私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  蓮舫を野放しにするなら自民党も同罪だ

蓮舫を野放しにするなら自民党も同罪だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 しんぶん赤旗の不振に喘ぐ共産党の小池晃が、菅官房長官と稲田防衛相の白紙領収書問題を追及した件を受け、毎日新聞が社説で「白紙の領収書 政治家の非常識に驚く」という社説を掲載した。一般的な「政治家の非常識」を批判するなら、毎日新聞はまず蓮舫の二重国籍問題を追及すべきだろう。蓮舫の国籍疑惑は、非常識を通り越して違法性の問題なのであり、彼女の一連の説明は犯罪の隠蔽である可能性もあるのだ。

 蓮舫は6日の会見で、記者の「(日本国籍取得)宣言したことが明記されている戸籍を公開する考えがあるか」との問いに対し、「国連の女子差別撤廃条約」を持ち出して「差別」ということばを故意に浮き出させた上で、畳みかける「戸籍には選択の宣言をした日が明記されていると思うが、その点は確認しているか」という問いに対しては、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていません」と開き直った。

蓮舫


 ところが、情けないことに、自民党の側もこの「差別」を懸念し、二重国籍問題に踏み込もうとしていないようだ。産経の記事によれば、「追及したら人種差別にならないか」「ヘイトスピーチにならないか」との懸念から、自民党を及び腰にしているという。また、ある自民党幹部は「いちいち相手にする必要もない。民進党が自滅していくだけだ」と、一定の距離を置いてことの顛末を見物しているそうだ。幹事長の二階など、「われわれはこの問題に対して何かモノを申し上げることはない」と宣言してしまっている。

 仮に自民党が蓮舫の二重国籍問題を無罪放免するのであれば、自民党も同様に批判されるべきだろう。この蓮舫の問題を追及すれば、恐らくまだ自民党内にいるであろう二重国籍議員も炙り出されることになる。しかし、自民党が国益を第一に考える政党なら、妥協などしている場合ではない。

 自民党には、「民進党がずっと弱いままで存在していてくれた方が、色々な面で得」と考えている議員がいるはずだ。民主党の体たらくは、自民党の安泰を意味する。しかし、そのような馴れ合いの政治で、国民の期待がずっと続くと思ったら大間違いだ。いつかきっと、また「そろそろお灸をすえたほうが…」という空気が自民党を襲うときがくる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/09 07:34 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
自民党も保守連合
結局は、自民党とて連合政党ある意味で弱く、派閥間抗争が何度もおきました、そういった経緯もあってか、ここ一番の時も党利党略で動きます、今自民党が、レンホー議員の問題をことなかれ主義で逃げたら、自民党もまた分裂するかもしれません、ただ最近なんでも差別と結びつけて考える嫌な風潮も不可解です。今回の問題が対応いかんでは、また政界再編の引き金かもしれません。
[ 2016/10/09 09:30 ] [ 編集 ]
うすら寒い「選良」という言葉を死語に確定した村田蓮舫
選良とは
選ばれたすぐれた人。
特に、選挙によって選び出された代議士のこと。
とあります。
2016年、野党第一党、民進党党首村田蓮舫によって
「選良」という言葉は、あきらかに死語となりました。

日本人が権威と思わされて来た正式名称連合国という名の
戦勝国が拒否権を持つ賄賂まみれの国連があります。
この低劣そのものの国連の人種差別撤廃問題などを持ち出して、
事の本質をすり替えようとする卑怯で姑息な人間が村田蓮舫。

自らの犯罪を隠蔽するため、日本国家を侮辱しながら平然と
国会に居座る所業は、日本国民として法の下の平等を
自ら破壊したに等しい村田蓮舫。
何ゆえ、選良と呼べましょうか。

これほど、身にやましさを持つ人間が、バッチを付けて
居丈高に物申す様は、日本人の名折れそのものです。
名折れという言葉が到底、通じる相手ではなかったですね。
得意のまくしたてる弁舌も、ペラペラと異言語を操るに等しく、
この人物のメンタリティーは、もはや日本人のものではありません。

日本国籍を持つというのは、日本国家に忠誠を誓い、
魂ごと、日本人になるということですよ。
村田蓮舫さん、貴女はその意味すら考えたこともない
只今を生きる方便で、たまたま日本を選んだだけの
恥ずべき人間と映ります。

村田蓮舫の問題を無いこととする民進党はおろか、
自民党もまた同罪となることを肝に銘じるべきです。
国民は見てます。
[ 2016/10/09 13:06 ] [ 編集 ]
脛に傷持つ身じゃ故に
自民党内にも未だ居るのかも知れない二重国籍議員に跳ね返るという懸念もあるでしょうし、そもそも二重国籍が如何なる問題を引き起こす可能性があるかの問題意識が薄い故に、「差別」だの「ヘイトスピーチ」批判に堂々と論争出来る自信が無いのだろうと思います。

そして近いうちの衆院選。これに勝つには与党にはもってこいの価値ある蓮舫スキャンダルですもの、それまでは温存なのかも知れません。
逆にその「温存」が有権者の嫌悪感を掻立てる、とは思いもしないクズ与党。
国会議員の名には値しません。

「台湾」というのも日本にとって微妙です。
官民の親交はあっても国交はない台湾。便宜上「台湾」ではあっても国際常識的には「中国籍」であろうこの件を、自民幹事長の2Fが「モノを申し上げる事はない」と云うのは”憶測”されるに充分で、私などは”そりゃそうだろうよ”と嗤ってしまいます。
蓮舫自身が中共・北京大に留学した(台湾籍で!)時のインタビュー記事でも、たしか父系の故地を肌身で感じたい、風な答えだった「台湾籍観」は2Fにも問題外かもね~。

自民党には申しあげたいわ。
蓮舫の二重国籍=外国籍保持 問題は八月に表面化したことで、衆院選が来年1月であれば充分に時間は経過していましょう。
”冷めかけたピザ”を利用する事が果たして自民党を益するか否かは「如何なモノか」だと。
鐵は熱いうちに・・・。先人の知恵に学ぶべきではないかいな?
[ 2016/10/09 18:25 ] [ 編集 ]
日本国民の名につかえる漢字についての質問
先日、東京法務局国籍課に、次のような質問をした。

「国会議員をされている公人の方の戸籍について、質問いたします。蓮舫さん(本名、村田蓮舫)の「舫」の字は、人名用漢字と常用漢字ではありません。法務省ホームページの「子の名に使える漢字」で調べて確認しましたが、「舫」の字は含まれていませんでした。日本国民の漢字の名が、「子の名に使える漢字」に含まれないのは、国籍取得の手続きや戸籍上問題ないといえるのか。
平成16年(2004年)の選挙では、東京都選挙管理委員会に、蓮舫さんの戸籍謄本が提出されているはずですが、法務省の戸籍の登録には、不備や瑕疵がないといえるのか。日本国民には、普通認められていない漢字の「舫」ですから、戸籍の登録が、そもそもおかしいのではと感じており、質問をさせていただきます。」

…そして、今日、次の回答をいただいたので、みんなで情報を共有しておこうと思う。

「東京法務局国籍課でございます。
 お問い合わせいただいた事項については,個別案件となりますので御回答いたしかねます。 以上」

…まあ、そうゆうことらしい。国会議員という公人の戸籍(本名)に関する質問だが、個別案件になるらしく、国民の知る権利という伝家の宝刀は、あっさりと無視されたよ。国会議員の資産は公開しても、戸籍情報などは個別案件のために、公開されている名前に関する質問であっても、非公開かつ説明すらしないらしい。

戸籍が個別案件であることは、確かにそうだと認めるが、公人の国会議員の戸籍登録に不備があるのではと質問しているのだから、日本国民にしかるべき説明を、しかるべき国の部署(法務省など)はすべきであろう。

この回答では、戸籍の不備はないという説明がないのだから、「戸籍は不備かもしれない」という日本国民の疑念は解消されていない。「戸籍は不備かもしれない」国会議員が、国民主権の参政権を侵害し、日本国憲法に違反しているおそれがあることは、言うまでもないであろう。
[ 2016/10/11 11:16 ] [ 編集 ]
日本国籍の選択についての質問
次のような質問もした。

「法務省ホームページには、日本国籍を取得する原因として、出生、届出、帰化とあります。昭和60年(1985年)の国籍法改正のとき、昭和40年(1965年)以降の日本人の母を持つ子も、昭和63年(1988年)までに届出をすれば、国籍取得ができるようになりました。この場合、届出前に子が外国籍を保有していたなら、日本国籍の取得する原因は、出生、届出、帰化のどれに相当するのか。また、その場合の日本国籍の取得は、官報に告示されるのか。」

東京法務局国籍課からは、次のような回答があった。
お忙しいところ、答えづらい質問に回答いただき感謝したい。

「東京法務局国籍課でございます。
 お問い合わせいただいた事項については,個別案件となりますので御回答いたしかねます。
なお,昭和55年国籍法改正による国籍法附則5条では,日本国民である母と外国人である父との間に嫡出子として生まれた子が、次の条件を備えているときは,改正法施行後三年間に限り,届出による日本国籍の取得をできるとされています。
1,本人が昭和40年1月1日から昭和59年12月31日までの間に生まれていること。
2,本人の母が本人出生の時に日本国籍であったこと。
3,本人の母が本人の出生の時に日本国民であったこと。
4,本人が,かつて日本国民であったことがないこと。
5,昭和60年1月1日から3年以内に届出をすること。

 また,官報に告示されません。                                     以上」

…この質問では、特に、村田蓮舫さんの名前を出した訳ではないが、勝手に個別案件になってしまったよ。まあ、わからん話でもないか…国籍取得の場合は、官報に告示されない、これは確かなことらしい。そして、3年以内の届け出。この届け出に必要な書類はわからないが、3番の日本国民であったことがないこととは、外国籍を証明する書類が必要なのだろうか。そして、外国籍の離脱証明書は必要ではないのか。このあたりが3年という期限もあり、いろいろと問題があるのかもしれない。

日本人には、公のために私を尽くす、滅私奉公の精神がある。政権与党に追い風となる中、野党の心配しても詮無き事かもしれないが、村田蓮舫さんは、日本国民に二重国籍つまりは戸籍の説明という責任を果たすことないままに、民進党党首として次の選挙、民進党として国民に信を問えるのだろうか。
[ 2016/10/11 12:07 ] [ 編集 ]
ツキクサ様
問い合わせ御尽力ありがとうございます。
二つ目のご質問に対する「個別案件」回答は、私には”わからん話”ですw。一般論だろうが!と思いながら読ませて戴きました。

戸籍の開示は本人次第なのだろうと、そちらは納得です。
かつて同和運動でかなり神経質な対応を官が余儀なくされましたから、本籍地を問うのもいけません、だったように記憶致します。
それから変更があったかどうか、は存じませんが。
一方現在、本籍”なんか”いくらでも替えられるそうで、アテになるのはお寺とお仏壇の過去帳ぐらいでしょうかw

「舫(もや)う」と書くときには使う漢字ですが、ちょっと前までは常用漢字だの人名用漢字だのの規制がやたら多かった、というか不便でしたね。
ただ、この二重国籍者の場合、出生時の台湾籍に「舫」で登録されておりますとそれは本人の所持する名前表記で、いつの時点で日本国籍取得したのかに関係無くそのまま使うしかない様に思います。
「日本ではその漢字は認めませんの文字を替えなさい」とはならないのでは?

蓮舫 蓮の華が繋がる様に咲き誇る初夏の早朝。実に瑞々しく古雅な風景を感じる表記です。
で、アレ・・・・?
せっかくの名を穢さない生き方をされると宜しいに 残念!
[ 2016/10/11 13:25 ] [ 編集 ]
こはるさんへ
お返事いただき、ありがとうございます。

>一方現在、本籍”なんか”いくらでも替えられるそうで、

本籍を替えたとき、国籍取得の項目は、新しい戸籍には転載されない項目のようなので、原戸籍ではない新戸籍だけでは、国籍取得したかどうかは判別し難い。例えば、村田蓮舫さんの選挙時の帰化の真偽は、戸籍の提出を受けた東京都選挙管理委員会であっても、正確なところはわからなかったと思われる。これは、選挙制度上の不備であり、今後改善すべきことであろう。


>「日本ではその漢字は認めませんの文字を替えなさい」とはならないのでは?

うーん、これは、正直、わからない。いい質問かと。返事があるかどうか、あったとしても何時になるやら…また、内容は個別案件により回答なしなのかもしれないが、念のため今日、法務省に質問をした。回答が届き次第、みんなにもお知らせしたい。

…おそらくは、帰化や国籍取得で日本国民になった場合でも、名に使える漢字は限定されているはずだ。「この漢字は、そのままでは日本では使えませんので、替えてください。」という、日本国籍取得の手続きになるかと。ひらがな、カタカナ、名に使える漢字、この3択以外の名を持った日本国民は、おそらくひとりもいないはずだ。

例えば、リオオリンピックの100メートル走で活躍されたケンブリッジ飛鳥さんも、カタカナのケンブリッジという名であって、英語を用いた「Cambridge Askaさん」という名ではない。つまり、日本国民の名に外国語を用いることは、当たり前だが法務省は認めていない。認めているのは、ひらがな、カタカナ、名に使える漢字のみである。

最高裁で、常用平易な漢字なら問題ないとした判例もあるが、いずれにしても、法務省は戸籍法に基づいて、日本国民の名の業務を行う。村田蓮舫さんの
「舫」の漢字に、日本国民が疑問を抱くのは自然なことであろう。
[ 2016/10/11 19:23 ] [ 編集 ]
法務省のホームページ
「舫」が、子の名に使えない漢字であることは、次のサイトで確認できる。

法務省 子の名に使える漢字
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji86.html

法務省 戸籍統一文字情報
http://kosekimoji.moj.go.jp/kosekimojidb/mjko/PeopleTop/EXECUTE

詳しいことは、よくわからないので、法務省の回答を待ちたい。
[ 2016/10/11 19:35 ] [ 編集 ]
小野議員をまず離党から
自民党の小野議員を離党させて、範を示す小野議員は、議員辞職しても当選するでしょう、そうすれば、蓮舫代表は?
最近少し自民党が劣化した気がします、もっと策士が必要です。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://blog.livedoor.jp/satoutesurou/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
[ 2016/10/11 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: