私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  中共のAPAホテル批判 ~ 問題の深刻化は、朝日の嘘を白日の下に晒す呼び水となる

中共のAPAホテル批判 ~ 問題の深刻化は、朝日の嘘を白日の下に晒す呼び水となる

← 応援クリック、ありがとうございます。

 これまで力と情報力で押してきた支那の外交が、いま、急激な曲がり角に来ている。ドナルド・トランプが20日に大統領就任式を迎えるが、台湾が代表団の出席を発表した。勝手に出席できるわけではないから、米国政府が堂々と台湾を招待したのである。中共の外務省は、「出席を認めないようにアメリカ側に求めた」と発表したが、これは米国にとっては内政干渉であり、中共の狼狽ぶりを露呈するだけの結果となるはずだ。

 このトランプ路線が未来永劫続くとは思えないが、支那からある程度の経済・貿易面での譲歩がない限り、このチキンゲームは続くだろう。トランプ新政権の通商代表部の代表、レーガン政権で次席代表をつとめたロバート・ライトハイザーが就く。この人物は対中強硬派として知られており、貿易に関する司令塔にも中国と対峙する人物を据えたのだ。米国の側も、着々と臨戦態勢を整えつつある。米中の緊張が高まりつつあるこの状況下で、日韓合意を破棄せよという言説が人気を博す南朝鮮という国は、本当におめでたいとしか言いようがない。救いようがないから、放っておくに限る。

 さて、中共は、官製メディアである新華社をAPAホテルに派遣し、“潜入取材”を実施。元谷CEOが書いた本を「右翼思想の宣伝本」とこき下ろす「実地調査、怒りの上にまた怒り」と題する映像ニュースを配信させたそうだ。無許可で取材したことは間違いなく、何が何でも南京大虐殺なる創作を事実と固定化する策に出ている。

新華社、APAホテルを取材
右翼書籍(笑)を取材する新華社


 もっとも、この一連の抗議や批判報道は、自国民に向けた反日の扇動であるとともに、日本国民への洗脳の継続を意図したものだろう。中共は、南京事件が否定され、日本人が間違えた贖罪意識から覚醒することを恐れているはずである。ただ、中共が強硬な手段に出れば出るほど、日本人の支那人嫌いには拍車がかかる。どうせならもっと青筋立てて「日本政府と日本人は反省しろ」と、叫び続けてほしい気もする。

 私は、朝日新聞がこの事案に対してどういう報道をするのか、興味を持って観察しているのだが、いまのところ他社と変わらぬ淡々とした報道に終始しており、記事に思想やイデオロギーを注入するまでには至っていない。中共が金科玉条のごとく扱う「南京大虐殺」は、もともと1971年、朝日新聞に連載された、本多勝一の「中国の旅」が、中共のプロパガンダをそのまま垂れ流したもので、南京問題はその時以降、対日批判の巨大な外交カードとなったのである。朝日は、慰安婦報道の誤りを認めたが、南京に関してはいまだにだんまりを続ける。報道を否定しないなら、堂々と社説で書くべきではないか。私はそれを待っている。

 安倍総理が、一時帰国として呼び戻している長嶺駐韓大使らの帰任について、今週内は見送る方針を固めたとの報道がある。関係者のリークによって、安倍総理と岸田外相が、「韓国側の姿勢に変化はなく、日本側から先に動く必然性はない」という意見で一致したとされる。一刻も早く帰任させたい外務省を尻目に、こちらも首相官邸と青瓦台のチキンゲームの展開だ。中共のアパ批判を、政府はまったく取り合っていない。これでよいのである。

 この問題を支那が更に外交問題化すれば、朝日新聞も報道せざるを得ず、社論を述べる必要に迫られるだろう。沈黙でやり過ごそうとする朝日の嘘を炙り出すのは、実は中共なのかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/01/20 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
対中政策
>トランプ新政権の通商代表部の代表、レーガン政権で次席代表をつとめたロバート・ライトハイザーが就く。この人物は対中強硬派として知られており、貿易に関する司令塔にも中国と対峙する人物を据えたのだ。

…中国は、固定相場であるにもかかわらず、関税なき自由貿易を推進しているようだ。イギリスの「グレシャムの法則」によると、「悪貨は良貨を駆逐する」状況にあるといえるであろう。

 この場合の悪貨とは、実質的には相場安にもかかわらず、固定相場のままの通貨、中国の「元」のことである。外国から様々な資源や不動産などの資産を買いあさり、軍事費にも流用して、国際法も無視し始めている。通貨「元」は、IMFの主要通貨になっており、そのスワップ額も多い。そのため、世界各国の通貨安競争の原因にもなっている。

日本国としては、まず、トランプ大統領のように、国産回帰を国策として行う必要がある。親日国を、投資先として贔屓にすべきだ。

[ 2017/01/20 11:35 ] [ 編集 ]
いまだにアパのサーバーダウン
中国はアパホテルの批判だけでなく、ネットでのテロを国家でやってます。日本人も予約ができない(各ホテルのアドレス、電話が書いてあるが)まさしく 戦争です!気に入らない国、企業を破滅にする。台湾でも民進党が政権を得てから、中国人が激減とか。手下の韓国もTHAADの配備でこてんこてんとか? 韓国は自業自得で判りますが、中国の狡猾さをもっと拡散しよう!
[ 2017/01/20 17:23 ] [ 編集 ]
Amazonで注文出来ますかね?英訳版
[ 2017/01/20 20:32 ] [ 編集 ]
河添恵子氏
河添恵子氏の「日本のこころを大切にする党」講演から転載
<カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど移民が多い国では、移住してきた中国人が投機的に不動産に投資し、転売し、異常な高騰をしている地区がある>
<日本に「爆買い」の中国旅行者がたくさん押し寄せた。その売り上げを目当てにバスや客室、雇用を増やす等の設備投資しているが、中国の真の目的を見極める力が必要。
中国人はただ買い物に、観光に日本を選んでいるのではない。
意図を持って日本に行くようにコントロールされている。中国はなにかあれば一気に旅行者を引揚げることができる。結果設備投資した企業は回収することなく経営難に陥り、その企業を中国が買収する。
そういうことを行うのが中国であることを日本は理解しなければならない>

実際日本の地方ホテルや観光旅館がシナ人に買い取られて、日本人従業員はその効率唯一の方針に我慢がならず辞めるパターンが多い様です。
このAPA告発の動画を観ましたが、どこか不自然な感じを受けました。
事前調査して機を見て動画を出した様な、計画的な匂いを感じます。
[ 2017/01/21 00:05 ] [ 編集 ]
色んな考え方があるのはいいが、図書館じゃないんだから大会期間中くらいは配慮しても良いんじゃ。
日本人が泊まる施設に日本人悪し本置かれてる事に日本人が抗議ってイメージしたら、そこまでおかしいとは思わないが。
[ 2017/01/21 06:42 ] [ 編集 ]
独裁国家の恐ろしさ
>図書館じゃないんだから大会期間中くらいは配慮しても良いんじゃ。

ぱよちん気味のおぬしは支那気質がまるで理解できていないな。
一歩引いたら三歩押してくるのが支那と日本にいる支那畜どもの習性だ。
たかが一ホテルのことに、わざわざ外交部門が介入してくる独裁国家の恐ろしさをもっとよく勉強しなさい。
[ 2017/01/26 10:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: