私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  若い世代からは総スカン ~ シルバー正当化する民進党

若い世代からは総スカン ~ シルバー正当化する民進党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 FNNが実施した世論調査で、首相に誰がふさわしいか尋ねたところ、安倍首相が34.5%でダントツの一位だったそうである。何も実績がない小泉進次郎が2位(11.1%)という時点で、現下の政界における選択肢のない現実を物語っている。以下、石破元地方創生担当相(10.9%)、小池都知事、(9.5%)、橋下前大阪市長(6.7%)と続くが、野党第一党代表の蓮舫は4.7%と、小池氏の約半分しかない有様だ。ちなみに、同時期の調査で、民進党の政党支持率は9.2%である。民進党の支持者層ですら、蓮舫を首相にと考える人が約半分しかいないのだ。

 民進党は、二重国籍疑惑の渦中にあった蓮舫を、あえて代表に選出したわけだが、その目論見はまったく功を奏していないということである。もっとも、疑惑を抱えたままの状態で4.7%もあるという現実の方が奇異に感じるが、これもインターネットというツールが影響力を及ぼさない層が一定の領域で存在するということなのかもしれない。その関連で、興味深い結果分析が出されている。

民進“シルバー政党”化 支持層の62%が60歳以上 年金法・IR法反対…志向とマッチ (産経

 産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)の合同世論調査で、主要政党の支持層に「60歳以上」が占める割合を見たところ、民進党は62%で、共産党(60・5%)や自民党(41%)などを上回った。過去の調査からも、民進党がじわりと“シルバー政党化”していく傾向が浮かぶ。支持層の高齢化は政策面ともリンクしているようだ。(千葉倫之)

 今回の合同世論調査で「民進党を支持」と答えた人の内訳は、60歳以上62%▽50代8・7%▽40代13%▽30代7・6%▽18~29歳8・7%-で、平均年齢は60・23歳だった。一方、自民党支持者は、同じ順に41%▽14%▽14・3%▽13・5%▽17・2%-と民進党よりもバランスがあり、平均年齢は53・13歳だった。

 逆に自民党ではじわりと60歳以上の比率が下がっている。裏を返せば現役世代の比率が増えたと言え、今回の調査では特に男性10・20代で極端な数字が出た。62・5%が自民党支持と答え、民進党支持はわずか1・4%だった。(以下略)


政党支持者の60歳以上比率


 私は、単純に年齢で区切った層に対してある種の傾向を押し付ける分析方法にはあまり共感しないほうではあるが、この結果はなかなか興味深い。シルバー民主主義と揶揄される傾向がある自民党と比較して、民進党がそのシルバー層から支持を受けているという現実である。

 数字を見ているだけでは実感がわかない人のために、この数字をグラフ化してみる。

民進党のシルバー政党化


 グラフを見れば一目瞭然だが、自民党は60代以上の支持層が厚いものの、18歳から50代まで、まんべんなく支持を集めていることがわかる。特に若年層の支持が多いのが特徴だ。一方の民進党は、40代では自民党拮抗するものの、他の世代では自民より目に見えて劣り、その代わりに60代以上の支持が62%と圧倒的だ。メディアからは古臭いと揶揄される自民党政治だが、数字を見ればそんなことはない。よく駅で見かける共産党のビラ配りの多くはリタイヤした老人たちだが、民進党も似たり寄ったりということだろう。

 18歳から39歳までの年代を合算してみると、自民党の30.7%に対し、民進党は16.3%。この差は歴然だ。「ヘルメットをかぶって闘争に明け暮れた世代からの支持」などという安直な結論にするつもりはないのだが、この世代別の支持率の歴然とした差は、恐らく、インターネットが政治観に与える影響の度合いによって、支持政党も変化することの証左ではないかと思う。

 既存メディアに情報を頼る世代と、インターネットに情報を求める世代で、支持する政党にこのように明確な違いが出る。既存メディアの影響力が、相対的に落ちてくるのは必至であり、この差はますます開いていくものと思われる。民進党には新しい支持層の開拓が必須なのだろうが、もはや彼等にそんな力はない。一方、自民党は、若い世代の投票率を上げることに、いっそう注力すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/12/21 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
情弱とかB層とか、云われる人達は、テレビが主な情報源なので、ある意味仕方ないというか、成るべくして成った結果のように思います。

突然ですが、私はソフトバンクの孫正義氏の動きが、とても気になります。
投資するということで、トランプやプーチンと会談していますが、今回初めてではないようです。
単にビジネスが目的であれば、不安があるにせよ理解できますが、この先孫氏の政界入りなんてことは、無いでしょうか。

もし、近い将来民進党から出馬なんてことは、無いでしょうか。
そして党首へ、総理へなどとは、考え過ぎでしょうか。
[ 2016/12/21 09:15 ] [ 編集 ]
有り得ない
>考え過ぎでしょうか。

考え過ぎです。というか、有り得ません。
ぱよちん集団ミンシンは恐らく消えてなくなります。

帰化人の孫が保守に成り済まして議員になることはあるかも。
SBで儲けたカネで自ら弱小政党の党首になることもないとは言えません。

しかし、日本が法治国家である限り総理大臣になるのは不可能です。
カネで買収すれば、手が後ろに回ります。
[ 2016/12/21 09:48 ] [ 編集 ]
グラフ効果
棒グラフにしてくださったので、一目瞭然、
グラフの種類如何では、数字から読みとることの
理解が早まることになりました。

>疑惑を抱えたままの状態で4.7%もあるという現実の方が奇異に感じるが、これもインターネットというツールが影響力を及ぼさない層が一定の領域で存在するということなのかもしれない。

・蓮舫の4.7%です。
 この数字が出ると言うだけでも驚きでした。
 棒グラフの60代に表れるような支持層が蓮舫の4.7%を
 はじき出したとも思えます。
 但し、30代の女性が蓮舫を支持しているという
 記述もどこかで見たのです。記憶違いかもしれませんが。
 そうであれば、年配の支持者が多い民主党でも
 年配者は蓮舫が嫌いとなりそうな・・・。

***
 この世論調査とは逸れますが、同じグラフの効果でも
 悪用の例をフジテレビ「池上彰緊急スペシャル」という番組に見ます。
「貧しい人がますます貧しく・・・日本の深刻データ」として
 1980年から2010年の平均所得の推移を折れ線グラフで表し、
 日本とアメリカの所得格差を対比させているのです。

 姑息にも、縦軸のメモリを変えてアメリカに比べて、
 日本が如何に酷いかを印象付けて、多く批判をあびています。
 結論に結びつけるために、ここまでの印象操作で番組を成立させるとは、
 いよいよ、ジャーナリストの信用がた落ちですね。
 他業種のデータ改竄に関しては、徹底的に追及するくせに、
 自らは平気で不正をおかすのですから。
 マスコミ人は、お気楽な商売ですねと皮肉を言いたくなります。

 因みに「池上彰 縦軸」と検索すれば、ヒットしたのは笑えました。
 これからは「縦軸池上彰」と呼ぶことに決めます!
 
[ 2016/12/21 15:18 ] [ 編集 ]
つくりの雑な調査と感じつつ・・・
次のような視点もあると思います。

次の首相は誰がよいかの問いの選択肢は以下のようになっています。
安倍晋三総理大臣(首相)
石破茂前地方創生担当大臣(前地方創生相)
稲田朋美防衛大臣(防衛相)
岸田文雄外務大臣(外相)
小池百合子東京都知事
小泉進次郎自民党衆議院議員
橋下徹前大阪市長
蓮舫民進党代表
その他の政治家等

自民党または保守支持者は、7人の中から選ぶことになり、当然、「票は割れます」。一方、野党系の支持者が選ぶであろう選択肢は、蓮舫民主党代表のみ。

このようなバランスを欠く選択肢であれば、圧倒的に 蓮舫民主党代表が有利になる筈ですが、結果はこのとおり。実態は数字以上の不人気とみるべきでしょう。

この調査、悪意はないもののかなり乱暴なつくりだと思いますが、支持政党を年代別にみた点では画期的でしょう。
「シルバー民主主義」を語る本が出ていますが、調査やデータをもとにせず、自民党の利益誘導を「分析」しているものでしたが、このような調査の登場で沈黙を余儀なくされることでしょう。

なお。こういう情勢のなか、民進党では次のゆるキャラの選考が進んでいるそうで、選考委員の初鹿議員は「どうも我が党の代表はちょっと怖いというイメージがあるんじゃないかと思いますので、かわいいキャラクターを重視して、子どもたちや子ども連れのご家族に、イベントの時、街頭(演説)の時などに興味を持ってもらいたい」との弁。
全く別の次元に生存している生命体のようです。



[ 2016/12/21 18:57 ] [ 編集 ]
民進党支持者は、「闘争世代」と「不況期(就職氷河期)」に多い
60代から70代と言うのは、ちょうど昭和10年代から20年代辺りに生まれた世代であり、70代に戦時中の記憶があっても、直接従軍などをしていた世代ではありません。

60代は専ら戦後世代であり、日教組教育の影響が一番強い世代であり、世界的な潮流として「冷戦」というものがあり、「反米、親ソ、親中」を基軸として、反戦、反核のスローガンが、主に欧米諸国や日本などの先進国内で、激しく唱えられ、日米安保反対運動や学生運動などに代表される「革命闘争」も、この世代が中心でしたから、必然的に「左翼政党への親近感」のようなものがあるのは間違いないだろうと思います。

50代よりも40代に民進党支持者が多いのは、「バブル崩壊後」の不況と就職氷河期に重なった世代ですから、仕方が無い面もあるのだろうと思います。

この時期は、自民党も「金の亡者」のような状態で、米国型新自由主義に基づく「構造改革」などが盛んに叫ばれ、その結果、バブル崩壊の不況をもたらしたのですから、必然的に上の世代というか、自民党の経済政策に批判的な姿勢をとる世代が趨勢であるのだろうと思いますね。

20代もリーマンショック等の米国発の不況や就職氷河期がありましたが、そのピークは過ぎましたし、現在では徐々に回復しつつあるので(成長戦略などの新自由主義とグローバリズムには反対ですが)、万々歳で支持しているわけではなくとも、そこまで「落ち込むことは無かった」のだろうと思いますね。

民進党の支持率が低いのも、民進党政権の大失敗とネットなどを通じて、「正体」が明らかになりつつあるからだと思います。

ただ、自民党の支持率が高く、民進党の支持率が若い世代ほど低いからと言っても、「いつまで持つか」は分かりません。

真正の保守政党が誕生しない限り、自民党のリベラル、新自由主義的な政治戦略は変わらないと思いますから、安心してばかりはいられないという事は事実だと思います。
[ 2016/12/22 00:38 ] [ 編集 ]
あの頃の自民党
60才代後半の私が所謂現役時代には、自民党は田中派竹下派が絶対権力の金権政治でした。
それからしばらく経っても自民党には加藤紘一、山崎拓、野中広務氏等が派閥や権力を握る様な政党で、とても国家観や理念がある党とは思えませんでした。
なので政治に関心があまりない人には自民党は信用ならない政党と位置付けられたままなのかも、とも思います。
思えばあの頃から一番変ったのは自民党であって、他党は名前は変ってもスタンスには変化がありません。

93年に反自民の細川内閣が竹下派で権勢を揮っていた小沢一郎氏に支えられ発足し、自民党は下野したものの一年で政権党に返り咲いた時には自社さの連立政権でした。社=社会党 ですし さきがけには管直人が居りました。

そういう自民党を長々見せ付けられてきた世代の人間は自民党不信感が抜けないのかもしれません。

私達の世代を教えた教師達の中には、自分が教わって信じて居た戦中の教科書を戦後になって墨で黒々塗り潰す作業を強いられ、教育の中身も逆転した事の被害感を、授業の中で生徒に繰り返し愚痴る人が少なくなかったです。

私達が受けた授業内容や教科書は然程「自虐史観」とは思えませんでしたし、意識的にか?教師の歴史授業の進み具合は小中高共通して遅かったので、一番進み具合が早かった中学でも江戸から先は殆ど自習状態でしたw。
なので例えば65年辺りの生れの人が「いかに日本が無謀な戦争をしたか、戦地の日本軍が如何に残虐行為をしたか、日本の敗戦で世界平和を招来した」などなどを学校で刷り込まれたお話を聴くと、「反日教育」の酷さは現在の60代以上よりその人達の方が大きいのでは無いか?と思います。

検定結果を受けて全ての中学教科書の「慰安婦強制連行」が掲載されたのが96年ですから、そういう教科書で育った学生に較べれば、少なくと学校教育で自虐史観を植え付けられたのは高齢者ではない様に思います。

高齢者の反自民感情は教育に起因している訳では無いのでは?と自分の体験から思います。
国を信用出来ない感覚が野党支持なのかも。
[ 2016/12/23 01:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: