私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  蓮舫、新たなスキャンダル ~ 台湾総統選へ投票か!?

蓮舫、新たなスキャンダル ~ 台湾総統選へ投票か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 現職の閣僚であった松岡利勝氏が2007年に自殺した話はあまりに有名である。首つり自殺という命を絶つ方法そのものが衝撃的だったし、遺書が「「安倍総理、日本国万歳」と締めくくられていることも話題になった。その松岡氏を、なんとか還元水問題で追いつめていたのが蓮舫である。蓮舫はわざわざテレビカメラを従え、アポなしで松岡氏の事務所を急襲し、いかにも正義の味方ぶって、スキャンダルを煽った。

 カメラの前でパフォーマンスを行うのは、国会で採決に反対する際に「強行採決!」と書かれたプラカードを掲げる例でもわかる通り、旧民主党/民進党の常套手段である。蓮舫による松岡氏への攻撃も、このテレビを意識した行動の最たる例だ。しかし、やたらパンチは打つが、自分を全くガードできないボクサーよろしく、自身の二重国籍問題では無能さをさらけ出した。野党という立場でしか、蓮舫や民進党は存在をアピールできないのだ。その蓮舫に、致命傷となり得るスキャンダルが持ち上がりそうな様相だ。

蓮舫民進党代表「二重国籍問題」訴訟より危ない爆弾疑惑 (アサ芸プラス)

ジャーナリスト須田慎一郎氏が4日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)にて、こう語ったのだ。

「代表どころか、国会議員を辞めなくちゃならないようなスキャンダルがあるんです」

 この発言の核心について、さる自民党大物議員は「蓮舫が台湾総統選に投票していた、という疑惑があるんです」と証言する。

蓮舫


「00年と04年、彼女は報道番組のキャスターとして現地を訪れていた。映像には残されていないが、台湾総統選で投票権を持っていたのであれば、今までの発言が全てウソになりかねない」

 須田氏に問い合わせると、

「明言は避けるが、将来的な政治家人生を考えると一度議員を辞職し、やり直したほうがいいでしょう」

 これに対して民進党本部は、

「そういった事実は一切ございません」

 とコメントした。


 週刊誌レベルと言っては週刊誌に失礼だが、やはり週刊誌レベルの信憑性ということは前提に置かねばならないだろう。しかし、もしこれが事実なのであれば、須田氏が言う通り、代表どころか議員辞職が必須である。「生まれたときから日本人」「(台湾)籍、抜いてます」は、既に嘘として確定している。だが、蓮舫はその嘘の理由を「勘違い」レベルであり、故意ではなかったと言っている。もし台湾総統選に投票したことが事実として確定すれば、議員以前に人として失格だ。

「二重国籍者の国籍選択は『努力義務』にすぎない。選挙公報についても公職選挙法の時効は過ぎている。違法性が低いうえ、蓮舫は10月18日、大手マスコミにオフレコ懇談を開催したことで説明義務は果たしたと考えている」


 法律に書かれていることを、罰則がないだけで「努力義務だから違反してもよい」という国会議員がいるなら、その議員の良識は一般市民以下である。立法府に属する人が「報に違反しても問題ない」というなら、立法府に属する自分の存在の全否定になる。「大手マスコミにオフレコ懇談を開催したことで説明義務は果たしたと考えている」というが、民進党が総理や閣僚、与党議員を追及する際、「国民に対して説明すべき」という言葉を好んで使うダブルスタンダードをどう説明するのか。

 アサヒ芸能では心もとないので、文春もしくは産経あたりに、この問題を徹底的に調査してもらいたいものだ。噂の域を出ないならそれはそれで結構だが、噂が真実であれば、その時点で民進党は壊滅する。

 自民党はあえてこの噂を封印し、噂される次期総選挙の前にこの情報をメディアにリークするつもりなのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/11/14 07:11 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
蓮舫は三重国籍?
台湾総統選も問題ですが、台湾籍の人間が大陸籍を取得するのは簡単だそうです、その為有権者を騙し、のらりくらりと発言が変わる、明らかにスパイでしょう、謎の法務省の文章も公開しない、普通は法務省ではなく法務局なんですが、明らかに国籍法違反、戸籍法違反、公職選挙法違反です、まさか野党第一党の代表が外国人でかつ三重スパイとは、これは大問題です、蓮舫議員は辞職し場合には国外追放でしょう、自民党も虎視眈々と狙っています。

日本共産党員プロバガンダ工作員同和ヤクザ非弁屋男組

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

過激派崩れ自称無所属本当は組織候補自治労上がり
http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

なぜか意味不明な弁解をしています。

まず、工作員でしょう。
[ 2016/11/14 07:46 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/14 07:54 ] [ 編集 ]
Facebookは原則実名なので
私の記憶が確かなら…村田蓮舫さんのFacebookの名前は、謝蓮舫であったか?

民主党政権の閣議決定(閣議口頭了解、平成二十二年六月八日)にもあるが、本名は村田蓮舫のはずだ。では、謝蓮舫とは、何の名前なのか。

Facebookは、みなさんもご存じのように、原則として実名で登録するのがルールだ。その実名を、謝蓮舫にしていたということは、謝蓮舫という実名、すなわち台湾籍(中国国籍)であることを、村田蓮舫さんが認知していたのかもしれない。

…とはいえ、村田蓮舫さんの実名は、もともと謝蓮舫さんであったのだから、その名前を登録したということなのかもしれない。その場合でも、Facebookの登録のときに、謝蓮舫という名前を実名だと認識していた証拠にはなるであろう。
[ 2016/11/14 11:01 ] [ 編集 ]
レンホーの二重国籍は、①日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」かつ②日本国憲法違反であるため、日本人B層が忘れたら終わりという事案ではありません。
レンホーの二重国籍は、①日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」かつ②日本国憲法違反であるため、日本人B層が忘れたら終わりという事案ではありません。

二重国籍のレンホーは、①日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」かつ②日本国憲法違反であるため、早急に、日本国参議院議員失職、日本国籍剥奪、日本国外追放されるべきです。
[ 2016/11/14 12:27 ] [ 編集 ]
当時米国で、支那大陸の支那男と結婚していた台湾人女性が、馬政権を是が非でも勝たせなければと、わざわざ帰国して投票してきています。当時の状況を考えると、支那R4は必ずや投票しているはずです。
[ 2016/11/14 17:23 ] [ 編集 ]
魑魅魍魎に有象無象の跋扈と言うべきか。
>これに対して民進党本部は、「そういった事実は一切ございません」とコメントした。

須田氏のソースも今ひとつ信憑性に欠ける憾みがありますが、民進党本部の対応も自信なげです。いつもなら「名誉毀損で訴える!」と息巻くところでしょが、何かおとなしい。

民進党本部内でも確かな情報がなく、村田R4に翻弄されているような印象を受けます。
民進党内、ますます遠心力が加速しているようで、何よりです。
どの時点で自爆するか。彼らに対する関心はこの一点です。

話は変わりますが、

トランプ氏当選後の、メディア、「専門家」、コメンテーター等々の「後出しじゃんけん」は酷いものですね。
「実は私は、トランプ氏が当選すると内心思っていた」という厚顔もあらわれました。狡猾に立ち位置を変えている者もいます。
いずれにしても淘汰される対象です。

今回の選挙で、多くの人が得た教訓
「マスメディア、自称専門家の言うことはあてにならない」
その意味では、実に意味のある選挙でした。




[ 2016/11/14 20:08 ] [ 編集 ]
オフレコ
off the record =オフレコ 記録外、記録に留めない。
つまり正式懇談でも会見でもない場での蓮舫の語りに過ぎない発言で、政党議員の多重国籍問題に説明がついた、と誰が受け止めるんだ?
オフレコとは謂わば井戸端話レベルでしょうが。

「他所に隠し子が居ました。これ、業界では有名よ、それだけの事なの」というような世間話じゃあ済まないことを無理矢理済ませようとして、未だに証明書一通を提示出来ない。

蓮舫48才?のこの10月に、日本国籍取得宣言して日本国籍者になった(という事になっている)その証明が何故今問われるのか?といえば、蓮舫自らが17才以降の長年の嘘をアチコチで言い触らして来た事と、現在の一政党のトップに就任した国会議員だから。でしょうが!完に自業自得。

国会議員が「努力義務だからしなくても良い事」と性善国法の隙を抜けて大手を振って違法人するとは言語道断であり、努力でも義務は義務。
義務を履行できないで日本国籍を取るな!と申したい。

松岡農水相が提案した海外に於ける和食店の認定書発行アイディアや麻生総理のアニメ漫画会館構想に、当時の民主党は反日メディアの後押しを得て散々の悪態三昧でしたが、今現在日本の「売り」の代表格になっているこの二件を見れば、民主(民侵)の政治&国益感覚、先見の明の無さが分ります。
その代表の一人が襟立て蓮舫だった事を思い出しました。
この外国人が日本の政治に口出しするのは禁じたいものです。

自民党は選挙となればコレも利用の内でしょうが、今の内外の政治環境で蓮舫如きに構って国会の時間を潰す訳には行かないのだろうと推測致します。
告発されているそうで、訴訟になればそちらの様子見もありましょう。
こわばった笑顔の蓮舫にはまだまだ続く泥の道です。吐けば楽になるものを。
[ 2016/11/15 07:38 ] [ 編集 ]
嘘つき蓮舫
話しが二転三転、いまだに書類も見せない、元々サイコバスでは?

サイコバスのお仲間

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/15 10:54 ] [ 編集 ]
憐呆
この村田蓮舫につける薬もないものです。
何とかもおだてりゃ木に登るを
文字通り、疾走中の蓮舫参議院議員!

国語辞書に新たに書き加えてほしいほどです。

【憐呆】
憐みさえ覚えるほどに呆れた物言いをすること
特に、ブーメランをものともせず、無責任極まりない
恥知らずの女に用いることが多い。


*尖閣を狙う中国の野望が目の前にあり、
激変する世界のなか、国の舵取りを過てば後の世に
大きな災厄となって降りかかってくるこのご時世に
こはる様の仰る通り、蓮舫如きに構っている暇は
ないものです。

この呆れた党首をこうした戯言でいくら揶揄しても
虚しいだけですが、ともかくもういいやで止めれば、
向こうの思う壺ですね。
まあ、一番わかりやすい疑惑の人間ですから、
私でもコメントしやすいこともあるのですが。

しかし何より、野党第一党党首ということが、
最大の目障りであり、責められて当然でもあります。
民主党党首蓮舫が発するいつもの空虚な言葉の羅列。
ウルトラ噴飯物のよく言うね~が、以下ご覧になれます。

~朝日新聞(朝日デジタル)2016年11月15日18時11分~
蓮舫・民進党代表
いまの内閣の言葉のつかいかたを心配している。
法務大臣や官房長官が差別だと言っている用語を、
いまだに沖縄担当大臣は差別ではないと(主張している)。
沖縄のかたに寄り添わない発言を繰り返していることに、
ものすごい違和感を感じている。
昨日、(自民党の)竹下(亘)国対委員長が、
衆議院でのTPP採決は強行採決だったと率直に認めたが、
参議院の委員会で(安倍晋三)総理は
「自民党は結党以来、強行採決を考えたことがない」と。
自分に都合のいいように言葉をつかっていることに、憤りを感じる。
言葉は適切に丁寧につかって、現実に向き合う政治が必要だ。
(国会内での党会合で)
[ 2016/11/16 15:04 ] [ 編集 ]
しなくてもよい訂正を
民主党党首を民進党党首に。

はっきり言って、どちらでも、どうでもよいのですが、一応訂正いたします。
[ 2016/11/16 15:09 ] [ 編集 ]
追及
少なくとも今政府は対米対中対亜に目が離せない処に陛下のお疲れ譲位も仰せ出され、党首ではあるものの一議員の嘘で大事な審議などを止める訳には行かないでしょうね。
ですが、外国人に国政を撹乱されて良い訳は無く、ここは有権者がしつこく頑張って国籍判明させるまで賑やかに見つめ続けたいと思います。
今度は台湾パスポートを所持している疑惑も出てきたそうで、なんとも怪しい反日党首です。

なつこ様がお示しの蓮舫語録の一例。
な~にを言っても貴女の言葉は聞えません。と返したいですね。
言葉の遣い方は大事ですが、その前に身元怪しい国会議員・蓮舫に言われる事では無い。
おまけに民主党政権当時の閣僚の言動行動を真面目に検証してから現与党を言え!
これしかありません。

竹下自民党国体委員長の言に内閣総理大臣の発言が拘束される必要も無い。
過去、こちらのブログに何人も憤懣やるかたなくコメントされた中には、民主党の強行採決や下野した後の審議室外のピケ擬きを大いに「心配する」有権者の声がありました。
強行採決とはロクに審議もせずに与党の思いにままに数を頼んで採決すること。完に民主党政権時の愚行こそを言います。

他者を批判したがる蓮舫には、先ず「隗よりはじめよ」と、彼女が口を開く度に耳の傍で言ってやりたい。観たくも近づきたくもない雰囲気の人ではあるが。
[ 2016/11/17 01:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: