私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「税金の無駄」の象徴、民進党

「税金の無駄」の象徴、民進党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 二重国籍問題をいまだ解決できていない蓮舫が、TBSの番組に家族を総出演させたことが話題となっている。国民から強い要求があった戸籍謄本の開示を拒む理由がその「家族」であったはずなのだが、TBSという反日放送局と組み、テレビ番組でイメージの挽回をはかったというのがことの本質だろう。その蓮舫が宮崎を訪れ、テレビ番組についてこう語ったという。

 「昨日、私、テレビ番組で家族が全員公開されてしまったんです。こう見えて、私子どもがいるんです。家庭の匂いがないと言われますが、これから生活臭を醸し出そうと思っています」と話し、笑いを誘った蓮舫代表。(民進党公式サイトより)


 まるで三文芝居を観ているような感覚を覚える。カメラに子供たちを映し、満面の笑みで好き勝手なことを喋っておいて、「公開されてしまった」とは、笑えない冗談にも程があるというものだ。

 まぁ、蓮舫の家族のことなどどうでもよいのだが、同じ宮崎でのスピーチで、蓮舫はこうも語っている。

 安倍総理と米国の新大統領に選出されたトランプ氏との会談には、「本当に大事なことを話してきたのか」と提起。選挙中「TPPは『脱退する』と明言していたトランプ氏が新大統領に選ばれたにもかかわらず、開会に1日2億円の税金がかかる国会でTPPの審議を進めていることを問題視するとともに、TPPをはじめトランプ氏との会談でどのような話がなされたのかまったく明かさない安倍総理の姿勢を批判した。


 1日2億円の税金を費やす国会の重要性を、民進党や蓮舫自身は理解しているのか。審議拒否を重ね、民主党政権がはじめたTPPに、安倍政権だから反対するという節操のなさ。2億円の血税の重みを理解していないのは、政府ではなく民進党の側である。

 TPPの採決を「強行採決」と呼び、徹底的に反抗したフリをした民進党。政調会長の大串某は、11月4日、この採決について、「このような暴挙に至った政府・与党の傲慢な国会運営に対し、満身の怒りをもって厳重に抗議する」と談話を発表した。「満身の怒り」は、まともに審議に応じず、ただただ抵抗に明け暮れる民進党に対して国民が持っている感情であろう。ある筋の情報によると、あのTPP採決は、与党が今国会で蓮舫の国籍問題を追及しない代わりに、民進党は決議に参加して反対するというバーターが成立していたという。テレビカメラに向かって掲げたプラカードは、そのような茶番の小道具として用意されたものだ。取引をする与党も与党だが、茶番劇で「私たちは体を張って抵抗した」とアピールする民進党の次元の低さにも呆れ果てる。

足立康史


 民進党は、“維新のトランプ”とまで言われるようになった足立康史議員に対し、懲罰動議を提出しているそうだ。民進党が足立氏を糾弾する理由は、「無責任野党」という真っ当な表現を使われたからだそうだ。足立氏の言い分はこの辺この辺を読んでもらうとよくわかるが、彼は極めて真っ当なことを言っている。維新の馬場幹事長は、「規則で持ち込めないことになっているプラカードを委員会室で振り回したり、委員長席のマイクを取り上げたり、原稿を破ったりしても懲罰にならないのに、なぜ(足立氏の)ちょっとした発言が懲罰になるのか」と批判しているが、この発言に真正面から反論できる民進党議員がいたらお目にかかりたいものだ。まさか、「与党とバーターしていたから」とは言えないだろう。

 蓮舫が入った宮崎は、実は民進党の公認候補が一人もいない土地だそうだ。民進党中堅は「蓮舫代表になって党勢回復を期待したが、効果が出ていない。候補者が集まらないのが証拠だ」と語っているそうだが、看板を変えて党勢が回復するほど、民主党/民進党の詐欺政治への失望と怒りは軽くはないのだ。このまま抵抗だけに明け暮れるなら、民進党自体が税金の無駄である。政権再交代という実現不可能な夢を捨て、とっとと解散したらどうなのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/11/23 07:24 ] 政治 | TB(0) | CM(19)
天下無双のブーメラン
投稿される常連の皆様のように
政治や歴史に関する精細な知識は持ち得ず、
稚拙なコメントしか書けない私ですが、
我慢ならない人物や団体には、やはり今日も
悔しまぎれのひとつも書いて投稿してしまいます。
ここは、先日の山口二郎君に倣って
今年、一番の優秀なコメントと自画自賛している投稿をということで。(笑)

蓮呆率いる民進党の連中には
またもや「およげたいやきくん」の替え歌が一番です。

*天下無双のブーメラン*

1
毎日毎日 僕らは鉄板の
道化芝居は お手のもの
国家の危機など あるものか
何より大事は 安倍叩き

国家国民 守るなど
知りはしないさ デラシネさ
議員の使命は 何それよ
安部の叩きに 邁進さ 
今日も叩いて 日が暮れる
天下無双の ブーメラン

2
反日マスコミ 報道せずに
党首の悪は だんまりさ
国家国民の 為ならず
怒りの声は 耳塞ぐ

反日行為を 繰り返し
日本の行く先 災いを
残す為だけ 働いて
口先だけの 無責任
大枚税金 懐に
天下御免の 民進党さ
[ 2016/11/23 16:37 ] [ 編集 ]
ムダどころか有害(破防法適用も考慮せよ)
ムダであるだけならば、実害は最小限で済みますが、意図的に、仮想敵国に対して「援助支援」を行っている民進党は「有害」であると言わざるを得ません。

民団や総連とも深い関係がありますし、その他国内外の反日組織とのつながりも深いですから、場合によっては、破防法適用の可能性も考える必要も出てくるのではないかと思います(ちなみに旧社会党の本流は社民党ですが、社民党も現在では共産党と差異が無い極左政党になっています)。

本来、社会党自体はリベラル系の国民が設立した「政治政党」ですから、共産党のように国外で結党された「テロ組織」ではありませんから、破防法の適用が困難のようにも思えなくありませんけど、民団や総連などと深いつながりがあるとなると、話は別になると思います。

いずれにしても、民進党(社民党も)は、劣化共産党であり、存在自体が「有害」、「危険」であると言わざるを得ません。
[ 2016/11/23 21:03 ] [ 編集 ]
赤松口蹄疫
今後、宮崎県に民主(シン)党候補者が出てもしも当選するなら、宮崎県のオワリだと云ってあげます。
赤松口蹄疫を忘れてはいけません。
牛豚の呪いは恐ろしいのだ。

民主党政権になって間無しに宮崎県の畜産業は壊滅状態にされました。
北海道の口蹄疫以来、国内で厳しく注意要心されてきた口蹄疫が何故、どうして入り込んだのか?にはいろいろ云われましたが、理に合う推測は出来ても確証が無い事で口惜しさだけが残りました。
それ以上に、(私的にはのこぎり引きの刑決定です)怒り心頭だったのが、時の農水相・赤松の無限大の無責任態度でした。
あれ以来、キューバやカストロが話題に上る度に、疫病神赤松の顔が浮かんで気分が悪い(私的感情です)。

民主党政権時に被害にあった地域が全て候補者が出られなくなれば、日本は節税効果をあげられる。筈。のでは? と思う。
その分共産党が得するようで、考えものではあるが・・・取り敢ず。

「暴挙に至った政府・与党の傲慢な国会運営」ねえ・・・民主党政権の事かい!
[ 2016/11/24 00:15 ] [ 編集 ]
足立康史議員負けるな
いつもコメント欄の質を落として申し訳ないものです。
投稿数が少ない時、貧者の一灯?(笑)を何て、思うものですが、
反って足を引っ張っているのでは何のことやらわかりません。

今、この辺とされたリンク先を読んでいました。
足立康史議員の尤もな発言を潰してしまえは、この民進党の
野蛮性と卑怯そのものを象徴していますね。

真っ当なことが通らず、小細工を弄して
人を陥れようとする卑しむべき人間どもを多く抱える政党が
恥ずかしげもなく政党を名乗って存在するのですね。
解っていたこととはいえ、下劣すぎます。

夜中にいよいよ腹が立ってきました。
[ 2016/11/24 01:22 ] [ 編集 ]
なつこ様
なつこ様のコメントは決して質を落すとか拙いとかの御心配は一切不要だと、ワタクシが保証致します。
何故ワタクシが、といいますと、管理人様の御修行に伴走(としておく、抗弁不許可w)するお邪魔虫を任じておりますので。

国政の真実を知る事は腹が立っても楽しんでもイイのだと思います。
知らないで「民侵党もたまにはいいじゃない?」なんて勘違う事が、時として無いとは言えないのですから。

眠れなくなるといけないので、私は明日覗くことにいたします。
[ 2016/11/24 02:12 ] [ 編集 ]
こはる様
ありがとうございます。
投稿したのを後悔していたものでしたから、
おかげさまで、元気をいただきました。

こはる様は、いつも欠かさず、コメントを寄せられます。
それは管理人様にとって記事を書かれる甲斐があるというものですし、
大いに励まされ、頼もしく思っていらっしゃることでしょう。

残念ながら、私には能力不足で記事によって毎回は叶いません。
どうぞ、多くの読者の為にも管理人様の強力な伴走でいらして
くださいませ。

コメントをいただき、嬉しいことに、
安眠に向かえそうです。
おやすみなさい。
[ 2016/11/24 03:05 ] [ 編集 ]
無駄口党
子供の頃、「ロボット三等兵」という漫画がありまして。そこにビルマ方面軍の牟田口司令官というのが出てくるのです。

無駄口中将の駄洒落じゃないかと思うほどのボンクラで、ろくな作戦を考えず、実在が疑われるほどの無能ぶりを発揮してくれます。あれが実在の陸軍中将だと知ったときのショックは大きかったです。

民辛党も漫画本で読んでいだら、まさか、かくも無能で無責任な集団が我が国の税金で養われているとは俄には信じがたい。そこは作家的な才能を発揮して、彼らの無内容、無節操ぶりを面白おかしく強調しているのではないかと疑うでしょうね。

日本人の中にも、知れば知るほど論外な奴というのはいるものです。

朝日、毎日、東京、中日新聞等の講読者をかき集めれば未だけっこうな数になります。彼らをハーメルンの笛吹き男よろしく先導して、崖の上から集団見投げさせる役目も大切だと思うのですが、民辛党にはその力も無いようで、まったくの役立たずですわ。

無能なりに、何か、お国の役に立つ道はないものか、私もあれこれ思案中だす。
[ 2016/11/24 03:12 ] [ 編集 ]
訂正および追加です
伴走ではなく伴走者と追加訂正させてください。
また、こはる様は伴走者であり、伴奏者でいらしてくださいませ。

***
今、10 時間前にライブ配信された
『11.23 皇室・皇統を考える国民集会』を
聞いておりました。

皇太子殿下の訪中の画策を二階幹事長を通じて、
中共が画策しているとのうわさが流れていると
話されています。

紀子妃殿下と悠仁親王殿下とのお車の事故にしても
またもや不安なニュースです。
日本は、これからも用心しなければならないことばかりです。
[ 2016/11/24 03:35 ] [ 編集 ]
何でもありの内廷の様な
なつこ様
伴奏はいいですね
管理人様の御心情は一切関知せず、気分次第で演歌風フォーク風偶にはクラシック風で行きまひょか~w

皇太子殿下 ですかあ・・・あの方ねえ・・・
二階氏の画策以前に、お好きなことには御本人が自由に動かれる様ですからねえ。
以前学習院内で行われた中共人民軍コンサートに、宮内庁の反対を押し切ってお出ましになり、キンペー嫁女と隣り合ってご歓談のお写真がありましたでしょ。
それに、お舅ドノが「日本ハンディキャップ」論者で東宮家は、しっかり周囲を固められて居られる様で、二階氏の出る幕以前ではないか?と私は思います。

二階氏は親中でも江沢民絶賛で、キンペーとはちょっと疎遠なのでは?と、勝手に”期待”しているのですが、そういうお話がチラチラしたら二階氏は政治家として動き難くなるでしょうから、噂は広めた方がイイかもw
なんて、笑ってはいられない場合ですけどね。
今の皇室、何があっても不思議ではない、気がします。

秋篠宮家には警護の増員と確かな身元の人事願いメールを、内閣にも宮内庁にも出したという人は今回多そうですけれど、宮内庁の答弁は「増やしません」だったとか。
秋篠宮家のお出ましには、信じられない程のスッカスカの警護陣の映像を拝見し、宮家の頻繁な御公務と、それに較べて のお家との理不尽な程の格差には いくら何でも!と申したいですね。

何を根拠に宮内庁はそんなに安心していられるのか?
あってはならない事が起こったら、宮内庁はどう責任を取れるのか?是非是非聴きたいモノです。
警護代金までが宮家の負担だとしたら、増員はほぼ絶対出来ないですね。
[ 2016/11/24 08:29 ] [ 編集 ]
出がらし すれっからし
バロン閣下
民侵党には学校名だけは名高い学歴議員が多そうですが、学歴は高いけれど頭の中の回路が繋がってない人も圧倒的に多い気がします。
学生時代のお勉強で過熱してショートしちゃった風な?

使い途がない人材の集団なので、彼らは自責の念が沸かないのでしょう。「私だけじゃない。アレよりは僕はマシ」と。
何と言っても、あのすれっからしに率いられているんですから、有能な筈がないのです。

牟田口廉也中将の漫画なんてあったんですか。ある事自体が仰天ですw
戦後もしっかり生きて畳の上で没されたのですよね。
あの人と辻政信と菅原ナントカという特攻関係者だけは、地獄に墜ちてもイイと(そうあらねば英霊が蹴墜とすべし!)私は思っています。
末田先任軍曹殿のお好きな脱衣婆にそう判断されていますように。祈!

一般真性保守(融通の効かない固まった保守ではない)の出番は必ずある、と信じます。
焦るべからず。
事を為すには家康公を見習うべし、とわたしゃ思っておりんすえ~


おまけです
これから冬です。人恋しくなったら 林部智史さんの「あいたい」をお薦め致します。
CDならばみゆきさんの「糸」のカヴァーも入っております。
[ 2016/11/24 09:03 ] [ 編集 ]
ギトギトに汚れた看板
>看板を変えて党勢が回復するほど、民主党/民進党の詐欺政治への失望と怒りは軽くはないのだ。

しかも、変えた看板が二重国籍でギトギトに汚れた看板じゃ
まさしく逆効果。
普通の日本国民の平均的な反応は「ああ、やっぱりね」だろう。
失望と怒りは倍加したに違いない。

嘘吐きトカゲ女R4が代表でいる限り
安倍政権は安泰だね。
年明けの総選挙でトドメを刺してやればいいのに、と思うのだが…。
安倍さんて無慈悲だなぁ~♪
[ 2016/11/24 10:38 ] [ 編集 ]
解ってないですね
問題なのはTPPを批准することではなく、交渉の結果とISD条項である。
一番マシだった自動車にしても、25%の関税が30年後にようやく撤廃になるというだけ。しかも何らかの義務違反が有れば撤廃を30年以上に引き延ばすことが出来るという。
民進党が交渉したからといって勝てたかどうかは怪しいが、少なくとも戦犯の子孫として歴史修正主義を維持したいという弱みを持つ安倍自民は勝てるどころかわざと負けることで米国側に権力の座を維持させてもらうつもりだったことは確かだろう。
[ 2016/11/24 14:30 ] [ 編集 ]
こはる様
>管理人様の御修行に伴走(としておく、抗弁不許可w)・・・

と草木も眠る丑三ッ時に宣言なされますとは、管理人様もお喜びのこと確実で
ありましょう。 お邪魔虫とはご謙遜、もっとズィ~ト、カッコいいですよ。

私めからすれば「伴走者」と言うよりこのブログの頓挫を謀るブサヨや朝鮮夷の
卑劣な妨害を薙ぎ伏せ、時に身を挺して庇おうとする、あたかも義仲殿と共に
形影あい寄り、あい助ける巴御前の美しき剣舞の如き(v-238)。
   ---*---*---
脱衣婆など、私めは好きではございません。 
そりゃ~、、エロ奴でございますから、姥桜の残り香が漂う熟女さまからの
お情けならば謹みまして御受けいたしますが、、、脱衣婆とはあまりに惨い、
まるっと朝鮮人のような変態になるではございませんか!!
[ 2016/11/24 18:36 ] [ 編集 ]
末田先任軍曹殿
あら~?お好きというのは慎んでの表現で、アイしておられる様な、と書こうかななどと思っておりんしたえ。

アチラ流変態は脱がせるのではなく、着ていようが脱いでいようがお構いなし。その先が願望で御座ろうが?
多分アレ等は鎧兜でもナンノソノ、だと思いますゼ、旦那!
我がエロ様はその点・・・ねえ、美術鑑賞はなさりたいでしょ?

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今時「戦犯」なんて云う人が居られるンですねえ 呆。
ちょっと戦後史を読み返された方が少しは恥を掻かないで済むと思いますけど、余計なお世話かな。

一頃流行ったんですよね、日本の首相は米国様の御意向次第、と宣伝してマスゴミの寵児然としているひょーろんか風情が。
一体何処の国民かと思いますわ。
喩えこの71年間に、実態が米国ご機嫌取りをしなければならない事態になっても、国の為には仕方がない、誇りもしばらくはお納戸への口惜しさ、とは絶対考えずに批判だけの自己満足。
臥薪嘗胆って言葉を中学時代に教わったでしょうに。

個人的に好き嫌いはあっても自国を代表する有能なトップを評価出来ずに、貶め揶揄して、結局はその行為は自虐自傷でしかないのに、自分は高みにでも居る様な気分になっている浮き草連中って、本当に惨めだと私は思うわ。
[ 2016/11/24 20:54 ] [ 編集 ]
A級戦犯などという欺瞞語(国内法的には戦争犯罪者ではないにもかかわらず)を未だに使用しているのがいたとは(笑)。

TPPの交渉結果には色々な意見や批判もあるだろうが、それでも随分耐えたものだと思う(TPPの参加事体は民主党時代からの引継ぎだが)。

後は、米国の動向と経済界の考えなどもある程度考慮して決めていくしかないだろうと思う。
[ 2016/11/24 21:08 ] [ 編集 ]
TPP
初歩的なことですが、自動車を書かれていた方の関税失望に疑問です。

対米自動車なら車種に依るとしても米国工場で製造されていますから、関税的には問題はないのではないかしら?違うのかな?
他の経済規模が大きくない国への輸出関税が早急には作動しないのは、むしろ当然で、相手国の事情に思いを致さない強国の貿易は、自動車でなくても宜しくない、と思います。

ISD条項には初期提言からどう変化したのか?判りません。
[ 2016/11/25 00:21 ] [ 編集 ]
こはる様
東宮ご一家並びに小和田家に
関しては思うところがたくさんありすぎます。
仰る通り、あの小和田恒氏の影響大なのでしょう。
国連(連合国)つまり戦勝国連合に過ぎない
あの碌でもない組織に御執心なのは大いなる懸念材料です。

それから仰る様に秋篠宮家の予算の少なさによる弊害が
今回の事故で露わになりました。
警備、警護の問題に関しては、書かれる通りを
高清水有子氏が述べてありました。

週刊誌の事件記者の時代から28年間、
公私ともに秋篠宮家と関わられてきた
チャンネル桜のキャスターでもある
皇室評論家である高清水氏は、以前から秋篠宮家の
人・予算・警備が足りないと訴えてあったのですが、
今回の事故で早急に安倍政権が対処されるよう話されています。

内廷皇室である東宮には50人ほどの体制。
内廷外皇室である秋篠宮家は20人ほどの体制。
事務方として9名ほどの職員。あと7~8人は私費で雇われている。 
およそ7000万円の予算が付くが、その殆どは人件費で消える。
食料は、内廷皇室と違い御料牧場から調達出来ず、私費。
国民健康保険は入れないので、全額支払い。
皇位継承第二位、第三位の秋篠宮殿下、悠仁殿下の
お二人がいらしても東宮ご一家とは、
予算の桁が違う少なさであること。
皇太子ご一家の様な信号調整もなければ、高速封鎖もなく、
警備、警護が手薄である事。

「警備体制の強化を必要とする事態ではない」とした
この宮内庁次長の西村氏には怒りを覚えます。
秋篠宮家のお二人は、日本にとってどんなに大切なお方かを
考えられないのが宮内庁次長として存在する奇怪な日本です。

生前退位など奇妙な言葉を使い出したマスコミと同様に、
そもそも女系天皇という言葉すらなかったものを
意図して造語した者がいて、またぞろ出て来た世間の
風潮への警戒が真っ先にあって当然の宮内庁であるはずなのに。
国内外から愛子天皇を画策する勢力が各界各層に侵食して、
宮内庁もかと疑心暗鬼になってしまいます。

札付きの反日である国連女性差別撤廃委員会の勧告やらと
相俟って、反日マスコミも加担した情報戦で何度も蒸し返される
女系天皇論には、最終目的が皇室解体を狙う内外の
謀略戦である以上、永遠に続くものと要警戒でしょうね。

ここでの記事ではないですが、日本の行末に何ら責任を持たず、
国家の形を歪めて、弱体化することになっても
今だけ良ければ、自分達業界だけ良ければの発想では、
亡国の道の先導役が経団連と思えてなりません。

経団連の言うことを聞かなければ、ならないのかな安倍さんは。
若し、中韓で事変が起った場合、のめりこんだ東レの会長は
責任取るのかな。そんなことする訳ないよね。
偉い人(?)のすること、ちっともわからないものです。
[ 2016/11/25 02:36 ] [ 編集 ]
判るものは解る
思惑捏造いっぱいの週刊誌などは見なくても、今はネットで海外にお出かけのご様子は海外メディアの動画で、国内ではメディアが一切報じない宮様ご一家のとその周辺の様子が庶民の写メアップで判りますから、むしろ余計な雑誌記事のない方が真実を伝えてくれますね。

一方で宮家の経済的問題を語りながら、片方で妃殿下や内親王様方の御召し物に遠慮の無い「批評」を加えるネット識者wには、ちょっと引いてしまうのですが、育ち盛りのお子様方三人と両殿下のお出ましの頻度を考えると、その次長!一度計算してご覧なさいよ!と云いたくなります。市場調査もして価格の把握をしっかりお願いしたいです。
その次長は、最近刷新されて入った方ですよね。期待していましたのに。

今は兎に角、お召し物よりティアラ問題より、宮家の方々の御身の安全の十分な確保だけは総理の厳命を戴きたいですね。
やっぱり云っちゃおう!秩父宮妃殿下のティアラ・・・何故御遺言通りにされなかったのでしょうね。
と推測出来ながら云う 快か~~~アん w。
[ 2016/11/25 03:02 ] [ 編集 ]
訂正します
内廷皇室は内廷皇族、内廷外皇室は内廷外皇族に訂正します。

何より皇太子殿下に続くお二人の方がいらして、
他の宮家と同様の予算とは、どう考えても理に適いません。
武田恒泰氏が
皇太子殿下が天皇陛下となる時、皇太子がいない状態となり、
また秋篠宮殿下は皇太弟としての規定もなく宮家のままで変わらない。
今の秋篠宮家の体制では、要員が足りずに東宮御所に
引越すことも出来ない。
規定を変えて、皇位継承順位が第一位の皇族を皇太子とするなど
内廷皇族としての地位を与えるようにしなければならないと
話されていました。

何も考えて来なかったことは、責められますよね。
それ相応の品位を保ち、安全を保たれるためにも、
秋篠宮家には、それに見合う予算と警備の充実をと願います。
[ 2016/11/25 08:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: