私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  北野武が蓮舫を斬る ~ 「有権者だって、あれに政権渡すわけないじゃん」

北野武が蓮舫を斬る ~ 「有権者だって、あれに政権渡すわけないじゃん」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党代表の蓮舫が、新春メッセージなるものを党の公式サイトに掲載した。

 挑戦しようとする全ての次の世代を私は応援したいと思います。現場に行くとそこには答えがあります。現場で声を聴くとそこには必ず政治につながる政策があります。

 今の政権は支持率は高い。でも強行採決3連発がまだ記憶に新しいように、残念ながら国会の活動を軽視しています。私は、国民の皆さまの声にしっかりと寄り添う政治を行う民進党でいたいと思います。


 ネット住民からは「どこの国民の声?」という揶揄が飛び交っているようだが、そういうツッコミを許してしまうのは、蓮舫自身に責任がある。自民党政権と比較しても数倍の強行採決を断行した民主党政権の時代など、もはや忘却の彼方に消えているのだろう。蓮舫は、「現場の声を聞く」というが、現場の声を無視して強行したのが、「主役 蓮舫」の事業仕分けという政治ショーだった。今年もまた、蓮舫の発言に、常に「お前が言うな」というツッコミが飛び交う年になると思われる。

 そんな蓮舫のことを、北野武が毒舌で批判している記事が、SNSを中心に話題となっている。出典は東スポだ。

【たけし世相斬り】小池都知事は言ったことを一つも実現できていない (東スポ)

 安倍政権は長期になってるね。中曽根康弘元首相を超えて、戦後歴代4位だもん。ちょっと、やっぱり、野党第1党の民進党が蓮舫を担ぎ出してるのがおかしいよ。力ないもん。もし政権交代したら、蓮舫が総理大臣かい? 有権者だって、あれに政権渡すわけないじゃん。冗談じゃないよ。二重国籍なんてスパイみたいじゃん。台湾経由の中国のスパイだったら笑うだろうね。アブねーって。

 一番の罪は、2009年に政権代わったときの民主党のバカさだよ。鳩山由紀夫だの菅直人だの、みんな大バカヤローだよね。運も悪かった。大地震が来ちゃうわ、原発は壊れちゃうわ。その対応がマヌケすぎたってのもある。安倍政権はまだまだ続くよ。


北野武 蓮舫


 タイトル通り、テーマは小池都政なのだが、冒頭で蓮舫をぶった斬っている。安倍長期政権を逆に支えているのが民進党だという分析は、仰る通りだ。もともと信頼を失った民主党/民進党が、二重国籍問題が露呈しているにもかかわらず、ウケ狙いで、東京都選挙区で100万超の票を集めた蓮舫を代表に据えたのが昨年の9月。そんな浅はかな判断が、もともとなかった党への信頼をさらに失墜させ、安倍自民独走が現在の構図だ。

 さて、この発言は東スポには掲載されるが、大手紙には載らない。「二重国籍なんてスパイみたいじゃん」のくだりをカットしても、恐らく大手紙は扱わないだろう。産経一社のみが奮闘して記事にしているものの、読売においては、「二重国籍 蓮舫」というキーワードでサイト内検索をかけてヒットする記事はたったひとつだ。朝日、毎日に関しては、取り上げながら、「多様性」「排外主義」などのキーワードを並べ、問題の本質をすり替えながら、蓮舫を擁護するというスタンスを変えていない。

 新聞など、その程度のものでしかないと言えば、それまでである。社論の宣伝に使える著名人なら喜んで登場させる例は、朝日新聞を観察していれば良く分かる。坂本龍一、落合恵子、吉永小百合・・・。反戦、反原発、護憲といった共通項がある著名人を広告塔に使うが、多様性をしつこく主張する朝日自身が、多様性を排除しているのだ。これこそ、ダブルスタンダードというべきものである。

 マスメディアの説得力は、今年も下落の一途を辿る年になる。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2017/01/04 07:08 ] メディア | TB(0) | CM(17)
たけしの言う通り。この二重国籍問題を扱わないマスコミには不信感を持つ。でもたけしのこの発言もTV、新聞はスルーする。
[ 2017/01/04 08:54 ] [ 編集 ]
アカヒのダブスタは「平壌」運転
アカヒのダブスタは伝統のお家芸。
つまり本日も「平壌」運転ということです。
[ 2017/01/04 11:19 ] [ 編集 ]
レンレン蓮舫
蓮舫には呆れて物が言えないのですが、
どうしたことか(笑)(パブロフの犬の如く)
蓮舫や朝日新聞の替え歌は、たくさん湧いて出ます。(笑)

なかでも今日投稿する「黄金虫」の替え歌は、
以前にも書いていますので歌詞を確かめてみますと、

「今日も憤怒の思い満載の替え歌を作っています。
 『黄金虫は金持ちだ
  金蔵建てた 蔵建てた
  飴屋で 水飴買って来た』の『黄金虫』の歌で」と書き出した
昨年11月26日のコメントがあり、ダブってはいませんでした。

と言うことで、
今年の今日も同じく「黄金虫」の替え歌で。
1.
レンレン蓮舫 恥知らず
言う悉く ブーメラン
いかさまインチキ 見本市

2.
レンレン蓮舫 嘘だらけ
青筋襟立て 中身無く
国民不在の 虚仮おどし

3.
新聞テレビは 切り貼りの
情報操作で 無いものと
お仲間蓮舫 庇いたて

4.
新聞テレビは 蓮舫と
どこかで繋がる 不審者よ
国の守りは 余所事だ

5.
新聞テレビは 無用者
嘘と捏造 得意とし
国民騙して 金を取る

[ 2017/01/04 12:25 ] [ 編集 ]
油断ならないNHKにも替え歌で
またもや「黄金虫」の替え歌で、
投稿しておきたいものがあるのです。

不信感でいっぱいのNHKに対するものです。
心底怒りを持つものに関しては、言葉があふれるものですね。

1.
NHKは 反日だ
反日勢力 抱え込み
敗戦利得の 総本山

2.
NHKは 反日だ
信頼見事に 裏切りて
歴史を改竄 日本叩き

3.
NHKは 要監視
油断ならない 虚偽報道
日本悪しかれ どこまでも

4.
NHKは 要監視
皆様のとは 言い難い
いかさま局の 面目ぞ

5.
外患誘致の 疑惑有り
かのマスコミも 政治家も
国民欺く 法破り
[ 2017/01/04 13:34 ] [ 編集 ]
エセ多様性を強制しつつ真の多様性を認めない気違い共
R4は多様性の象徴とか言ってますよね、垢日共は。唯の違法人に過ぎないスベタに。我が国は法を守る大和民族だけで十分です。違法な異民族は一匹も要りません。ですから、たけしはよくぞ言ってくれたと思います。

マスゴミ共に共通していることは、自分達が日本国民に多様性を求めながら、当の日本国民の真っ当な意見は一切排除し報道せず聞かなかったことにする、という唯我独尊です。自分達の意見は聞け。だがお前らの意見は聞かん。これのどこが多様性の尊重でしょうね~、ヘソがほうじ茶を沸かすとはこのことです。
[ 2017/01/04 23:14 ] [ 編集 ]
マヌケなたけしが無視する事実
震災対応で地震発生直後四分で危機管理センターを立ち上げたこと。

早期に自衛隊の大規模投入を決断し二万六千人の人命を救助したこと。

東電が撤退を進言したのを断固として拒絶し叱咤激励し首都圏三千万人移住の最悪事態を回避したこと。

「対応がマヌケ」だったところは有るものの、誰が指揮しても同じことになったはず。国会事故調の結論は「安全神話が元凶」ということだからね。そして莫大な費用を投じてその完璧な神話を作り上げたのは自民党政権時代であるし、莫大な広告費を貰って神話作りに加担したたけしも共犯者である。菅氏を批難するなら、「自分も無知だった、悪かった」と反省するべきだが、それが出来ないから全てを政府対応のせいにしたいのだろう。卑怯な男だね。
[ 2017/01/05 01:53 ] [ 編集 ]
あけましておめでとうございます
TMさんへ

>震災対応で地震発生直後四分で危機管理センターを立ち上げたこと。
…日本国では、あたりまえのことかと。このことこそ、誰が指揮しても同じことにならないとダメかと。

>早期に自衛隊の大規模投入を決断し二万六千人の人命を救助したこと。
…自民党も震災対応に協力していて、国防が疎かにならないよう、自衛隊ですべてを対応するのではなく、予備自衛官の活用を提言していたと記憶している。

>東電が撤退を進言したのを断固として拒絶し叱咤激励し首都圏三千万人移住の最悪事態を回避したこと。
…亡くなられた吉田昌郎元所長は、東電から海水の注入を止めるように指示されたが、国民の安全を第一優先して、現場の判断で海水の注入を続けた。これは、叱咤激励よりも、感謝称賛すべきことであろう。
[ 2017/01/05 06:54 ] [ 編集 ]
憲政史上最悪
ぱよちんが元ガレキ総理のトンチン菅を必死にかばっているが
そもそも放射線被害に過剰反応し、広範囲の住民を強制移住させた罪は重い。
隠匿したSPEEDIのデータを公開して科学に基づく避難をすべきで
コイツの思い込みと独善的な判断は「憲政史上最悪の首相」と呼ぶにふさわしい。
ちなみに村山は「憲政史上最も愚かな首相」
ルーピー鳩山は「憲政史上最も気が触れた首相」
野ダメは「憲政史上最も不明な首相」
と当方は呼んでいる。
[ 2017/01/05 09:10 ] [ 編集 ]
そんなタケシに騙されて
初めに申しますと、自分は北野武をまったく評価していません。
典型的な大御所仕切り役電波芸人であり、得意のスタイルが「何となく意見対立の間に入って、したり顔でボソボソと意味ありげにどうとも取れるような事を言い一番出演料を多く取っているタレント」という見方です。
恐らく左側にポジションがあると思えますが、そこは頭の良さでしょうかそれほど正体を他のタレント、例えば笑福亭鶴瓶などとと違いなかなか見せません。
しかし朝日などに多数出演しているというのは親和性が有る様に思えます。

そして「もう一般国民の大方の見方が固まった方に付く」という勝馬に乗るタイプではないかと思えます。
今回のコメントも単にそれに合致したものです。
ある意味、この面では池上彰にも似たところです。

http://lite-ra.com/2016/05/post-2211.html

なお、この件でのたけしの発言は間違ってはいませんが、そんなたけしよりも保守的言動をして干されたりしたタレントたちを尊重したいと思っています。

http://www.sankei.com/politics/news/161231/plt1612310002-n2.html

それから吉永小百合同様、晩年で正体を表す者もいます。
黒柳徹子の『徹子の部屋』も朝日というオチです。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-421285.html

http://www.sankei.com/affairs/news/161226/afr1612260020-n1.html

[ 2017/01/05 18:54 ] [ 編集 ]
さすがは朝日新聞
読売、毎日では相手に不足、ひとりネットの大海に挑む…という意味かと思ったら、違ってましたね。(笑)
自分たち(自称)リベラル・エリートが「善導」すべき国民世論をずぶのど素人のSNSが動かすなんてとんでもない、どうせ低学歴、低所得のレイシスト達だろう、と言いたくてたまらないいようで。

EU官僚や欧米のマスコミなどと共通の驕りを感じますが、彼らの全盛期はとうに過ぎました。

驕れるものは久しからず、ただ新春の夢のごとし。

私たちはけっして夢なんぞは見ません。
[ 2017/01/05 21:13 ] [ 編集 ]
曲芸曲技
アノすっから菅をそこまで優しくひん曲げて擁護出来るのは、最早曲芸曲技の世界ですわ。
おびょーきとは思って居りましたが、ビョウキは治るもの、こりゃ不治の病か単なる身についた悪癖か。
今時菅元シュショーを擁護できるのは本人かその周辺にしか存在しないんじゃないかな。

菅は自分の大震災対策不能を覆い隠す為とガタガタの内閣の安定化を図って、自民党の谷垣総裁に電話で「大連立」を申し出たそうで、それも谷垣氏に「副総理兼震災復興担当」を提示だとか。
これが大津波の直後の三月の内。
目の前の混乱の全てに何の有効手当も出来ずに、ポストで釣ろうとして”提供”が「復興担当」ですと。
谷垣氏は「手続きがおかしい」と却下の、この上ない正当なお答え。

何をどう曲解宣伝したくても、事実はあの3・11を取り上げた膨大なの書物に記されて居ますから、よもやドコゾの国の様な”捏造菅の対策”が世に残る事はないでしょう。残るとしたら「そういう嘘を宣伝したがった者も居た」脚注で。
蛇の様な絡みつきは止めたがよい。
[ 2017/01/06 00:18 ] [ 編集 ]
「たけし」だからこそ「本音」が言えるのだろう
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いしたします。

業界の大御所である「たけし」だからこそ、「本音」が言えるのでしょうね。彼は、自分の事務所を構えているくらいですからね(フライデー事件などで謹慎していた時期もありましたが、フライデーにも問題はありましたし、彼ほどの実力者だからこそ、復帰できたのでしょうね)。

小物や新人では、本音を話すと、業界内で「干されて」終わりですからね。

藝能界が政界や裏社会(ヤクザ)とつながりが深いことも有名ですが、「裏社会(ヤクザ)」の事情を話すことができるのも、「たけし」だからこそできる事なのだと思いますね。

>安全神話が元凶

そもそも、「安全神話」などという言葉は、マスゴミが勝手に作った言葉であり、「どんな技術にも絶対は無い」という現実を無視しているだけに過ぎない。

自民党は事故対応の為の対策法案などを提出しようとしていたが、民主党(現民進党)は、そういった基本的な対応すらもせず、菅直人が自身の株かを挙げる為のパフォーマンスで福島訪問、現場の事故対応を遅らせるなど、多大な迷惑をかけていた。

マスゴミなどが菅の功績と称して、英雄のように持ち上げているが、それらがただの「パフォーマンス」だった事が次々と発覚してしまった(危機管理センターなど、立ち上げただけで、何の権限も災害対応計画持たない形だけの機関だった)。

このように、メッキがはがれた「学生運動の成れの果てのクズ」に振り回された1年は、地獄であり、本当に短いようで長かった1年だったと思う。

[ 2017/01/06 00:46 ] [ 編集 ]
読めない読者達
私が菅元総理を庇っているのではない。
自民党含めた当時の野党が立ち上げた国会事故調は「安全神話」が全ての元凶としたのだ。
この重大な結論内容については誰も反論が出来ないようだが、それ故に無視を決め込むあなた達が支持する政治家には決して菅元総理以上の対策は出来ようも無い。

[ 2017/01/07 18:48 ] [ 編集 ]
勿論
菅氏が完璧だなどとは言わない。ブログ主も申しているように、物事には「光も有れば影も有る」。その場合「光とは何か?」「影とはなんか?またその原因は何か?」を正しく分析しない事には何も解決しないということを言いたいだけだ。特に政治は。

たけしの政治的発言には幼稚なものが多いと思っているが、北野たけし監督の映画作品は、評価はしているよ。
[ 2017/01/07 19:06 ] [ 編集 ]
飯舘村避難
TM様 IAEAは、日本政府からの情報不足を指摘して結果、天野会長他が来日し情報収集をされましたが、11年3月30日に、福島県飯舘村の高濃度放射線物質検出された事から住民に避難勧告をするべきと日本政府を促したそうです。
それに対して内閣枝野官房長官は例の「直ちにそうしたものではない」「長期間で蓄積されるものだ」とか言い張りながら、結局飯舘村住民に避難指示をしたのが翌月4月の何日だったか?
これ、菅内閣だからこその遅れではないのですか。

「安全神話」で長い年月暢気に過ごしてきたのは、確かに長期政権の自民党も他の野党も責任は逃れられない国会ですが、一旦事故になっての愚かな対策の種々は菅内閣だからこそ、だと私は思います。

そう言えばあの大震災で皮肉にも救われたのが、政治資金の北朝鮮関係活動家への支出で問責決議案を提出されていた菅直人首相自身でしたね。

当時の石原都知事が都の消防隊139人を派遣した経緯をご存知でしょうか?私は一昨日読んだ阿比留瑠非比記者の「総理の誕生」で初めて知ったのですが、記者が関係官僚から聞いた話として記していました。

<知事の石原は当初、菅官邸からの消防隊員派遣要請を拒否していた。菅に大事な隊員たちを預けたら、どこでどんな使われ方をするか分らず、信用出来ないからだという。
菅の催促と石原の板挟みになった事務方が安倍に相談したところ、安倍が石原の長男で自民党幹事長だった伸晃を通じて石原を説得し、隊員の派遣が決まった。
(その官僚は)「安倍さんの手伝いがあったことを菅が知ると、また激怒して何をするか分らないから記事にしないで」と笑っていた。 以下略>
つまり手足として使うべき官僚を使えず、行政要人の信用も無い首相だったというのがよく分るエピソードです。

TM様が菅直人氏を評価されるのは勿論ご自由ですが、私は一つも首肯することは出来ませんでした。


[ 2017/01/08 01:44 ] [ 編集 ]
瑠比 記者です
阿比留「瑠比」氏のお名前を「瑠非」と誤記し、失礼してしまいました。訂正致します。
[ 2017/01/08 01:57 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/65775024.html?__ysp=6aOv6aSo5p2R6YG%2F6Zuj44GM6YGF44KM44Gf55CG55SxIOWbveS8muS6i%2BaVheiqvw%3D%3D
避難が遅れた理由を国会事故調はこう結論付けています。


① 関係する組織間の意見調整

② 新たに避難区域を決める際に参照すべき基準の議論

のために 時間がかかったこと

時間が掛かった理由として大きいのは、安全委員会からの助言と迅速な意思決定が無かったことを挙げています。

「原災本部は、3月21日時点で すでに ICRPから勧告が出ていたのであるから、安全委員会からの助言と迅速な意思決定があれば、ICRPの参考レベルに従って基準を定め、高線量地区の住民に対し 避難指示をすることは可能であった。」

また、
「 安全委員会は、平成18(2006)年に、国際基準となっている防災措置実施の考え方を取り入れるべく、防災指針の見直しについての検討を始めた。しかし、保安院の反発にあい、十分な改定を行うことができなかった。 さらに、防災指針の見直しは、平成22(2010)年から平成23(2011)年にかけても、安全委員会が 原子力施設等防災専門部会で検討を進めようとしたが、その矢先に本事故が発生した。平成18(2006)年以降の防災指針の検討経緯を見ると、安全委員会 及び保安院のいずれにも、住民の安全確保を最優先するという視点が欠けていた。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/65840944.html
とも。

つまり、専門機関に問題が有ったということですが、この機関は安全神話を作り上げた自民党がその為に作ったものであり、民主党になっても人事に手を入れてもいません。
つまり、原発や放射能の危険性を以前から訴えていた政党でも無い限りは、事故への危機意識は薄く、安全神話を作ってきた専門家とそこに安住してきた当事者の意見を重視して意思決定をする以上、どんな政権でも同じ結果になったと考えるのが現実的です。

[ 2017/01/11 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: