私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進党代表蓮舫の、今年の総括www

民進党代表蓮舫の、今年の総括www

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党の代表、蓮舫が、22日の記者会見で今年を総括した。なるほど、国会が閉じてしまえば、政府に対抗するだけが仕事の野党はもうやることがないから、22日の総括になるのだろう。気楽な稼業である。

 蓮舫は、今年政界で最も話題を振りまいた人物の一人である。言うまでもなく、今年9月の代表就任が話題の一つであり、もうひとつは、その代表選を闘う中で噴出した、二重国籍問題だ。本来であれば、代表就任が彼女の最大のニュースであるべきだが、どちらかというと、二重国籍問題で代表就任が吹っ飛んでしまった感がある。

蓮舫
(イメージ画像w)


 以下は、その蓮舫の記者会見での発言である。

 --明日で代表就任100日

 「そうなんだ」

 --この間の振り返り。来年に向けての抱負

 「とにかく、一歩一歩頑張って前に進んでいきたい、この思いだけだ。とにかく挑戦する野党であるという原点を忘れないで、対案を持って、そして、政府が間違ったときには、それは間違っているといえるような民進党でありたい」

 「他方で今年は随分、私の発信力があるというよりは、むしろ逆に、いろいろな記事を書かれる。あるいはネット上でも、私の身に覚えのないようなことが言われてしまうような年でもあったが、そういったものに折れずに頑張っていきたい」


 身に覚えがないなら、それを晴らすことができる人物はただ一人、蓮舫自身である。無論、戸籍謄本を公表し、記事やネットでの噂を、証拠を以って否定すればよろしい。しかし、蓮舫はこの疑惑を晴らそうと努力するどころか、嘘に嘘を重ね、説明を拒絶した。他者には金切り声で説明責任を求め、自分は説明責任を負わない。姑息というか卑怯というか、他にも表現は沢山あるだろう。ひとつ言えるのは、野党時代の民進党が自民党を散々責めた「政治不信」というイシューを、今年もっとも助長したのが蓮舫だということだ。

 「政府が間違ったときには、それは間違っているといえるような民進党でありたい」 ―― 言うのは簡単だ。ただし、この「政府が間違ったときには間違っていると言える」ためには、民進党が常に正しい判断が出来る政党であるという前提が必要になる。民進党の場合、正しいか間違っているかが彼等の判断基準ではない。政府・与党の進めることは、ほぼ全て間違っているという前提に立つことが彼らのスタートラインであり、彼等が「間違っている」と言う場合、それはただの「嫌だ」であり、「反対だ」を意味するのである。

 蓮舫の代表100日に対し、安倍総理は1450日を超える内閣総理大臣である。1400日を超えて支持率50%超えを維持する安倍総理と、たった100日で存在感を無くす野党第一党の代表を比較する、だけバカバカしいし、意味がない。泥船の船長が蓮舫なら、民進丸は沈みゆくのみだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/12/23 07:12 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
村田蓮舫の通信簿
5段階評価ならば1、優良可ならば不可を差し上げたい。
いいえ、判定不可かもしれません。

もし仮に、国民への国益貢献度、知的貢献度なる指数があるとすれば、
国家運営に責任ある政治家の自覚は毛頭なく、
日本の将来を見据えての論議もできない民進党の代表
村田蓮舫は、ゼロ以下が相当と思われます。
むしろ国益毀損度の指数は膨大となります。

スピーチは勇ましいが、言葉の羅列で内容がない
単なる選挙用ラウドスピーカー。 
国益を毀損すること、甚大の政党であることの
自覚に欠け、何より自らの国籍疑惑を
国民の前で晴らすことなく、他者の攻撃に明け暮れる始末は、
国民のフラストレーションを高めるだけの厄介者。
国会課外活動として演劇部に所属し、小芝居に明け暮れるが精々で、
尖閣は中国のものとテレビに出て言いきるお馬鹿をさらけ出す
無恥蒙昧。

こうして国民の怒りを、いくら叫んでもこの人物の前には、
糠に釘ですし、お仲間のマスコミが大甘ですから、
始末に負えません。
[ 2016/12/23 12:43 ] [ 編集 ]
蓮舫替え歌ふたつ
 今日は天皇誕生日の佳き日です。
  陛下のご健康と皇室の弥栄をお祈りいたします。

***
それにしても今のところ、私のコメントのみで
今日の投稿欄が寂しいものです。
蓮舫に対する下手な替え歌で、少しでも賑やかにということで。


*「お猿のかごや」の替え歌で*

えーっさ えーっさ えっさほいさっさ
お猿の群れだよ 民進党
中でも 蓮舫 お得意の
嘘とごまかし 恥知らず
それやっとこ 国会 一丁あがり
レンレンホウ へのかっぱ


*山本リンダ「こまっちゃうナ」の替え歌で*

困っちゃうな
蓮舫 おばさんは
どうしよう まだまだ
居座る気なのかしら
国民世論も 何のその
説明無いまま 違法人
ドジョウに聞いたら 今忙しいと
蓮根掘り中
困っちゃうな 
蓮舫 おばさんは
[ 2016/12/23 23:10 ] [ 編集 ]
玄関払い すす払い
R4に倣えば「清々しいほどの~」になるのでしょうが、とてもとても清々しく等とは言えない顔面写真には、取り敢ず「禍々しい程の不景気なお面」と献上致そう。

身勝手女がどのように「総括」しようとも、この人には「それはイイから、貴女の証明書をお出しなさいよ。ソレが済まない内は何を言っても聞えませぬ」です。

自らの身の処理が出来ない、する気が無い人には、日本の国政に介入されては迷惑至極。

言うことすること皆邪な事ばかり、物事の正誤の判断が出来ているとは思えない人や党が「政府が間違ったとき云々」って、面白くもないコントにお金は払えないわ。
一昨日おいで。
[ 2016/12/23 23:46 ] [ 編集 ]
言葉の響き
フランスの女優ミシェル・モルガンがこの20日に亡くなりました。96歳でした。阿川佐和子さんやここの憂国ブログのお姉様達と並んで?美人長命を着実に実行した人ですが、彼女はフランスで最も眼の美しい女優と云われていました。

それよりも、映画「田園交響楽」の最初の登場シーンでは、彼女は後ろを向いていて、顔を敢えて出さないのですが、それ故に、話すフランス語と声の美しさに一発で魅了されます。山本夏彦翁の言の通り、祖国とはまことに国語のことなのであります。

それに引きかえ、謝蓮舫の話す日本語の酷さと来たら。とにかくあの声を聴かされるのは拷問です。ウチの祖母なら、子供が虫を起こしてしまう、と言いますよ。

天下泰平の為には、また来年もあの声を聴かねばならないと考えると、気持ちが萎えます。支那人の夫婦の会話を聞いていると、てっきり夫婦喧嘩の真っ最中と思うのですが、あちらではあのトーンが普通らしいです。彼女は家に帰ってもああいう刺激成分丸出しの喋り方なんだろうな。ギロチンならぬ青龍刀で頚をはねられた方がマシですわ。
[ 2016/12/24 00:41 ] [ 編集 ]
無知の知ならぬ無知の恥 
訂正します。
今頃になって入力ミスに気づきました。
無恥蒙昧は無知蒙昧の誤りです。
しかし、蓮舫の場合は、正誤の二つの熟語の混成語として、
厚顔無恥+無知蒙昧=無恥蒙昧としてもいいかな。(笑)

何れにしても、コメントを投稿した私が、
無知蒙昧をやらかしては、シャレになりませんでした。(^^ゞ
[ 2016/12/24 03:58 ] [ 編集 ]
素晴らしい!
こちらで拝見するなつこ兄の替え歌の詞にいつも感心しています。
徹底的に練られた当て擦りにいつも抱腹絶倒です。
熱狂的な1フアンとして今後も秀作を期待いたします。
[ 2016/12/24 05:30 ] [ 編集 ]
なつこ様に負けじと(笑)
やはり山本リンダで……

 噂を信じちゃいけないよ
 あいつの心は初心じゃない
 いつでも叶わぬ夢を見て
 生きていくのが常なのさ

 今夜は真っ赤な嘘をつき
 明日はダブスタ振り回し
 それでも優しいマスコミに
 生ぬるく護られる

 ああ蜂になれ ああ蜘蛛になれ
 毒を吐くほど その身に返るよ
 ああ泥舫(ふね)が、ああ沈んでく
 もうどうにもとまらない
[ 2016/12/24 05:58 ] [ 編集 ]
ああどうにも可笑しくて!
任侠証券のシマちゃん様
過分のお褒めに与り、恥ずかしい限りです。
だけど、笑っていただくのは嬉しいものです。(^^♪
ありがとうございます。

ST様
替え歌の本家本元であるST様の大人の風格を感じる
秀作「こまっちゃうナ」が投稿されました。
ああ、どうにもたまらない、
どうにも可笑しくて(呵々大笑!)
[ 2016/12/24 09:54 ] [ 編集 ]
またまた、訂正です
ST様の秀作は「どうにもとまらない」です。

朝から、どうにもとまらないのは、
わたしの困った頭でした!(恥)
[ 2016/12/24 10:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: