私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  条約違反に法の不遡及無視 ~ 南鮮を支配する「国民情緒法」

条約違反に法の不遡及無視 ~ 南鮮を支配する「国民情緒法」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 あらゆる事象をことごとく政局に結びつけて政府与党に対抗しようとする、民進党をはじめとした野党のお陰で、日本の政治は少々停滞気味だ。そんな中、注目はふたつの外国に集まる。ひとつは大統領選が佳境に入った米国。もうひとつは、大統領が断末魔の様相の南朝鮮である。

 米国の大統領選は言わずもがなだが、南朝鮮の場合も、日本への影響は少なくない。南鮮はもはやどうでもよい国ではあるのだが、彼の国の場合、大統領の交代は王朝の交代そのものであり、先の大統領の功績は多くの場合、否定される。歴代大統領が「悲惨な大統領後」を迎えているのは、この「先代の否定」という意味が強いと、私は思っている。朴槿恵の場合はなんのレガシーも残せていないが、個人的には不満があるとはいえ、朴が合意し、漕ぎつけた慰安婦問題の不可逆的な解決が振り出しに戻ることすら考えられる。その点において、日本にとって決して喜ばしいことではない。

朴槿恵退陣要求デモ


 ソウルで20万人が朴槿恵の退陣を求めるデモを行ったという。熱しやすい彼の民族のことであるからさして驚きもしないが、これではとどまらない。朴のスキャンダルの端緒となった崔順実事案で、また信じ難い法整備が進もうとしている。

“第2の崔順実(チェ・スンシル)”を防ぐため…崔一家の財産没収に関する特別法を推進=韓国野党 (WOWKOREA)

 韓国野党が7日、“第2の崔順実(チェ・スンシル)事態”を防ぐため、チェ・テミン-チェ・スンシル一家が不正蓄財した財産を没収する特別法を推進した。

 チェ・イベ国民の党議員は“崔順実一家および反逆者の国政壟断犯罪収益没収などに関する特別法”制定のために、各議員室に法案を回覧させ意見を取りまとめ中だと伝えた。

 法の目的は崔順実一家および反逆者の国政壟断犯罪とそれによる違法収益での財産没収などに関する事項を法に規定し、憲法上民主主義秩序を守護しようとの趣旨だ。(以下略)


 民主主義秩序を守護しようとの趣旨だというのだが、これは民主主義の否定そのものである。崔順実は逮捕されたが、まだ有罪は確定していない。たとえ限りなくクロに近い存在であっても、法治国家であるなら、罰は司法判断の後に出て来るものだ。そして、刑の確定と執行は司法が担うのが法治国家の原則である。南鮮のことわざに「川に落ちた犬は、棒で叩け」というのがあるそうだが、南鮮野党が推進するものは、それを地で行くような法案と言える。

 もともと、法の不遡及の原則を無視し、過去に親日であった反民族行為者の財産を選定し、それを国家に帰属させるという、いわゆる「反日法」は、彼らが近代以前の国家であることの例証だ。しかし、いま南鮮野党が推進する崔順実一家の財産没収法も、反日法も、ひとつの概念を前提としていることはあまり知られていない。それが「国民情緒法」だ。

 国民情緒法とは、Wikipediaによれば、国民情緒に合うという条件さえ満たせば、行政・立法・司法は実定法に拘束されない判断・判決を出せるという概念であり、厳密には法ではなく、不文律だ。「一部の市民団体(圧力団体)や学者の私見によって具体化され、大衆世論によって成否が判断され、これを韓国メディアが後押しすることで、国民情緒法は(比喩的に言って)「制定」される」とされる。

 慰安婦問題など、その最たる例だ。「慰安婦の賠償請求権に関して、青瓦台が解決に向けて努力しないのは違憲だ」という司法判断が出たのも、この情緒法のなせる業。盗んだ仏像を返さなくても何ら恥じることがなく、逆に差し押さえの仮処分が出てしまったのも、この情緒法の影響だと思われる。ウィーン条約違反が明確な、日本大使館前の慰安婦像がまかり通るのも、情緒法によるものだ。拙ブログでは、南鮮は法治国家ではなく情治国家と批判してきたが、その背景にあるのが国民情緒法なのである。

 この国民情緒法が青瓦台や南鮮司法に影響を及ぼす限り、我が国は彼の国と一切の約束事をしてはならない。いわゆる慰安婦問題における日韓合意を締結した安倍政権の外交努力は評価するが、遅かれ早かれ、彼らはこの合意を反故にする、と私は見ている。朴槿恵が一線を退くことになれば、その動きは加速する。偏狭なナショナリズムに火が付いた南鮮ほど、何を言い出すかわからない国はないのだ。

 国民情緒法が支配する民族。南鮮と対話するとき、そのことを片時も忘れてはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/11/08 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
はびこる人治主義
支那と南北ゴキブリは法治主義ではなく人治主義。
ぱよちんるぅぴぃ集団ミンシンも。
だから、嘘吐きトカゲ女R4の国籍法違反も
ガソリンプリカ耶魔汚の政治資金規正法違反も罪の意識がない。
[ 2016/11/08 09:49 ] [ 編集 ]
野蛮民族
私の理解では、大統領交代は確かに王朝交代ですが、それは儒教でいう易姓革命による王朝交代と彼らは捉えていると思います。
要するに、新しく「徳」を持った新支配者が、徳の低かった現支配者を駆逐することに相当する。
ところで、新支配者はいるのでしょうか?
いないとすると、パククネを退陣ないしは公式にレームダックに追い込んだあと、大混乱が起こることになるのでは?
そんなことも気付かずに、感情だけでことが進む彼の国は、国のようそが欠けているんですよね。アホですね。
国民情緒法も、全然法規ではなく、慣習に過ぎないんですね。
慣習が法律を超える社会は、前近代ですね。西洋流に言えば、野蛮な文化。
日本は国を挙げてこれを乗り越えたから、西洋から認められたんですけど、そういう歴史を知らないかの民族は、いつまで経っても野蛮なダメ民族なのですね。
そういう民族とは関わらないのが一番。
非韓三原則で臨むしかないでしょう。
[ 2016/11/08 12:58 ] [ 編集 ]
決断の困難
決断することは誰にとっても困難極まりないことなのでしょう。
まして国家の命運を賭けた決断は私めのようなボンクラの想像を超えた世界で
それが神頼みになることもありうることなのかもしれません。

日露戦争に参謀総長として参加された児玉源太郎大将は戦局が苛烈になると
昇る旭日に向い「神様、助けてつかあされ」と拝礼するのが日課であったと
司馬遼さんが書いておられました。
脳漿を絞り切った作戦であれ、ことを成すのは天に在るのでしょうから児玉大将
の心中は十分察することができます。

クネ婆さんは国政のイロハから似非巫女に丸投げだったようで、これなら、
開口一番、「ニッテイ38年間の恨みは1000年続くニダ」もさもありなん。
南鮮の皆様、憂さ晴らしの一環として抗議デモでも何でもやりなさるがよろし。

米国は大統領選の真っ最中で果敢な決断はし難いでしょう。
今、支那様が北のブタさんを少し後押して38度線を超えさせれば朽木を倒すか
のように南鮮を制圧できそうな気がするのですが・・・
日本がやることは半島有事に備えて南鮮難民を断固として遮断する組織の編成
だと思えますが稲田姫と若宮さんでは、、、神頼みになりそうで・・・
[ 2016/11/08 20:48 ] [ 編集 ]
反日立国の精神的貧困
あらゆる事象を反日に結びつけ政局に利用しようとするのが、まさに韓国のマスコミや与野党の全てに当てはまるから、困ったものです。

すでに慰安婦問題をめぐる日韓合意は大統領がジャーマンに操られたものだ、という論調が出ているとか。事実かどうかはどうでもいい、とにかくあらゆる事象は絶対悪である日本と結びつけずにはおけない南鮮土民の気分に合致した、あちらではすこぶる通りのよい意見であろうと存じます。
かと思えば、韓国城南市イ・ジェミョン市長は「パク・クネは大統領ではなく日本のスパイだ」と発言したとか。日韓軍事秘密保護協定の締結に反対し、「我々を侵略して、独島挑発を続けている事実上の敵国に軍事情報を提供するものだ」と。

理屈も何もあったものではありません。その「敵国」たる日本が沖縄をはじめとする韓国に対する米軍の後方支援活動に非協力を申し出ただけで、韓国は即座に崩壊するのですが。

だいたい、彼らに「国家理性」などを期待するのが無理なようです。
そもそも彼らの歴史には中世も近世も存在しないのですから、法の不遡及、なにそれ美味しいの?状態、近代社会が理解できるはずがないのです。

古代儒教社会が歪んで、崩れたままの精神状態でここまでやってきた結果です。
そもそも我が帝国政府は半島においてシャーマニズムを禁止していました。公職における縁故主義の排除を含め、その禁令を悉く破った結果が今の韓国社会ではありませんか。

東京駅とそっくりに造られたソウル中央駅にはグルニエが設けられ、朝鮮の知識人たちの芸術・文学サロンとして活用されたそうですが、では何か成果に結び付いたのか?

朝鮮の近代の希薄はそのまま現代の劣弱さに繋がります。私達が鴎外、漱石の時代を持っていることに比べたら、その精神の貧困は如何ともし難いように思えてなりません。科学にばかり目が行ってますが、彼の国からノーベル文学賞が出る…可能性というのは、物理や医学以上に難しいのではないかと思いますね。
[ 2016/11/08 23:31 ] [ 編集 ]
Re: 反日立国の精神的貧困
赤男爵閣下ともあろうものが、韓国の歴史を誇大視しておられるとは。風邪の影響でしょうか。

古代儒教社会が歪んでとおっしゃるが、韓国に古代はないでしょう。馬韓・辰韓・弁韓が今の韓国とつながるのは「韓」一字だけです。その後の歴史を見れば、今の韓国とつながりがあるのは、李朝だけだと思われます。中世も近世もなくではなく、古代なしに中世そのままなのではないでしょうか。

韓国の儒教は朱子学の影響だと言われるので、時代区分は複雑ですが、韓国人の心情は、古代を通り越して太古の世界に遡るのかもしれません。
[ 2016/11/09 00:52 ] [ 編集 ]
余計な事をしてしまった
朝鮮半島に関わった事がそもそもの日本の間違いでした。はんせーして、二度と、一切、絶対、永遠に、関わらないように子々孫々に厳禁遺言しておきましょう。

今のクネ騒動はNHKが放送した「チャングム」の世界そのままですゼ。
王室と両班に取り入り大影響を及ぼして利権で栄えていた商家一家が一旦王太后の信頼を失ったら一族追放財産没収逮捕を逃れようとして命を失う。もう徹底しております。
そうなると黙々従うばかりだった「弱者」が居丈高になって批難囂々叫びを上げて投石に励むのです。
他人が富むのが妬ましくて仕様が無い。なのでその対象の落ち目は見逃さず過激に叩く。 の様に思えます。
あのドラマは日本の室町時代にあたるそうで、それからな~~~んにも変わらない国民性と国家なのでしょう。所謂 国是。
法なんかどこにもありゃせんのです。
気分次第で責めましょう。です。

変わりたくなかったのですよ、朝鮮半島は。
なのに余計なお世話をして古代から急激に現代国際社会に引揚げて「あげよう」とした日本が、わるい と言えば悪かったのだろうと今なら思えます。

話がそもそも通じない相手を無理に対話に引き出すのはもう止めましょう。

この騒動、崔某が入手した情報を何処かの国に流していた訳でも無さそうだし、権力にくっついた「側近」が種々美味しい思いをしているのは南鮮ならば今まで何処でもいつでもある事でしょうに、南鮮ならではの「癖」をそれほど騒ぐ事なのか?と感じます。
盧武鉉の北への情報ダダ漏れは、在任中には騒がれもせず、自裁した(?)後も追悼会迄して居ましたのに。ふしぎな国のクネさんがちょっと哀れ。
[ 2016/11/09 01:14 ] [ 編集 ]
加筆
古代、といっても日本の古代と朝鮮半島の古代は一致しないかも知れません。
朝鮮史を明確に知っている訳では無いので、と付け加えます。
李朝が中世か?と言われると日本の中世感覚とはかなり違う様な気もしますし。
時代性にも共通するモノが無いのだと思います。
[ 2016/11/09 01:33 ] [ 編集 ]
韓国には「古代(原始時代)」しかない
時代区分である「古代」、「中世」、「近世」、「近代」、「現代」は、どちらかというと、「文化・文明」の歴史、ひいては「国家」の歴史だと思っています。

日本では、古代に該当するのが「奈良時代頃まで」、中世に該当するのが「平安時代から鎌倉時代頃まで」、近世に該当するのが「室町時代から江戸時代頃まで」、近代に該当するのが「明治時代から昭和時代(戦前)まで」、現代に該当するのが「昭和時代(戦後)以降」と言われていますね。

古代世界では「国家」という概念はありませんでしたが、中世頃から各国独自の文化や文明が発達し、人々が何らかの「権威者」の指導力の元で、生活を営んでいた時代があります。

近世以降は、政教分離などが発達して、権威者の「権威性」というものは徐々に失われていく一方で、庶民の生活文化が発達しました。

近代、現代は「科学文明」による、言わば人工的な文明だと思いますが、こういったものが生み出せたのも、やはり「国家」の歴史があったからだと思います。

米国には「近世」と「現代」しかないと思いますが、英国の国体を受け継いでいる為、実際には「新世界」でありながらも、かなり発展した自由な文化を持っていたと思います。

一方で、韓国というのは、「古代」しかない国だと思います。下手すれば、古代どころか原始時代かもしれません。

暦上は世界と同じであっても、国家の概念が無く、そこに暮らしている人々は、「野獣」のそれと同じです。本能のまま生きているだけで、文明社会というものを作り上げる能力が無かったわけです。

人は、国家という共同体を持つ事で、自然界の直接的な競争原理から護って暮らしてきましたが、朝鮮半島や支那には、国家の概念が無く、自然界に生きる「野獣」と同じ「自然競争の原理」に晒されて生きているような状態です。

朝鮮半島などは、李子時代ですら、日本の古代よりも酷い状態だったと思います。

皇帝や王の支配は有れども、民衆は奴隷のような状態で、まともな「文化」や「文明」を生み出す事はありませんでした。実際、朝鮮半島や支那大陸の「歴史」をひも解いても、学者は居れども、民衆の行動規範にまではなっていませんでした。

朝鮮半島に暦上の時代区分は有れども、国家の歴史上の時代区分は無いのだろうと思います。

高麗時代、李子時代、日本の統治時代と、様々な時代を経験していますが、一部の例外を除いて、朝鮮人の精神構造(奴隷精神)までは全く変化していません。

更に言えば、古代の半島や大陸に住んでいた民族(渡来人など)と、現代の半島人や漢民族などに「血縁関係」があるかどうかさえ、怪しいと言われています。

ともすると、韓国という国は、「古代(原始時代)」しか経験した事が無く、その古代人(原始人)たる韓国人は、未開社会の原人から一歩も進歩が無く、また、進歩をする能力が無いわけで、ただ本能のままに生きるだけの「野獣」のそれと変わりはないのだろうなと思います。
[ 2016/11/09 02:26 ] [ 編集 ]
むしろ中世がないのが朝鮮の特徴
ヨーロッパ式の時代区分を東アジアに当てはめることの無理を前提としつつ、ではなぜ日本では代、中世、近代というくくりが当てはめ易いかと言えば、ヨーロッパ並みに、封建制度の成立を見たからです。これにはもちろん鎌倉幕府の創立が大きな影響を与えています。

「名こそ惜しめ」「一所懸命」の日本人の根核をなす精神は鎌倉時代に形造られました。ヨーロッパの支配階級には未だに騎士道精神が名誉の観念として語り継がれているのとこれは一緒ですね。セウォル号の船長には一欠片も見当たらない人生に対する態度です。

中世=暗黒時代という固定観念で見ると、中世の豊かな精神の遺産に気づかず、野蛮な朝鮮は中世しかない、という考え方に至るのかも。ホイジンガーはルネサンスを「中世の秋」と読み、かの有名な著作を遺しました。中世の成熟なしに近世や近代はやって来なかったのです。

ちなみにイギリスやフランス、ドイツにも古代はありません。いきなり?中世から各国史が始まります。古代というのは例えばイギリスの場合はローマ史のことですね。彼らの歴史は古典古代の文明たるローマ帝国に属していたとことを出発点にすることで自らのプライドとアイデンティティーを保っているようです。実際、ローマ史を我が歴史と思っていて、大変に詳しい人が多いです。

逆に日本には本当に古代文明があったのか、疑問を呈する向きもあり、いろんな角度から文明史論争がなされるのは楽しいことです。
以上、ご参考まで。

[ 2016/11/09 03:17 ] [ 編集 ]
万葉集
日本の古代を平安朝以前までとするなら、「万葉集」で文化文明の存在は多少語れるのではないでしょうか。

表記は漢字ですが歌は日本語(国語)の語順で、例えば「許己呂」と書いて「こころ」と読んだ万葉仮名です。
万葉仮名の崩しが現在使われて居る仮名の元になり、「己」が「こ」の原字。仮名書道では「許」も「こ」の一種として用います。

収録期間がとても長い和歌集ですが、研究上区分されている第一期が舒明天皇御即位(629年)から壬申の乱あたりですから、しっかり古代です。
巻頭の第一歌は雄略天皇の御製とされていますが、真作御製だとしたら475年頃です。

防人の歌や夫を防人として見送る地方の庶民婦人までが作った和歌って、ちょっと凄くないですか?
文字を書けたかどうかはわかりませんが、歌は詠めたんですよね。それを村長か誰かが書き記せたわけで。

その前には「懐風草」という漢詩集がありますが、これも多分国語読みだろうと思いますけれど、宋や唐文化の模倣ということで、やはり日本の文明に裏付けられる文化の記述が残るものとしては万葉集ではないかな、と思います。
[ 2016/11/09 07:25 ] [ 編集 ]
ゴールポストを動かす国
結局、彼らには尊法精神や順法精神がないのです、ですから毎回リップサービス、空の約束手形を乱発、文化遺産も復元できない、それならIMFに助けてもらいながら、手のひら返し、日本國もいい金づる扱い、頭がいたいです。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/12 03:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: