私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  TPP法案可決と、民進党お家芸の愚劣なプラカード作戦

TPP法案可決と、民進党お家芸の愚劣なプラカード作戦

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、衆院特別委員会で、TPP承認案と関連法案が採決、可決された。委員室では民進党議員らが「ありえない!ありえない!」などと叫びながら、採決を阻止しようと委員長席に殺到し、大勢の議員がカメラマン席に向かって「強行採決 反対!」などと書かれたおそろいのボードを掲げた。いつか見た光景 …… そう、安保法制の採決の際にも同じ光景があり、その時は「アベ政治を許さない」という、サヨクやSEALDsに媚びたようなボードも見られた。日本維新の馬場幹事長が「『吉本新喜劇』『8時だョ! 全員集合』のような光景」と表現したドタバタ劇であったが、まぁ「お約束」という意味では新喜劇さながらである。

衆院TPP特別委員会での採決


 強行採決を阻止しようと体を張る“正義の味方”でも演じたいのだろうが、民進党らがやっていることは、審議の引き延ばしと農相の首を取ろうという、政局一辺倒な対応なのだ。確か民進党の新代表が就任時に政策論争を標榜していたと記憶しているが、そんなことは彼等民進党にできるはずがない。「強行採決反対!」と「採決阻止」がテレビに映り、新聞に掲載されることのみを狙ったパフォーマンスである。こんな茶番劇に騙される有権者は少ないと思われるが、それでも票を取れると考えているから、彼らはおめでたい。

 しかし、そのプラカードを民進党議員らの意を汲んで撮影し、それを紙面や画面に載せて「自民党が強行採決した」と印象付ける報道をするメディアも多い。平和安全法制の採決時でも見られた、左翼政党と左派メディアの、暗黙ではあるが、阿吽の呼吸の共闘だ。案の定、朝日は今朝の社説で、「巨大与党は「数の力」で野党が求める閣僚辞任をはねつけた」「与党は結局、山本農水相を守ったうえで採決を強行した」と、お囃子を連発している。

 この採決に先立ち、民進、共産両党は農相の辞任を要求し、委員会を一時退席し、ボイコットした。質疑予定時刻になっても議員が登壇しないため、委員会は1時間強にわたって誰も発言しない「空回し」が続いたそうだ。そして、審議をボイコットしておきながら、採決になったら出てきて、プラカードを掲げての採決阻止行動。これを強行採決と呼ぶなら、彼らの「強行」の定義を聞いてみたいものである。

TPP採決


 民進党の蓮舫は、「強行採決以外の何ものでもない」と政府与党を批判したが、その民進党が3年3が月の民主党政権下で行った強行採決は、衆参両委員会で法案や条約承認で少なくとも24回もあり、本会議を含めれば、その数はさらに増えるという。昨年7月、産経新聞が独自に調べた結果だが、民主党政権の3年3か月で24回、その時点で2年8か月を経過していた安倍政権では11回。半減である。よくも強行採決とやらを批判できたものだ。

 TPP特別委員会の審議で民進党らが目を付けたのが、山本農水相の失言問題だ。確かに山本大臣もわきが甘いが、一方野党らの言動を見る限り、彼らが山本氏の首を欲しいのか、TPPを阻止したいのかが、全く見えてこない。民主党政権もTPPを推進していたことを考えると、やはり山本農水相辞任という政局でしか、彼らは戦えないのだろう。

 健全な野党の存在は必要だが、民進党を見ていると、税金の無駄使いを改めて痛感する。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/11/05 07:43 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
新代表
「提案します」と言えば提案になる新時代の民進党党wwwww
[ 2016/11/05 09:15 ] [ 編集 ]
めくそ、はなくそ
TPP
賛否両論
笠原将弘.

山本有二農林水産相
馬鹿か 議員やめれ

民進党
同様、馬鹿か 解凍しろ
[ 2016/11/05 12:59 ] [ 編集 ]
悪党印のテンプレート
民進党のパソコンに常備された「お下劣テンプレート」から
プリントアウトしたプラカードがまたもや登場ですか。
安倍政治を許さない。憲法を変えるの反対。強行採決反対。
何でも反対、とにかく反対の文言がずらずらと保存されていそうです。

ビジョンも対案を持たずにひたすら、揚げ足取りに終始し、
閣僚や自民党議員の首を捕るだけが目的の底の浅いお粗末さを
晒してしまう毎度おなじみのパフォーマンス。
幾度重ねようと、何の臆面もなく繰り返すプラカード戦法。

毎度毎度、繰り出されるお定まりの行動を見せられる国民が、
どれほど情けない思いをしているのか解らない政党擬き。
解っていても、こうした連中は飯の種さと嘯くばかりでしょう。

国際社会が大きく変化している時にもかかわらず、
危機がそこに迫っているにも関わらず、
肝心要の国民が求める審議らしい審議はなく、議論を深めることには
到底及ばず、本来の仕事をしない議員達の集まった政党の言うことに
誰が耳を貸すものか。
 
国会議員の品位の欠片もない低俗で無分別、
愚かで驕慢をひた走る民進党。
日本には、何でこんな野党しか存在しないのかと、
まさしく税金泥棒が!と叫びたくなります。
[ 2016/11/05 15:39 ] [ 編集 ]
サヨクのみなさんが好きな、あの手のプラカードは一般人にとって敷居が高いもので、活動を活動家たちの狭い世界に閉じ込める効果があります。
だからこそ東京都知事選で小池百合子さんは「なんでもいいから緑色の物を持って来てください」とやった訳です。結果は大成功でした。
[ 2016/11/05 16:35 ] [ 編集 ]
泥鰌は居ない
チョウニチ新聞の言う「巨大野党の数の力」で三年三ヶ月の民主党政権が行った強行採決は一体どれほどあったか?と思いながら読ませて戴き、正解を得ましたw。
衆参両委員会で24回プラス本会議。すご~い!

党首R4からして「それを貴女が言えるの?」の、都合の良い記憶喪失患者の集まり政党なのでしょう。
それとも自らを省みる能力と余裕が無いのか?
そのテレビ用プラカード見て見て!作戦も二匹目の泥鰌は何処にも居なくて、広い世間は「またやってらー」の冷ややかな目。

TPPの審議時間が30時間を越え、これで「強行採決」ならば、やっぱり民主党時代の国会審議は何と言うべきだろうか?と言うしか無い。

TPPの善し悪しはわたくしには未だ判然としません。
農作物の製造品の、というよりも一番気になるけれど分らないのが法分野。
やってみて駄目だわ、になった止められるものならそれなりに、と思うしかないです。

農水大臣の山本氏の二度までの失態は愚かなのね、と思うだけでしたが、三度目の今回、この人がポスト安倍を狙っていると言われる石破派と知って、ワザとしているのではないか?と疑います。
そうでなくても学習しない不作法な愚か者が大臣では困ります。
まるで民主党時代の柳田法相の様。

[ 2016/11/05 19:23 ] [ 編集 ]
「巨大野党の数の力」が間違っておりました。賠償は致しませんが誤りを訂正致します。
「巨大与党」でございまする。
[ 2016/11/06 02:37 ] [ 編集 ]
税金の無駄使い
毎回同じ事の繰り返し、はっきり言えば、飽きました、民進党(偽)は民主党から変わりません、ならば解散で対抗すべきかと思います。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/06 06:18 ] [ 編集 ]
また前回みたいにプラカードを投げ捨てて行って自民党議員に掃除させたんじゃないでしょうね^^;
[ 2016/11/06 09:10 ] [ 編集 ]
アメリカ大統領は…
 次期アメリカ大統領候補は、どちらの方もTPPには否定的なようだが、日本国のTPP議決には、意味はあるのだろうか?FTPだったか、個別の経済交渉も、おろそかにならないようにしてほしい。

 メイドインジャパンは、信頼性が高い。ならば、付加価値とは、信頼性のみで勝負して、シンプルで使いやすく、買いやすい価格の商品を作ってはどうか。そして、CGCのようなオールジャパンの統一ブランドを作って、海外で販売してはどうか。海外では、日本製を中心に扱うお店を出店したり、ネット通販では、多言語に対応するなどして、販路を拡大してはどうか。メイドインチャイナが悪いとは言わないが、少なくとも、日本のメーカーがメイドインチャイナになってしまっては、日本の企業が儲かっても、中国人が豊かになるのであって、日本国民は豊かにならない。国産回帰のための国策が、必要であろう。
[ 2016/11/06 20:27 ] [ 編集 ]
ラチェット規定
こはるさん、残念ながら、TPPにはラチェット規定と云うものが在りまして、一度決
まった事は二度と元には戻す事は出来ません。 TPPから抜ける事も出来ないんですよ。
 今、よく分からないから取り敢えず賛成と云っても、もし、日本国民に重大な不利益が
発生しても、後の祭りで、日本国民はその不利益を未来永劫、甘受して行かなければなら
ないのです。 
 天国へ至る道か地獄へ至る道かは分かりませんが、分かっている事は、決して道を引き
返す事は不可能と云う真実です。
[ 2016/11/06 23:13 ] [ 編集 ]
HN
ありがとうございます。
せっかくのご連絡ですが、当初の条件は一応は存じて居ります。
ですが、中身が全面的に開放されていないので、その後の交渉で「条件」に変化があれば、と思って居ります。
そうでなければ、あんなに政府が推進姿勢になる事の疑問が解けませんので。

あのー、そのHN、失礼ですが他所で「アラシ」とされている方と同一のお人でしょうか?
[ 2016/11/07 00:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: