私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  国民と有権者を徹底的にバカにする蓮舫と民進党

国民と有権者を徹底的にバカにする蓮舫と民進党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 1月解散が囁かれるなか、民進党代表の蓮舫は10月6日の記者会見で、「党の代表という立場は与党になったとき、トップを目指すということ。適時適切、時期が来れば、私の意思を表明する」と語っていた。実質的には衆院への鞍替え宣言だが、この時期すでに自身の二重国籍問題を指摘されていたことを考えれば、その常識外れぶりは理解を超えている。

 蓮舫は10月7日になってはじめて日本国籍の選択を宣言した、いわば日本人になりたての人物だ。日本国籍は持っていたというが、台湾籍を放棄していない状態にあったのだから、彼女はただ日本国籍を持っていたというだけである。この、つい数週間前まで「ただ日本国籍を持っているだけ」だった人物が、日本国の政治リーダーを目指すというのだから、日本人も舐められたものだ。そしてその選挙は、かなり安直な方法で準備されつつあるようだ。

民進党の蓮舫代表、次期衆院選で東京比例1位を検討 (産経)

 民進党執行部が、次期衆院選で参院からのくら替えを目指す蓮舫代表=参院東京選挙区=について、衆院比例代表東京ブロックに単独で出馬し、名簿登載順位1位とする案を検討していることが21日、分かった。ただ、党内には、首相を目指す野党第一党の党首として選挙区からの出馬を求める声も根強く、実現するかは不透明だ。

 執行部は当初、都内の選挙区からの出馬を検討したが、多くが現職や公認内定者がおり、比例代表での擁立案が有力になった。党幹部が今月上旬、党都連側に打診したが、「楽な選挙をしたら党首にふさわしくない」と否定的な見解を示されたという。このため、選挙区出馬も含め、対応を検討する。


蓮舫


 日本の首相を目指そうという人物が、選挙区で戦わないという選択を検討すること自体、民進党の常識外れぶりには心底呆れる。2014年12月に行われた前回の総選挙では、当時民主党代表だった海江田万里が選挙区で勝てず、比例東京ブロック4位で落選し、議席を失った。同じ選挙では菅直人がやはり選挙区で敗れ、比例東京ブロックで最後の1議席を獲得し、復活当選している。菅直人は2012年の選挙でも同じく選挙区敗戦、比例復活というゾンビぶりを発揮している。選挙区は、不人気政党にとっては厳しい戦場だ。しかし、そこで勝負をしないという選択を、果たして首相を目指すと公言する人物がしてよいものか。

 振付師は、幹事長の野田だろう。鳩山政権、菅政権の負の遺産を引きずったこともあったが、野田は民進党を下野させた選挙で、首相の座にあり、党の顔を務めた。首相経験者が「首相候補者は比例でよい」と判断するなら、首相の座を軽く見過ぎていると言わざるを得ない。民進党都連から「野党第1党の代表として小選挙区で戦うべきだ」との声も出ているようだが、こちらのほうが比較的まともである。

 そもそも、二重国籍問題で非難を浴びる蓮舫に責任を取らせ、議員辞職を説得するのは、蓮舫の後見人でもある野田の役目である。そういうアクションを取るどころか、野田は最も安直な方法で蓮舫に衆院の議席を与え、「日本国民になって間もない日本の首相」を誕生させようとしている。東京都も国民も、よくもこれだけ徹底的にバカにされたものだ。

 脱法ハーフと同様に「異邦人/違法人」というニックネームまでついた蓮舫だが、蓮舫も民進党も、どこかの異邦出身者たちの集団であるように思えて仕方がない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/24 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
本質は蓮舫だけの問題ではない
この『蓮舫二重国籍事件』の中心人物は蓮舫ではありますが、本来ことの本質はこの個人に帰するものではありません。

日本国全体の弛んだ国家意識の欠如が根底に有り、国民にその欠如が有っても為政者に有ってはならないにもかかわらずその政権、与党また野党に『国家観』が欠落しているからです。

よってその結果が此処に出ているという事でしょう。

http://www.sankei.com/entertainments/news/161023/ent1610230002-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/161024/plt1610240010-n1.html

http://www.sankei.com/affairs/news/161024/afr1610240006-n1.html
[ 2016/10/24 12:23 ] [ 編集 ]
蓮舫議員は鵺のような人
いかにも、華僑らしい、どこにでもつく、正に鵺でしょう。
自分の立場が悪くなると、あっちこっちへ、まあ華僑は国を信じない人々、かつて孫文さんが流砂の民と嘆いたように、何かあれば、とっとと逃げる、蓮舫議員は正に、どこにでも足をかける人、まあ、国籍法違反、公選法違反、戸籍法違反のスリーアウトです。

違法人とはよく言ったもので、まあ民進党(偽)と心中か、ぎりぎりで逃げるか、おかげで民進党(偽)崩壊の引き金引いてくれましたから、いいでしょう最大の功績です(笑)

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/10/24 17:19 ] [ 編集 ]
Max
村田R4に対しては、党内、共産党からの非難も強くなってきました。
また、
落選可能性の高い民進党員の希望は、「小池新党」への逃げ込みとのこと。

いずれにしても、一蓮托生、木っ端微塵にしてやりましょう。

それにしても、村田R4、総理大臣になりたいんですって、
病膏肓に入れり。
滑稽で無様な姿が拡大してきています。
[ 2016/10/24 19:16 ] [ 編集 ]
裏道じゃあ駄目ですか党
党首が首相を目指して衆院に鞍替え、でも比例?鼻の先で息を吹きたいわ。

27年間も二重国籍者であった蓮舫じゃなければ、こんな卑怯な真似をしてでも可、とは考えないでしょう。
絵に描いた様な恥知らず。

野田も民主党時代には毎朝選挙区に立ち自論を述べて、安全保障法の必須、現行憲法の不具合、その他聴けば大抵の日本人なら納得な演説だったそうですが、イザ総理になってした事が全く「誰 これ?」状態で、その変わり身の早さはあの体型からは想像も出来ないものでした。
この人も蓮舫を否定できない程度には嘘つきなんですよ。

今その同じ人物が安倍総理批判一辺倒で、「安倍さんのすることは皆先送りじゃないですか!」と己を棚に上げて100%民侵党味の幹事長をやってます。
総理で民主党政権にピリオドを打ち党内の怒りを一身に集めた野田氏が、今回蓮舫のおかげで幹事長になって表舞台が用意されたら、そりゃあ蓮舫へのお返しはしませんとねえ。

こういう党であることを遺憾なく発揮して、さて比例でも選ばれたら有権者の責任、となるわけで、党首が比例で逃げ切ろうとする民主党はさすがに裏道使っちゃ駄目ですか。ですかね。

その前に法務省は動かないのかしら?
法務省から「国籍法違反では無い」文書が蓮舫のもとに出ているというのが本当なら、管轄大臣の見解とは真逆になりますけれど?
[ 2016/10/24 22:50 ] [ 編集 ]
他所さんのブログ見て居たら、民侵党は「蓮舫効果」で二箇所の補選(東京10区、福岡6区)を勝てる と予想していたらしいです。
で、結果を見て沈黙。
共産党との共闘強化方向に行くみたい。

蓮舫・・・効果???
あるとした票減らしだと、フツーは思うのじゃないか?

やっぱり限度目一杯、変だわ、この政党。
[ 2016/10/25 00:09 ] [ 編集 ]
借物競争・仮装大会
運動会には、借物競争というのがあります。
コース上に置かれた指示書通りに会場にいる人や物を借りて来て、
ゴールへ向かって走る競技と言えばよいのでしょうか。
また仮装大会もありました。

こうしたことを思い出させてしまうのが
政党を擬した民進党という借物政党に、
国籍は一時の借物としか考えていなかったと
思われる党首村田蓮舫の存在です。

市井の人間より遵法精神を求められる立場にある人間が、
国籍の所在を問われれば、二転、三転させて恬として恥じず、
これほどに国家に対する帰属意識も薄い人間が、
生まれた時から日本人だと、いとも簡単に言い放つ
不快感は、言いようがありません。

産経新聞のコラムに虚言国家中国との文言を見ましたが、
まさしく虚言党首村田蓮舫です。
日本という国家の軽視であり、日本人に対する侮蔑であり、
国民の感情を踏みつけにすることに考えが及ばないのです。
平和惚けの日本人の国防意識の低さに助けられ、
メディアの擁護に支えられ、はたまた法整備の緩さゆえ、
言い逃れが可能と思うからでしょう。
法治国家日本政治の情けなさに苛立ちます。

何事もなかったかのように、
今日も口先だけの国家、国民のためと言葉も軽く、
只今は党首、次は総理を目指すために衆院へ鞍替えと
運動会の借物競争や仮装大会のパフォーマンスよろしく、
国政をおもちゃにする村田蓮舫に思えて仕方がありません。
[ 2016/10/25 09:04 ] [ 編集 ]
空気が読めないぱよちん
ぱよちんは空気が読めない。
読もうともしない。
思い込み優先のアンチリアリストだから。
なので「R4効果」をポジティブにとらえてしまう。
客観的に見れば「R4マイナス効果」は当然なのに。

自らに都合の悪いことはシラを切って平然と嘘をつく。
そんな醜悪な素行を見せつけても、信用を得られると思い込む。
来る衆院選でも「R4効果」は続くだろう。
東京比例1位の村田R4以外は落選続出。
「そして誰もいなくなった」がミンシンの選挙結果を表現する的確な見出しになるはず。
だから、村田R4にはやりたい放題やってもらいたいね。
[ 2016/10/25 12:28 ] [ 編集 ]
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】

我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫
[ 2016/10/30 15:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: