私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進野田「衆院選で単独過半数目指す」 ~ 共産「共闘だろ!」、朝日「共闘しろ」

民進野田「衆院選で単独過半数目指す」 ~ 共産「共闘だろ!」、朝日「共闘しろ」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 1月解散の噂でもちきりの永田町だが、民進党の幹事長である野田佳彦が、衆院で単独過半数を狙うと宣言したようだ。

民進・野田幹事長、衆院の単独過半数めざす意向 (朝日新聞)

 民進党の野田佳彦幹事長は10日、次期衆院選について「いま以上立て、過半数を狙えるという候補者を立てる。そのために全力を尽くすのが大事だ」と述べ、単独過半数の確保を目指す考えを示した。11日告示の福岡6区補選の立候補予定者の応援演説後、福岡県久留米市で記者団に語った。

 野田氏が次期衆院選での具体的目標に言及したのは初めて。共闘する共産、社民、生活の3党との小選挙区のすみ分けが課題となるなか、あくまで単独で政権奪取をめざす考えを示したもので、3党の反発も予想される。


 幹事長は選挙の実質的な総責任者である。その幹事長が具体的数値を挙げて目標を語るというのは、目標を達成できなかった時に責任論として浮上するのを是としているということでだろう。現在、衆院における民進党会派「無所属クラブ」の議員数は96である。単独過半数を取るために必要な上積みは140以上という、途方もない数字だ。およそほとんどの世論調査で支持率が二桁に届かない政党としては、天文学的な数字と言える。まぁ言うだけただなので、好きなように挑戦すればよろしい。

共産党志位院長


 時を同じくして、共産党の志位委員長は、衆議院解散なら「返り討ちにする」と強弁している。平壌の広告によくみられるようなセリフだが、志位はそのあと続けて、「(返り討ちにする)態勢をつくる。野党共闘の実現のために、速やかに協議を進めたい」と語っている。要するに、巨大与党に対抗する枠組みとしての「野党共闘」体制を維持する、そのために民進党は協力せよということだ。この志位のことばは、政権与党に向けられたものではなく、民進党執行部に向けられたものと理解する方が適当だ。

 そもそも、返り討ちとは、勝負事に挑戦した者が、挑戦を受けた者に逆にやり込められることを意味する。挑戦者であるはずの共産党が使う言葉として適当ではない。志位のこの強弁は、共産党の委員長という、負けても責任を取らなくてもよいポジションにいるから出るのだろう。共産党に付き合ってボロ負けすれば、責任論が及ぶのは民進党の側のみである。

 朝日新聞は前日の記事の末尾で、「あくまで単独で政権奪取をめざす考えを示したもので、3党の反発も予想される」と書いている。朝日のスタンスが良く表れた文章だ。朝日の記事は、野合であれ何であれ、とにかく安倍自民に不安定要素を与えることであれば、躊躇することなく何でもやれという、民進党へのメッセージと解釈すべきだ。民進が単独過半数を狙い、共産と朝日が「ちょっとまて!野党共闘だろ!」と叫ぶ構図。なかなか面白い。

 野党共闘のうち、社民も生活も、泡沫政党というより絶滅種だ。何も気にかけることはない。野田がいくら「単独過半数」強弁しても、おそらく民進党は共産党の協力なしでは選挙は戦えない。選挙互助会である彼らの本質は、理念や政策より選挙で議席を得るということに尽きる。おそらく野田は、早晩、この「単独過半数」発言を取り下げるか、トーンダウンさせることになるだろう。

 民進党と共産党は、選挙に関しては一心同体である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/10/11 07:12 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
もう安倍天皇でいいですね。明仁さんは目障り。
日本人はどっちが権力側か知るべき。
[ 2016/10/11 12:05 ] [ 編集 ]
昔を今に成したい、と
小蝿が五月蠅いねえ。もうじき冬だわね。


共産党と共闘したら食い潰されるのがオチでしょうけれど、それしか手がないなら飛び付くしか無いのかな。

野田幹事長は自分の「解散」で永田町を去った元議員を戻す”義務感”の表明にも思えます。おきばりやす。
数を立てればその中には間違って当選する者も出てきましょう。が、その前にあの三年三ヶ月の体たらくを総括表明でもしてご覧な、と申したい。
その上今度は外国人を党首に立てて国政を担おうと。
どこまで厚かましい売国党なんだろ。

微かにでも有望な政治家に見えた政権前のお仲間が悉く、どれだけ有権者の失望と怨嗟を買ったか?
自民党議員にも満足は決してしませんが、それでも百年の長がある政党らしき政党と、な~にをやってんだか?ばかりの赤い烏合の衆集団とが同じ舞台で闘えると思うなら、それこそ返り討ちに遭うが良し。

な~~~んの責任も負わない、負えない志位が「返り討ち」という感覚は、全く井戸の中の糸ミミズの王様状態で、ある意味なるほど、とは思えます。
もっと平壌のオバハンを真似て「血祭りに挙げてやる」ぐらいに言ってみたら結構効果抜群かもw 
[ 2016/10/11 14:10 ] [ 編集 ]
言えば叶う
流石「提案しますと言えば提案」に成る民進党
「〝単独〟過半数」と言えば当選する?
[ 2016/10/11 17:16 ] [ 編集 ]
泥鰌と民沈カエル
所詮、泥鰌は狭い田んぼでしか生活できず、一生を狭い「民沈田んぼ」で半島カエルの差し入れ酒を飲み飲み暮らして行くのでしょうか?

周りのお友達の民沈カエル達の鳴き声と言えば「反対非難合唱曲」。最近、ナパージュ国民から受けている曲目は「ガソリーヌの沈黙」と「レンホーカエルの一人二重奏」、何せこのレンホーカエルは隣の田んぼから無法にも侵入した「異種」であるが「半島異種」でごちゃごちゃの民沈カエルに混ざってしまえば違和感が無いのでいつの間にかすっかり居ついて自分の席を確保している様子。

ま~周りの自民カエル軍団でも異種が見つかり何ら問題ともならず、小さな小川を挟んで支那のガマガエル軍団が豊かな田んぼを虎視眈々と狙っている事等全く意に介さないナパージュ国の田んぼの平和は何時まで続くことでしょうか?

何か段々と何かの小説モドキになってしまったな。

「秋深し!隣は危険で一杯だ!」
ご自愛下され
[ 2016/10/11 17:47 ] [ 編集 ]
民共・朝日等さよく連合
たしかに自・公の企図していると言われる衆議院1月解散では、日露首脳山口県会談後の結果での選挙という意味で領土問題という外交的成果を国民の評価として「0増6減」「公明党の都合」など「ご都合解散」と野党が指摘する点はまんざら否定されるものでもないでしょう。
但しあくまで日露首脳会談が北方領土で日本の主張に沿っての前進であるかどうかが問われるところです。

そしてそこに安倍首相の『首相三選』の党内の権力闘争と、『憲法改正』が絡んで来まして、及びそこに『江沢民碑事件』で親中派の極みを見せた二階俊博自民党幹事長の安倍首相に取り入っての党内権力の拡大が見られます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E4%BF%8A%E5%8D%9A

http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2005/07/post_28d6.html

であり、恐らく二階の言動に対してを危険視している菅官房長官の目があるように思いますが、日本国民はこの二階の『江沢民碑』での言動である親中売国の記録を忘れてはいけません。

そこで野党ですが、早速蓮舫民進党は福岡6区衆院補欠選挙での共産党などとの共闘を方針として実際の動きをとっています。
岡田路線ですね。

野党第一党である民進党、それを影で工作する共産党という図式が定型化するという今後の野党連合の未来予想図がここに有るのでしょう。

http://www.sankei.com/region/news/161010/rgn1610100035-n1.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161005/k10010718781000.html

そして更にそんな民共野党連合と偏向メディアである朝日、毎日、東京など、又日弁連やその他さよく組織の連合体、即ち『さよく連合』が安倍自民党の進める『改憲』に化石化した『護憲』を連合の旗印として倒閣運動を繰り広げるというものです。

http://www.sankei.com/politics/news/161011/plt1610110004-n1.html

[ 2016/10/11 18:22 ] [ 編集 ]
負け犬の遠吠え
まるで松竹新喜劇の池野めだか師匠ですね、負けながら、これくらいで勘弁したる(笑)
しかも、民進党(偽)と日本共産党の共闘なんて、お互いの支持母体が対立関係にあるのに(笑)
連合対全労連、日教組対全教、呉越同舟は夢幻しのごときです。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://blog.livedoor.jp/satoutesurou/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/10/11 22:58 ] [ 編集 ]
身の程を知れ
100議席にも満たないのに、
一気に224議席を目指すとは
身の程を知らぬ発言としか言いようがない。

所詮、ぱよちんは自らを客観視できないので
妄想が独り歩きし、非現実的目標が達成可能な目標に変わってしまうようだ。
能なしのくせに口先だけが取り柄のぱよちん。
恐るべきGHQユーゲントなのかも。
[ 2016/10/12 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: