私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  言論を封じ込めるなら、琉球新報は新聞社を廃業せよ

言論を封じ込めるなら、琉球新報は新聞社を廃業せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 沖縄における米軍北部訓練場内のヘリパッド建設で、基地反対活動家に向けた機動隊員の「土人」発言が発覚して以来、これが社会問題となっている。昨日の参院法務委員会で、有田芳生が早速この問題を取り上げ、「『土人』という言葉は差別用語ではないのか」と法相に問うたが、金田法相は「言葉のみをとらえるならそうだ」と答えつつ、「事実の詳細が明らかでない中で、答えを控えたい」と答弁した。法相は、くだんの機動隊員の土人発言について、個別的に「差別的言動」だという定義は避けたのだ。法相という立場としては当然だろう。

 これに真っ向から反するのは、沖縄メディアである。私は22日のエントリーで、「土人」発言が沖縄県民全体に向けられように書く朝日と毎日の歪曲報道を批判したが、琉球新報はアプローチが違う。なんと、土人発言は安倍政権の意思だという、突拍子もない結論を導き出しているのだ。

<社説>警察「土人」発言 「構造的差別」責任は政府に (琉球新報社説 2016-10-20)

フェンスを挟んで向き合う市民への「土人」の暴言は、行動を抑制するのでなく挑発そのものだ。工事を邪魔する者は排除すればいいという、安倍政権、沖縄防衛局の意思を反映したものだろう。


 どういう理論をもとにこの結論に至るのか、その導きだし方を解説してほしいものである。繰り返しになるが、土人発言は基地反対活動家個人に向けられたものであって、沖縄県民全体に向けられたものでは決してないのだ。しかもその発言の前段には、反対活動家の言葉と暴力による執拗な挑発があった。いち機動隊員が安倍政権の名代として現地に入ってるわけはない。何に関しても政府を批判したい、沖縄メディアの悪辣な手口だ。

 さて、その琉球新報、Facebookでちょっとした話題を集めている。話題のまとは、この投稿だ。

琉球新報Facebook


 ちなみに、投稿右上のピンマークは投稿を固定するためのものだ。つまり、この投稿が常に一番上に表示されるように設定してあるということ。それだけ批判が殺到しているのだろう。「誹謗中傷」はまだよいのだが、「非常識」「不快感」はどうにでも解釈可能だ。最初からコメントを受け付けない設定にするもよし。もしくはガイドラインを用意し、「こういう書き込みはダメよ」と予め設定していればよいのだが、琉球新報はそのガイドラインすら掲載していない。

 少し前までは沖縄のローカル紙の役割のみでよかったのだろうが、今はネットの時代である。彼らが相手にするのは沖縄県民だけでなく、全国民だということをわかっていない。それが嫌なら、公式Facebookページなど開設しなければよいのだ。

 新聞社というものは、自社の意見を書いてそれを読者に訴え、新聞を買ってもらうことによって成り立つ商売だ。自社の記事に書いたことを批判されたり、新聞社そのものを批判されたりし、それを削除というかたちで切り捨てるなら、新聞社の名が廃る。読者や一般市民の声を遮るなら、琉球新報は新聞社を廃業すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/10/26 07:12 ] メディア | TB(0) | CM(10)
そもそも、沖縄の警備をなぜ他府県の警察官に担わせているのか。
聞くところに寄ると、活動家らが沖縄県警や防衛局職員の顔写真を撮影、掲示し、更に氏名、住所なども公表している為、職務が遂行できない状況らしい。
そこで、他府県の警察官に要請があるとのこと。
地元警察官が職務を全うできないような無法地帯を、翁長らは無責任に放置している。
行政の長である翁長は、県民の安全な暮らしを守る県警の長であり、その県警が機能しない状態を改善しないのは、職務怠慢と言わざるを得ない。
[ 2016/10/26 10:50 ] [ 編集 ]
ネットで拝見した沖縄活動家の暴力行為酷すぎます
これらを全く報道しない日本のマスコミには心底失望しています

中国に侵略されたら、これをも上回る屈辱と絶望が待っているのでしょう
[ 2016/10/26 12:16 ] [ 編集 ]
人類の敵
本件、大阪府警は2人の機動隊員を既に処分しています。しかも、案件に対して異様に重いと思われる戒告です。
これは、大阪府警があれらの発言を問題と考えた証左。発言を浴びた本人に実質的損害や後遺症がないこの件に対して、これ以上の攻撃することは、隊員を攻撃していることとイコール。
有田は、国会の場で個人を攻撃している。
琉球新報も同じ。この問題をさらに拡大しようとするメディアもみな同じ。
2人の人権に対する著しい蹂躙。
こういう行いをする連中が語る人権を問題は、エセのほかのなにものでもない。
まさに、以前、ここのコメントで出た、人権ビジネスをやってるだけ。
人類が長い歴史の中で多くの犠牲を払いながら見出してきた文化を食い物にしている連中。
こういう連中こそ、糾弾され、排除されるべき、真の人類の敵。
[ 2016/10/26 12:50 ] [ 編集 ]
名誉回復の日が来る様に
沖縄県民が赤い宣伝紙を買わなければ、と思って居た時分が恥ずかしいですが、多分、根拠を示せる証拠も無いですが、発行部数を誤魔化して採算取れているように見せかけてでも、何処かの「真っ赤なお金持ち様」がスポンサーなのでしょうね。と今は思います。
だからのうのうとご託並べのご都合紙で居られるのだろうと想像致します。
沖縄の人々が朝から気分が悪くなっても購読している、とは思えませんもの。
それとも各家の購読紙調査なんぞをして脅迫押し売り行為をしているのでしょうか?犯罪よね。

幻想の世界に居る人でなければ、言葉は勝手に発されるものではないですし、当然相手の言動や行動に反応する言語である筈です。
有田某の頭髪が短期間に増えても禿げたままの自然頭で居ても、彼が黙って居るなら常人のだれも本人の前で「そのおつむは?」とは云いませんのと同じで、突然、何事も無い状態で、機動隊員が「土人」と云ったのならそいつは気が変になっただけの事、現場を退かせて自宅療養に専念させたら良し。
忍情沖縄の廊下で隊員に我慢の限界が来すものがあったればの発言ならば、その原因を取り除くのが先であって、国会議員たるものが公務中の隊員を思いやらないでどうするんだ?

ありましたね、鮮明な前例が。
尖閣沖中共「漁船」が我が国の海保艦船に突っ込んで来た映像漏出の騒動。
あの時に止むに止まれず「漏出」した海保員を罪に落し込んでも中共サマのご機嫌伺いに専念したのも、今は亡き民主党政権でしたっけ。

大阪機動隊の二人の「処分」は事が沈静化した後、名誉回復されると良いですね、それには署名活動が必要なのかしら?

反日勢のする事一切は、過去の革命を起こそうとする時の行動・言動そのものですね。
何事も「体制側」には歪曲、針小棒大宣伝、捏造、暴力、で罪を擦り付け、言論封じをして体制を覆す。
この、民主党政権以降の反日騒動は日本に革命を起こそうする意志が働いている、様な気もします。
潰さなくっちゃ。
[ 2016/10/26 15:06 ] [ 編集 ]
不快になることを承知で案内
「蓮舫 スケバン 動画」で検索してみてください。

常軌を逸した人間の動画を視ることができます。

[ 2016/10/26 16:04 ] [ 編集 ]
ガイドラインは必要だ
これは、当ブログ管理人さんの言う通りだ。ガイドラインを明示して、そのルールに違反したコメントは削除のほうが、管理者権限の削除よりも、言論の自由は保たれている。

例えば、琉球新報が、基地反対の立場のとき、基地賛成のコメントは、すべて非常識な発言とみなせるし、閲覧者(管理人の琉球新報を含む)には、意見の対立から、異なる見解は不快感を与えるであろう。琉球新報と異なる意見のコメントを削除するなら、基地反対のコメントしか残らないから、恣意的な世論操作になるおそれがある。
[ 2016/10/26 18:14 ] [ 編集 ]
偏向メディアが日本を駄目にした。
メディアがいつの間にか『正義の裁定者ズラ』をするように成り、自らが『法』であるかのように偉ぶっている現在の日本ですが、その驕りは食物連鎖の頂点とでもいう位置に国民の『洗脳』を行う『洗脳装置』としてのし上がった故ではないかと思います。
(最近でも自衛隊を暴力装置などと左翼が言いますが、メディアは洗脳装置であり、まして朝日、毎日、中京、沖縄二紙などは偏向洗脳装置と言えるでしょう)

司法、立法、行政という三権、その司法は大きく法曹界であり、あの左翼日弁連を筆頭に「被害者よりも加害者が大事」の所謂人権弁護士やら中には人権裁判官などがいる世界です。
そして記憶に新しい実際の現実に合った法整備よりも固定化された『法』が大事な法学者がいる世界です。

立法は今盛んに低レベルな批判の為の批判を税金を使って浪費している民・共野党が例です。

行政は築地市場移転で豊洲に地雷を埋めたり、東京オリンピックで訳の分からない建設費を通そうとした役所であったり、中国、韓国の為に働く外務省等の官僚組織の事でしょう。

その三権にその次の第四の権力として存在するのがメディアであり(そこで果たして国民が第三の権力であるのかという疑問が有ります)、そこに事実よりも自社のイデオロギー拡散の方が大事な仕事だと心得ている偏向メディアと日本の暗部在日の存在が有ります。

三権はそのような中、一応チェック機関、監視組織があるのですがその一端こそこの第四の権力であるわけです。

つまり言い方によれば偏向メディアは『批判は許さず、謝らずのアンタッチャブル』な存在という事です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%A8%A9


[ 2016/10/26 18:55 ] [ 編集 ]
沖縄の二紙は広報紙か機関紙
新聞社ではなく、機関紙、機関紙か広報紙かそれが新聞社を名乗るのが間違いです。


http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/10/27 02:40 ] [ 編集 ]
公共の福祉を投げ捨てる民主主義は誤魔化しで間違っていますよ。
何をしゃべっても、此処は間違っているよ。
というのは、「人道の基本(平和主義)」や「人類普遍の原理(民主主義)」ならびに「奴隷解放宣言(主権在民)の日本国憲法を押し付けられたと言う嘘を大元にしたブログだからです。奴隷が奴隷解放宣言した日本国憲法を押し付けられたというか?奴隷使いしかそうは言わないぞ。公義と公平と憐れみを永遠に除去する思想では、
人生はこうなる。
【傑作】
「苦労して 生きて来たのに 派遣切り 息が切れたら 灰さようなら」

要は、人は死後が幸福に生きていけるか?どうが最も大切なのであって、この世限りの目先ばかりでは、

「愚かなる者よ、今宵なんぢの魂取らるべし。
 さらば汝の蓄えたこれらの物は誰のものとなるべきぞ」

となってしまう。
だから、そうなっていないかの大元で人生は正しいか間違っているかを判断しなければならない。私たちが人間であるなら、求めるのは「公共の福祉」のための民主主義であって、「公益または公の秩序」と言う誤魔化しの民主主義ではないのです。
[ 2016/10/28 06:33 ] [ 編集 ]
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】




我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫




[ 2016/10/30 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: