私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「田舎のプロレス」に反発する民進党は、「田舎のプロレス以下」の存在

「田舎のプロレス」に反発する民進党は、「田舎のプロレス以下」の存在

← 応援クリック、ありがとうございます。

 萩生田光一官房副長官が都内で開かれた国基研の会合で、TPP承認案などに対する野党の対応を「『田舎のプロレス』といえばプロレスの人に怒られるが、ある意味、茶番だ」と発言し、それに民進党が噛みついている。まずおさらいしておくと、萩生田氏の発言はこうだ。

 「田舎のプロレスといえばプロレスの人に怒られるが、ここでロープに投げたら帰ってきて、空手チョップで1回倒れて、そういうやりとりの中でやっている。私はある意味、茶番だと思う。もうそろそろ、こういう政治のあり方は変えるべきだと思っている」


 比喩が適切かどうかは別として、まことに正鵠を得た表現だろう。吉本興業の芸人さんが繰り出す「お約束」にも似ていて、政府与党が諮る法案に野党が抵抗し、審議をボイコットし、採決しようとしたら「強行採決」と糾弾するという筋書きだ、これは、今に始まったことではなく、古くから与野党間の攻防によく見られた光景である。ある意味、政府与党が「野党に抵抗させるというガス抜き」をやり、野党は「法案に反対した」ことを国民にアピールする機会を得る。これが国会対策のバランス感覚なのだろう。

民進党の「田舎のプロレス」
民進党の「田舎のプロレス」


 さて、その「田舎のプロレス」発言に対し、いまや民進党のヤジ将軍の称号を欲しいままにする山井民進党国対委員長が、こう批判した。

「極めて不適切、国民の期待する国会での審議に対する侮辱であり、強く抗議し、謝罪・撤回を今日午後の衆院議院運営委員会の場で求めることになる」
「国会対応担当である萩生田官房副長官が『国会を茶番』と言い、このような発言を謝罪・撤回しなければ今後の新たな日程協議の大きな支障になる」

(以上、引用元はここ


 ここで、民進党お得意のすり替えが炸裂する。萩生田氏は野党の対応を「田舎のプロレス」と表現したのであって、「国会が茶番」とは言っていない。そのような姑息なすり替えをしておいて、審議を遅らせる口実にする卑屈さは、骨の髄まで万年野党の精神が沁み込んだ、民進党ならではである。

 「国会の審議に対する侮辱」なら、民進党が繰り返して行ってきた対応を顧みるのが先であるべきだ。揚げ足取りと審議拒否に終始し、与党に抵抗する姿を見せることにエネルギーを注ぎ、採決となれば体を張る姿をTV画面に映し出し、「強行採決」というプラカードをカメラに向かって示す民進党。採決という攻撃を喰らって、リング下からパイプ椅子を持ち込んで反則技を繰り出すプロレスさながらである。

「私たちは慎重に丁寧にじっくり国民の理解に足りるような審議を十分にやりたいと言っている」


 これは、販促技を得意とする悪役レスラーが「俺は凶器を持っていない」という以上にしらじらしい発言だ。民進党の「丁寧な議論」とは、多分に好意的に解釈したとしても、「採決を遅らせる(または、させない)時間稼ぎ」に過ぎない。そして採決が来たらプラカードを掲げて「強行採決」だ。彼らがどのような行動に出るか、国民は既にお見通しなのである。

 そんな「政治をやるつもりがない野党」を象徴するのが民進党代表の蓮舫だ。昨日の記者会見で、蓮舫は記者から「先日のテレビ番組では寝室まで公開していたが、戸籍の公開は考えているのか」と問われ、「考えは変わっていない」と述べたそうである。与党時代に数多の強行採決を敢行しながら、「強行採決反対」を叫ぶのが民進党なら、他者には説明責任を要求しながら、自分の説明責任は全く果たさないのが蓮舫である。税金を費やしている事実を踏まえれば、彼らは「田舎のプロレス以下」なのだ。

 こういう連中は、もう政治家を辞めてもらうしかないのではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/11/25 07:11 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
失言フラグ
>田舎のプロレスといえばプロレスの人に怒られるが、

…個人的には、田舎のプロレスは、マギー司郎さんのマジックや、Dスペクターさんのアメリカンジョークのような温かみがあり、面白い興行だと思う。

ようは、政治家の茶番劇をやめろと言いたかったのだろう。
…にしても、失言フラグというのを、政治家は知らないらしい。

…言い過ぎかもしれないが、 ← 言い過ぎだがら、言うのは控える
…〇〇に怒られるかもしれないが、 ← 怒られるから、言うのは控える

安倍総理のブログには、田舎のお年寄りの方に、丁寧にお辞儀をする姿があった。田舎のプロレスとは、そのお年寄りの方々を愉しませる興行であるから、失礼なことは言うものではない。

例えることなく、直球で「民進党は、茶番劇をやめろ。」と言えばよい。大人の国会の有様をニュースで見て、子どもたちは、大人の政治家は情けないと思うであろう。日本国の国政を貶める言動は、見苦しいからやめろとはっきり言えばよい。

あとは、萩生田さんの認識が、やはり甘い。人のよさからか、どこか批判もたとえ話を用いるなど、遠慮がちである。野党の党首は、中国のスパイ疑惑が、ネットで囁かれるような人物だ。その何某か素性のわからない人物に、安倍総理が国会で批判をされているのだ。保守でなくとも日本国民なら、腹立たしく思うのは当たり前であろう。

このブログにコメントをされているA敦子さんは、警戒しすぎなのかもしれないが、外国籍の企業や、もともと外国籍であった日本国民の中には、合法的に日本国を貶める者もいると考えて、対策と法整備をしたほうがよいのは明らかだ。なにより、日本国民を守るためである。

財務省が、中国に特恵関税制度をしていることや、外務省が、中国にODAをしていること、経団連が、外国人の移民を増やすことで、産業スパイといった外患誘致のリスクを増やしていることなど、疑えば悪く見えるのも確かだ。改革と法整備が、遅れていると言わざるを得ない。

今、国会では、憲法改正は二の次のようだが、今、最優先すべきは、国の在り方を定める憲法改正であろう。TPPにアメリカが戻れるような環境づくりとは、すでに時代に逆行しており、今となっては時代遅れである。トランプ次期大統領は、アメリカの民意の代表になるのだから、選挙公約であるTPP脱退の意思は揺るがない。日本国としても、その意思を尊重すべきであろう。君子豹変するべきは、トランプ次期大統領なのか、それとも、安倍総理なのか。

トランプ次期大統領は、選挙公約としてTPPをゴミ箱へポイである。では、安倍総理は、TPP成立が悲願の選挙公約であったのか。いや、違う。ならば、今、方向転換をできるのは、アメリカではなく、日本国のほうではないのか。

日米FTP交渉を、どのように進めるのかという話に、外交の軸は移りつつある。ハワイに日米のみならず、環太平洋経済圏のために、大規模な物流拠点が必要であろう。
[ 2016/11/25 11:11 ] [ 編集 ]
蓮舫という党の顔が民進党を表しているが、それに尽きる。
冒頭書いておくこととして日本の政治の不幸というものです。
つまり政党の名に値しない野党第一党、民進党という存在が日本の政治のレベルと品位を下落させているからです。
本来、まともな野党であれば与党自民党ももっと緊張感が持て合わせて日本政治のレベルアップにも繋がるのでしょうが、この野党では無い方がましであると言えるでしょう。

普通この「与党にしてこの野党」、「この野党にしてこの与党」と言われるでしょうが、現状「この野党にして相対的によくやっている与党」という感じです。
即ち民進党とは「田舎のプロレス」、そしてその解説そのものであるという事です。

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/161123/plt16112322290012-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/161124/plt1611240059-n1.html

さて「田舎のプロレス」の比喩が悪ければ何が似合うのか?
日本をミスリードしようとする存在意味のない邪魔なだけの金食い虫。
そういう虫って夏場によく出てきます。

http://www.sankei.com/politics/news/161125/plt1611250005-n1.html

そして相変わらずの蓮舫、自身の『二重国籍問題』をうやむやにする手法としてか盛んに批判の為の批判を毎日元気よく叫んでいます。

http://www.sankei.com/world/news/161124/wor1611240007-n1.html

中国資本が日本国領土を食い荒らす如く、中国人が政界を食い散らかす。

[ 2016/11/25 12:58 ] [ 編集 ]
サンドイッチマン、サンドイッチマン
お若い方はご存知ないかと思いますが、
鶴田浩二の「街のサンドイッチマン」という歌があります。

嘆きは誰でも 知っている
この世は悲哀の海だもの
泣いちゃいけない 男だよ

 (↑民進党の姿に対する真っ当な国民の気持ちですね)
サンドイッチマン サンドイッチマン
俺らは街の お道化者
今日もプラカード 抱いてゆく


国会の場をプラカードを掲げて、ヤレヤレ騒乱騒乱と
いつもの図を見せられる国民は、たまったものではありません。
愚劣極まりないパフォーマンスで、
国会をおもちゃにする民進党に一矢報いたいとせめて替え歌で!
(まあ、届くような相手ではないですが)


蓮舫姉貴は ブーメラン
恥など知らない 違法人
俺ら仲間も 似た者さ

サンドイッチマン サンドイッチマン
俺らは 国会のお道化者
今日もプラカードは 切り札さ


政治屋稼業は やめられねぇ
レッテル貼りは お手のもの
強行採決 許さないぞ
 
サンドイッチマン サンドイッチマン
俺らは 国会荒らしだよ
今日もプラカードで 大騒ぎ 
 
[ 2016/11/26 01:29 ] [ 編集 ]
赤坂の夜は更けゆく
その昔、国会では自社対決の構図で、カメラの前で激しい衝突を演じた後、めでたく法案が成立した夜には、自民党の国会対策委員が社会党の委員を赤坂の料亭に招いて、
「いや、ご苦労様でした」とビールを注いで回っていたとの話です。

社会党はしょせんは三分の一が限度の抵抗政党で、天下を狙えるとは誰も思っていない。ただ、支援者の手前、格好だけはつけさせてもらい、自民党はその労をねぎらう、というwin・winの関係にあったのですな。

花のお江戸で「田舎のプロレス」が成立するには、自民党の国対族も大いに貢献していたはずで、いい加減、その悪しき伝統は払拭せねば。

この高度情報化社会に、余りにひどい田舎芝居が続くようだと、民辛党もいよいよスポンサーの「連合」に、そっぽを向かれるのではありませんかね。
[ 2016/11/26 01:59 ] [ 編集 ]
身に覚えあり
こんな予党議員の言に絡みつきで敵失と強調するだけで国会議員をやっていられる国が良いのか悪いのか。

「私たちは慎重に丁寧にじっくり国民の理解に足りるような審議を十分にやりたいと思って居る」イコール 国会審議は引き延ばすだけしか能がない。

田舎のプロレスの茶番を引かれて自分達の事だと分るwその程度の感覚は残っているのですね。

偶には政府・与党と正面対決できる対案や提言をして政治家らしく振る舞ってご覧なさいな、と、諦めながらも言って置きましょう。
その前に党首もその類いも身綺麗にして置くのが第一の課題です。外国人に国政の関与はお断り。


[ 2016/11/26 03:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: