私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  人権を叫びながら、警察官の人権は無視 ~ 沖縄紙の扇動・工作

人権を叫びながら、警察官の人権は無視 ~ 沖縄紙の扇動・工作

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昭和の評論家・劇作家である福田恒存がかつて、新聞を評してこう書いている。

新聞

 新聞はあくまで事実の報道とふう形で、国民を一定の方向に追ひやることができますが、さらにその限度を超えて、最初から「輿論はかうだ、かうだ」と国民の頭上におつかぶせていくとなると問題です。ことに一般の国民は難解拙劣な政治記事を読まずに、見出しや煽情的な社会面を読みがちですから、さういふ工作は易々たるものです。

新聞は神か

 新聞は公正などといふ看板をかかげてはいけない。公正でありうることも、公正であるとも思つてはいけない。政府も民衆も、国家も個人も、つねに公正ではありえず、私情に左右されるものであるのとまつたく同様に、それを批判する新聞もまた私情から自由ではありえないのである。

日本への遺言―福田恒存語録」より)


 福田の時代と現在を比較すると、新聞の情報提供力による読者や国民の誘導力や扇動力、支配力は、確実に低下しているはずだ。しかし、そのような現状はあるものの、まだ一定の、しかもかなり巨大な力を持っているのもまた、テレビや新聞というマスメディアである。

 福田恒存が言及した「新聞による工作」は、沖縄メディアに顕著だ。以下の沖縄タイムスの社説が、その恰好のサンプルである。

社説[「土人」発言で抗議決議]喧嘩両成敗ではすまぬ (沖縄タイムス)

 売り言葉に買い言葉のようなものなのだから一方だけを批判するのはおかしい-と言いたいのだろうが、今回のケースは私人と私人、集団対集団の喧嘩(けんか)騒ぎではない。

 1人の機動隊員は「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」と発言した。もう1人の隊員は「黙れ、こら、シナ人」などと語った。

 法務省人権擁護局が中心になって、インターネットを悪用した人権侵害や街頭でのヘイトスピーチ(憎悪表現)をなくすキャンペーンに取り組んでいるその足元で、人権擁護の番人であるべき警察官が、公務中に、「土人」「シナ人」という差別用語を使って、市民をののしった。

 それがことの本質だ。弁解の余地はない。決して喧嘩両成敗(せいばい)で処理できるような軽いものではない。問われているのは人権感覚であり、足元における人権教育である。(以上、抜粋)


 問われているのが人権感覚であったり人権教育というなら、沖縄県警および現地に派遣された警察官らに対して基地反対活動家が言った「お前の顔と家族の顔をネットで世界にアップしてやる」、「お前の家はわかっているぞ、横断幕を設置してやる」、「お前らは犬だから言葉はわからないだろう」、「大阪の人間は金に汚いよね」、「火炎瓶や鉄パイプで闘う方法もある」、「街を歩くときは後ろに気をつけろ」などという言葉は人権侵害そのものではないのか。

ヘリパッド反対派活動家による人権侵害


 沖縄タイムスは現地メディアであるから、こういう基地反対活動家らの言動、振る舞いは十分に承知のはずである。だが、それらが自社の掲げる社論やイデオロギーに合致しているから書かない。確かに警察官は公務員であるが、公務員に対する反対派の言論が不問に付されるのはおかしい。警察官らにも守られるべき人権はあるのだ。やり玉に挙げられた機動隊員は処分されたが、彼らの人権を侵害した反対派は、今日もせっせと現地で活動しているのだろう。喧嘩両成敗にすらなっていない。

 沖縄タイムスや琉球新報が、「我が新聞は公正である」と言っているかどうかは知らない。少なくとも、彼らが書いているのは、福田流に言えば、「事実の報道という限度を超えて、(世論に代えて)結論はこうだ」と読者を扇動する工作である。公正など微塵もないプロパガンダ宣伝紙であることを、沖縄県民にはよく知ってもらいたい。

日本への遺言―福田恒存語録 (文春文庫)
日本への遺言―福田恒存語録



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/10/30 09:10 ] メディア | TB(0) | CM(13)
極めて偏った沖縄タイムス社と琉球新報社
異常者集団 沖縄タイムス社と琉球新報社。
下記の映像を観れば一目瞭然です。

「武富和彦 沖縄タイムス編集局長、潮平芳和 琉球新報編集局長 2015.7.2」
http://www.youtube.com/watch?v=6g7ZDD1daAs&sns=em
[ 2016/10/30 13:56 ] [ 編集 ]
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】
我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫
[ 2016/10/30 15:09 ] [ 編集 ]
沖縄タイムスと琉球新報の社員の多くは
内地から長征を気取って入社している? ブサヨ崩れだそうです。
最初からプロパガンダ目的で入社しているとするなら馬鹿と同じで付ける薬は
ありませんわねぇ・・・ (八重山日報 編集長 仲新城 誠氏の話)

沖縄マスごみはプロ扇動屋。 日銭で内地から動員されるのは「プロ市民」と
朝鮮人ドモ。
内地のブサヨ組織を税務調査でもやって「ゼニ真綿」でそっ首を締め上げて
やればよろしいに。


 ≪ジャップ・エンド教≫ へ

まず、沖縄に徘徊するブサヨゴミを根絶してから「有り難い教義」を唱えてくれ。 さすればその霊験を少しは認めて進ぜようぞ。
[ 2016/10/30 18:30 ] [ 編集 ]
公務員にも人権はあります
沖縄タイムスと琉球新報は、「公務執行妨害」という罪を知らないのだろうか。

公務員の職務を妨害する行為は、上記の罪を問われます。

従って、公務員に対する行為ならば、いかなる行為も許されるわけではありません。

その他、脅迫罪や暴行罪の罪に問われるケースもあります。

名誉棄損罪に関しては、公人に対しては一定の制約がありますが、それでも「虚偽の内容」による誹謗中傷などは、罪に問われるケースはあります。

要するに、公務員にも人権があるわけです。公人だから、犯罪行為であっても許されるなどというのは、勘違いも甚だしい。

犯罪を繰り返す活動家を中々逮捕できない為、現場の機動隊員の堪忍袋の緒が切れるのも仕方が無いと思います。

土人発言が適切かどうかという指摘はありますが、正直、土人でも甘いくらいの妨害活動を放置してきたのも行政、司法の怠慢だと思います。


P.S.

>ジャップ・エンド教 (荒らしだと思うが、粘着するしつこい奴もいるので忠告しておく)

このブログのコメント欄は新興宗教を宣伝する場所ではない。また、複数の記事に同様のコメントを投稿する必要は無い。

少なくとも、コメント欄下の 「記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。」という注意書きが読めないようでは、コメント以前の問題だぞ。
[ 2016/10/30 20:00 ] [ 編集 ]
ひとへに風の前の塵に同じ
あら、新興宗教だったのね。
一人犯罪予備軍かと思っちゃいました。
管理人様 同じ文言の張り付けの様ですから一個だけ残して消去されても「言論封じにはならないと存じ候。


沖縄の変態体質は新聞がみ社だけじゃないようで、
28日の県議会に自民党が県警から聞き取ったヘリパッド移設工事反対派に依る警察官への暴言を列挙して、不穏当な発言防止の徹底を求める内容の意見書案を提出したが、議会は反対多数で否決した
と。産経新聞が29日に報じていました。

それでいて
県議会は「土人」発言を「沖縄県民の誇りと尊厳を踏みにじる」講義と意見書を共産・社民を中心とする県政与党会派などの賛成多数で可決した
ですとサ!
純粋沖縄県民が声を挙げないと、宣伝がみはともかく県議会はどうにもならないのではないかしら?

変態サヨクの沖縄活動言い訳には、何事につけても漏れなく「沖縄戦」と「戦後の基地負担」を付録で付けるようで、南鮮・中共の「慰安婦&南京虐殺」と同じ戦法の様です。
九条護符も以下同文。
前方方向を向く首はついていないのでしょう。今に転けるよね。
[ 2016/10/30 22:44 ] [ 編集 ]
又 訂正です。
「県議会は~」行の 講義=抗議の間違いで御座います。
[ 2016/10/30 22:50 ] [ 編集 ]
恥の国
ジャップ。エンドなどの言葉使うやつは
日本人ではないな。日本でそんなこと言えば
日本人がどう思うかも理解できない低脳。
そんな恥ずかしいことも平気で書く低能。
そういえば恥知らずと言う名の国もあるな。
[ 2016/10/31 08:10 ] [ 編集 ]
カルトの正体は
荒らしコメントのカルトは恐らく
コンプレックスで気が狂いそうな在日ゴキブリのパンチョッパリか
日本と南ゴキブリとの離間工作に勤しむ支那畜のどちらかだろうね。
それとも成り済まし大好きなぱよちんかも。

いずれにせよ、強烈なレイプ願望のある下衆集団の構成員に違いない。
[ 2016/10/31 11:53 ] [ 編集 ]
ただの、引きこもりでしょ!!
病んでる輩は話題にしない。
[ 2016/11/01 11:40 ] [ 編集 ]
機動隊員の差別発言こそ問題だ
高江のヘリパット建設に反対する人たちを、大阪から応援に来た機動隊員が、反対派の人たちを「土人」や「シナ人」といった差別用語を使って、反対派を罵倒した。それに対して大阪府の知事がその機動隊員に対して「ご苦労様」ということをツイッターで発した。その後反対派も横暴なことをやっていると仰ったときには、呆れてものが言えませんでした。反対派が犯罪を犯しているかのごときの発言をする人は、人権を蔑ろにしているとしか思えません。
[ 2016/11/02 08:54 ] [ 編集 ]
人権とは何か?
もし、基本的人権がふまなく等しく存在するなら、誰であれ人権は存在する。
自称市民にしか、人権がないなら、明白な憲法違反、まあプロ市民みてきたような嘘をつきですから。

プロ市民男組

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

プロ市民しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

プロ市民上がり

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/02 17:24 ] [ 編集 ]
都合の悪い事実は無視か?
>反対派が犯罪を犯しているかのごときの発言をする人

「土人」発言の前に、防衛省職員に対して暴行して逮捕された沖縄反米軍基地活動家がいたが、それは無視か?

他にも逮捕された反基地活動家もいるのだが、それも無視なのかな?
[ 2016/11/02 20:08 ] [ 編集 ]
沖縄の反基地活動達がしている事は、一昔前なら比較にならない程逮捕者が出て居る行動ですよ、昔中核革マル他全共闘、今市民集団の名ですが。
最低でも、道交法、公務執行妨害で立派な犯罪者でしょう。

そもそも差別用語って変ですよ。あらゆる言語が認められて初めて表現の自由が確保される筈ですのに、一方の側だけが何でも自分達の自由を叫びながら、相手側に拘束を掛ける手法って、コレ、卑怯と言います。
[ 2016/11/03 00:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: