私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  答えない、逃げる、ごまかす、息をするように嘘をつく ~ 党首討論で自己紹介する蓮舫の愚

答えない、逃げる、ごまかす、息をするように嘘をつく ~ 党首討論で自己紹介する蓮舫の愚

← 応援クリック、ありがとうございます。

 法案を議論するのであれば、予算委員会でやればよい。党首討論とは、もう少し俯瞰的な見地から、国の在り方、進むべき道などを議論する場として活用してほしい。そんな思考がないのか、蓮舫は昨日7日に行われた安倍総理との党首討論で、持ち時間の役半分をIR法案(カジノ法案)に費やした。

 この法案の審議時間の短さを引き合いに、政府・与党の強引な国会運営を暴きたいとでも画策したのだろう。しかし、超党派の議員立法であり、民進党の役員室長である柿沢未途が同法案の提案者に名を連ねていると安倍総理に切り返され、逆ギレする始末。議論にすらなっていない。

 私は蓮舫の演技じみた話しぶりに生理的な嫌悪感を持つのだが、党首討論で、その語り口の抑揚のつけ方を見て、「女性を味方につけるべきなのに、これでは女性に嫌われるな…」と思ってしまった。その辺の語り口や立ち振る舞いが、脚光を浴びる女性政治家、小池ゆり子氏とは全く違うのだ。器の違いという単純な話ではない。嫌われるオーラを放っているようにしか見えないのである。

 まぁ私の生理的な嫌悪感などどうでもよいのだが、蓮舫はこの党首討論で問題発言を吐いた。

総理のその答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています。ちゃんと真っ正面から答えて下さいよ。

よく、息をするように嘘をつく。気持ちいいまでのその忘れる力を何とかしてくださいよ。


蓮舫


 帰宅してからビデオを見て、思わず吹き出しそうになった。答えない、逃げる、ごまかす、真正面から答えない…。これらは蓮舫自身のプロフィールを自ら連呼しているようなものではないか。二重国籍問題で、蓮舫は事実の公表を拒み続けている。その逃げる力は天下一品である。「息をつくように嘘をつく」とは、まさに党首討論で自己紹介をしているようなものだ。

 民進党を「アホ」と言い、「無責任野党」と批判した日本維新の足立議員に対し、民進党は懲罰動議を提出している。確かに国会ではなかなか聞けないセリフではあるが、それは事実だから致し方ない。民進党としては、「無責任野党」というのは暴言にあたると考えたのだろう。しかし、政府と野党第一党の代表同士の党首討論で、一国の首相を「息をするように嘘をつく」と侮辱する非礼は、足立議員の発言の比ではない。足立議員が懲罰に該当するなら、当然、蓮舫も懲罰の対象となるべきだ。

 仮に蓮舫が信頼を回復する手段があるとすれば、逃げずに事実をつまびらかにし、言動に瑕疵があれば責任を取ることに尽きる。そのことから逃げ、「息をするように嘘をつく」と政敵を罵倒することで支持率が上がると思っているなら、まさに救いようがない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/12/08 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
女性が嫌いな女性
女性が嫌いな女性芸能人トップ10 2016
2015の44位から赤丸急上昇! 2016は堂々の第3位でした(笑)

http://nekotopi.com/geino/4216/

[ 2016/12/08 09:03 ] [ 編集 ]
蓮舫連想・猿芝居
蓮舫の国会中継など、生理的嫌悪が先に立ち、
テレビの視聴が出来ません。
よくもまあ、言えることだの蓮呆です。
それ程、この人物の演技過剰の下手な芝居を
党首討論などで見せられる国民はたまったものでは
ないと情けなさでいっぱいになります。

それでも、時間を置いて動画でというワンクッションであれば、
幾らかは、見られる自分も可笑しいのですが。
それ程、嫌悪感が激しいものですから、
蓮舫の記事には、直ぐに反応してコメントを書いてしまいます。

お書きになった通り「嫌われるオーラ」をいっぱいに放っている
蓮舫から真っ先に連想した言葉があります。
「おこがましい」という言葉です。
漢字をあてるとすれば、多くは「烏滸がましい」とすることが
多いのでしょうが、この人物には「痴がましい」と書きたいのです。
つまり「痴れ者」といつも思っているものですから。

また、「烏滸がましい」の方は「烏滸」の漢字は知っていても
そもそもの意味を調べてみる気もなく来ていたものですが、
今日はどうしたことか、ネット上で検索してみたくなりました。
これも蓮舫効果?(笑)

すると、
カラスがキレイな水辺などで行水などして汚してるようすから
烏滸と言う言葉が生まれ、キレイな水辺などを汚して
バカな事をしている様からバカやアホ、または不潔という意味が
つけられた。

とあり、こちらもまた、蓮舫にぴったりではないかと
私の無駄な知識が増えました。(笑)

さしずめ、蓮舫は多重国籍との疑惑があるなか、
自らの身の潔白を晴らさない、国会という場を汚す黒いカラスですね。
風貌的、思想的には赤い猿の方がぴったりですが。
黒いカラスがカーカー、赤い猿がキーキーと、おこがましい事を喚いて、
まさしく下手な猿芝居の三流役者蓮舫は今日も健在です。
[ 2016/12/08 09:31 ] [ 編集 ]
「神ってる」は褒め言葉
「神ってる」なら敬意を表せ、嘘吐きトカゲ女R4。
ぱよちんは生来のニッパチだから言葉の使い方が分からんのだね。

でも、やっぱりコイツの感性は日本人じゃないね。
これじゃ支持離れが加速するのもむべなるかなだ。
[ 2016/12/08 11:26 ] [ 編集 ]
野党第一党を嗤う
産経新聞によると、党首討論後蓮舫は記者団に対し、「自分なりに聞きたいことは聞けた」と自賛し、民進党幹部も「100点満点だ」と評価したという。
国民として決して笑ってはいけない民進党のこの姿に、つい笑ってしまう。
[ 2016/12/08 11:51 ] [ 編集 ]
国会が中国人の口喧嘩に見えてきた
蓮舫、前から見ても後ろから見ても心を見ても
気持ちが悪いと個人的には思うのですが、あの参院選ではトップ当選です。

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/profile/YTPSRAYE13XXXXXX021.html

そして民進党代表選で代表に選ばれました。

という事は支持者、民主党政治家・サポーターに支持者が多数いる(いた)という事を表しています。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016073000260&g=pol

そんなにもう日本には中国帰化人が入り込んでいるのか!
と早合点はまだする事無く、この異常を分析しましょう。

きっと日本人ある性、年代、その他に支持層がある筈です。

http://www.sankei.com/politics/news/161207/plt1612070041-n1.html

蓮舫の国会質疑、最近町中でも見かける中国人の口喧嘩をイメージさせます。
[ 2016/12/08 12:25 ] [ 編集 ]
ド灰色
ST様ご紹介の、女性が嫌うランキング3位だそうで、プチッしましたらその10人の多くに納得で、私の感覚もそう外れては居ないと安心しましたw
私の場合は一番の人と蓮舫サンの断トツ同率首位でイイですけど。

この人がカメラ・マイクのあるところで見せる振る舞いの全てに胡散臭さが立ち上って、毎度条件反射でチャンネル変えてしまいます。
タレント時代に身につけた演技が下手過ぎるのか、彼女自身の日本を貶したくて堪らない地が透けて見える演技過剰で、完に「嫌われるオーラ」街道まっしぐら状態。
というか、この人これしか無いのでしょうね。

最近個人的に時事問題漬けになって、心の灰色濃度を増した感をスッキリしたくてバレエ映画を観て帰りましたら、点けるなりにこのニュースとあの般若顔。どっと心が砂漠状態に逆戻り。
神経を荒みさせたければ効果抜群な野党党首ではあります。

無理矢理流行語も使って、”息するように嘘””神ってる”などと国会討論で発言すれば有権者の歓心を買える、とでも思ったのか?浅はかとは蓮舫のこと。
同党議員がせっかく戴いた「日本死ね」も使えば良かったのにw

安倍総理に彼女が投げた言葉は、誰でも無い疑惑の外国人のこの蓮舫が云うからこその「お前が言うな!」マイナス作用に気がつかない様で、政治以前の感性の鈍いオナゴです。
それとも、自分は逃げ切れたとでも思うのでしょうかね?災難は忘れた頃にどっさりとやってくるw 

yasu様のご指摘通り、”神ってる”の使用方を大幅に勘違いしていますね。流石に宗教弾圧中共信者です。
[ 2016/12/08 14:16 ] [ 編集 ]
賢そうに振る舞っても所詮は愚か者
>「気持ちいいまでのその忘れる力を何とかしてくださいよ。」
ですか。

そう言えば、稲田防衛大臣に、
「気持ちいいぐらいまでの変節だ」と言ってました。
貧弱な語彙の持ち主なので、使い回しです。
また、既にご指摘のように「神ってる」の誤用。
「流行語」での受け狙い。
実に言葉の理解、使い方がお粗末。

賢者は、己の愚かさを知る人間であり、
愚者は、己の愚かさに気づかない人間である。
そして、最悪の愚者は、
自らを優れていると思い込んでいる愚者である。

と私は思いますが、村田蓮舫にその最悪の愚者を見ます。

出れば出るほど、喋れば喋るほど、嫌悪の視線を増やす村田蓮舫に、そのままの勢いで自爆への道を突き進んでもらいたいものです。
[ 2016/12/08 19:33 ] [ 編集 ]
よくもまぁ~・・・・
 以下、なつこ様の投稿からそのまま引用させて頂きます。
----------------------------------------------------
蓮舫の国会中継など、生理的嫌悪が先に立ち、
テレビの視聴が出来ません。

それでも、時間を置いて動画でというワンクッションであれば、幾らかは、見られる自分も可笑しいのですが。
-----------------------------------------------------
 まったく!同感!です。
 いや・・・・・私の場合は今も見ることが出来ないでいます・・・・・・。
 見れば、その生理的嫌悪感から動悸が激しくなり血圧が上がり呼吸が苦しくなるのが自分で解っているので、そこまで自分に負荷をかけてまで動画を見る気になれないでいるのです。でも・・・それなりに興味は有るので、Twitterの「キーワード検索」で『蓮舫』を入力して、それなりにまろやかにしながら?”情報収集”をしています・・・・。(^_^;)

 蓮舫、辻元清美、山尾志桜里、山井和則 、小西洋之、後藤祐一、柚木道義、柿沢未途・・・etc.etc.etc.etc.etc・・・。民進党には人を不快にさせる人材?に事欠きません。よくもまぁ~これだけ『不快人材』を集めたものだと感心せざるをえません。
[ 2016/12/08 20:53 ] [ 編集 ]
人間の声
最も好きなものは実は最も嫌いなもの。

私にとってそれは女性の声です。

声の綺麗な女性は私にとって最高の存在ですが、反対にガラスを発泡スチロールで引っ掻いたような、と言うか、ノイズ成分の固まりにしか思えない謝蓮舫の声や田中真紀子のドスの効いたダミ声は聞いただけで、引き付けを起こします。

美声でなくても素敵な声というのがあって、我が中島みゆきさんだって、どちらかと言えば乾いた声で、みずみずしい声というのからは遠いです。マリア・カラスだって、マレーネ・ディートリヒだってみんなそうなのですがね。

どうやったらあんな嫌な声でまくし立てられるのだろう。

人間の声というのは全て後天的なものだそうです。ダミ声で泣く赤ん坊はおりませんので。(笑)
蓮舫のあの声も口調も後天的なものと考えると、彼女のことが、周辺事情も含め少しは判ってきます。

あれは支那の女性が夫婦喧嘩をする時に、ギャラリーを集め、戸口に立って旦那をやり込める時の物言いですな。機関銃のような連射に意味があって、内容などあろうはずがない。

日本の国会で、あんな声や文句を聞かねばならない、安倍総理には心底同情します。
[ 2016/12/08 21:18 ] [ 編集 ]
やがて悲しき蓮舫かな
山形県人 様

「見れば、その生理的嫌悪感から動悸が激しくなり血圧が上がり呼吸が苦しくなるのが自分で解っているので、そこまで自分に負荷をかけてまで動画を見る気になれないでいるのです」
と、書かれました。

程度の差はあると言うものの、私も同様のものですから、
動画にしても、最後まで見ることはないままでした。
ご自分の症状を考えれば、見ないという方法をとられるのも
賢明なものと思えます。

思えば、このような人物が野党第一党党首として
存在できる日本の国会って何でしょうか。
どこまで国会議員のレベルが落ちればよいのか、
ある種、奇妙な感じを覚えてしまうほどです。

国民の求めるものには、勉強不足、能力不足で斬り込めず、
ただテレビ映りを気にするだけのタレント気分の議員殿が、
恥ずかしげもなく、野党第一党の党首になってしまったものを
見せられているのですから。

何より悪いことは、中身のなさ、明らかに間違った追及でも
如何にも総理を言い負かしたようにパフォーマンスで
国民を欺こうとする姑息なところです。
後は、反日左翼マスコミが上手く映像や紙面を編集してくれるからと
高を括っているのでしょうか。
全く、国民の目を節穴だと思う民進党の鈍感さと愚かさを象徴して、
裸の王様、蓮舫党首がいます。

それから、レッドバロン様のご指摘、支那の女性の夫婦喧嘩のことは、
なるほどと得心いたしました。
あの国会論争とは言えない、理解し難いふるまいや、
声高に畳みかける不毛な内容の連打も、
相手を攪乱させるような息もつかせぬ早口の応酬も
異民族の夫婦喧嘩の習性から来るものだったのですね。
[ 2016/12/08 23:48 ] [ 編集 ]
何が言いたいのか分からないブーメラン党首
>総理のその答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています。

正直、何が言いたいのか分かりません。これらの言葉の後に「力」という表現は不適切ではないかと思いますね。

神ってるって褒め言葉なのか皮肉なのか分かりませんが、微妙に使い方が違うような気もしますね。

まあ、何を言っても、二重国籍疑惑を晴らしていない以上、全て「ブーメラン」として返ってきているというおかしな矛盾がありますけどね。
[ 2016/12/09 01:05 ] [ 編集 ]
本日(12/13)、蓮舫議員を刑事告発しました。
本日(2016年12月13日)、代理人弁護士を通じて、蓮舫議員を東京地検特捜部に刑事告発した者(告発者本人)です。

罪名は、公正証書原本等不実記載未遂罪(刑法157条1項・3項)です。

事実の概要は以下のとおりです。
①9月23日の民進党代表定例会見で、蓮舫議員は自己の台湾籍離脱手続(台湾側での手続き)が完了し、その旨を証明する証書を台湾からいただいたので、その証書をもって、日本の区役所で手続をしているところであると明言した。
②しかしながら、台湾の内政部のウェブサイトによると、本日12月13日現在でも、蓮舫議員が台湾籍離脱手続を完了していないことを誰でも閲覧できる。
③結局、蓮舫議員が区役所で手続をしていた時点で、台湾籍離脱証明書を取得していたことはあり得ないから、偽造した証明書等を提出していたのであれば、公正証書原本等不実記載未遂罪(最終的に区役所に提出した書類が返戻されたので、未遂に留まる。)が成立する。

現時点で、私が直面している最大の問題は、”マスコミスルー問題”です。容易に予想されることですが、これまでの対応を見る限り、産経新聞以外のマスコミは、刑事告発に至っても完全にスルーすることが予想されます。この問題をクリアするために、ブログ主様や読者の皆様のお力をお貸しいただければ幸いです。

なお、告発状全文は、私のウェブサイトにアクセスし、告発関連情報(告発代理人のウェブサイト)をクリックすることで、ご覧いただけます。

[ 2016/12/13 18:31 ] [ 編集 ]
告発者Pさんへ
正直な話、今、国会議員の蓮舫さんの国籍がどうなっているのか。日本国民、誰一人として、わかっていないと思う。もちろん、オレも知らん。

日本国憲法の定める国会議員の国籍問題であるから明らかにすべきだ…日本国民にとって、わからないで済む話ではないということはわかるよ。
[ 2016/12/13 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: