私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  批判にすらなっていない蓮舫の薄っぺらい文句

批判にすらなっていない蓮舫の薄っぺらい文句

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2016年もあと少しで終わるが、今年の政界で最も醜態を曝け出したのが、民進党の代表、蓮舫だろう。二重国籍問題では、他者に対して青筋を立て、舌鋒鋭く切り込む姿は鳴りを潜め、プライベートなことだと沈黙を貫いている。何かを言うと、ネットを中心に「お前が言うな」の大合唱だ。

 今村復興相が、靖國神社を参拝した。こういう参拝がニュースになること自体がおかしいと思うのだがし、蓮舫はこの今村氏の参拝に対し、このように批判している。

蓮舫氏、復興相の靖国参拝「なぜこのタイミングなのか」(朝日新聞)

 (今村雅弘復興相が靖国神社を参拝したことは)なぜこのタイミングなのかということを、私自身も感じざるを得ません。大戦に対するいろいろな思いがあることは否定いたしませんが、今日は日米両首脳が真珠湾、75年前に思いをはせながら、不戦の誓い、あるいは和解の力ということを、(安倍晋三)総理自身もメッセージとして発した直後です。自民党の中、あるいは政権の中が一枚岩ではないのかなという部分に、若干不信感を覚えています。(松山市内で記者団に)


 なんとも支離滅裂な批判だ。国語としても成立していないように思われる。安倍総理は真珠湾を訪れ、日米両国民に対し、そして世界に向け、「和解の力」を示し、同時に不戦の誓いを立てた。この蓮舫の批判は、不戦の誓いと靖國神社が対極にあるという建付けで述べられているのだが、靖國神社は好戦的な精神の象徴でもなければ、戦争賛美の象徴でもない。蓮舫の筋書きは、特アの主張そのものなのだ。

蓮舫


 かたや、蓮舫の批判はその不戦の誓いを明言した安倍総理にも及ぶ。

「不戦の誓いと言いながら、安保法?」 蓮舫氏(朝日新聞)

■蓮舫・民進党代表

 安倍(晋三)総理がパールハーバーを訪れた。歴史的に大きな、和解の誓いというメッセージを発した。オバマ大統領とそろって真珠湾で不戦の誓いを語られたことは、大変大きな意義があると思っている。

 他方で、引っかかっていることがある。不戦の誓いと言いながら、なぜ憲法解釈を変えて安保法制に突き進んだのか。来年度予算案を見ても、5年連続で防衛費は増えている。

 いま、世界で最も必要としているのは国際協調、平和への道を、日本が中心となって進めていくことではないか。民進党は平和という基軸にしっかりと足を踏みしめ、国際平和をつくりあげていきたいと、この真珠湾のオバマ大統領、安倍総理のそれぞれのメッセージを見ながら考えた。(党仕事納めで)


 蓮舫は、安倍総理の真珠湾訪問の前、大変大きな意義があると、一応の評価は述べた。しかし、「不戦の誓いと言いながら、なぜ憲法解釈を変えて安保法制に突き進んだのか」と、まるで頓珍漢な批判を展開している。

 不戦とは、日本が自ら戦争を仕掛けることはしないという意味であり、攻められても戦わないという意味とは違う。攻められるとは、実際に攻撃を受けることと、攻撃を受ける想定がされるときに、その芽を摘むという意味をも含む。今日、自国のみで国防を完結できる国はごく僅かだ。その僅かな国は核を保有し、絶対的な抑止力を身につけている。日本とて自国のみで国防を完遂できるわけではなく、だからこそ日米同盟があるのだ。その日米同盟にとって必要だったのが安保法制で、その安保法制が今回の安倍総理の真珠湾訪問と密接にリンクしていることがわからないのだろうか。

 蓮舫の批判は、批判にすらなっていない「文句の」レベルである。野党第一党の代表がこんな薄っぺらい批判しかできないのだから、政府も自民党もしばらくは安泰だろう。ところで、二重国籍問題に関する文春砲はいつ出るのだろうか(笑)。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/12/30 07:18 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
多弁だが怪しげな日本語を操る違法人党首
日本語の筋が通らない。まさしく支離滅裂。
投げたボールがあっちに飛び、こっちに飛びと、まともにストライクが
決められないピッチャーの様です。
また、辺り構わず噛みつく噛みつき犬の様でもあります。

しかし、如何に的外れな批判であっても、日本を取り巻く
状況が危機をはらんでいようとも、国際情勢が不透明な時代に
入っても、暢気に反対さえ言っておけばことが済むのですから、
何ともお気楽な稼業だと言えます。

いつも思うことなのですが。
国会議員のバッチをつけて偉そうな物言いをするだけを身に着けた
この愚かな女は、拉致被害者が北朝鮮の劣悪な環境のなかで、
日本からの救出をどれ程の思いで待っているか、おそらく
頭をよぎることもないだろうなと想像するのです。
[ 2016/12/30 08:50 ] [ 編集 ]
ノーコンピッチャーと言うよりも
なつこ様のコメントに異論があります。
R4はノーコンピッチャーなのではなく、牽制球しか投げられないんです(笑)
[ 2016/12/30 09:08 ] [ 編集 ]
なるほど
ST様

直ぐにピッチャー交代をさせられる
へぼピッチャーのイメージでしたから。(笑)
なるほど、そうですね。
[ 2016/12/30 09:26 ] [ 編集 ]
R4は唯のゴミですが
自由移民党が安泰であればそれはそれで我が国を破滅へと導くでしょうね、民疹政権下よりもスピードは遅くとも確実に。やはり日本第一党の如き第三の政党勢力が伸長して行かねば、我が国は長期的に見て確実に『東洋に有る移民だらけの国』となり、大和民族も満洲人の如く歴史から消滅していくでしょう。
[ 2016/12/30 09:41 ] [ 編集 ]
ドイツ「日本帝国国家防衛大臣法学士稲田朋美女史の靖国神社参拝に反対しているのは、韓国人、人民シナ朝鮮族、人民シナ人、帰化未帰化各国韓国人だけだ」
ドイツ「日本帝国国家防衛大臣法学士稲田朋美女史の靖国神社参拝に反対しているのは、韓国人、人民シナ朝鮮族、人民シナ人、帰化未帰化各国韓国人だけだ」
-----

「防衛大臣稲田朋美女史の靖国神社参拝を韓国式捏造歪曲ヘイトしている『ある自民党幹部』」は、「『ある自民党幹部』なりすまし帰化未帰化在日韓国人通信社の共同通信社の帰化未帰化在日韓国人記者または帰化未帰化在日韓国人通信社の時事通信社の帰化未帰化在日韓国人記者または帰化未帰化在日韓国人通信社のロイター日本語版の帰化未帰化在日韓国人記者または帰化未帰化在日韓国人新聞社の日経新聞社の帰化未帰化在日韓国人記者」です。

キムチ共同通信社、キムチ時事通信社、きむちロイター日本語版、キムチ日経新聞社なども、ドイツにおいて、帰化未帰化在日韓国人宣伝工作機関として危険団体に指定されています。

先程のドイツ国内のニュースでは、「Frau Die Ministerin von Staatsverteidigung Des Kaiserreiches von Japan Dipl. jur. Tomomi INADAの靖国神社参拝に反対しているのは、韓国人、人民シナ朝鮮族、人民シナ人、帰化未帰化各国韓国人だけだ」とあちこちで報道されていました。
[ 2016/12/30 10:47 ] [ 編集 ]
コールドゲーム
なつこ様のおかげで、ショートショートが出来ました。

『コールドゲーム』

「ノーアウト満塁、あと一点でも取られるとコールドゲームのピンチです、オカダ投手をリリーフしたR4投手、このピンチを乗り切れるか……ピッチャーR4、キャッチャーのサインを覗き込みます、首を振った、首を振った、また首を振りました」
「一体何を投げたいんでしょうね」
「R4、キャッチャーを呼びました」
「呼んだと言うより、呼びつけたという感じですね」
「なにやら指を突きつけて文句を言っています」
「上から目線ですね」
「キャッチャー、なにやらブツブツ言いながら戻りました、無理もありません……ともあれ、プレー再開、ピッチャーR4、セットポジションに入ります、おっと、ここで一塁けん制です、ランナー、立ったまま戻りました」
「おや? 何か喚いていますね」
「どうやら審判にクレームのようです」
「どうみても楽々セーフなんですがね……」
「R4、きつい目で審判を睨みながらプレートに戻ります、さあ、セットポジションに入り……おっと、今度は三塁へけん制です」
「また何か言っていますね、ランナーはほとんどリードを取っていなかったんですが……」
「今度は審判ではないようです、しきりにグラブを振ってサードに文句を言っているようです」
「タッチの振りをして殴れって事ですかね……」
「R4投手、中指を立てています」
「これはいけませんね、スポーツマンシップと言うものを知らないんでしょうか」
「さあ、R4、改めてセットポジションに入った……今度は二塁けん制! お~っと、ボールが大きく左に逸れた! セカンド捕れません! ボールがセンターへ転々と抜ける間に三塁ランナーが悠々とホームイン! これで10点差、コールドゲームです!」
「R4投手、バッターには一球も投げずにけん制だけで終わってしまいましたね」
「お~っと! R4投手、引き上げて来るセカンドの胸倉を掴んでいます!」
「自分のせいじゃないとでも言いたいんでしょうか」
「おや? R4、ユニホームを脱ぎ始めましたよ」
「う~ん、脱いでも、もうグラビアでは通用しないと思うんですが……」
「今更○蜜に対抗するつもりでしょうか……いや、違いますね……これは驚きました、下から赤いユニホームが出てまいりました!」
「最初から二重に着ていたんですね……」
[ 2016/12/30 14:33 ] [ 編集 ]
今年を飾る愉しいオチ
ST様の優れて愉しいショートショートの
きっかけになったことは嬉しいですね。
蓮舫の蓮舫たる所以の国籍疑惑を解明するものが
ユニフォームの下に着こまれていたとは。
最後のオチが決まりました!! 888888・・・

***
どおりで、スタンドには、赤地に星が5つ入った旗を振る
集団がいましたし、プラカードを掲げたグループも
仰々しい応援をしていました。
しかしながら、蓮舫投手の失策続きに業を煮やし、
途中で席を立って引き上げて行ったのです。
後に残ったのは、プラカードの散乱。
なんと行儀の悪い連中でしょう。

まるで民進党の国会模様を見るようでした。
[ 2016/12/30 17:27 ] [ 編集 ]
冴えてます
ST様 相変わらずの絶好調。R4の性格丸写しw
リリーフの最初からノーアウト満塁 というのがなんともイイですねえ。
こんな投手をボッコボコにしない野手共、というのも珍しいチームです。「和」は大事ねw

ところでそのR4の靖國、真珠湾、安保法制コメントですが、どこまで本気で言っているのでしょうね?
一応はあれでも野党第一党党首らしいですから、今更歯茎剥き出しドスを効かせたキンキン声で「ヤダ~、冗談よ-」とも言えないでしょうから、全面正式発言として・・・頭、本当に大丈夫か?です。

防衛費を増やした!
安保法制を変えた!
だから戦争したがる日本になる! って、スガスガシイ程の馬鹿。

今井復興相も帰国直後の稲田防衛相も、真珠湾のご報告をされたのは大変良かったと思います。
御英霊の皆様も一安心されているかも知れません。今頃はお皿叩いてドンチャン酒盛り?だったらいいな。
出来る事なら総理が直接ご報告参拝されたら、もっとお喜びされるでしょうね。
[ 2016/12/30 19:27 ] [ 編集 ]
不戦の…
と言う冠を付けると、私は不戦の提督、最後の海軍大将・井上成美を真っ先に思い浮かべます。

井上成美は米内光政、山本五十六と共に身体を張って三国同盟の締結を阻止し、日米開戦にも絶対反対の、当時としては海軍きっての知米派=すなわち大衆マスコミからは「国賊」扱いされた人物でした。


その井上大将は戦後、深く敗戦責任を感じて、一切の公職につかず、近所の子供たちに英語を教えるのみの清貧の生活を貫きますが、同時に大将は「憲法の為に国家がある分けじゃないんだが…」というリアリストとしての言葉も残しています。戦前、戦中も正気だった人間は戦後の社会でもノーマルだったのですよ、当然のことながら。


完全自滅(逆パーフェクト)試合達成の蓮舫とは余りにかけ離れた人物を、今日は思い出してみました。日米の固い絆を確認した今回のパールバーバーでのセレモニーを、井上大将が最も喜んでいるような気がしたものですから。
[ 2016/12/30 20:33 ] [ 編集 ]
戦後レジームから一歩ずつ脱却していく必要がある
「不戦の誓い」という文言を入れるべきかどうかは、正直微妙なところだったと思います。

首相の演説として「不戦の誓い」をすれば、「戦争全般(自衛戦争も)認めない」というようにも受け取れますから、場合によっては、諸外国に「自衛権の放棄」を認めていると認識されたり、左派の批判口実に利用される可能性もあります。

首相という立場上、最終的には「戦争覚悟」も必要になりますから、いれないという選択肢もあったと思われますが、真珠湾に係る日米間の歴史、外交問題等を解決するためには、避けては通れない道だったと思います。

戦後レジームから一歩ずつ脱却し始めている事を痛感しました。

戦後レジーム脱却のためには、まず、自虐史観から脱する事が必要であるという事を認識させられたと思います。

険しい道のりですが、戦後レジームからの脱却を目指して、安倍首相には、残りの任期中にできる限りの事をしてもらいたいと願います。
[ 2016/12/31 03:28 ] [ 編集 ]
「不戦」でOK
>「不戦の誓い」という文言を入れるべきかどうかは、正直微妙なところだったと思います。

非戦や反戦ではない「不戦」ならOKだと思いますよ。
自ら戦争を望まないという文脈で通用します。
戦争を否定も反対もしてない訳ですから。

多国籍間の防衛力強化(平和安全法制の充実)、
自国の防衛体制整備(防衛費増額)に努めることと完全に一致します。

さまざまな角度から支那やロスケのチマチマしたちょっかいぐらいは甘受して
手を出させないようにするのがまさしく「不戦の誓い」でしょう。
[ 2017/01/04 10:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: