私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  日本人の平和ボケを治す特効薬は、日本国内からは生まれない

日本人の平和ボケを治す特効薬は、日本国内からは生まれない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 NHKが11月度の世論調査の結果を報道している。安倍政権の支持率は前月から5ポイント上げて55%と、高い水準から更に上げている。不支持率は7ポイントも下がり、26%。支持率と不支持率の差が30ポイント近くある状態は、今年9月以来だが、2016年1月以降の支持率/不支持率の差の平均が14.2ポイントであることを考えると、支持は今も伸びているということである。ドナルド・トランプが安倍総理との電話会談で、「どうしたらそんなに長期の安定した政権を続けられるのか」とおべっかを使ったようだが、日本の内閣は短命であることが定着していたことを考えれば、だからこそ海外からの評価も高いのだろう。

NHK世論調査 安倍内閣 「支持する」55% 「支持しない」26%


 一方、そのNHKの調査結果で示された、平和ボケ日本国民の象徴的な数字がこれである。

安倍内閣 「支持する」55% 「支持しない」26% (NHK)

アメリカのトランプ次期大統領が、選挙期間中、在日アメリカ軍の駐留経費の負担を増やすよう求める発言をしていることについて、経費の負担をどのようにすべきだと考えるか聞いたところ、「日本の負担を増やすべき」が5%、「現状の負担を維持すべき」が50%、「駐留経費の負担は今よりも削減すべき」が34%でした。(抜粋)


 大統領選に勝利して以来、トランプは選挙活動中の自身の言説をトーンダウンさせている。彼の看板制作だった、メキシコ国境に壁をつくり、その費用をメキシコに払わせるという持論は否定していないものの、まずは犯罪歴のある200万~300万人の不法移民を速やかに強制送還するというアプローチに変えた。北朝鮮に対する抑止力として日本や南朝鮮の核兵器保有を容認する発言は、「私はそんなことを言ったことがない」とシラを切っている。

 しかし、トーンダウンしようとしまいと、彼の政策の中心に孤立主義があることには変わりない。オバマは米国を世界の警察から降ろしたが、この点についてはヒラリー、トランプ、どちらが大統領になろうが変わらず、むしろトランプはその状態を深める可能性もある。そんな状況下、日本国民は国防のことを深く考えなければならない時期だと思うのだが、その切実さがわかっていないようだ。

ドナルド・トランプ


 NHKは、来るトランプ政権の外交・安全保障政策が定まらないうちに、仮設に基づいた質問に答えさせているわけで、日本人を切迫感が襲うのはこれからだといえる。同じ在日米軍の問題でも、撤退をほのめかせたトランプの政策について聞けば、結果は違っただろうと思う。ただ、日本の安保体制に激変が訪れる可能性は、報道で流れるトランプ発言を聞いていれば明らかであり、そんな状況下で3人に1人が「駐留経費の負担は今よりも削減すべき」と答えた現実には眩暈さえ覚える。

 日本は米国が提供する核の傘の下で自国の安全を確保し、在日米軍という存在によって外部からの脅威を抑止してきた。日本は憲法9条を言い訳にして、自国の防衛を米国にアウトソースし続けてきたが、トランプのアピールは、そのアウトソース契約の終了に関する示唆でもある。そのような環境の急激な変化、少なくともその可能性に直面した日本国民は、そろそろ戦後の安保体制を再考すべき時なのだ。「駐留経費の負担は今よりも削減すべき」と答える人が、日本の防衛費の増額を認めるならまだ話はわかるが、それ以外なら誰が国を守るのか。

 むしろ、トランプが政策を変えず、在日米軍の撤退をほのめかせてくれたほうが、議論はより早く進むだろう。尖閣沖で支那人船長が海保の巡視船に体当たりした6年前、支那の脅威は肌で感じ取ることができたはずだ。平和ボケした日本人への特効薬は、日本発では生まれない。外部からの劇的な刺激が必要ださえ思われる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/11/16 07:12 ] 史観 | TB(0) | CM(21)
鍵は自分で持ちたい
外圧でも何でも、日本人が世界の実態を観るようになればいくら何でも覚醒出来る筈です、けどね。
何せチョウニチ新聞以下の、GHQしがみつきメディアが日本人の目を曇らせている部分はあって、外界の現実を見せませんもの。
というか、それで他人(メディア)の所為にして暢気で居る面もあるのか?

メディアの他には学校教育です。自国を護る事の義務の崇高さを教えないと、宣伝ビラ紙に簡単に騙されます。
日教組ってどうしたら廃絶出来るかしら?
それより、家庭では教えないのかしら?中学生にもなれば今はネット検索出来るでしょうから、現実を知って欲しいものです。

尖閣沖の体当たり「漁船」や小笠原の珊瑚強奪や、それよりずっと以前の北の拉致にも、結局日本はその占領憲法のおかげで何も出来なかった。
けれど、お花畑チャン達はあの時何を思ったのでしょうね?
まさか、あの騒動も知らない、って事はないだろうと思うのですが、はかばかしい反応も知りません。

今度は海底レアアースの存在も発表され、欲に目が眩みっぱなしの四千年民族は、黙って恨めしげに見て居るだけではないでしょうから、出来る占領憲法の改定(改正、無効宣言+新憲法、なんでも)ぐらいはしておかないと盗人に追銭状態か。

志位共産党代表は在日米軍負担金撤廃と云って居ります。
撤廃して一銭も払わないなら、当然、トランプでなくても「ホナ出て行くわ、日本は自分で護れ」でしょうから、年間16兆円の予算を覚悟して志位代表は言ったのであろうか?
な、訳ないですよね。ならば、どうするつもりか?

減額と言って居る人々も、撤廃とは言わない辺りは米軍基地の必要性は認めている。と考えても良いのか?だったらちょっと希望はあるように思います。
誰も国民に軍事防衛の大切さを説かない日本がおかしいのかな。

日本の軍事防衛規模が世界第4位と発表した処とは別の調査機関ですが、グローバル・ファイヤーパワーと言うところは40位まで発表し、日本を第9位に置いています。
そして30位がスイス。各家庭の厳重装備以外に戦車も航空機もしっかり持っています。救援が来るまでは自国防衛の覚悟が見て取れます。

日本も他人に鍵を預けてのんびりして居られませんのに・・・
[ 2016/11/16 08:25 ] [ 編集 ]
日本とアメリカの外交は、投資と文化交流から始めてはどうか
>日本は米国が提供する核の傘の下で自国の安全を確保し、在日米軍という存在によって外部からの脅威を抑止してきた。日本は憲法9条を言い訳にして、自国の防衛を米国にアウトソースし続けてきたが、トランプのアピールは、そのアウトソース契約の終了に関する示唆でもある。

…国が民から徴税できるのは、民の暮らしを国が守っているからだ。アメリカに、おもいやり予算ではなく、アウトソース契約としての対価を支払うのは、当然であろう。ただ、対価の支払いは、直接的な金銭よりは、アメリカへの投資という形のほうが、ウィンウィンになりよいと思う。

例えば、ハワイに大規模な物流拠点を設けることで、仮にTPPが頓挫しても、日米主導の環太平洋貿易圏は、実質的に成立することになるであろう。日本にとっては、パールハーバーの償いを、金銭的にしていない負い目もある。

日本とアメリカの外交は、経済は投資を中心にして、長期的に考えたほうがよいと、オレは考える。経済の「豊かな実」が成るまでは、すこし時間がかかるからだ。では、収穫までの「土づくり」は、何をどうしたらよいのか。これは、提案であるが、異文化交流から始めてはどうか。

例えば、トランプ次期大統領も好むと報道されていたプロレス。日本にも、プロレスはあるが、最近はやや低迷しているように思う。日米のプロレスの発展のために、日米親善の国際試合を行ってはどうか。

例えば、バスケットボール。日本に、プロリーグのBリーグが創設された。しなしながら、アメリカのNBAような不動の人気を得るまでは、もう少し時間がかかりそうだ。日本は、アメリカに学ぶことが、たくさんある。

例えば、日本のコンビニは、世界でも有名だ。そのコンビニのフランチャイズ経営とは、アメリカが発祥の地と言われている。日本のコンビニで、初めて売れた商品も、おにぎりではなくサングラスだ。

先の戦争の後、日本とアメリカは、文化的な違いをお互いに理解して、お互いに学ぶことで、経済の発展につなげてきた経済大国であり、同盟国となった。お互いが持っている未来への希望の「種」は、たくさんある。欧米人の持つフロンティアスピリッツは、島国に住む日本人として、見習うべき精神であろう。
[ 2016/11/16 08:49 ] [ 編集 ]
>「駐留経費の負担は今よりも削減すべき」と答える人が、日本の防衛費の増額を認めるならまだ話はわかるが、それ以外なら誰が国を守るのか。

防衛費増は安倍政権の裁量で決めればいいことです。
トランプ政権の誕生は日本の好機でしょう。
真の自律とは何かを真摯に考える時節の到来と捉えるべきです。

>欧米人の持つフロンティアスピリッツは、島国に住む日本人として、見習うべき精神であろう。

そんなものを見習ったから、先の戦争で日本は失敗したんでしょ。
「フロンティアスピリッツ」って言えば聞こえはいいけど
要は侵略主義、覇権主義じゃん。もはや時代錯誤の考え方だね。
[ 2016/11/16 09:03 ] [ 編集 ]
今日の内閣支持率
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php
だと70~75%位を維持、news us様内のアンケだと90%だよ。
情報源がネットにある人、つまりカスゴミの偏向捏造情報に騙されない人からは高い支持を得ているよ。
[ 2016/11/16 17:53 ] [ 編集 ]
本当は日本人が目覚めないと
GHQの呪いから目覚めないといけません、岸信介総理大臣のように、例え誹謗中傷を与えられても、闘った総理大臣が今望まれます。

まあ売国奴がいますから

嘘つきじいさん
http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

こんな連中がいるから、いかんのです、外患誘致で死刑です。
[ 2016/11/16 21:46 ] [ 編集 ]
次のニッポンへ
ヒラリーでなくトランプが大統領になった事は、日本にとって良かった。

日本の国土、自然、文化、伝統、国民性はどれをとっても世界に二つとない優れたものだと思う。しかし、裏表一体とか陰陽というように何事にも反面があり、日本人の国民性には大きな欠陥もある。

戦後レジームと呼ばれるものから未だに自らの意思や力で脱却できない点がまさしくそれだ。
一定の方向が示されれば素晴らしい団結力と忍耐力、創造力等の力を発揮するが、その変化のきっかけが起きにくいのも日本人の国民性なんだろう。
幕末のペリー来航を思えば分かりやすい。

さて、次のニッポンを作り出す為の環境は整った。
シナ、ロシア、南北朝鮮の現状に加えて、最後の砦の米国までもが間違いなく孤立主義にシフトしたとなれば、我が国としてやるべき事は自ずからみえてくる。
勿論、我が国は孤立主義に走る訳ではない。したたかに、かつ誠意を持った外交を継続しつつ、自主独立を果たしたい。
[ 2016/11/17 01:25 ] [ 編集 ]
荒療治が必要
「馬鹿は死ななければ治らない」とよく言われますが、実際に死んでから気付いても遅すぎますね。

テロが起こった後に、「テロ」に対処していても遅いのですから、事前に「対策」をしていなければ無意味です(防災訓練などを行うのもその為です)。

今の日本が「平和ボケ」状態から目覚める為には、頭に一発銃弾を撃ち込まれるくらいの「衝撃」が必要だと思います。

とはいえ、実際にミサイルを撃たれるのは危険極まりないですから、米軍の撤退という「後ろ盾」を無くす事を、ちらつかせる方が良いのではないかと思います。

これだけで発狂する「パヨク」は一体何を望んでいたのかと思いますね。念願の米軍撤退が実現するというのに。

トランプが、日本の「自主防衛」をどこまで認めるかは分かりませんが、我々は、これを好機にするべきだろうと思いますね。

[ 2016/11/17 01:39 ] [ 編集 ]
時間を稼ぐ大切さ
欧米と日本で決定的に異なるセキュリティの感覚に、まず家のドアの外開き、内開きの違いがあります。

欧米のドアは原則内開き、これはいざという時にドア内側に家具を積めばバリケード代わりになって容易に外部から突破できない仕組みになっています。日本のドアの外開きは地震や洪水の際に、家の中に閉じ込めれないことに配慮していると言われてます。例外的な内開きは城門ぐらいなものか。

いざとなれば他からの侵入者から家族を守る砦と化す欧米の家と、自然災害を外に逸らすことを目的とする日本の家では、家に関する感覚からしてすでに真逆なのです。

知り合いのヴァイオリストのお嬢さんがウィーン留学中に下宿していたお家は鍵が3重になっておりました。2番目が大家さん所のスペースと彼女の部屋を分ける鍵で。ああいうのを見ると、外開きのドア1枚で外の道路に直接接しているアパートで、若い女性が1人暮らしをしている日本の都市の安全はあり得ない光景に思えてきます。

もちろん、鍵を何重にかけたところで「絶対の安全」などというものはありません。ただ鍵が一つ多ければ、10分かそこらの時間が稼げる。これが貴重なのです。
70年代NHKの海外取材番組で、オーストリア陸軍の将校が、我が軍の役割は敵の足を止めることにあると、語っていたのが非常に印象的でした。

かつてのドイツの電撃作戦、ソ連軍の無限連続攻撃のドクトリンにおいても、進攻する側は自らの足が止まるのを極端に嫌がるのです。
ちなみに音楽の都ウィーンを有する文化国家であり、国民の幸福度ランキングでもつねに最上位に位置するオーストリアは、今でも徴兵制を敷いています。

鍵を多目にかけることの重要性を知っている国の現実的な知恵を、日本も学ぶべきだと思います。
[ 2016/11/17 01:52 ] [ 編集 ]
Re: やはり「私的亡国の書」の称号が相応しい!
> テョン工作員である管理人「安」は、GHQの置き土産とはいえ「問題の本質」である「在日問題」には一切言及せず、自ら「目眩し工作」をやりながら…(以下略)

なるほどw
では、その在日問題と日本人の平和ボケの因果関係を、明瞭かつ具体的に、私と他のコメンテーターに向けて説明してもらおうか。
人のブログに糞などとコメント残すぐらいなら、さぞかし説得力抜群の説明が可能なんだろうね?

楽しみにしてるよ(笑)
[ 2016/11/17 16:57 ] [ 編集 ]
「在日問題」は「戦後レジーム」の一つに過ぎないのだが
正直、在日問題のみに焦点を絞って「平和ボケ」を論じても「近視眼的」すぎて、全体、すなわち「巨視眼的」な視点を持っていませんから、「視野が狭い」とか、パヨク側から、在日が嫌いなだけの「レイシスト」認定されるだけで、反論ができなくなりますね。

少なくとも、ある程度の知識を持っている保守派の人ならば、在日問題は「戦後レジーム」の問題の一つに過ぎないという事が分かるはずなのですがね。

在日問題だけ非難していても、本質ではありませんから、根本的な問題解決にはならないという事です。

在日問題は、「戦後レジーム」の構造上の問題を詳らかにしていかなければ、解決できないという分けですね。

糞ブログ云々と抜かしている者は、もう少し視野を広げた方がよろしいかと思いますね。
[ 2016/11/17 18:44 ] [ 編集 ]
ここは 君へ
ついでにワタクシも君の具体的陳述を楽しみにしておこう。

「在日問題」に固執する君には「私的狭窄の民」と称して欲しいものです。
[ 2016/11/17 21:34 ] [ 編集 ]
座布団一枚
おーい、末田先任軍曹殿

久しぶり、こはる様んちへ特上の座布団を届けておいて。

私的狭窄の民とはい言えて妙W

布団に変な細工しちゃダメだからね。よろしく頼んます。
[ 2016/11/17 22:07 ] [ 編集 ]
集めてないのに~
有難いけど・・・御座布団よりあんみつが良いなあw

末田先任軍曹殿と談合しようっと。
[ 2016/11/17 22:42 ] [ 編集 ]
(不承不承ながら=無音声) お届けいたします

>「私的狭窄の民」って、、、
「愚劣なフンコロガシ」を上品にしただけの名付けですよねぇ・・・

不肖、下僕奴も不届き者の揶揄・罵倒なら苦手ではないのですが、、、
ハメを外しすぎるようで座布団など頂いたことがございません。 (泣く)

エログロ下僕と才気煥発な花の如きこはる様を比べますのは不敬罪と
なりましょうから、ここは、夜空を見て涙を堪え零れ落ちる星を払いつつ
上等座布団を用意いたします。
[ 2016/11/17 23:08 ] [ 編集 ]
こはる様
早い、早すぎますW~
私めんトコには横着なメス猫が二匹おりまして、、、PCから離れるとすぐ
その椅子によじ登ってとぐろを巻くのです。「どかんかい」とすごんでも無視。 やむなく別の椅子に座りPCの角度を変えたりで時間がかかります。

外では7人の敵と対峙し、家では横着なオンナドモと戦いが絶えぬ有様で
早くコメントが書けないのです。 アホを相手にするときは、ごゆるりと
お願いいたしますです。
[ 2016/11/17 23:38 ] [ 編集 ]
Re: (不承不承ながら=無音声) お届けいたします
> エログロ下僕と才気煥発な花の如きこはる様を比べますのは不敬罪と
> なりましょうから、ここは、夜空を見て涙を堪え零れ落ちる星を払いつつ
> 上等座布団を用意いたします。

軍曹どの、
あんみつは私が取り寄せ、用意いただいた座布団の上にチョコンと乗せますのでww

それにしても、反論来ないですね。楽しみに待ってんだけど…w
[ 2016/11/17 23:39 ] [ 編集 ]
下僕とは余りのご謙遜。ヤダよ。
ワタクシ、二十歳代から枯れ木と言われておりんしたえ。細かった昔を返して~と笑い涙で星に祈るわ。

「愚劣なフンコロガシ」!!! なんという絶品!笑いすぎて猫が心配顔しているわ。
私からも御座布団+寝具一式を御送り致そう。黒蜜掛けてあげようネ。
[ 2016/11/17 23:47 ] [ 編集 ]
歳末温情かたじけない。
バロン閣下、末田先任軍曹殿の御厚意に重ねて管理人様までの御温情。平伏して感謝申しあげまする。ペコッ


反論は忘れた頃にやってくる。楽しみに致しましょう。
[ 2016/11/18 00:06 ] [ 編集 ]
ユダヤ人の都
富士の裾野で学生たちを率い、自衛隊での野戦訓練に明け暮れていた三島由紀夫氏は、東京へ戻る段になって、「ああ、これからユダヤ人の都に帰るんだな」と深く慨嘆していたそうです。

もちろんこの場合は民族としてのユダヤ人を語っているのではありません。外国の金銭が人を走らせ、抽象化された貨幣を神と奉る人々の欲望が駆け巡る場所を、三島さんは端的に「ユダヤ人の都」と呼んだのですな。

末田軍曹殿のユダヤ人論は楽しく読みました。アシュケナージ等は人種的にはコーカサイトに属し、中東起源のユダヤ人とは別物のようです。ユダヤ人が宗教民族たる所以でありますが。
一般にユダヤ人が判ったら世界が判ると言います。チョーセン人が理解できた(積もりになっても)余りに超局地的なローカルな話題で、世界とはおよそ何の関係もありまっしぇん、

在日の専門家は悪態を付くばかりで、予想通り、その後は何の生体反応もありませんな。それではSSにおけるユダヤ人問題のスペシャリストとして出世したアイヒマンにはとてもなれないぜ。
[ 2016/11/18 00:19 ] [ 編集 ]
レッドバロン閣下
三島さんは60年代の昔から「ユダの都」なんて揶揄していたのですか!
欧州で生活されたことなど無いはずですのに尋常ならざる鋭い感覚を持つ
御方だったのですねぇ。芸術家だから当然と言えば当然なのですが・・・

高校時代の読書感想文の指定図書に「金閣寺」ってのがありまして、、
見たことはあるのですが、単純奴と感性があまりに異なりすぎて
辟易させられた記憶しかなく、あらためて驚きました。


こはる様 

やっぱり、貴女は善良にして誠実なる大和なでしこであらしゃいますぅ・・・
管理人様のくださる「餡蜜」は、、「ふくよか増進材」がタップリ仕込まれた
麻薬の如き「禁断の果実」かもしれませんぞ。
柳腰を懐かしまれる貴女には、まさに毒薬! なのかもしれません。
ご自愛くださりますように・・・
[ 2016/11/18 07:11 ] [ 編集 ]
末田先任軍曹殿
柳腰ーーーーー。ゲッ
思い出したくない人の顔がドアップで出てきたではないか!仙谷とか言いましたかね。

お褒め戴くのは嬉しいですが、身に合わないお言葉はいといとこそばゆくおじゃりまする。

揶揄でも暴言でも出て来られよ!
[ 2016/11/18 19:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: