私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  サヨクの主戦場と化す沖縄 ~ 抗議活動に核マル派や中核派も参加

サヨクの主戦場と化す沖縄 ~ 抗議活動に核マル派や中核派も参加

← 応援クリック、ありがとうございます。

 少し前に、沖縄の米軍基地に抗議するプロサヨク団体の行動が猿同然という画像が話題になった。道路に座り込む姿、車を襲撃し、ボンネットの上に乗って迷惑行為を行う姿など、こちらの方が恥ずかしくて見ていられなくなる。

猿同様の抗議活動@沖縄


猿同様の抗議活動@沖縄


 先月末には、米軍北部訓練場内でヘリパッド建設に抗議していた市民が機動隊にロープで縛られたという事案が発生。沖縄メディアが騒ぎ立てたが、県警本部長は「(抗議している現場が)急斜面で滑落する恐れがあるので、命綱の代わりにロープを結び付けた」と説明している。琉球新報は「ロープでの身柄拘束は実質上の逮捕に当たる」というどこかの大学教授のコメントを掲載し、別枠で社説まで使って、県警の対応を批判している。沖縄県警や応援に駆けつけている全国の警察官の皆さんは、こういう厄介者の面倒まで見なくてはならず、本当にご苦労様なことだ。

 先月末、琉球新報に興味深い記事が掲載されている。全く新しい情報だというわけではないが、県警本部長の県議会での証言だ。

「極左集団も参加」 本部長答弁、市民ら「心外」 (琉球新報 2016-09-30)

 池田克史県警木部長は29口の県議会一般質問で、米軍北部訓練場周辺で行われている抗議運動の参加者について問われ「何割かしっかり分からないが、県内のみならず県外からも各種団体個人が参加している。過激派と言われる、警察が「極左暴力集団」と呼んでいる集団の参加も確認されている」と述べた。具志堅透県議(沖縄・自民)への答弁。
 2015年讐察白書によると極左暴力集団」は、暴力革命による共産主義社会の実現を目指す集団となっている。日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派、革命的共産主義者同盟全国委員会などが該当するとされる。
 抗議運動に参加する大宜味村の50代男性は「極左暴力集団に当てはまる人はおらず、心外だ。証拠を示してほしい」と困惑し、「感情的になってしまう市民は確かにいるが、不当な行為をしているのは政府の方で抗議は無抵抗、非暴力的だ」と語った。


 抗議活動といえばまだ聞こえは良い。しかし、実際は抗議活動の名のもとに、数々の違法行為が行われているのだ。実際に、地元住民の生活道路を活動家が封鎖し、検問を実施しているという話まである。その抗議活動の中に核マル派(日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派)や中核派(革命的共産主義者同盟全国委員会)が存在すれば、昔取った杵柄よろしく、違法活動のバリエーションには事欠かないだろう。核マル派のサイトにこの高江で行われている抗議活動が掲載されていることが、彼らの関与の証拠である。

 ある方のFacebookページで憂鬱な記事が掲載されていた。

沖縄で基地反対運動をしている方に、
なぜ、ハングルが掲げられているのかを聞いてみました。

応えは、在韓米軍への反対運動と、在日米軍への反対運動を
ともに頑張ろうと励ましあっているそうです。
散々、アメリカの悪口を言ってましたが、
要は、日米同盟や米韓同盟が邪魔でしょうがないようでした。

沖縄の抗議活動にハングル


中国の脅威について私が話すと、目くじらを立てて怒り出し、
中国は、一度も他国を侵略したことがない、平和な国であり、
中国の脅威など存在しない。
アメリカが軍隊を置くために作り出したデタラメであると主張。

尖閣に大量の民兵が来ている話をすると、
日本が、中国の領土を国有化したのが中国への挑発であり、日本が悪いとのたまう。

これは、どこの国の目線でしょうか?


 これらの無法な振る舞いを見る限り、一番の被害者は沖縄県民だろう。沖縄はいまや、サヨクの主戦場と化している。そして、そのサヨクの無法な抗議活動のツケは、沖縄県民が払うことになるのだ。しかし一方では、現翁長知事を誕生させたのも、すべてとは言わないまでも、また沖縄県民である。県民の皆さんには現実を見ていただきたい。このようなサヨクの活動をのさばらせる一因となったのも、翁長知事という、直接民主主義を経た県民の代表なのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/12 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(7)
キャプションは如何でしょうか。
おはようございます。

折角の写真です。勝手にキャプションをつけてみました。

上段
左:洗脳に生きる人間(モドキ)  右:本能に生きる猿

二段目
ただ餌がほしいだけ

三段目
ただ嫌がらせのためだけ

下段
日本国内でハングルを広げる頓珍漢
(楔形文字、象形文字には美しさがありますが、この金釘みたいなものは・・・)

以上、朝から、センスの悪いことで恐縮でした。


日本国内各地に韓国キリスト教会があります。
覗いたことはありますか。
「原発反対」、「安保法案反対」などのチラシやビラが多数あります。
宗教の衣を纏った扇動家、その巣窟ですね。
そういえば、剃髪、出家した同様の存在もいました。

「平和」を語るから平和を希求する人間ではない。
「平和」への努力を重ねる人間こそが「平和主義者」でありましょう。

などと言うと、「俺たちの平和運動に反対するようなことを言うと殺すぞ」と左の方から聞こえてきそうです。

新潟県知事選、東京10区・福岡6区補選で勝つことは平和への一歩です。
当該地の有権者の皆様、是非一票を。

[ 2016/10/12 08:18 ] [ 編集 ]
キムチ沖縄サヨクも、①日本国道路交通法違反、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」、③韓国兵役義務者、④韓国納税義務者に完全に該当します。
キムチ沖縄サヨクも、①日本国道路交通法違反、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」、③韓国兵役義務者、④韓国納税義務者に完全に該当します。
-----

キムチ沖縄サヨク(=韓国指揮下の朴さん、金さんなどの沖縄県民なりすまし帰化未帰化在日韓国人サヨク工作員たち)も、①日本国道路交通法違反に基づき即時現行犯逮捕され、②日本国ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」として(日本国籍剥奪の上)日本国外へ追放され、韓国において③韓国兵役義務および④韓国納税義務を果たすべきです。
[ 2016/10/12 09:36 ] [ 編集 ]
テロリストの群
住民なんて誰もいない、テロリスト集団、警察も今回は、破防法を適用して壊滅させるべきです。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/10/12 14:55 ] [ 編集 ]
革マル・中核の登場
この2つの過激派が登場すると、運動の終息も近いのでは。

もともとこれらの勢力は内ゲバで百人単位の殺し合いを演じてきた殺人者集団です。しかも公安警察による「泳がせ」説が根強い。警察にとっては周辺の過激派を殲滅して回ってくれる彼らの存在は毒を以て毒を制す、ある意味では「有益」な存在でありましょう。しかも周り中に過激派への恐怖と嫌悪を撒き散らしながら、左翼の何たるかの典型例を示してくれるという位置付けでか。


常に組織温存が最優先の革マルはともかく、中核など既に組織が四分五裂の状態で、どうにもならないのでは。それが「沖縄決戦」ということで、わざわざ出張る根性にはびっくりしますが。

「泳がせ」過ぎて手を噛まれないようにと、生温かい気持ちで見守りましょう。
[ 2016/10/12 16:56 ] [ 編集 ]
猿の惑星
沖縄の「市民」活動は、公道いっぱいに座り込み救急車の進行を妨害しながら「急患が出ているのに助けもしない権力」と宣伝するそうで、一頃なら道交法だけでも一網打尽だったのに、と「昔は遠くなりにけり」感があります。

その「権力」の”お気遣い”が「市民」の甘えの行動を増上させているとしたら、その温情的行為は何の為なのでしょうね。
まあ、出張っているのは沖縄県警なのでしょうから、県警は県知事の発令次第なので、最初からしっかり取り締まる気は無い、というところか?

反対行動が有る程度大きく激しければ、またそれも沖縄助成金の元になる?翁長の考えそうな脚本にも思えます。
革マル、中核の旗印を出さなければ彼らも「一般市民」に化けられる。彼らは政治的紛争箇所を見つけることで命をつないでいるのですから、国内なら出かけない筈が無い。外国には行けないのよね~ 臆病卑怯者だから。

挙げられた映像と大宜味村の50代男性の抗議をあわせると、沖縄では公道座り込みも他人の乗用車登りも「無抵抗、非暴力」?
他人のホンダ車に猿を真似て上がって居るのは多分女性ですよね。 重そう。
[ 2016/10/12 23:43 ] [ 編集 ]
人間ではない何か
特定の言葉、例えば「中国が攻めてくる」に対して、「中国が侵略する事は無い」などと、パブロフの犬の如く返答するその様は、もはや完全に洗脳された「カルト」の類と同じではないかと思います。

そして、もはやこの集団の行動は、自分の「信仰(共産カルト)」の為ならば、何をしても許されるなどという、狂った信条を持ち合わせた、否、猿の如く、何らかの攻撃を受ければ、無条件に相手に数倍返しで攻撃する、他人の指図を一切受けないという傲慢さが見え隠れしており、このレベルにまで落ちぶれると、猟奇犯罪者と同じ類で、話し合いなどできるわけもなく、対処手段は「強硬手段」しかないのではないかと思うところです。

そもそも、沖縄で反米基地闘争を繰り広げている猿共の内、本当の沖縄県民が何割程度なのか知りたいものです。

更には、その内「プロ市民ではない日本人」の割合がどの程度なのかも知りたいものです。

とにかく、反日猿(サルに失礼かな)は論理が理解できませんから、我々が何を話しても無駄だろうと思います。
[ 2016/10/13 02:07 ] [ 編集 ]
だいたいの島民は冷めたものですよ
旅行者の立場で15年以上、沖縄へ通っております。
機会があるごとに島民の方々にはそれとなく話をお伺いしてきましたが、
地元民の多くは「政治には興味がない」とおっしゃっておられましたね。
「内地の活動家が大量にやってきていつも騒いでる」とのことです。
普通の沖縄県民は座り込みなんかしていられるほど生活に余裕ないです。
給料は安いし、時給も安いし、みんな生活かつかつなので、
とにかく本州に出るなどしてでも働かないとやっていけません。
だから選挙に行かないようなノンポリも、
沖縄にはサイレントマジョリティとして存在してますよ。
まあ新聞社、教育現場、公共施設関連などは必ずまっかっかですけど。
[ 2016/10/15 01:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: