私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  キンペーのメンツを潰した日比首脳会談

キンペーのメンツを潰した日比首脳会談

← 応援クリック、ありがとうございます。

 彼の言葉の独特の過激さで、来日中に何か騒動でも起きるのではとヒヤヒヤしていた日本人も多かったであろう。だが、フィリピンのドゥテルテ大統領の来日は大きな問題がないどころか、一定の確実な成果を示すものだったと考えられる。

ドゥテルテと安倍総理
打ち解けた雰囲気のドゥテルテと安倍総理


 三笠宮殿下の薨去により、ドゥテルテによる天皇陛下への接見は取り止めとなった。実は私としては怖いもの見たさもあり、ドゥテルテの振る舞いに注目していたのだが、可能性としての危険も排除された。なにせ、大国のリーダーである米オバマ大統領に対し、タガログ語で売春婦の息子を意味する言葉を使って罵ると示唆したりと、その思い切りぶりは通常の外交儀礼の次元を遥かに超える。天皇陛下のお立場を察する国民としては当然の心配だ。

 天皇陛下との接見を除けば、注目は、ドゥテルテが来日前に訪問した支那で、あたかも支那と外交問題・領土領海問題を穏便に話し合うことで合意した点だ。ハーグの仲裁裁判所の裁定を「紙屑」と批判し、取り合わなかった中共が相手だ。ドゥテルテは「軍事的にも経済的にもアメリカと決別する。今後長い間、中国が頼りだ」と支那を持ち上げた。しかし、一方で、彼は習近平に会う際、ポケットに手を突っ込み、ガムを噛んでいたという。途方もない策士なのかもしれない、このドゥテルテという男は。

 安倍総理との会談では、支那との南シナ海問題について、平和的解決に向けて協力することを確認し、仲裁裁判所の判断は拘束力があるとの認識を示した。そして、支那と領有権を争う日本とフィリピンの類似点を指摘し、「ときが来たときには日本の側に立つ。安心してほしい」と語ったそうだ。習近平のメンツは見事に潰れた。支那から資金を取り付け、笑みを浮かべて彼の地を後にしたその直後、別の顔に変わったのだ。

日比首脳会談


 南シナ海問題に関し、ドゥテルテは「法の支配のもと平和的に解決」という、日本外交の原則をそのまま引用した。そして日本が大型巡視船2隻を供与することを確認したうえで、海上自衛隊の練習機「TC90」の有償貸与に関する交換公文にも署名している。これは南シナ海問題への日本の関与を公式に認める意味と捉えられる。キンペーはかねてより「日本は部外者」と日本の関与を認めないスタンスを示すが、日比はその言葉と正反対の合意をしたのだ。ここでも、キンペーのメンツは潰れた。

 少なくとも、フィリピンが支那とすり寄ったと見られた少し前の情勢を、ドゥテルテは「法の支配」「日本の側に立つ」という自分自身の言葉で変えた。日本外交としても、アジアの中の日本をアピールする良い機会となったはずだ。安倍総理は、価値観の共有を演出しながら、数少ない相反する価値観である「人権」問題を取り沙汰しなかったという。小異を捨てて大同に就いたということだ。

 おそらく少人数会合の後であろう上の写真の、両首脳のリラックスした笑顔を見れば、この会談が両首脳にとって概ね満足のいくものだったことをうかがわせる。米国がフィリピンとの関係改善を望むのであれば、日本の関与は必須になるだろう。キンペーは日本のプレゼンスに苦虫を噛み潰したような表情を浮かべていると思われる。

 一つ付け加えるとすれば、フィリピンはなぜ反米であり、戦後メディアが同国に対して多大な迷惑をかけてきたとする日本に対し、何故かくも親日的か、ということだ。ここにも戦後メディアの嘘があることを見逃してはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/28 07:11 ] 外交 | TB(0) | CM(17)
ドゥテルテは親中派か?
ドゥテルテには色々な噂が有りシナ共産党から賄賂を貰ったから親中派に転向をしたとか云われて居るが集金ぺいとの会談に臨んだ時にそっとガムを口に入れ噛みだしクチャクチャし出した事を見逃す訳には行かない。

腹の内が読めない男に変わりは無いが只単に金で中共に鞍替えした男には見えないと云うのが情報筋の見解だ
反米的だと云われているが、そのアメリカに対してもしたたかに対処して居る様にも見える。
兎に角読めない男だ。

「したたかに国益の為に」我が国に求められてるのは正しく其れで有る
[ 2016/10/28 09:21 ] [ 編集 ]
心配です
フィリピン大統領、大丈夫ですか。

中国からそんなに借りて、今後中国人がいっぱい入ってきて、いろんな面で干渉し始めるだろう。アフリカのように。働く人も中国人。

最終的に盗られてしまいそう、フィリピンが。
[ 2016/10/28 11:00 ] [ 編集 ]
地中海 油絵
南シナ海問題に関し、ドゥテルテは「法の支配のもと平和的に解決」という、安倍総理ほんど出来るの??????
[ 2016/10/28 12:27 ] [ 編集 ]
強かな愛国者
大学専攻が法律で検事経験もある地方政治家出身だそうで、集金ペーとは違って国際法認識は確かだろうと思います。
しかし、多民族国家の圧倒的貧困層を抱え、400万人の麻薬患者と蔓延る麻薬犯罪者問題、それだけでも日本人の視点だけではフィリピンを語ることは難しいのではないかしら。
小池女史流に倣えば「フィリピンファースト」の愛国者だと拝見致しました。

中山成彬前議員のHPで知ったのですが、ミンダナオ島のダバオ市長時代には日本兵墓地に記念碑を建てて下さっているそうです。
他にも、ミンダナオには戦前から万を越える日本人の入植者が居て、戦後引揚げなければならなかった人々の中には置き去りにした日系人児童もあり、それらの問題で日比の民間活動にも御尽力されたドォテルテ氏なのだとか。
氏の親日というのは単なる看板だけではなさそうです。

ドォテルテ大統領の心底に本物の反米思想があっても、被植民地時代に米国がフィリピン人にしたことの残酷な数々を思えば、私は「それも仕方ないよね~」と思いますが、彼は自発的に大統領になった人なのですから、それも制御は効いているだろうと考えます。
それには「日本の安倍総理の存在」をも計算に入れていそうな印象を持ちます。
あ、戦後米国は自分達の犯行の多くを日本軍の所業にすり替えたみたいですが、と余録も云いたいw。

何にしても、被植民地だった国人の強かさは、長短共に日本も学びメモしておくべき処がある様に思います。

日本政府はアキノ前大統領末期に約束した事項の履行をするに、一定の安心感は持てたのではないでしょうか?(一体この人は何?と思っていた時分には私の「懸念」でしたが)
そしてドォテルテ氏から「米国と訣別するわけではない」発言を引き出し、この会見は日比共に「先ずは成功」だったように思いました。

このお写真、テーブルのお花でフィリピン国旗を描く配慮が素敵です。
参会者のポーズの拳は”ドォテルテ大統領のポーズ”なのだそうで安倍総理の御心尽しは日本国民として嬉しい事です。

ところで、キンペーの二兆超の投資約束はまともに履行される?インドネシアの例の高速鉄道は未だに着工されてないとか。スッキリ複雑なシナですもんね。
[ 2016/10/28 17:20 ] [ 編集 ]
まにら新聞ウェブ
大統領、元慰安婦問題を日本政府との議題に上げる可能性を示唆
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news224203.html

中国、南シナ海にフィリピン領の人工島を造成 ドゥテルテが合意し成立
http://hosyusokuhou.jp/archives/48753924.html

危なっかしい奴でも有る。
食われるなよ。世界は弱肉強食でお前が考えてる以上にもっと強か。
我が国は土下座外交一直線+援助外交で相も変わらずだけどね
[ 2016/10/28 20:50 ] [ 編集 ]
気のせいかな?
中国があちこちで言っている「援助」「○○を作る」「××を買う」が実行された形跡を聞かないのは気のせいかな?
先立つものは金。
今の中国にそんな金があるのか?
[ 2016/10/28 23:38 ] [ 編集 ]
よく言うよ。こういうのは奴隷使いの主張だわ。
政治、時事問題に独断でコメント。戦後民主主義の否定による日本型民主主義の確立、真の主権回復を願う。
---

「ここに主権は国民にあることを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者が行使し、この福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理に基づくものであり、この憲法はかかる原理に基づくものである。われらは、これに反するこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する」

と憲法前文で宣言した日本国憲法は人類が行き着いた世界史上最新最高の憲法ですよ。これを超える憲法は、人間であれば作ることは出来ない。とにかく、奴隷が奴隷解放宣言に反対してもう一度奴隷に拘束してほしいと言うような主張は非常識です。
というわけで、すべて法律は「公共の福祉」に違反しているならば、この憲法に違反です。違うと言われる主張は何処から何を根拠にして出てくるのか?奴隷が奴隷解放宣言に反対してもう一度奴隷に拘束してほしいと言うような主張は、全くの非常識なので全世界から排除されなければならないよ。
とにかく、
・人道の基本(平和主義)
・人類普遍の原理(民主主義、つまり日本国憲法による公共の福祉のための民主主義)
・奴隷解放宣言(主権在民)

を規定した日本国憲法は人間存在の目的のための憲法であって、主権はもっとも正しく人類普遍の原理に基づいて確定された。日本国憲法は奴隷使いのための憲法ではない。一部の金持ちのための憲法ではない。


[ 2016/10/29 02:39 ] [ 編集 ]
危険な冒険主義者
ロドリゴ・ドゥテルテ・フィリピン大統領に対しての評価というものはマチマチですが、段々と材料が増えて来て多少コメント出来る時期に成ったと思います。

先ず本人の中国系という事が関係するのか中国への嫌悪感は強く持っていないように思えます。
両国は領海問題では国益が対立しますが、フィリピンに於いての『麻薬撲滅運動』に関しての人権問題では元々人権などどうとも思っていない第一訪問国の中国は簡単に支持を安上がりにしますのでドゥテルテ大統領にとり当然歓迎というものです。

対して歴史観からも米国への嫌悪感ははっきりと見れます。
かつて1992年米軍撤退後、1990年代にはフィリピンが実効支配していた南沙諸島(スプラトリー)のミスチーフ礁に中国が構造物建造など海洋膨張の動きを進めているというはっきりとした『力の空白を力が埋める』という定理を中国は行っています。
元々力(軍事力)の弱い周辺国などはその空白を狡猾に力により埋められ今や自治区と成り果てました。

しかし、現状を目の当たりにしても、そんな中国の行いを理解出来ない日本の反米さよくには相変わらず中国が脅威とは見えていない様です。

此処までの中国に特別の嫌悪感が無く、米国を嫌悪しているといのは可也深層にある感情でしょうし、その本心はそうそう変化しないと思えます。

そしてもう一国、日本ですがおそらく親日的な意識を持っているのではないかと思います。
しかし、この『親日』というのは曲者で、過去中国にしても韓国にしてもその『親日派』、『親日家』がどれほど日本を裏切って来たことか。
学習すべきでしょう。
メディアが『親日』などと報道しても浮かれてはいけません。

ドゥテルテ、フィリピン大統領は殊更日本に敵対はしたいと思ってはいないでしょうが、経済を中心にいかに日本を利用し、時に米国への緩衝材として、時に中国への当て馬として上手く立ち回れるかという思考だと見ます。

しかし、狡猾な中国がこの暴言大統領など長期的にたらし込み、目的を達成する意思を『核心的地域』で放棄はしません。
ドゥテルテ大統領時代駄目ならそののちの大統領を今回の『棚上げ』を土台として崩して行こうとするでしょう。
100年後でもフィリピンの領土、領海を必ずこのままでは奪います。

http://www.sankei.com/world/news/150215/wor1502150020-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/151102/wor1511020012-n1.html

http://ironna.jp/article/1093

そして米国ですが、基本的にはフィリピン地域から全面的に引く意思はないでしょうが、感情的にもフィリピンのドゥテルテ大統領に嫌悪感を持つでしょうし、今後の中国シフト如何に言動を比例させると思えます。

そのフィリピンが明確に経済、軍事的に中国に軸足を移すとこの海域は日本のシーレーンにとり『海賊出没海域』並に成るでしょう。

何しろ米軍の軍事力がなければ南シナ海で中国には勝てません。

http://www.sankei.com/column/news/161027/clm1610270005-n1.html

結論は常として日本は日本として独自の安全保障を追及し、それに不足した部分を米国なり他国とのタッグと考えるべきが基本だということだと思います。

しかしそれにしても、フィリピンに戻った大統領神のおつげで「今後汚い言葉は使わない」とか。
その神って欧米の神じゃああるまいか。

http://www.sankei.com/world/news/161028/wor1610280019-n1.html


尚、夢想的理想主義者が一般国民を巻き込み、現実での悲劇を生み出します。



[ 2016/10/29 07:06 ] [ 編集 ]
無抵抗憲法(現行憲法)を推進したい勢力の魂胆。今更編
>・人道の基本(平和主義)
>・人類普遍の原理(民主主義、つまり日本国憲法による公共の福祉のための民主主義)
>・奴隷解放宣言(主権在民)
>日本国憲法は人類が行き着いた世界史上最新最高の憲法です
そんな素晴らしい憲法なら其の憲法に反する精神を所持し続け日本に敵対行為を繰り返し憲法に迄反日条項が有る特亜三国シナ朝鮮韓国の憲法を変えて偽装的平和憲法を押し付けて来て下さい

ロシアや憲法を押し付けた米国にもね
しかし、そんなにも素晴らしい憲法なら押し付けた国、アメリカは何故採用しないのでしょうかね?

我が国の周辺部には古代的専制的な土人生息地域が広がって居り特殊な地域性と現実性を無視した他国に身をゆだねる憲法を頂き妄想にふけるのは危険で世界平和を脅かす物だと思います。
其の意味でも進んでるは誤りで現実を無視し時代に逆行してるが正しい見方でしょう。

主権在民(国民主権)精神は無主宣言で領土権を蔑ろにさせて居りますし、自衛権すら著しく制限する現行憲法は国民の財産と生命を危険にさらして居ると思いますよ
国民への福祉も国民に当らない勢力が福祉を受けて居る状態では正常に機能してるとも思えません
此れこそ違憲案件ですね。何故護憲派と云われるサヨクは此の事にはダンマリを決め込むのでしょうか、不思議ですね・・・白々しいか

総じて進んでるでは無く占領を容易くさせる占領軍の置き土産憲法と云う解釈が正しいでしょう

何すか?今更。
しかし占領したい奴等、特亜勢力と其れに与する反日サヨク勢力に限って占領憲法を維持させたがる押し付けたがるんですよね。して自分達は暴力崇拝で革命や外患誘致を狙うと

凄く分かり易い。
己が野望達成のため容易く征服出来る現行憲法が必要だと云う事ですね。
手始めに尖閣辺りでと云う事ですね。そして沖縄。

真の平和が欲しくば潜水艦弾道ミサイル(SLBM)辺りから始めましょう
妄想的憲法より効果的で現実的で安上がりです
[ 2016/10/29 08:44 ] [ 編集 ]
左様 然らば 御尤も
そうで御座るか シカと存ぜぬ・・・
と云う文言を使い分けると無難に処世が可能なのだとか。

ドテルテさんはこの処世訓の対極のようでございまして私めとしましては
好意を持っています。 小国が生き延びるには右顧左眄が必要うでしょう。
国を持たなかったユダヤだって戦争となれば交戦国の双方に多額の献金を
してきたのですから。

ドテルテさんがフィリピンの命運を支那と日本の何方に重く賭けるのかは
日本の今後の姿勢によるのではないでしょうか。 少なくとも蓮舫みたいな
やからが政権につきそうなら、日本を見限り支那様に三跪Qコートーされる
こと確実に思えます。

フィリピンから米軍に撤退していだだく代わりに海自の駐留を望まれるよう
なら、ドテルテさんは信頼に足るのではないかと愚考しております。
[ 2016/10/29 09:52 ] [ 編集 ]
▽ドゥテルテ大統領は東日本大震災の時、日本に援助を申し出ていたことを知ってますか?
JPVAとドゥテルテ氏は、2004年から関わりがあります。
ミンタルという場所に日本人墓地があり、そこに記念碑があります。
その記念碑は、ドゥテルテ氏が建ててくださり、日比ダバオとの交流100年を記念し、また、これまでの100年とこれからの100年の節目に建てたものです
http://ameblo.jp/morimonaise/entry-12159173443.html
アメリカを心底嫌いだとは思うがそれでかな
しかし読めん読めんよ。あんた謎だらけか外して居るのかのドゥテルテさん
[ 2016/10/29 10:03 ] [ 編集 ]
フィリピンは頼りにならない国
新しい動きがひとつ出ました。
中国が中比摩擦海域でフィリピン漁船への妨害活動などを中止したというものです。

http://www.sankei.com/world/news/161029/wor1610290014-n1.html

これを持って中比関係が改善するというものでもなく、思い出して貰いたいものとしてあの日中摩擦が起こった際、早速日本へのレアアース輸出をとどこらせるなどの嫌がらせをした中国のスタンスです。

今回、中比首脳会談が中国の援助とフィリピンの棚上げというバーターで中国が勝利した土産の様なものでしょう。
中国がフィリピンに投資などするとしてもそれは小出しであったり、抱き合わせであったりと素直な投資ではありません。

その長期間にフィリピンが中国への反旗と言えるような事をすればたちまち報復的処置を行います。
中国とはそういう国です。

恐らく今後何処かでフィリピンへの強権さを中国は見せるでしょう。

それにしてもフィリピンは余りにも中国の軍事的行動力を理解していません。
中国は時と見ればフィリピンへの軍事作戦は結構します。

まして今習近平は共青団を抑えています。

http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130054-n1.html

つまり権力を集中させているわけですが、その延長線上に軍事的行動が有り得るということです。

繰り返しに成りますが現在この南シナ海で中国の軍事力にかなう戦力は米軍でしかありません。
ましてフィリピンなどゴミの様なものです。
意思だけは強く持っているのはベトナム、そしてインドも意思は持っています。

で、日本。
個々の兵器が優秀などというのはまったくと言ってよいほど意味はなく、法的、国内事情などで中国と南シナ海で余程の事がなければ戦う事は有りません。

ですからフィリピン大統領ががたぶらかされ、中国にこのままではサラミ的に個別撃破されると見ています。

日本が協力関係を相対的に持つべき国はベトナム、インドです。

[ 2016/10/29 12:20 ] [ 編集 ]
左様 しからば ご尤 なれど 御免仕るw
インドの強かさと狡賢さは到底フィリピンの比ではない、と思います。
時々刻々世界情勢は変化致しますので、希望としては適宜に充分対応出来る日本政府であって戴きたいです。

スプラトリー域から中共船が消えたのは比中の約束だったのか、或いは日比会談を視た中共のドォテルテ引き戻し策なのか?混沌。


湯女(ゆな)。今で云えば風営法の対象だわねえ。(タダの独り言)

奴隷の居ない歴史の日本で「奴隷解放」?
まあ、占領下で押しつけられた憲法に縛られる事自体が奴隷と言えるか。

その占領憲法はそもそも拠って立つ基本が違います。
改憲して箇所箇所に依り例え同じ様な内容になるにしても、日本人が作る日本語の憲法なら、自ずから日本の歴史と事実に即したものになるでしょう。
[ 2016/10/29 14:53 ] [ 編集 ]
取敢えずの人物評。結論アホ
アフリカの対するシナの投資は支配層を潤し支配層には歓迎されているが、庶民には嫌がられている
というかシナ人を物凄く嫌って居る

欧米諸国と日本などの民主主義陣営が人権問題や民主主義に関する事で注文を付けたり、其の事を理由に支援を取り止める事でアフリカ諸国の支配層は嫌悪してるそうだ。

欧米日本に比べ何ら人権や民主主義的な注文を付け無いシナは便利な存在で欧米日本に変わる援助国として悪政を敷く支配層から歓迎されているそうだ。
しかし事庶民や支援を直接受ける関係者と成ると話はガラッと変わりシナ人の出鱈目振りと威張る態度、支援を横取りする態度、鞭を打つ様な労働の扱いなどから嫌われ捲り憎まれ捲る。

事は表面だけではなく中身でも起こる。
アフリカは世界の僻地とするなら南シナ海はアメリカの巡海域そのアメリカの庭の様な所でドゥテルテは何をする気なのかな。
フイリピンも一応は民主主義国家、何れにしても国民からそっぽを向かれると厳しい立場に追い込まれるんじゃないかな
日本はあて馬でフイリピン人を安心させる駒、ガム食いもフイリピン向けパフォーマンス、庶民受け狙い多しと考えれば有る程度納得出来るがアフリカの様にはいかんだろう。
フイリピン版脱米的バランス外交の心算。某国に似てるよな~
賢く立ち回った心算でも実は色々食われてる少し可笑しな大統領と云う結論に至りました

細部はともかく大体当ってると思うよ。と云う事で当分は此の考えで
[ 2016/10/29 19:56 ] [ 編集 ]



【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】


我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫



[ 2016/10/30 15:09 ] [ 編集 ]
中共もグダグダ
中国ウォッチのブログを、丹念に読みますと、最近の中共もグダグダみたいです、なんでも中国共産党員が党費を払わないとか(笑)
まあ、フィリピンのような国は、様々な事情からあちらこちらと忙しいようですね。

日本共産党員プロバガンダ工作員

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

過激派崩れ偽福祉の専門家無能な市議さん

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

ただ今國賊退治中につき何とぞ拡散をお願い申し上げます。
[ 2016/11/02 16:34 ] [ 編集 ]
余談失礼致します。
こちらの、荒らし経由かな?
どうも日本語に不自由な書き込みが(笑)

まあ、頭と言葉に不自由な方、病院行きましょう(笑)

日本共産党員プロバガンダ工作員

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

過激派崩れカルト偽仏教徒しばき隊

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

過激派崩れ菅直人信者自治労上がり無能な市議さん

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/11/02 17:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: