私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  東京新聞コラム「首脳会談偽議事録」 ~ 山口二郎の私怨による妄想を嗤う

東京新聞コラム「首脳会談偽議事録」 ~ 山口二郎の私怨による妄想を嗤う

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨年夏、「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」で一世を風靡した(皮肉)政治学者の山口二郎。東京新聞に定期コラムを持っている。私は東京新聞に興味もないし、ましてやこの新聞に一銭たりとも使うつもりもないので、彼のコラムはネットを通じて知るだけなのだが、ざっと見る限り、概ね安倍政権批判のためのものである。

 その山口が、ツイッターで、「今度のコラムは今年の最優秀作」と自画自賛していた。そのツイートと、その最優秀コラムが下記である。


首脳会談偽議事録 - 山口二郎 (東京新聞 「本音のコラム」)

 「選挙戦の最中にヒラリーに会ったってことは、俺は絶対負けると思ってたんだろう」
 「大変申し訳ありません。うちの外務省がドジをこいたもので、私も恥をかかされました。本心を言えば、あの小うるさい女性よりも、人権やら平等の虚偽を暴く本音を堂々と主張するあなたの方に、私は共感を持っていました。価値観の共有とはまさにこのことで」
 「俺が反対しているTPPも、俺が当選したその日にあんたの国の国会で可決したそうじゃないか。ケンカを売ってんのか」
 「それはとんでもない誤解で。私はただ、アメリカの言いなりになることがわが国の利益になると国民に教えたいばかりに野党の反対をねじ伏せたまでで」
 「それで、この超多忙な時に面会をねじ込んで、何の用だ」
 「私はただ、次期大統領に最初に面会した外国首脳になりたい一心で。一時間の会談でゆるぎない即席の信頼関係をつくりたい。これから私のことをシンゾーと呼んでください。あなたのことをドナルドと呼んでいいですか」
 「シンソーは、日本語では心臓という意味もあるそうだな。まったくあんたはいいシンゾーをしているよ」
 「次期大統領、さっそく信頼してくださりありがとうございます。私は文字通り、善い晋三です」   (法政大教授)


山口二郎


 確認しておくが、彼は学者である。東大法学部卒で、法政大学教授、北海道大学の名誉教授という肩書を持つ。しかし、一介のブロガーである私が言うのも生意気だが、文章に知性の欠片もない。これが「最優秀作」なら、そのレベルの低さには唖然とする。東京新聞も、よくこんな酷い妄想を掲載したものだ。反安部というイデオロギー上の同志なら、何を書かせてもよいのか。言論を扱うメディアとして、品性がなさにも程がある。

 このコラムは、山口の言う「皮肉る文章」ではなく、「私怨による妄想」である。「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」でもわかる通り、山口のような人物は、安倍総理を悪魔化することによって自分らの主張やイデオロギーの正当性を担保しようとする。学者であれば、根拠を示したうえで堂々と言論で安倍総理を批判すべきであるし、新聞であれば、妄想の域を出ない駄文を掲載すべきではない。しかし、彼らは自分らのイデオロギーに陶酔するあまり、分別というものを都合よく忘れているのだ。

 山口二郎は、政治学者である前に、単なる活動家である。池田信夫氏は、ツイッターで「山口先生の大活躍のおかけで、左翼=バ*というブランドが確立した」とひとことで斬り捨てた。山口の迷台詞に、このようなものがある。

「政治は国会の採決で終わるものではない。数を持っている権力者に、俺たちをなめたら ひどい目に合わせるぞと怖がらせることも、民主主義の大事な要素だ」


 この「ひどい目」「怖がらせる」とは、暴力を含む少数派の抵抗という、数十年前のサヨク過激派の異臭を放つ。彼の最優秀作は、軽蔑以外のなにも生まない、安い代物だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/11/21 07:11 ] メディア | TB(1) | CM(10)
妄想記事
「デスク、本当にこれを載せるんですか?」
「ああ、頼む」
「でも、これはちょっと……皮肉るにしても、ひねりもなんにもないし……」
「……まあ、確かにな……面白くもなんともないな」
「それに、会談の内容って非公開ですよね」
「ああ、妄想だけで書いたんだろうな」
「それって、拙くないですか?」
「何を今更……それに、自画自賛して持ち込んできたんだよ、載せてやらないとうるさいからさぁ」
「……まあ、良いですけど……『叩き切ってやる』にしても、あの人、知性が感じられませんねぇ」
「だけどさ、大学教授、名誉教授の肩書きだけは使えるかも知れないからさ、今回は目をつぶって載せてくれよ……」
[ 2016/11/21 08:15 ] [ 編集 ]
インサイド・ザ・バリケード
「大学にバリケード作って立て籠もって、もう3日目か」
「さすがに疲れてきたな」
「なあ、俺たちって、いつまでもこんなことばかりしてて良いのかな……」
「そうだよなぁ、まともに就職できなるなるだろうな」
「お前、本当に革命なんて起こせると思うか?」
「正直、そうは思えないね、バリケードの内側でこんな話をしてるくらいだからさ」
「山口って、本気で革命を信じてるんだろうなぁ」
「そうだな……あいつはマスコミか大学教授になるしかないだろうな」
[ 2016/11/21 08:34 ] [ 編集 ]
山口二郎(通名使用帰化在日韓国人疑惑、法政大学法学部教授、北海道大学名誉教授)も、①日本国道路交通法違反、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」、③韓国兵役義務者、④韓国納税義務者に完全に該当します。
山口二郎(通名使用帰化在日韓国人疑惑、法政大学法学部教授、北海道大学名誉教授)も、①日本国道路交通法違反、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」、③韓国兵役義務者、④韓国納税義務者に完全に該当します。
-----

山口二郎(通名使用帰化在日韓国人疑惑、法政大学法学部教授、北海道大学名誉教授)も、①日本国道路交通法違反に基づき即時現行犯逮捕され、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」として(日本国籍剥奪の上)日本国外へ追放され、韓国において③韓国兵役義務および④韓国納税義務を果たすべきです。
[ 2016/11/21 12:44 ] [ 編集 ]
佐藤 圭(キムチ東京新聞)たちも、①日本国道路交通法違反、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」、③韓国兵役義務者、④韓国納税義務者に完全に該当します。
佐藤 圭(キムチ東京新聞)たちも、①日本国道路交通法違反、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」、③韓国兵役義務者、④韓国納税義務者に完全に該当します。
-----

佐藤 圭(キムチ東京新聞)たちも、①日本国道路交通法違反に基づき即時現行犯逮捕され、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」として(日本国籍剥奪の上)日本国外へ追放され、韓国において③韓国兵役義務および④韓国納税義務を果たすべきです。
[ 2016/11/21 12:50 ] [ 編集 ]
ますます磨きが
ヤマグチのクズっぷり、ますます磨きがかかってきてますね。
こんなクズでも大学教授を名乗れるという現実を教えてくれてありがとう。
おかげで、知り合いの大学教授をそこら辺のおっさんと同等に見なすことができ、
敬意をまるで感じることなく付き合えるようになった。クズのヤマグチのおかげですね。
[ 2016/11/21 17:13 ] [ 編集 ]
山口二郎君は人間か?
「安倍に言いたい!お前は人間じゃない!叩き斬ってやる」
これがいやしくも大学教授を名乗り、学生を教える立場にある人間かと
衝撃でした。

もちろん、大学教授と言えども妙な人間がマスコミに
頻繁に顔を出し、嘘をばら撒き、世論誘導に走るといった
質の低下と共に世間の評価はがた落ちとは思っていてもです。
こういう罵り方を社会に向けて得意満面に言い放つ人間が
一応、名のある大学教授の職についているというおぞましさに
驚いたものでした。

東大法学部卒、北海道大学名誉教授、現在法政大学教授ですか、
きっとお勉強はお出来になるのでしょう。
しかし青山繁晴氏の母上が仰った「受験勉強の搾りかす」つまり、
受験エリートと言える人達のなかでも劣悪な部類。
学歴はご立派だが、常識や良識を外れた出来損ないの人間を
生み出した例として山口二郎氏を見てしまいます。

学歴、社会的ステータスなどに縁のないただの市井の人でさえ、
人間としての弁えや礼儀や美徳を持ち合わせています。
何より、意識せずとも日本人としての矜持がそうさせます。

この山口二郎氏とともに、この駄文を載せるという愚行を
やらかした掲載新聞のみっともなさです。
自ら言論人としての誇りや良識をかなぐり捨てた
反日東京新聞もまた、世間の笑いものとなっています。

ああ、そうそう、
昔、栗本慎一郎氏の「パンツをはいたサル」の本が売れました。
反省猿で有名になった猿の次郎君もいました。
なるほど、山口二郎氏は、ジロウ違いの二郎でしたから、
反省がないのですね。
人間性の劣悪を晒してなお、反省のない山口次郎君でありました。
皮肉を言えば、安倍批判が飯の種のこのお人。
裏を返せば、安部ありてこその身過ぎ世過ぎとも言えますね。

最後に、安倍総理を人間じゃないと言った山口二郎氏には、
「顔が奇妙に左に歪んだパンツをはいた反省しない猿」とでも言って
差し上げましょう。
[ 2016/11/21 18:12 ] [ 編集 ]
非政治学者の妄言
山口センセは専門が行政学らしいですね。こんなのが政治学者と言われては、まともな同業者から文句が出るでしょう。

あの民辛党のブレーンで、民主党のリフォーム詐欺の片棒を担いだことを自認しながら、いまだに安倍政治を許さない!風の路線をひた走っている、脛の傷に手垢がいっぱい付いたサヨク学者でありんす。

リベラル左翼の中でも読むべきは丸山真男先生まで、丸山先生には何と言っても知性と教養がありました。山口二郎君になると同じ先生商売でも「センセ」の口で、所詮はチンピラ左翼の用心棒。「センセ、お願いします」と言われ、ちこっと立ち合うと、その弱いこと弱いこと、たちまち手足を強かに打たれ、びっこを引いて現場から逃げて行く姿が唯一の登場場面とは。これが今年最高の作ですって?いったい、これが原稿料を貰ってプロが書くレベルのコラムですか。ユーモアや、ウイットの欠片もない。ST様がロハで書かれているショートストーリーの方がよっぽど面白いわい。
こんな詰まんない内容で、東京新聞が新聞紙代を各家庭から徴収できるのが不思議、よくまあ便所紙以下の新聞発行を続けられるもんだと、その経営母体には妙な感心を致しました、はい。
[ 2016/11/21 19:36 ] [ 編集 ]
「徳」を備えた「偉人」がいない現代社会
パヨクとは、社会に対する怨恨のみで生きている存在であり、それが大学教授であれば、「パヨク教授」となるわけです。

山口二郎などは、典型的な「パヨク教授」であり、その言葉や雰囲気からは知性も落ち着きも感じられず、「チンピラ」が大学教授の職を得ているだけの「肩書詐称」としか思えません。

正直、日本の文系学者のレベルは、全体的にはかなり低いのではないかと思っています。

明治期の知識人以上の人物が、現代ではいないのではないかと危惧しています。

福沢諭吉、夏目漱石、内村鑑三など、超一流の偉人が明治には多数存在しました。

江戸時代ならば、本居宣長、緒方洪庵などが偉人に該当すると思います。

正直、これらの「偉人」は、知識階級に多大な影響を与えたばかりでなく、世間の人々の生き方の規範となるような「精神」を生み出した人々だと思います。

しかし、現在ではそのような人物に該当するほどの人がいない。

保守派でも最後の偉人が「三島由紀夫」なのではないかと思うと、この先の日本社会の存続が危ぶまれるような気がします。

正直、偉人とは受験競争のようなもので生み出されたわけではない(松下幸之助は小学校中退ですが偉人です)上、偉人が台頭するようになった事には何らかの「徳」を育てる風潮があったのではないかと思っています。

我々が現代社会で必要としている人物とは、そのような「徳」を身に付けた人物ではないかと思います。

[ 2016/11/21 20:31 ] [ 編集 ]
東大出てもパヨク脳
シールズを代表とする分かり易くをコンセプトとする最近のサヨクの潮流に流されて。
山口先生も虚飾を排して分かり易い言葉で自分の意見を発信。
すると実は中身が無く只のパヨクだったと云うオチ

ソーカル事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

日本の文系先生に多いタイプ
専門用語を羅列する事で難解な理論に見せ掛け武装してるだけで、元々中身なんて有りませんよ。
はい此の程度
[ 2016/11/21 20:37 ] [ 編集 ]
愕者
ST様ならしっかりオチで決めますけど、これじゃーフツーの版元なら没だわね。

立ち上るのは「安倍総理が兎に角憎い!ナンとしてでも貶めてやろう!トランプなんかと最初に、しかもキンキラ私邸を訪れて笑顔の会見に玄関まで見送られて、ぐじゃしーーーーじゃないか!」煙が一筋。
ご愁傷様~  滅び給え。

法政大が終わればこの山口二郎はさしずめ南鮮行きだわね。
アチラなら申し訳ないがこの程度でも大学教授で迎えてくれそう。何と言っても反日なんですから。

東大法学部に入るまでは一生懸命にお勉強したのでしょう。で、卒業したら出がらしになっちゃった人の典型で、他人の悪口しかお仕事に出来ない。
本当に哀れなのは、メディア的には有名なのでこんな人非人だとも判断出来ずにこの山口某の講座をとってしまう学生です。
まあ、それもこのネット時代に知ろうとしなかった己の運命の拙さを嘆け、と云うしかないが。

没になりそうなので事前宣伝したのかもねー
[ 2016/11/22 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

安倍政権 内政そっちのけで外交にのめり込みではありませんか?
本稿、政権中枢向けの、注意喚起目的での出稿である。 いつも読まさせていただいている保守系ブロガーの主張と自分の主張を組み合わせ、「外交にのめり込み過ぎている?」安倍首相に内政面での関与を促したいとの視点でのシナリオとなった。 本稿、引用記事だらけである。が、それは、安倍政権にモノ申されているネット界の賢者それぞれの主張が、実は、辿っていけば同じことを意図しているような気がするのであり、そ...
[2016/11/23 06:19] 祖 国 創 生
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: