を維持できる限り、活かしておくのが妥当だということでもある。

 拙ブログでもたびたび引用しているマイケル・ヨン氏によると、南鮮人の「大多数は日本に対して良い感情を持っている」というのだが、「共産主義者、例えば中国とソウルに拠点を置く挺対協のような組織や人間が、日本を憎悪させるような幻想を創り上げ、世界的にばら撒き、それを無知な記者や、メディアの中の共犯者が後押ししている」という。

 しかし、次期大統領候補の全員が、日韓合意を破棄か再交渉などと言わない限り大統領選で勝てないと思う状態こそ、反日全体主義の国家の体を示しているのではないかと思う。冒頭に挙げた、南鮮司法も同じだ。国民におもねることで、国民のシンパシーを得て、存在を肯定してもらいたいのだ。

 さて、反日思想が支配する全体主義国家は、いまは手を付けられない状況である。私は断交などという極論には基本的には与しないが、今は不規則な言動には毅然と抗議しつつ、基本は放っておくに限る。安倍総理の据えたお灸がジリジリと効いてくるときは、遅かれ早かれ来るのではないだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/01/23 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
反日カルト原理主義国家
>>反日全体主義国家

→反日カルト原理主義国家

の方が相応しい名称だと思います。
[ 2017/01/23 10:33 ] [ 編集 ]
次は……
「うわっ! 熱ぃ~! このお灸、すげえ効くぅ~!」
「弱虫ニダな」
「本当に熱いよ、いくら体に良くてもこれは我慢できないや」
「これ位の灸なんざ、屁でもないニダ」
「じゃあ、やってみる?」
「や、やるニダよ、ちっとも怖くなんかないニダ」
「いいの? じゃ、火をつけるよ」
「煙が上がって来たけど、全然熱くないニダ」
「そりゃそうさ、これだけ盛ってるんだから、すぐには熱くならないよ」
「お~、ポカポカしてきて気持ちが良いニダ」
「止めるなら今のうちだよ、本当に熱いんだから、我慢できっこないって」
「チョッパリのように意気地なしじゃないニダ、平気平気」
「そろそろ熱くなって来たんじゃない?」
「まだまだ……全然平気ニダ」
「皮が焼ける匂いがして来たけど」
「へ……平気だって言ったら平気ニダ!」
「チリチリと音がしてるよ」
「こ、これくらい……まだ止めないニダか?」
「だって平気なんだろ?」
「へ……へ……平気ニダよ、馬鹿にしてるニダか?……」
「馬鹿になんかしてないよ、スゲー! 我慢強いんだなぁ」
「あ、当たり前……ニダ……よ……」
「僕じゃとても我慢できないや」
「そ、そう思ったら止めるのが友達ではないニダか?」
「だからさっき止めただろう?」
「もう一回止めるニダよ!」
「熱けりゃ自分で払ったら? 別に友達じゃないし」
「そ、そんなことが出来るはずが……ウギャ~~~~~!」
 パッ、パッ、パッ。
「あれ? 熱くないんじゃなかった?」
「あ、熱くなかったニダ、全然平気だったニダ、チョッパリみたいに弱虫じゃないニダ」
「じゃ、次はもっと大きいのを試してみる?」
[ 2017/01/23 11:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/23 12:03 ] [ 編集 ]
信じられない
マイケル・ヨン氏の言葉は信じています。が南朝鮮人の言葉は信じていません。
大人でなく、小学生や中学生に聞いて欲しい。
「日本は好きですか」と。
[ 2017/01/23 20:37 ] [ 編集 ]
強姦が無罪とな?
ST様 それじゃあお灸の効力の前に火傷しちゃって、また「日本の所為ニダよ」になりそうw 
もともと火病そのものだけど。

あのクニには何をしてもエンドレス。
というか国家ストーカーでしょう。
日本に文句を言うのが生き甲斐なんでしょうけど、日本はいい加減その生き甲斐を取り外しちゃえ。
ウイーン条約に違反するという説得にも「だったらウィーン条約離脱だ」という人も居るそうなので、それは大変良策だと思います。
堂々と日本大使館は撤退する理由になります。

「法治」に対して「情治」と仰いますが、情であってもアチラは治世や治安は頭に無い様に思えます。
唯のしたい放題の不法地帯なのではないかしら。それとも方向性は一定しているので一応あれでも「治世」というのか?

児童への強姦を被害者が外国人(日本人)で帰国済みなので無罪!?
盗品と分っているものを返還しなくて良い、とする裁定!?
・・・国家以前に人間として、良いこと悪いことの判断が出来ない裁判所を持つ事を南鮮自体が恥じないなら、日本はもう相手にする必要は何も無いと思います。例え米国を介した擬似同盟国だとしても。

あーーー 児童強姦が無罪なら職業の慰安婦に何の問題があるのだろ?


[ 2017/01/23 22:41 ] [ 編集 ]
かの国にとって日本が必要なら自ずと答えは出るでしょう。
中国を相手にするように。
あり得ない報復をされてもデモ一つ起こさず、プラカードをあげる事もせず、ただ中国の怒りが収まるのをじっと待っているだけ。
中国があの国にとっては不可欠だからでしょう。

で、日本は?っていうと、必要ないから好き勝手やっている。日本から三行半が下っても構わないと思ってるんだから、お望みどおり、そうしてあげればいい。きっと1000万人が大喜びでパレードをするでしょう。
ただ、心配なのは進出している日本企業ですね。
さっさと引き上げてきて欲しいです。

あと、日本で生まれ育っても、日本を愛する事が出来ないお気の毒な方は、素早く祖国に帰るべきでしょう。日本にいても幸せにはなれないから。

では、日本にとってあの国は必要でしょうか。
   
要りませんね。

互いに必要としていないなら無理して近所付き合いをする事もない。
日本が顔色を伺わなければいけない仲介者も、一抜けた〜ってなりそうだし。

これからは、日本は日本独自の方法で、相互に必要と思える価値観を供する事の出来る相手と協力しあって、交流を深めていけばいい。

だから、あの国は、好きにさせておけばいい。
慰安婦像?
どうぞ自分の国中好きなところへ、なんなら一家に一像どうですか?

ただし、関係のない他国に嘘をばらまく事は絶対に許しません。
だからこそ、日本は正しい歴史を徹底的に世界中に広めなければ行けません。

[ 2017/01/23 23:07 ] [ 編集 ]
この被害者の姉妹は、今は28歳と25歳ですね。
当時負った身体の痛みと心の痛みを思うと、私が親なら死刑にしてほしいと思うほどです。
それを相手が日本人で既に帰国しているから無罪?

反日だからの以前に人を裁く機関としてあり得ない判決だと思います。

こういう事には外務省は関与しないものなのですか?
邦人の絡んだ犯罪ですから、本人達に代わってしっかり関わっていただきたいと思いますけど…

このご家族が今、どうぞ幸せでありますように祈らずにいられません。
[ 2017/01/23 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: