私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  蓮舫、大使帰国は「仕方ない」 ~ 政府の発表から9日目にはじめて言及

蓮舫、大使帰国は「仕方ない」 ~ 政府の発表から9日目にはじめて言及

← 応援クリック、ありがとうございます。

 沖縄の反基地運動とその延長線上にある独立運動を支援しているのが中共であることは、既に周知の事実である。公安調査庁が公表した報告書「内外情勢の回顧と展望」にも、各種反政府運動の影に中共が隠れていることを示唆している。米国のフリー・ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏によると、南朝鮮の日韓合意破棄論の背後にも中共が存在するという。氏のブログ「日本: エキサイティングな一日 2017/1/13」には、「慰安婦問題は中国が韓国の後ろで糸を引いていて、韓国はそれに踊らされているということを多くの日本人は知りません」と記載されている。

 「さもありなん」だ。元来、情報戦や心理戦は中共の得意とするところで、彼らは日本の政治家や官僚組織、ジャーナリズムにまで触手を伸ばし、支那の意図する方向へ民意を誘導しようとする。米国では、南鮮活動家の慰安婦像の建立を支那が支援しており、挺対協のバックにも彼らがいることは、想像に難くない。

 南鮮の約束不履行と、約束などなかったかのような釜山の慰安婦像設置に抗議する形で、安倍政権は大使の一時帰国とスワップ協定の協議中止など、毅然とした対抗策を示したのが今月の6日。それ以来、野党第一党の民進党は、この措置に対して何らコメントを発してこなかった。12日には蓮舫の会見があったが、蓮舫が語ったのは長時間労働の是正、男女共同参画推進法案、共謀罪、野党共闘、トランプ、皇位継承問題、小池知事との連携等々で、国民の関心が高い対南鮮問題には言及がなかった。

蓮舫


 政権の対応を支持したくはないが、批判すると国民の反発を買うため、何も言わないでおく、というのが蓮舫の対応策だったのではないだろうか。これほど連日大きくメディアで扱われる問題に対し、野党第一党が何のコメントも出さないというのは、いかにも不自然だ。

 そういう批判が民進党にも届いたのだろう。蓮舫は昨日15日、訪問先の九州で記者団の質問に対し、大使らの一時帰国とう措置について「仕方なかった」と、一定の理解を示した。

民進・蓮舫代表、駐韓大使の一時帰国措置「仕方がなかった」 (産経)

 民進党の蓮舫代表は15日、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことを受け、日本政府が長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を一時帰国させるなどの対抗措置を取ったことについて理解を示した。

 「日韓合意の約束事が一方的に守られなかったことがあった。私たちが取り得る手段は限られており、仕方がなかった」と述べた。訪問先の北九州市で記者団に語った。

 その上で蓮舫氏は「日韓両国政府、国民は冷静に対応し、両国政府が正式に約束したことをとにかく履行することに尽きる」と指摘した。


 今更、という気がする。6日の菅長官の発表から9日目にようやく「しょうがなく追認」という形をとったわけだが、提案型の政党を標榜するなら、この大きな外交問題を避けてきた態度は姑息だ。

 しょうがなく認めた蓮舫だが、やはりひとつ大きな認識違いをしているようだ。蓮舫は、「両国政府が正式に約束したことをとにかく履行することに尽きる」と言っているが、日本は履行の義務を既に果たしている。問題とすべきは日本大使館前の慰安婦像撤去であり、それをせずして慰安婦像を増設した南鮮の対応が問題なのだ。蓮舫のコメントは、あたかも日本が南鮮と同じ履行義務を残しているかのように聞こえるが、もしそう認識しているなら、「一体どんな情報源を頼っているのか」と問い質したくもなる。

 二重国籍問題を抱え、日本国民への忠誠義務すら疑問視されている立場を自覚しているなら、早々に「大使帰国支持」を打ち出し、疑惑の払拭に努めるべきだっただろう。もしくは、国籍問題をあやふやにして時間稼ぎをする態度を含め、やはり日本以外の国の利益を勘案しての対応なのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2017/01/16 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
野田の2011年
民侵・野田幹事長は今回早々に日本政府の対応を肯定していましたけれど、そもそもその慰安婦像の発端は、ソウル日本大使館前に設置されたのが2011年12月の野田政権の時です。

その時李明博に野田首相は「今後二基三基と建てられるだろう」と恫喝されてもまともに抗議すらしていないそうで、今更のR4コメントも唯の選挙対策でしょう。

野田政権では李明博の竹島不法上陸や天皇陛下侮辱発言にも、とって然るべき対応が出来ませんでしたし、それどころか5兆円の日韓スワップ協定を組むなど、南鮮に大変お優しい政権でした。
その5兆円(700億ドル)にはいつもといえばいつもですが、南鮮メディアは「ケチな日本が予想外の700億ドルを申し出た」「3年前とは違って今回はスムーズな締結だった」「お近づきになりたければ独島を日本領だと嘘つくな」などなどなどのおまけ付き。
これでは「日本には強く出るのが最効果」と思わせるだけ、と納得出来ました。

この時にはじめて自民党時代のスワップ協定交渉は、そう簡単に進めていた訳でも無かったのね、と変に安心したものです。なにかにつけ南鮮支援金の束を贈呈していた自民党と思えていたもので。

民侵党の前身・民主党政権時には三代悉く日本の外交的地位を墜落させた罪状があります。
なので、私はR4でなくても外交知識知恵が付かない内は何も言うな!と思って居ります。

先の戦争でもシナは米国政府とメディアに囁き婆を派遣して捏造日本情報を仕込み親中工作員を増殖していた「実績」がありますね。
南鮮、中共と宣伝上手な処に朝日がネタ仕込みですから、まあシタタカですわ。
[ 2017/01/16 08:21 ] [ 編集 ]
売春婢像は野田豚が建立を黙認したのですか!
私めは90年代、紅野傭兵の時に立てられたもんじゃと思っておりました。
民辛党のヤツラが尽く国家に仇なしてきたことに改めて怒りが蘇りますw~

馬鹿とハサミは使いようと申します。 またブタも煽てりゃ~、木に登るとか。
民辛党の使い方で多少なりとも世の中の役に立てることはないのか?
と考えておりました。 神はナンセンス奴を見放すことなかったようで迷案が
浮かびました。

通貨スワップを結ばなければ南鮮は確実に破産でしょう。
さすれば南鮮と取引がある企業はL/C決済等のヘッジをしている企業を
除いて不渡りを掴まされることになります。 大店の誉れ高い本間商店さんや
十和田屋さんでも傾くかも・・・ そこで、、 

【民辛党は政変により損失を被った企業には無利子で融資するという時限立法
(もちろん担保は必要)を提案すれば世の中から賛同を得られ、党の存在を
アピールできるのではないか。】 と党宛にメールを送ってやりました。
[ 2017/01/16 20:02 ] [ 編集 ]
定石
民進党がチマチマとクダラナイことを遅まきながら言っている間に、韓国がグダグダくだらないことを言っているうちに、安倍首相はしっかりと対中国戦略を胸に米国トランプ次期大統領との会談を早々と行い、今アジア諸国を歴訪という活発な外交を繰り広げています。
日ごろ安倍政権の間抜けなところを指摘している拙ですが、評価もしてはいます。
今の安倍首相の動きはボディーブローのように遠からず効果を表すでしょう。
その証拠が中国が不快感を表していることで分かります。

そしてその時、韓国は出し抜かれたと勝手にまたひねくれ、いじけるのでしょう。

http://www.sankei.com/world/news/170116/wor1701160046-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/170114/plt1701140005-n1.html

[ 2017/01/16 21:51 ] [ 編集 ]
記念像
末田先任軍曹殿
ソウル日本大使館前の像は1992年1月から始まった「水曜デモ」の1000回記念で建ったモノだそうです。

時系列で見ると
1991年12月に日本で福島瑞穂、高木健一輌弁護士をはじめとする代理人11人を以て、訴訟を起こしています。
   控訴人 「韓国大平洋戦争犠牲者遺族会」
   目 的  補償請求
議員になる前の福島瑞穂等が渡韓して「日本政府から金を取れるから」とせっせと原告メンバーを募っていた、と言われる件だと思います。
その翌月から始まった水曜デモ になります。

その後に宮沢内閣の官房長官、加藤紘一談話と河野洋平談話と続きますが、訴訟を起こしている為か、嫌がらせ方法が思いつかなかったのか、挺対協が後押しするデモが主な行動だった様です。

あの像一体に約800万円かかっている、と言われます。どこでどう費用が掛かっての金額なのかは分りません。
今までイチャモンの度に日本が支払った中から捻出しているのか、或いは闇のスポンサーが居る、としか思えない金額です。
計50体だか60体だか、となれば億単位です。
表向き「募金」だそうですが、あの民族が?と疑い極めて濃厚。

南鮮に進出して企業が円満撤退出来ないのは、80年代にも例があります。撤退の噂で労働組合がピケを張って社内に寝泊まり、製品備品強奪は当たり前、という”事件”もありました。
それは日本企業に限った事では無いようで、結局社屋から備品まで置いてさっさと出てくるのが唯一マシな方法だと言われました。
過去の実例があるのですから、現在の企業の退所損失は自己責任だと思います。
民侵の様な処から「助成金」が出たら、アヤツ等は長々とその企業に絡みついて元を取ろうとするでしょうw だ~めな~のよ~

南鮮政府にスワップ協定で紙屑差し出されるよりは中小の撤退企業に低利又は無利子で貸し付ける方が、円返金が確保出来るのではないかしら。大企業は自前でヤレ。
[ 2017/01/17 02:32 ] [ 編集 ]
✔【GJ速報】安倍首相「外務省は駐韓大使らを早く韓国に帰したがっているが、その必要はない。国民も納得しない」(産経)

駐韓大使帰任に慎重 官邸、韓国側の対応見極め 安倍首相「早く帰す必要はない。国民も納得しない」
2017.1.17 08:50

 政府・与党内では、外務省幹部や自民党の二階俊博幹事長らが早期帰任に前向きな姿勢を示している。
 一方、安倍首相は周辺に「外務省は大使たちを早く韓国に帰したがっているが、早く帰す必要はない。国民も納得しないし、それはさせない」と語っており、慎重な構えを崩していない。
 
以下はソース元で。
ttp://www.sankei.com/politics/news/170117/plt1701170011-n1.html
[ 2017/01/17 13:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: