私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「土人」発言を沖縄県民全体に向けられたものと歪曲する朝日と毎日

「土人」発言を沖縄県民全体に向けられたものと歪曲する朝日と毎日

← 応援クリック、ありがとうございます。

 案の定というか、日本のマスメディア総動員体制で、大阪府警の機動隊員が発した「土人」をバッシングしている。左派メディアの翼賛体制ともいうべきスクラムは、くだんの機動隊員はもちろんのこと、その隊員に「出張お疲れさま」とねぎらいの言葉をツイッターでかけた松井大阪府知事にまで批判の矛先を向けている。私にはこの翼賛報道が、蓮舫の二重国籍問題をかき消そうとしているかのようにさえ映る。

 だが、報道を見ていくと、隊員の「土人」発言を巧みに利用し、沖縄の独立という国家分裂にまで道筋をつけようとしているメディアの恣意性が透けて見える。例えば、昨日の朝日新聞と毎日新聞の社説にはひとつの共通点があるのだ。

ヘリパッド反対派活動家の抗議活動


「土人」発言 差別構造が生んだ暴言 (朝日新聞)

市民とやりあう現場で若い隊員が口にした言葉だけが問題なのではない。背景には、根深い沖縄への差別意識とそれを生んだ日本社会の構造があり、その一端があらわになったと見るべきだ。

 驚いたのは、大阪府の松井一郎知事が自身のツイッターに、「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」と書き込んだことだ。

 沖縄の人々の気持ちや苦難を思い、寄り添う姿勢がみじんも感じられない。加えて記者団には、工事への抗議活動に疑問を呈する発言までしている。

 こうした振る舞いがもたらすものは、さらなる反発と混迷、そして沖縄と本土の分断でしかない。要職にあり、国政にも一定の影響力をもつ自覚に欠けることはなはだしい。


沖縄での暴言 無理解が分断を広げる (毎日新聞)

 沖縄の切実な訴えを「反政府」とみなすような感覚。そうした沖縄に対する無理解を翁長知事らは「構造的差別」と呼んでいる。機動隊員の発言もそうした構造を背景にしたものではないか。

 さらに今回の発言からは、特定の民族や人種への偏見に基づくヘイトスピーチにも通じる意識が感じられる。若い世代にそうした意識が広がっていないか心配だ。


 朝日と毎日の社説に共通する点とはなにか。それは、この「土人」発言があたかも沖縄県民全体に向けられたことばであるかのように歪曲する手法だ。言うまでもなく、機動隊員の発言は警備に妨害行為を行う活動家個人に向けられたものだ。彼は決して沖縄県民全体に対して「土人」という表現を使ったのではない。それこそが事実だ。

 しかし、朝日も毎日も、その発言をことさら増幅させ、「根深い沖縄への差別意識とそれを生んだ日本社会の構造」「沖縄の人々の気持ちや苦難」「沖縄に対する無理解」「特定の民族や人種への偏見に基づくヘイトスピーチにも通じる意識」ということばを並べ、まるで隊員のみならず、日本全体が沖縄への差別意識を持っているかのような結論に導いている。これこそ、悪質な印象操作ではないか。

 自らが人権派だと思って自惚れている左派メディアは、差別を作り出すことに手段を択ばない。しかし、そこに実態としての差別があるとは限らない。彼らが作り出そうとしているのは、本土という差別者と沖縄という被差別者の対立構造だ。戦前という悪者を徹底的に叩くことで戦後民主主義を礼賛する構図と同じである。左派メディアは、戦前の日本や基地推進派、ひいては中央政府の言い分は絶対に書かない。対立構造が虚構であることがバレてしまうからだろう。

 昨日の朝日や毎日の社説で分かる通り、新聞は偏っていることを認識することが肝要だ。すべて鵜呑みにしてしまえば、プロパガンダを垂れ流す彼らの思うつぼなのである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/22 07:21 ] メディア | TB(0) | CM(10)
沖縄県の独立工作
背景には、日本国を分断する破壊工作のために、沖縄県を独立させる謀略があると思うよ。

日本国民は、誰一人として、沖縄県の方々を土人とは考えていない。沖縄県の方々は、同じ日本国民だ。沖縄県の方々を大切に考えていることは、先の戦争において、日本国の最大の切り札であった戦艦大和を、沖縄県に向かわせたことでも、わかることであろう。今でも、3000億円以上のお金を、日本国は沖縄県に滞りなく交付している。日本政府は、米軍基地の負担軽減を達成しつつある。沖縄県内の政情不安は、中国などの外国の侵略を招くものであるから、かえって米軍基地と自衛隊基地の必要性が増す。真に米軍基地に反対ならば、日本政府や米軍と事を構えるのは、得策とはいえないであろう。

中国とは、あえて敵対する必要はないが、沖縄県は卑屈になって招聘する必要もない。尖閣諸島の主権は、日本国つまり沖縄県にある。主張すべきことを、中国に主張できないのなら、琉球国であったころのような独立を保つことなど、はかない夢物語であろう。
[ 2016/10/22 09:18 ] [ 編集 ]
【保存版】共産シナを「中国」と呼称しているのは、韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等のみです。
【保存版】共産シナを「中国」と呼称しているのは、韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等のみです。
-----

共産シナを「中国」と呼称しているのは、韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等のみです。

韓国、帰化未帰化在日韓国人たち、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社等以外の世界各国において、共産シナの正式かつ公式の呼称は「共産シナ」「人民シナ」等であり、共産シナの日常の呼称は「土人シナ」「野蛮シナ」「人●しシナ」「他民族虐●シナ」「侵略シナ」等です。
[ 2016/10/22 11:57 ] [ 編集 ]
反日東アジア共同体
まさにいつ迄も変わらない朝日、毎日の姿が此処にも有ります。

ご存じの様に沖縄はあの悪名高き偏向二紙である沖縄タイムス、琉球新報が県民の意識を支配しています。

この沖縄県民の脳を縛る軛こそ沖縄二紙であり、それとリンクしているのが本土偏向メディアである朝日、毎日などです。

そして本土に於いてはもうう少し他メディア情報に触れる機会が多く、その点がその人たちと沖縄県民との違いでもあるでしょう。
特にネットに触れない高齢者などこの沖縄二紙に影響を強く受けていると言えるのではないでしょうか。

但し、沖縄の反米反基地闘争の構造は本土左翼が根付きになっていたり、新たに本土から来て闘争の中心にいてそれを沖縄偏向二紙や本土偏向メディアがバックアップするというもので若干の沖縄県民がそれに踊らされ乗って利用されてしまうという姿です。

それを偏向メディアがさも沖縄県民の総意であるかの如く触れ回るという仕組みですが、そんな風評的報道しか出来ないさよく報道部が朝日、毎日等というメディアなのでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/fe3eb726e540b8a14690c55293ea1fa4?fm=rss

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/cb38c72336776551f968590ab34aa854?fm=rss

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/48b35b94dddaf4027bfacc79a53bbfba?fm=rss

この沖縄の反米反日反基地闘争は根にはこの地域から米軍の存在を無くし(或る地域の軍事力が消滅すればその空白は別の軍事力により埋められるわけであり、その例が過去のフィリピンからの米軍撤退であり、その埋めるものは中国です)。

つまり今反米反基地闘争をしているという事は米軍を追い出し中国軍を招き入れるということに他なりません。

すると荒唐無稽にも思えるあの鳩山由紀夫の構想、『東アジア共同体』という『新華夷秩序』が現実味を帯びて来るわけです。

https://www.google.co.jp/?gfe_rd=cr&ei=tpATVqWzFYfN8geCx4jIDw&gws_rd=ssl#q=%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB%E3%80%80%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%93

アジアで米国(米軍)追い出し、中華人民共和国が中心となり小中華として朝鮮、日本、ベトナムそしてその周辺国というアジアを中国の版図とするという構想であり、沖縄の動き、本土さよくの動きはそれに協力しているものであると言っても過言ではありません。
論理的にはこの『反米反日反基地闘争』とはそういう事です。

その構想に沿うものとしてこの沖縄反基地『市民』の暴挙を隠しての警察官発言をあげつらうのもその根本に根差したものと考えてよいと思います。

更に情けないのはこの警察官を早々に処罰するとした府警トップ及び高木久監察室長の矜持の無さに呆れます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E8%AD%A6%E5%AF%9F

http://www.sankei.com/west/news/161021/wst1610210068-n1.html

[ 2016/10/22 12:04 ] [ 編集 ]
【保存版】ドイツ、オーストリア、スイス、リーヒテンシュタイン、オランダ、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、エストニア、ラトヴィア、ハンガリー等において、共産シナの正式かつ公式の呼称は、ヒーナ人民共和国、人民ヒーナ等です。
【保存版】ドイツ、オーストリア、スイス、リーヒテンシュタイン、オランダ、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、エストニア、ラトヴィア、ハンガリー等において、共産シナの正式かつ公式の呼称は、ヒーナ人民共和国[die Volksrepublik China]、人民ヒーナ[das Volkschina]等です。
[ 2016/10/22 12:54 ] [ 編集 ]
アカと特亜に利用される九条教の正体見たり
正に此れこそが奴等の狙いで9条の真の姿9条精神の表れですね。

何されても無抵抗で居ますから好きにして下さい殺して下さい。
抵抗した者が悪く加害者は何時も正義で特亜系なら何されても文句すら言ってはいけない
慶応の韓国人はマンマと9条を利用してうら若き乙女を強姦した様な物ですね。

九条教の正体見たり。
今年も九条がノーベル平和賞に出品されているそうです
[ 2016/10/22 17:20 ] [ 編集 ]
人権ビジネス派新聞
レッズは本日も勝ちました。いかったねー。つおいねー。
後一勝。喜ぶべきか、ちと迷いまするw


こうなるとチョウニチもバイ日もプロパガンダ紙、と云うよりも「日本毀損サヨク宣伝紙」とはっきり誰にでも判る様に言い切った方が良いと思います。
今時の若い子ちゃん達には「プロパガンダ」がイメージ出来ない、かも知れない。

沖縄にとぐろを巻いている、何でも権力には反対活動村の入り口には、機動隊や警察の方々の顔写真が貼られているとか、オフでお買い物に出ているときに脅迫や罵倒の言葉を掛けられると、産経にもありました。
警察内部には膨大な活動家の関係書類があるでしょうけど。あくまでも内部にw

最前線で命の危険も有り得る機動隊は体力的にも比較的若い隊員で構成されているものと思いますので、我慢出来ない相手側の言動や行動に触発されてしまうでしょうから、そういう時には例えばスワヒリ語などの、ちょっと聴いただけでは何を言われて居るのか判らない少数民族語を仕入れて、怒りを吐き出したらイイとおもいま~す。
何もかも公務員が忍耐しなければならない、なんてやってらんないでしょうから、何処かでどうにか健康的に発散して次の舞台に備えられますように。

バイ日の記事は沖縄県民は「一民族」と考えて居る訳ですね。日本民族ではない、とw
日本政府は日本民族の他にはアイヌ民族だけが日本列島の民族構成員だと調査研究の結論をしておりますものを。
どっちが「差別」なんだろ?

彼らは人権派ではないですよ、「人権ビジネス派」なのだと思います。
[ 2016/10/22 18:44 ] [ 編集 ]
活動家を野放しにしている現状を、警察(公安)上層部はどのように考えているのだろうか
嘗ての極左活動家らは、もはや現役(?)を引退したものがほとんどであり、嘗ては、三里塚(成田)闘争、安保闘争と、目的と場所を変えて、様々な武力闘争を繰り広げてきましたが、現在では沖縄で米軍基地武力闘争を繰り広げている程度です。

その活動に対して、世間の支持が集められず、また、警察や法律による規制や活動資金の目途や人員の確保が厳しくなるにつれ、組織立った行動は困難になってきているようですが、それでも彼らが一定数以上集まると、集団心理も働き、凶暴化する事は避けられません。

今回の機動隊員が発した土人発言も、基地外活動家に対して向けた者であり、実際に彼らは土「人」というよりも、「基地外猿」と言った方が妥当だと思うような「凶暴性」と「低知能」、「法律無視」が目立ちます。

自分でも意味が分からなくなっている「基地外」に、感情を激昂させる発言を行うのはやや危険性があると思わない事もありませんが、それでも「処分」する必要があるほどの発言だとも思いません。

実際に、現場の活動家のやっている事は、現場で警備にあたっている警察官や米軍への罵詈雑言、脅迫、暴行、時には法律違反になるにもかかわらず実力行動など、「常軌を逸したレベル」なのですから。

それよりも問題なのが、警察(公安)上層部の「腫れ物に触らない」、「波風を立てない」、「火消し」に躍起になっているところだと思います。

こうした、行き場を失った「極左活動家」が最後のユートピア(?)を求めて集まってきている沖縄において、警察などが適切な行動(公務執行妨害などで、違法活動家を逮捕する事)を行い、彼らを壊滅に追い込むべきなのに、それを中々「ゴーサイン」を出さない為に、現場の警察官らが、相当な「我慢」を強いられているのだろうと思います。

これでは、この米軍基地の活動家らの「やりたい放題」を許してしまう事になりかねません。

警察(公安)上層部には、極左活動家に屈して安易に処分を下すのではなく、もっとしっかりしてもらいたいです。利敵行為はいけません。

アカヒらの極左マスゴミは、極左の御用である事は当然ですけど、何よりも、現場の極左活動家の大半が「本島人」や「特亜人」である事に触れないのは何故なのかと思いますね。
[ 2016/10/22 20:53 ] [ 編集 ]
テロリスト集団の断末魔
先に書きましましたが、テロリスト集団の断末魔、最後の主戦場、そこに援護射撃をするマスゴミ、ただネット社会に取り残された、勘違い連中、もうテロリスト集団は、後がありません。
また、マスゴミもそろそろ終演、消える前のロウソクが一番明るい、ならば吹き消してしまいましょう、最後の手向けとして。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/10/23 09:11 ] [ 編集 ]
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】






我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫





[ 2016/10/30 15:15 ] [ 編集 ]
差別をしている側がこうやって開き直るんだもんなぁ
文句を言われたくないなら差別をやめればいいのに
[ 2016/11/26 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: