私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  トランプの勝利 ~ 世界でリベラル勢力の淘汰が進む

トランプの勝利 ~ 世界でリベラル勢力の淘汰が進む

← 応援クリック、ありがとうございます。

 全世界の注目を集めた米国大統領選。結果は、大方の予想に反し、ドナルド・トランプが勝利した。大方の予想というのは、NYタイムスやCNNなどの米国内大手メディアがヒラリーの圧勝を予想していたことを意味する。NYタイムスにしてもCNNにしても、立ち位置はリベラルであるから、ヒラリーの勝利を希望的観測で述べていた可能性は否定できないが、彼等の報道が「ヒラリー圧勝」だった事を考えれば、予想は見事に外れたということだろう。

 トランプ有利・勝利を受け、昨日の日経平均は919円も下げた。1日で一気に1,200円下げたブレグジット(英国のEU離脱投票)の再来とも報じられる状況だ。円はNY市場で101円台まで上げ、今日も売られる可能性が高い。アジア市場も全面安で、一種の恐慌じみた様相を呈している。麻生財務大臣と財務省、日銀は火急の対応を迫られる。当分は、ダメージコントロールに終始せざるを得ないだろう。

トランプ


 トランプは、今までワシントンやウォール街を牛耳ってきたエスタブリッシュメントを巨悪と位置づけ、それを叩くことで人気を博してきた。米国国民の多くは、今までの政治や経済の構造をいったん破壊した上で、再構築することを望んだようだ。そして、その破壊の標的には、日米同盟やアジアの安全保障政策も含まれる。トランプの今後の政策や言動を読みながら、粘り強く交渉するしかない。

 今回の米国大統領選挙は、ひとつの象徴を色濃く残した。兆候は欧州であらわれていた。欧州で散見された極右政党の台頭。米国に白人の疎外感があるなら、欧州には移民問題がある。英国のEU離脱に影響を与えたのは、寛容とか平等などの理想主義を偽善的に追うのではなく、より現実的に、英国人にとっての英国を求めた結果だろう。リベラルな思想は思想としてはあり得るが、現実社会がリベラル思想を許さない状況が顕著になってきた。今回のトランプ当選も、白人による「米国を俺たちに取り戻す」という渇望が結果を誘引したことは否定できない。

 トランプは差別主義者と批判され続けてきた。しかし、トランプの言葉は確かに米国国民には響いたのだ。移民は受け入れる、マイノリティへは篤く保護する、差別は許さないという理想論としてのリベラル主義が、本音の声に負けたのである。欧州や米国で、直接民主制の結果として出されたこの傾向は、恐らく世界の潮流となるだろう。日本も例外ではない。リベラル勢力が牛耳る米国マスメディアの信用は、今回の大統領選で完全に失墜した。日本もこれを範とし、空想的・理想的リベラル勢力の嘘を、暴いていく奇貨とすべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/11/10 07:11 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
番狂わせ
「我々はこの選挙結果を認めない!!」
「あれ? トランプ氏はTPPに反対の立場をとっていますけど?」
「……そ、それはヒラリーさんも同じだったろう?」
「アベノミクスに大打撃ですね、頑張っていた経済相を辞任に追い込んでまで批判していたアベノミクスですもんね」
「……いや……それはだな……」
「どうしたんですか?」
「……我々とは別の要因で躓くとだな……」
「は?」
「……我々が潰さないと意味が……」
「意味とは?」
「我々の存在感がだな……」
「ふぅん……まぁいいや……彼は日米同盟を見直すとも言ってましたね」
「あ……ああ……」
「日米安保解消に向かうかもしれませんね」
「……そう……だな……」
「良かったですねぇ、70年来の念願だったんでしょう?」
「あ……まあ……それはそうなんだが……」
「安保解消なら沖縄から米軍基地がなくなりますね、もう仕事そっちのけで反対運動しなくて済みますよ」
「……いや、しかし……」
「どうしたんですか? 嬉しくないんですか?」
「……それは……その……」
「変だなぁ」
「……それは困るんだ……」
「え? どうしてですか?」
「我々が基地撤廃を叫べなくなるじゃないか、沖縄をサベツするなと言えなくなる」
「は?」
「つまりだな……我々から仕事を奪うな! トランプ・ゴーホーム! カムバック・ヒラリー!!」
[ 2016/11/10 10:15 ] [ 編集 ]
民意に鈍感なマスメディア
英国のEU離脱、今回の大統領選の結果からも明らかなように
マスメディアが民意にいかに鈍感で頓珍漢な見立てしかできないことが
完全に立証された。
不遜にも「予想外」「番狂わせ」で片付けようとしているが
マスメディアの取材力と影響力の低下は歴然としている。
もはやマスコミ報道は「当てにならない」のだ。
恐らく今後もトランプバッシングは続くだろう。
いやミスリードぶりはますますエスカレートするかもしれない。
なぜなら、マスメディアは「驕りの塊」だからだ。
オレ様は別のオレ様を決して認めない。
そうしているうちに信用を完全に失い、自壊の道を突き進むことになる。
さらば、マスメディア!
[ 2016/11/10 10:25 ] [ 編集 ]
トランプ政権登場で対中包囲網の完成へ
「今日は。朝日新聞です。世論調査のお願いです」
「アカヒ?近寄るな。汚らわしい」ガチャ

↑これのアメリカ版でNYTとかCNNとかの巨大マスゴミの世論調査が当たらなくなってきているわけで笑

NHKとかTBSとが盛んにトランプ外交の危険を煽っているが、要するにトランプの親プーチン・反支那姿勢が怖いわけでw

プーチンは安倍さんとも話が合うはずなので、これでちゃんと安倍-トランプ関係が良好に構築されれば、いわゆる安倍さんのダイヤモンド構想つまり

           ロシア
インド   支那 <-> 日本     アメリカ
           オーストラリア

という支那包囲網が出来上がるわけで、これは安倍首相にとっても日本にとっても実は大チャンスなのですわ
[ 2016/11/10 11:05 ] [ 編集 ]
一票の格差は…
アメリカの選挙では、一票の格差はどのくらいなのだろうか?得票数だけを見ると、クリントンさんはトランプさん以上の数のようだ。つまり、各州の選挙人を総取りできる選挙方式は、死票も多くなるし、各州の一票の格差もまた、なかなかの数値になると思われる。

では、なぜ、アメリカでは、一票の格差が問題にならないのか。それは、予めみんなで決めた選挙制度で、お互いフェアに選挙した結果であるから、勝者はもちろん、敗者も選挙結果を受け入れる、という潔さなのだと思う。

日本では…残念なことだが、いろいろと裁判になっている。個別には公職選挙法違反で選挙無効はあっても、選挙そのものが無効という主張は、常識としてありえない話であろう。選挙に参加して、一票を投じた日本国民に対して、その選挙が無効になるとは、まったく失礼な話だからだ。

一票の格差については、選挙区を全国一区にするしか完全公平はありえない。一票の価値の不公平をあれこれいうよりは、素直に選挙結果を受け入れることができるくらいに、投票率が向上するよう努めたほうが、不公平感は少なくなる。

アメリカの選挙で気になったのが、投票用紙である。勘違いなら申し訳ないが、報道でちらっと見た限りでは、マークシートのようだった。つまり、日本のように名前を書くのは、なんだかレガシーで時代遅れだなと感じた。例えば、日本の選挙も、マークシートにして機械で読み取り、読み取りエラーについては、個別に責任者が判断すればよいと思う。

日本の選挙に足りないもの。

それは、立候補者の見識不足や高額な供託金もそうなのかもしれないが、選挙のシステムとして、投票と集票の機械化は、明らかに遅れているように思う。つまり、選挙の在り方で、まず、議論すべきは、「一票の格差」ではなく、「一票の確かさ」の方だと思う。

話はアメリカ大統領選挙から逸れてしまったが、アメリカにとって議会のねじれが解消したことは、日本も衆参のねじれが解消した時もそうであったが、うまくやれば、アメリカ経済は、大きく躍進するのではないだろうか。選挙結果は、得票数で見ると、ほぼ互角。民主主義と市場経済の活力を活かすには、共和党と民主党の関係は、対立ではなく協力が必要なのかもしれない。オバマ大統領は、議会のねじれ状態に悩まされたと思われるが、次期トランプ大統領の場合は、共和党内の意見のとりまとめと、民主党との良好な関係維持に、慮ることになるかもしれない。日本としては、その悩みのよき相談相手になれればと思うが…さて、どこから、お土産のマネーを持ってくるか。例えば、年金の運用について、アメリカ企業への投資分を、今より増やしてもよいと思うが…もう少し、日米お互いにとって国益になることとは何かを、考える必要がありそうだ。

[ 2016/11/10 18:19 ] [ 編集 ]
マイク・ホンダw
「トランプ・ショックでアベノミクス崩落」だったはずが、株価為替は一日で回復。
もうマスメディアは占い師より当たらない。
米国でも「腐ったメディア」と言われて居るそうで、東西似たようなものらしいです。
CNNは「クリントン・ニュース・なんとか」 と選挙中揶揄されていたとか。

トランプ氏のお若い写真見てちょっと驚き。あれならバック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公マーティでも、でした。今は、なるほど、ですけど。
なんで白人ってあんなに変化が激しいんでしょ。

さて、勝手に私的本題です。
下院選で日本毀損に励んでいたあのマイク・ホンダが目出度く落選致しました。
時代は動いて居りまする。
[ 2016/11/11 02:24 ] [ 編集 ]
ST様
今回もお見事で、なのよね、なのよね でござんした。
何処から生活費が出ているのでしょう 失職間近w

辞任に追い込まれた有能な交渉大臣は心が曇っているワタクシは、嵌められましたね、と思って居ります。
秘書が弱点と見定めた「敵」を褒めるべきかも、ですが。
大枠の交渉成立の後だったのが、せめてもの日本の幸いでした。
[ 2016/11/11 02:47 ] [ 編集 ]
アメリカ・アメリカ
エリア・カザン監督の映画「アメリカ・アメリカ」はオスマン帝国の圧政に苦しみ、アルメニア人の友達を殺されたギリシャ人の青年が、遂にアメリカに渡る決意をするまでのストーリーでした。

「アメリカ・アメリカ」は主人公の青年が常に譫言のように口ずさんでいる言葉なのでした。トーマス・マンがアメリカを民主主義の待避壕と呼んだように、アメリカはヨーロッパ文明で育った人間にとっては最後の待避の先でありました。

しかしながら、いかに移民国家といえど、アメリカにも自ずと「国柄」というものがあるはずです。一定の歴史的な時間の中で成熟した生活習慣が。

例えば、この季節にクリスマスツリーの無いアメリカは私には考えられませんが、それを言えばレイシスト呼ばわりするリベラル民主主義の方が明らかにおかしいのです。

多様性の尊重の名の下に、リベラルの理念は普通の国民の一般的な情緒をも力づくで抑えこもうとする。

冗談じゃねえ、アメリカはアメリカに戻るんだ、という地方からの反発の声が強かったのは、得票数よりも、共和党の赤に塗られた州の領域の方が圧倒的に広かったことからも理解できます。

世界中をアメリカ化しながら、肝心のアメリカ合衆国では普通のアメリカ人の居場所がどこにも無くなって行く。これぞキリシタン・バテレンの妖術という奴でしょうか。日本を国際化、実質的にはアメリカ化しなければやっていけないというリベラル・ペテン師の言に騙されてはなりません。

神よ、日本を、そしてアメリカを守り賜え。
[ 2016/11/11 03:19 ] [ 編集 ]
トランプ大統領が破壊したマスゴミ
トランプ大統領は、異端児だからこそ、言いたい放題、しかしそれが事実、アメリカ國民もやっとマスゴミ洗脳から解きはなれたのでしょう、嗚呼祖国日本はいつになるのやら。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/11 05:08 ] [ 編集 ]
ブログ主様も、ようやく気づき始めましたか?
マスメディアや、それを牛耳るエスタブリッシュメントを国民の力で覆さなきゃいけないことに。
そして、安倍氏も、十分にエスタブリッシュメント側の人間であることに。
[ 2016/11/11 05:51 ] [ 編集 ]
新世界

何をくだないないことでページを汚しているのか?
過去メディアへのコメントを読み返せばブログ主の考えは簡単にわかるだろうに。
最近、夏も過ぎたのにゴキブリがよく出るようになった。

自分としては世界の経済、軍事を握り、まして核のボタンも握る米国大統領だけにもっと選挙戦を通してまともさが分かる人物であるべきだろうとは思っていますが、兎に角次期米国大統領はドナルド・トランプと成りました。

これによりTPP、対中国、対北朝鮮、対ISなど世界的な課題に変化が表れるのでしょう。
又トランプ大統領誕生に際し、おおよそ保守系として賛意を表していますが一面日本の自立という面では具体的な指摘が後々新大統領から発信されるのではないかと思います。

しかし、それにつけても結局これも外圧、他力本願。
そういう外の力を期待する戦後の飼い慣らされ染みついた現在日本の思考のような気がします。

何れにしてもこの米国の次期トランプ大統領の『アメリカ・ファースト』という自国の国益最優先という、ある意味当たり前の路線をアメリカが進むであろうという事はそれに敵対するものと対峙するという事です。

そのトランプが会話で問題を解決するという初動であってもそれが不可能であり、しかも米国としてどうしても解決しなければならない事案であった場合、いよいよトランプの本領が発揮されるのでしょうか。

そうなると何れは米国に核ミサイルが届くであろうという開発をしている北朝鮮などその対象となるでしょうし、また宗教的にも対立するISに対しても動きを取ると思われます。
更に中国との利害関係ではどうなるのか?
中国は様子を見ています。

http://www.sankei.com/world/news/161110/wor1611100036-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/161110/plt1611100008-n1.html

そこでまさかですが、トランプが南シナ海、東シナ海で中国と対立国とを二国間協議に誘導しようとはしまいか。

http://www.sankei.com/west/news/161110/wst1611100001-n1.html

まだまだトランプ新大統領の行動は分かりません。
少し関心があるのがオバマ大統領など民主党が『人権』、『民主主義』を重視しているのに対してトランプ次期大統領は米国を代表してその『人権』、『民主主義』を対中国、対北朝鮮に、またフィリピンに対してどう表すのかというものです。

しかし、勝利宣言での演説、メモなど見ず常識的なコメントをしていました。

http://www.sankei.com/economy/news/161110/ecn1611100011-n1.html

[ 2016/11/11 08:08 ] [ 編集 ]
不可思議なことで
随分上からコンメントされる人もいるものですねえ。
はちゃめちゃではないブログならば、どちら様でも主の論旨は一定してますから、「ようやく」と仰る程お読みの方にこんなに外れたコメントをされても、主様は困惑するのではないかしら。

エスタブリッシュメントを攻撃したのはトランプの論法であって、ブログ主様はその可否を論じては居ません。
世界的リベラル退潮を書かれているのだ思いますけど?
[ 2016/11/11 08:34 ] [ 編集 ]
たびたび失礼致します
日本ではリベラル誤解されていますね、代表がどう変わるかわからない日本共産党、これまた順繰りの民進党(偽)どこがリベラル?

自称リベラルのお仲間

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/15 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: