私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「魂は売らないから共産党と連携させてくれ」 ~ 再び民共合作に舵を切る民進党

「魂は売らないから共産党と連携させてくれ」 ~ 再び民共合作に舵を切る民進党

← 応援クリック、ありがとうございます。

「わたしは、自衛官のせがれであります。共産党に対する意識は、どなたよりも、どなたよりも強烈な思いを持っている。筋金入りです。魂は売らないんです」


 これは、千葉・船橋市での会合で、共産党との連携について理解を求めた、民進党幹事長の野田の弁である。ことばのリズムは、マニフェストについて、「書いてないことはやらないんです」と語った時のものと同じだ。共産党に魂は売らないから、選挙協力だけは認めてほしいという筋が通らないことばは、自衛隊のせがれどころか、短くとも一国の首相を務めた政治家としてあまりに無責任である。

 来る衆院選で、候補者を擁立したくとも、その候補者のタマが集まらないという民進党。いくら志があろうとも、沈みゆく泥船に乗ろうとする者がいないのは、自明の理である。NHKの11月度の世論調査によれば、民進党の政党支持率はわずか9.3%。2009年の政権交代直後に42.0%をたたき出した支持率は、33%も下落した。2012年12月、衆院選で大敗した当時でも16.1%あったのに、その数字にすら及ばない。原因は明らかに民進党自身にあるにもかかわらず、その現実を見ようとせず、相変わらず政権批判のみに生きようとする姿が、支持層を逃がしているのだろう。

蓮舫


 代表の蓮舫は、自民公明が国会会期の延長について協議に入ったことを受け、「自分たちの会期の設定があまりにも誤りだったんではないか、自分たちの誤りを強行採決で時間を稼ごう、時間を早めに終わらせてしまおうという姿勢には到底、納得はできないと」 と語った。彼らは、審議拒否を含む国会運営の妨害工作を次から次へと繰り出しておきながら、審議時間が足りないと訴える者たちだ。故意に事故を仕掛け、その事故の責任を車の運転手に被せる「当たり屋」稼業と同じなのだ。

 昨日の参院本会議では、民進党の石上とかいう労組丸抱え議員が、「憲政史上類を見ない、歴史的大敗北」とレッテルを張り、気の利いたシャレとでも勘違いしたのか、「『地球儀を俯瞰(ふかん)する外交』どころか、あまりに期待はずれ。その落差の大きさに『俯瞰』ではなく『ポカン』とさせられた外交だ」と安倍外交を声高に批判した。安倍総理は、TPPの承認案と関連法案の今国会での成立に反対している民進党に対し「なんの意思も表明できないその姿にこそ、私たちは『ポカン』としてしまう」と切り替し、石上某はあえなく撃沈したようである。

 「レッテルを貼って我々の支持率を下げようとしても民進党の支持率は上がりませんよ」、「なんの意思も表明できないその姿にこそ、私たちは『ポカン』としてしまう」という強気のことばは、安倍総理の自信の表れでもあるだろう。しかし、民進党に少しでも挽回の脅威を感じていれば、総理はこのようなことばは口にしない。つまり、民進党は完全に舐められているのだ。

 民進党は、選挙の責任者である幹事長が、民共合作に舵を切った。「命がけでやる」と言ったマニフェストの約束事にはことごとく失敗し、「書いてないことはやらない」と断言していた消費増税を、自公を抱き込んで実行した過去を考えれば、幹事長の野田の「魂は売らない」ということばの信憑性は、語るまでもない。田舎のプロレス団体が、チケットが売れず、共産党に動員を頼む景色を想像すればよい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/11/29 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(15)
a
共産主義て「魂」なんて認めてないから。
[ 2016/11/29 09:31 ] [ 編集 ]
つまり、共産党と民進党がPAPPするということだ
https://www.youtube.com/watch?v=0Gy8XYORnoo

http://www.jcp.or.jp/

https://www.minshin.or.jp/policies

参考資料
http://ironna.jp/theme/337

https://samurai20.jp/2015/04/akahata-23/

独り言
しかしねぇ。
共産党というのは世界中、陰謀、暗殺、工作が十八番というのがお決まりですが、ロシア、ボリシェヴィキ、そして毛沢東中国共産党が蒋介石国民党を乗っ取ったのは近代の歴史です。
今後、民進党という看板のオーナーが共産党という実態に何時頃なるのか?
それがこれからの観察点です。

[ 2016/11/29 12:54 ] [ 編集 ]
魂は売らない民進党
「魂は売らない」ってよくよく考えたら、
よくよく考えないでもでしょうか。

手を組む相手、共産党を悪魔と見做しているからこそ、
「魂は売らない」と表現出来るのであって、
それは共産党に随分、失礼な話ですし、(笑)
それほど悪魔的な共産党と手を組める民進党って、何ってなりますが。

民進党、得意の揚げ足取りでいけば、「魂は売らない」ならば
「身は売る」こととなり、所謂、共産党への身売りですね。
共産党に取り込まれるのもやむなしと野田幹事長自ら、
宣言したと同然なのでしょうね。
[ 2016/11/29 16:28 ] [ 編集 ]
逆効果抜群
そうですねえ、共産主義は「魂を」認めないものですし、民侵党に魂があったとは驚きですし、野田氏は自分の「保守色」を云いたい時に父親の自衛官を持ち出すだけなのも知られていますし、この言葉、全くの空にして疎だわ。

民主・民侵内の、一応「ほしゅ」と自称している側の有言実行力皆無は不動の姿勢で、一方のサヨク側の一貫性の方がむしろ「信用度」に於いて疑いは無い党ですから、党幹事長ならば「魂云々」で有権者を誑かしていないで、正直に「共産党の指揮下に入る事が得だと考えて居る」と白状した方が、まだしも誠実だと思いますけど、もともと誠実さの無い党ですからなにをか況んや。

蓮舫党首は何を言っても、貴女にはその前にする事があるでしょ!と見放されている存在ですから、彼女が口を開くだけ党の損失になるので、喚け喚け、と思います。
彼女の後ろに控えるSPらしき男性達が彼女の言に苦笑を堪えている場面、少し映るニュースでも分ります。

「憲政史上類を見ない 歴史的大敗北」???民侵党の事かいな!? 最早「大敗北」と言える程の議員数もないでしょうけど。
安倍総理を指して云うのなら、安倍内閣の何を以て「大敗北」なのか?チラとも思い当る事が無い。
レッテルにしても事実と遠すぎて、即嘘だと分る事は逆効果なのをコヤツは知らない様だ。
安倍総理はペルーでもアルゼンチンでも大変なモテ様だったそうで、同じ事を民侵党の誰かが出来たら太陽が西から昇りそうw

政治にはいつ何刻何が起こるか分りません。兜の緒は締め続けませんとね。

[ 2016/11/29 16:29 ] [ 編集 ]
吉田茂元首相の名著
>NHKの11月度の世論調査によれば、民進党の政党支持率はわずか9.3%。

…先の記事では、共同調査の内閣支持率は、60パーセント。民進党との差は、歴然としている。民進党支持者を、少数意見というレッテル張りをするつもりはないが、自民党支持者は、多数派であるから、その意見は最大限尊重すべきであろう。議会政治において、賛成多数は議決であるから、粛々と、国会は進めてほしい。戦後初めてであろう、改憲できる安定政権は、日本国にとって僥倖に思う。改憲も、今までは「できなかった」ことだが、今は「やらなかった」ことにならないよう、未来のために、重要なことほど、先に国会を通すべきであろう。

個人的にだが、今、政治家のみならず、政治を語る日本国民に、読んでほしい本がある。それは、『大磯随想・世界と日本』(吉田茂、中公公論新社、2015年)という文庫本である。1時間もあれば、おおむね読み終えることができるであろう。この本には、吉田茂元首相が、当時のそして未来の日本に託したメッセージがある。今の日本国における国内外の政治的な状況は、この本を読めば理解できる。サンフランシスコ講和条約に関わった日本人として、日ロの領土問題にも詳しく言及している。安倍総理、岸田外務大臣にも、お勧めしたい名著である。特に、「世界と日本、第二部論策編、北方領土問題解決の方途」は、領土問題に関わる方に、必ず読んでほしいと思う。
[ 2016/11/29 21:53 ] [ 編集 ]
寝言が教訓?
占領憲法を拝領し、自力防衛を放棄した元凶の本を読め?
吉田はクズ官僚の元祖だろ。
その寝言集に書いてあるという「北方領土問題解決の方途」が何の役にも立たなかったから
今も未解決のままなんじゃないの?
おぬしのHNは「アホクサ」に変えた方がいいよ。
[ 2016/11/30 10:55 ] [ 編集 ]
yasuさんへ
まあ、そういう考えを持っている方が、少なくないことは承知している。まずは、この本を読んでから、批判をしてはどうか。
[ 2016/11/30 19:41 ] [ 編集 ]
横から失礼します
ツキクサ様

僭越でございますが、いきなり「この本を読め」ではなく、キモの部分の主旨を貴殿なりに要約された上で、興味を持たれれば読んで欲しいとされたほうが良いのではないかと思います。

個人的な経験ですが、朝鮮系や左翼系の論者と思しき者の多くが主旨や要約を省くからです。 このブログでも過去に「神輿は軽くてパーが良い」とのフレーズのみで後は個人ブログのURLをベタベタ貼り付けただけのコメントがありました。

愚直な私めは、どんくさくもそれを読み、怒りに苛まれ狂犬のように相手に咬みつき諸賢の顰蹙を買った記憶がございますから。
[ 2016/11/30 20:38 ] [ 編集 ]
末田さんへ
世界と日本

自序

私は昭和二十九年内閣を退いて以後、この大磯の地に閑居してきた。その間、前後三回外遊し、自由諸国の指導者とも親しく膝を交えて会談する機会を得た。

退官後間もなく、友人知己の勧めと協力により、在官中の仕事を顧み、『回想十年』四巻を纏め、上梓したことがある。その後も折に触れて請われるままに、その時々の内外の問題について筆にした拙文が新聞その他に掲載され、そのうちの一部は先般一書に纏められた。

今回も出版書肆の懇願があり、友人の勧めもあったので、口述筆記をわずらわしたのが、本書である。そのうち特に第一部は数度の外遊を通じ、親しく語り合う機を得た諸外国指導者たちが、自由世界の防衛と発展のため、日夜如何に腐心しているかを紹介し、日本国民諸君に何らかの参考に資したいとの志にでたものである。また、既発表の小論中からも、今日においてなお世人の理解を望みたいものは加筆訂正して再録した。

思うに、国際政治外交の舞台において、外交的感覚(diplomatic sense)、あるいは国際的意識(intrenational mindedness)の豊かなる国民は繁栄し、それを欠く国民は衰退するというのが、私の多年の持論であり、終戦後四度の外遊によって、私はいよいよこの持論に確信を深めるに至った。

今日の時代は世界的にまたあらゆる方面に亘って、各国民はそれぞれ大きな変革を経験しつつあること、周知の通りである。しかも、各国民の当面している政治、経済、社会などの諸問題について、一見国内的のものの如く見ゆる場合でも、その根本的対策もしくは解決策は、これを国際的視野において求めねばならぬことがしばしばである。要するに、かかる世界的な大変動期にあっては、前述の外交的感覚、国際的意識の必要なことは多言を要しないところであろう。

然るにわが国の現状は如何。社会革新を呼号する人士、進歩的文化人と称せられる文士においてさえ、あるいは偏向せる所論をなすものがあり、時には往年の軍部のそれにも似たる排外論を主張するものさえ見る有様である。

私はわが国民の大多数がこのような偏向せる所論に耳を藉すことなく、前述の国際的感覚を身につけ、時局に対処するよう心がけるならば、勤勉にして優秀なる日本国民の前途洋々たるを信じて疑わないものである。


(『大磯随想・世界と日本』、吉田茂、中央公論新社、2015年)より、一部抜粋して引用。昭和38年に書かれたものであり、今でも参考になる名著だと、個人的には考えている。
[ 2016/11/30 22:06 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
「大磯随想」は新しく出ているのですね。私の読んだものは「大磯随想」だけですので新刊を拝読したいと思います。

同じ中公文庫から出て居る「日本を決定した百年」「思い出す侭」も、もし未だお読み出でなかったら当時の世相や御本人様の想いを知るにはお薦めしたいです。

吉田茂=マッカーサー往復書簡集(講談社学術文庫)は後に回想で書かれたものとはちがい、「その時」の現実”証拠”を知る助けになると思います。(但し、私が持っている版の帯があのいい加減ジョン・ダワーが激賞という余計なお世話も付いていますけど)
[ 2016/11/30 23:12 ] [ 編集 ]
アホクサくんへ
>まずは、この本を読んでから、批判をしてはどうか。

本の批判をしているのではない。
吉田の生き様を批判しているのだよ。
コイツは占領憲法を放置し、固定化させた張本人。
そんなヤツが書いた本など読むに値しない。
時間と金の無駄使いだ。
[ 2016/12/01 12:15 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
吉田茂さんの著書の紹介、ありがとうございます。往復書簡は、読んだことがないので、調べる必要があるときは、参考にしたいと思います。

『日本を決定した百年 附・思出す侭』(吉田茂、中央公論新社、1999年)は、今、手元にあります。印象的なところは、

外交が率直でなければならなぬこと、直截でなければならぬことは既に述べた。その上にさらに継続性を有するべきである。また同時に相手国に対しては常に善意で、忍耐強くなければならぬ。チャーチルの回顧録の中にも”グッドウィル・アンド・ペイシェンス”という言葉がある。そして「それによってこれまで幾多の戦争が回避せられたり、またこれなきために不幸なる事変が国際間に起ったことは歴史が証明する。外交は常に”グッドウィル・アンド・ペイシェンス”をもって終始せねばならない」といって短見、浅慮の外交を戒めている。老練なる政治家の戒めとして我々は常にこれを銘記せねばならない。

『日本を決定した百年 附・思出す侭』(吉田茂、中央公論新社、1999年)より、一部抜粋して引用。

…話は変わるが、日ロの領土交渉は、なかなか進展しないかもしれない。これは「外交」であるから、ロシアへの善意と忍耐は忘れないようにしたい。個人的には、四島返還すれば、日ロの経済協力は、展望が明るいように思う。四島返還なしには、やはり、国際法上の「信」がないのであるから、経済的な「信」も限定的にならざるを得ないと思う。日本国は八項目の経済協力を守り、ロシアは約束を違えないと約束しても、米英やEUといった世界各国は、どう見るであろうか。

四島返還がない場合、日本国とロシアを見る世界各国の目は、懐疑的にならざるを得ないであろう。ロシアは、先の戦争の戦果として、国際法に違反して、自国の領土を拡大したことになる。日本国は、その国際法違反を、容認することになる。日本国にとっては、四島返還の理を主張し続け、欧米諸国の理解を得ていたほうが、経済的に利することは言うまでもない。ロシアにとって、国益とは、国際法を遵守する姿勢を、世界各国に示すことではないだろうか。
[ 2016/12/01 20:14 ] [ 編集 ]
今更乍ら 敬服です。
戦後の諸始末や国家賠償額がどれほどだったのか?真面目に考えたことが無いので、yasu様の吉田首相への反感をきっかけに、取り敢ずwikiや他ネットで知られる記事をで見てみました。

日本が交戦しても居ないスイスや同盟国だったイタリアまでもが大層な金額請求で、よくもまあ日本は支払ったモノだわ!と当時の担当者や首脳人と全国民に、愛しさと哀しみと感動を覚えました。
たしか、日本は日露戦争時の借金を返しながらの大東亜戦争だった筈で、もうこれは私は敬服としか申せません。

植民地が独立する時に、国際法の規定が無いこともあって、むしろ旧宗主国が旧植民地に賠償請求している処もある、というのも聴いては居てもやっぱりホントなんだ!でした。
[ 2016/12/02 01:03 ] [ 編集 ]
大西洋憲章
>こはるさんへ
>戦後の諸始末や国家賠償額がどれほどだったのか?

戦後の諸始末に、改憲や北方領土問題がある。鳩山内閣当時、重光外相は、対ソ交渉において、クナシリとエトロフは、日本固有の領土であるから、北大西洋憲章に宣言されている領土不拡大の原則からみても、ソ連に譲渡されるべきものではないと主張した。これは、『世界と日本』吉田茂著に、記されている内容だ。

北大西洋憲章とは、1941年8月14日、米国のフランクリン・ディー・ローズヴェルトと、英国のウィンストン・チャーチルにより、起草された憲章であり、9月24日には、ソ連など15ヵ国が参加を表明した。四島返還は、欧米諸国の「信」を守るためにも、日本国がロシアとの交渉を、成立させなくてはならない。サンフランシスコ講和条約によると、四島以外を日本国は交渉できない。


大西洋憲章(一九四一年八月十四日大西洋上ニテ署名)

アメリカ合衆国大統領及ヒ連合王国ニ於ケル皇帝陛下ノ政府ヲ代表スル「チャーチル」総理大臣ハ会合ヲ為シタル後両国カ世界ノ為一層良キ将来ヲ求メントスル其ノ希望ノ基礎ヲ成ス両国国策ノ共通原則ヲ公ニスルヲ以テ正シト思考スルモノナリ

一、両国ハ領土的其ノ他ノ増大ヲ求メス。

二、両国ハ関係国民ノ自由ニ表明セル希望ト一致セサル領土的変更ノ行ハルルコトヲ欲セス。

三、両国ハ一切ノ国民カ其ノ下ニ生活セントスル政体ヲ選択スルノ権利ヲ尊重ス。両国ハ主権及自治ヲ強奪セラレタル者ニ主権及自治カ返還セラルルコトヲ希望ス。

四、両国ハ其ノ現存義務ヲ適法ニ尊重シ大国タルト小国タルト又戦勝国タルト敗戦国タルトヲ問ハス一切ノ国カ其ノ経済的繁栄ニ必要ナル世界ノ通商及原料ノ均等条件ニ於ケル利用ヲ享有スルコトヲ促進スルニ努ムヘシ。

五、両国ハ改善セラレタル労働基準、経済的向上及ヒ社会的安全ヲ一切ノ国ノ為ニ確保スル為、右一切ノ国ノ間ニ経済的分野ニ於テ完全ナル協力ヲ生セシメンコトヲ欲ス。

六、「ナチ」ノ暴虐ノ最終的破壊ノ後両国ハ一切ノ国民ニ対シ其ノ国境内ニ於テ安全ニ居住スルノ手段ヲ供与シ、且ツ一切ノ国ノ一切ノ人類カ恐怖及欠乏ヨリ解放セラレ其ノ生ヲ全ウスルヲ得ルコトヲ確実ナラシムヘキ平和カ確立セラルルコトヲ希望ス。

七、右平和ハ一切ノ人類ヲシテ妨害ヲ受クルコトナク公ノ海洋ヲ航行スルコトヲ得シムヘシ。

八、両国ハ世界ノ一切ノ国民ハ実在論的理由ニ依ルト精神的理由ニ依ルトヲ問ハス強力ノ使用ヲ抛棄スルニ至ルコトヲ要スト信ス。陸、海又ハ空ノ軍備カ自国国境外ヘノ侵略ノ脅威ヲ与エ又ハ与ウルコトアルヘキ国ニ依リ引続キ使用セラルルトキハ将来ノ平和ハ維持セラルルコトヲ得サルカ故ニ、両国ハ一層広汎ニシテ永久的ナル一般的安全保障制度ノ確立ニ至ル迄ハ斯ル国ノ武装解除ハ不可欠ノモノナリト信ス。両国ハ又平和ヲ愛好スル国民ノ為ニ圧倒的軍備負担ヲ軽減スヘキ他ノ一切ノ実行可能ノ措置ヲ援助シ及助長スヘシ。

フランクリン・ディー・ローズヴェルト
ウィンストン・チャーチル

(出典:外務省編『日本外交年表並主要文書』下巻 1966年刊)
[ 2016/12/02 21:41 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
わざわざご丁寧にありがとうございました。
[ 2016/12/02 23:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: