私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日のライバルは、もはや読売でも毎日でもなく、「ネットメディア」である

朝日のライバルは、もはや読売でも毎日でもなく、「ネットメディア」である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞が、元日から、「民主主義」の連呼である。元日の一面は新聞社としても力を込める対象のはずで、スクープ記事を持ってくるケースもある。産経が2014年の元日に「河野談話 日韓で合作」を持ってきたのが、その良い例だ。この報道が、その年の夏、朝日新聞の懺悔に結びついたのは、周知の事実である。

 今年の朝日新聞の元日一面は、私も元日に触れた通り、「民主主義の試練」だ。朝日はなんとその一面に、元SEALDs奥田のコメントを挿入した。どうせならもっといい役者はいないのかとヤジを飛ばしたくもなるが、書いている方はこれでも眉間に皺を寄せ、なかば悦に入りながらペンを走らせているのだろう。

朝日新聞 試される民主主義


 いまや、朝日のライバルは、読売や毎日ではない。既存メディアのライバルはインターネット・メディアである。そのネットメディアのなかで、朝日がとりわけ敵対視するのが、SNSである。朝日は昨日、「単純な「答え」に群がる人々 まとめサイトだけ信じ批判」という記事を掲載し、俳優・成宮寛貴氏の芸能界引退騒動を引用しながら、ネットメディアに群がる人々が、いかに近視眼的かを屑々と語った。成宮氏の記事をFRIDAYに掲載し、世間から批判を浴びた講談社の広報室長を登場させ、「単純化された断片情報によって批判が高まっていった」と言わせている。要するに、ネットの情報は取材をもとにしておらず、根拠が薄いとでも言いたいのだろう。

 朝日は、昨日の社説でもこう書いている。

 分断を克服する努力も欠かせまい。ソーシャルメディアは個人の発信機会を広げた半面、同じ考えの者同士が固まる思想の分断も生んだ。異論が混じり合い、理解し合う言論空間を構築しなければならない。既存メディアの信頼回復も急務だろう。


 「異論がまじりあい、理解しあう言論空間」を朝日が主張する恐れ入る。こと憲法、原発等について、異論を一顧だにしないのが朝日である。慰安婦問題は、吉田証言を用いた記事を取り消したにもかかわらず、「自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質」だと、議論をすり替えた。少なくとも、朝日が「異論を甘受し、理解しあう言論空間」を是としていたなら、あの誤報を32年間も放置しておくことはなかっただろう。

 「単純化された断片情報」とは、慰安婦の言い分のみを拠り所とし、彼女らの断片的な証言を単純化して紙面に掲載し、吉田や打慰安婦らの証言を検証しようともしなかった朝日の報道姿勢そのものだ。いまや、ネット世論は、いち東京都知事を辞任にまで追い込む力をつけた。既存メディアの信頼回復は、言葉で言うのは容易い。しかし、多くの誤報、捏造、歪曲記事で読者・国民を騙し続け、日本に汚名を着せ続けてきた朝日のようなメディアが、もともとあったかどうかわからない信頼を勝ち得ることは、もう不可能と言っていい。

 ネットメディアには、確かに信憑性のない記事も多い。しかし、情報の取捨選択を含め、自己責任と割り切ることが可能だ。一方的にプロパガンダを流され、洗脳されるよりはよっぽどマシなのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2017/01/05 07:09 ] メディア | TB(1) | CM(4)
似た者同士
朝日が謝蓮舫村田を問題視しない、出来ない理由がよく判りました。非常によく似ている、というより同軌道にある論法者。
自分のしている事を空想妄想で、如何にも常識的で寛容な思考をしていると勘違いし(或いは勘違いしたふり)、実態は全く狭窄的領分から出られない同穴主義。
広い世間に出て行けない、これもいわば「オタク」の一種ではないかしら。

SNSは存じませんが、ネット検索出来る範囲のニュースは時間を逐う毎により真相を求めて多数のメット情報が行き交い探求報告されるものは多いように感じます。
少なくとも逆フィルターが何重にも掛かった反日既存メディアよりは真実を知る事が出来ます。

成宮氏の事はあまり知らないのですが、講談社!
三浦しをん氏が出版社への就職活動をしていた時のことをリアルな小説にしていますが、講談社としか思えない出版社員の横柄な態度と言葉遣いの悪さを”暴露”していました。
多分未だに彼女は講談社に筆を執っていないのでは、と思います。
日頃の社の態度の悪さが因縁で、売れっ子作家に逃げられた出版社w
[ 2017/01/05 09:45 ] [ 編集 ]
朝日新聞は民主主義を否定している
選挙は民主主義そのものである。しかし朝日新聞は、選挙のたびに選挙結果を批判し「民意が反映されていない」と繰り返す。これは、民主主義そのものを否定するものである。

では、なぜ朝日新聞は平然とこの様な主張を繰り返すのか? それは、朝日新聞社の経営者および社員達が、自分達の言論だけが正しいと思い込んでいるからである。従って、朝日新聞の考える通りの選挙結果になるまで、民意は反映されていないことになる。

しかし、民主党が大勝したときは、紙面から民意が反映されていないと言う批判が消えていた。

朝日新聞は、報道機関と言うより、政治結社だろう。
[ 2017/01/05 12:54 ] [ 編集 ]
ネットへの朝日の攻撃手法
朝日などの反日偏向メディアが最近メディアとしてのネットを競合として意識し出しているように見えます。
それを表す事が朝日のネットを扱った記事になるわけですが、直近「ネットは情報が不確かで質が悪い」、「右翼のたまり場」というネガティブなイメージ付けに力を入れているように思えます。
そして朝日としての危機感が増せば何れ『金持ち喧嘩せず』の気取りを取り去り、法をチラつかせた恫喝へと進むのではないでしょうか。

主記載の通り確かに「ネットは玉石混交」であり、それは否定できません。
しかしそう批判する大手反日メディアはどうであるのか?
マスメディアという知名度、信用度をもとに垂れ流す偏向報道ほど社会に害を成すものは無いと思いますが。
初めから「「玉石混交のネット」と読者が個々の内容を疑うという姿勢で読むネットに対し、初めから信用して読んでしまうマスメディアの記事ではマスメディアの記事が偏向し、一定の方向に誘導するという企図があればそれこそ悪質であると思えます。

今それが『憲法改正』、『原発』、『安全保障』などを扱う記事に表れています。

「辺野古移設訴訟で敗訴確定 それでも徹底抗戦の沖縄・翁長雄志知事に待ち受けるもうひとつ移設問題の行方」

http://www.sankei.com/premium/news/170106/prm1701060007-n1.html

慰安婦捏造 「言語の壁」で責任を隠ぺいする朝日新聞 藤岡信勝(拓殖大学客員教授)

http://www.sankei.com/premium/news/160312/prm1603120037-n1.html

[ 2017/01/06 06:09 ] [ 編集 ]
朝日新聞落日の歌
>しかし、多くの誤報、捏造、歪曲記事で読者・国民を騙し続け、
日本に汚名を着せ続けてきた朝日のようなメディアが、
もともとあったかどうかわからない信頼を勝ち得ることは、
もう不可能と言っていい。

>ネットメディアには、確かに信憑性のない記事も多い。
しかし、情報の取捨選択を含め、自己責任と割り切ることが可能だ。
一方的にプロパガンダを流され、
洗脳されるよりはよっぽどマシなのである。

・まさしく、その通りです。
 ブログ主様が、きっぱりと達意の文で書いてくださいました。

私の場合、にっくき朝日新聞を批判するには、
文章で要領を得ないコメントを書くよりも替え歌が一番なのです。
そうしたことから、
またまた「およげたいやきくん」の替え歌で投稿です。
我ながら凝りません。(笑)

朝日新聞落日の歌

1.
言われて久しい 落とし紙
反日ビジネス 盛況も
今は昔の 朝日城
落城間近の 底上げの
押し紙犯罪 ばれて来て
一度に廃棄の 可燃物
日暮れて お寒い 記事ばかり
ゴミ箱 ポイ捨て 当然だ

2.
朝日の捏造 数知れず
南京 慰安婦 教科書と
盛りだくさんの 嘘話
ネットの世界で バレバレも
居直り強盗 よろしく
ネットの言論 攻撃し
レベルの低さを 言う資格
朝日にあったとは 片腹痛い

3.
罪の深さと 性悪は
年季のはいった 前科持ち
歴史を 捏造してまでも
日本の 先人貶めて
国家の未来まで 毀損する
朝日の大罪 許されぬ
社会のゴミこそ 朝日だと
悪魔のDNAは 永遠だ

4.
朝日の常用 フレーズは
護憲に共生 グローバル
使い古しの デジャブ感
上から目線の 記事書いて
エリート気分の 御高説
子供ニュースに紛れ込み
密かに営業 確保するも
いまや天下の 敗残紙

5.
今日もせっせと 反日狂
旧悪探しで 血眼に 
日本はこんなに 悪い国 
中韓様に 迷惑かけた
謝罪せよとの オンパレード
政治宣伝の 工作紙
秘めたる悪意の 朝日こそ
潰れて欲しいが 民意だよ
[ 2017/01/06 06:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

政権側の直接広報 今年は主要メデイアと海外特派員が失業させられる年
オバマ政権は大統領選挙でハッキングしたのはロシアだとしていたが、どうやらこれは嘘だったようだ。 大統領選でヒラリーや民主党をハッキングしたのはロシアと嘘をつく米政府 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52000540.html 日本のマスコミは、直前までオバマ政権の主張のとおり報道し続けてきた。 ここで、大統領選挙...
[2017/01/08 04:02] 祖 国 創 生
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: