私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  自民党小野田紀美議員の二重国籍問題は、民進党を壊滅する絶好のチャンスとなり得る

自民党小野田紀美議員の二重国籍問題は、民進党を壊滅する絶好のチャンスとなり得る

← 応援クリック、ありがとうございます。

 やはり、自民党にも二重国籍を持つ議員がいた。岡山県選挙区の小野田紀美参院議員で、参院選出馬前に日本国籍取得を完了したが、蓮舫問題の報道を機に確認したところ、米国籍が抜けていなかったとのことだ。小野田議員は現在、米国における国籍放棄の手続きを進めているそうである。

小野田きみ


 二重国籍議員は自民党にもいるだろうと、私は思っていた。その意味では、さもありなんだ。蓮舫の故意と異なり、小野田議員の場合は過失に近いように思えるが、それでもなお、身の処し方は考えるべきだろう。33歳とまだ若いのだから、いくらでも出直しはきく。議員辞職というかたちで、民進党に範を示すべきである。

 ただ、小野田議員の場合は日本国籍選択の宣言は昨年10月1日で、過失の期間は1年間であることに対し、蓮舫の詐欺期間は31年間であったことは、明確な違いだ。蓮舫の場合、二重国籍を「売り」にしていた過去もあり、質の悪さでは次元が違う。蓮舫は日本国籍選択の時期について発言を二転三転させているが、明確なアクションは先月のことであって、その時期まで日本国籍の選択をしていたことすら疑わしいのだ。

 自民党の小野田議員は、Facebookで戸籍謄本を公開した。ひとつの範を示したわけである。これは蓮舫陣営にとっては痛手だろう。同じ二重国籍者ができたことを、民進党代表ができないはずがない。蓮舫は自身の戸籍謄本を公開し、「国籍選択の宣言日」を示せばよいだけなのだ。二転三転したとはいえ、国籍取得が概ね言及した過去の時期に近ければ、甘いマスコミは幕引きに協力するはずだ。

 自民党は小野田議員に議員辞職を促し、来年1月に衆院選をやるなら、その時に非礼の当選枠を与えてやればよい。二重国籍の責任を取って議員辞職という範を示せれば、蓮舫の立場はなくなる。民進党を壊滅させるまたとないチャンスを、自分で引き寄せるのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/06 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
大賛成
>自民党は小野田議員に議員辞職を促し、来年1月に衆院選をやるなら、その時に非礼の当選枠を与えてやればよい。

ブロ主の提案に大賛成です。
参議院で一人減っても自公で過半数は変わらないのだから
嘘吐きトカゲ女村田R4を追い詰める上策でしょう。
でも、媚中2Fの仕切る自民が支那人R4を追い詰められるかは疑問。
このまま放置して解散総選挙で高みの見物を強いられるR4に
惨敗の苦汁を味わわせるのも一興ですね。
[ 2016/10/06 10:54 ] [ 編集 ]
小野田議員、当選早々のgood job!!
 現在手続き中の米国の国籍離脱届が完了したならば、戸籍の公開に引き続き、その米国籍離脱証明書?の迅速な公開をお待ちします。

 小野田議員の場合は、その迅速、真摯な対応及び”その功”に免じて罪一等を減じ、(自民党の)役職停止6年程度の処分ではいかがでしょうか・・・・?

-追記-
 今日の参院予算委員会、有村治子さん(自民)の質疑がとてもとても良かったです。(小泉さん風に、「感動した!」)
[ 2016/10/06 11:09 ] [ 編集 ]
一年ボウズ一人で大将の首を取れるチャンス
どうせ一年ボウズで只の国会での一票の意味しか持たない今風ハーフで女性を売りにして当選した議員ですから代わり何か幾らでも居るでしょ
一年ボウズ一人で大将の首を取れるチャンス到来。好機を逃すな

此の方が辞めた後の補選ではマトモな保守系議員を擁立して、保守派自民此処に有りと云う存在感を示して欲しいです

人気投票型ポピュリズムにはウンザリ
政治理念政策信用が本来必要とされる一番の要素でしょ

まー何にもかも無理でしょうけど
[ 2016/10/06 18:42 ] [ 編集 ]
有村治子議員の国会質疑の素晴らしさに乾杯!
有村治子議員の質疑の模様を
山際澄夫氏のツイッターで拝見したところです。
山形県人様が書かれたように、
胸の熱くなるこれこそ国会議員の質疑と
感嘆いたしました。
まさにこうした国会質疑を待望していたのですね。

村田蓮舫や辻元清美など、国家に感謝することのない、
どこの国の国会議員かと思わせる議員たちの口から
発せられる言葉は、濁り切っています。
日本の将来を思う気持ちなど微塵も感じさせない、
ただ攻撃的で卑しい心根の議員には、与党と野党の
違いとは言いながら、ついぞこのような感動を
味わうことはないものです。

中国南北朝鮮などの手が入り、多額の歳費をいただきながらも、
反日稼業をやっている国会議員には、恥じ入る気持ちなど
これっぽっちも持ち合わせません。
この有村治子議員の言葉に心が動かされることは到底ないものでしょう。
それは日本人の心が真に理解できないことであり、
本質的に日本の国会議員バッチを付ける資格なしと言えます。

有村治子議員のはきはきとした心に響く言葉が、
この人物の清き明き心から発されたものだと思うと
政治家の劣化をこれでもかと見せつけられる昨今、
滅多に味わえない嬉しいものになりました。
[ 2016/10/06 21:32 ] [ 編集 ]
責任の所在
小野田氏の説明ですと25才ぐらいの時から計三回ほど戸籍処理の役所と接して居るのに、全体的に充分な指導もされずに、その時説明を受けた手順に従って今日に至ったみたいなんですよね。
一回で必要充分に説明されていたらこんなに何度も出向くことや長い期間の資格欠落になる事もなかったでしょうに、と思います。

参院に出る前には北区選出で都議員をしていたそうで、その間も本人の意志とは違って無自覚の二重国籍者だった訳で、立場上「役所が」「外務省が」とは言えないでしょうが、小野田氏の例をみると関係役所の杜撰さで自覚せずに二重国籍者になって居る人も多いのでは?と思います。

勿論芸能界の住人として脱法ハーフや外タレ宣伝で売っていたドコゾの泥(民侵党)の上に咲く蓮サンとは、二重国籍者としても同じには論じられません。

小野田氏が「説明責任」とはこうすることよ、と蓮舫&民侵党及び野党に示せた事は良かったと思います。
蓮舫は何度言われても証明する書類一枚を出しませんから、出せない何かがあるのだろう、と更なる疑惑を呼んでしまいます。

小野田氏が今回の事で一旦退く必要があるのかどうか?全てが彼女の責任故にこうなっていた訳では無いと思いますので、どうしても退け、とは私は思いませんが、退いて再出発したらGJね。と思います。

それよりも、ここで一旦全議員のシンプルな日本戸籍の如何を法務省にでも提出して国民の疑問を晴らす事が必要なのでは?と思います。
それと同時に外務省のシステムをしっかり構築して、戸籍処理の確実な指導説明とその完了を確認する方法に改める事が必須だと思います。
[ 2016/10/06 23:33 ] [ 編集 ]
「多様性が広まっている日本に国籍が重なって居る人も増えてきている」
と”多様性”を強調で、二重国籍は問われることじゃない、らしい。

「与党になったとき」
で然るべき時に参院から衆院に鞍替え意志を表明。

以上本日の蓮舫。
[ 2016/10/07 00:35 ] [ 編集 ]
こんなんでも
R4は一応、青学の「公法」学科の卒業生です。それが多様性がどうたらとか訳の判らないことを…(笑)

かかる卒業生を出したことを恥じて切腹する法学部の教授がいたら、不肖レッドバロン、喜んで介錯して差し上げましょうぞ。他校のことでもえらく気になります。

恥を知るは勇に近し、と、孔子様も仰ておられますぞえ。
[ 2016/10/07 01:10 ] [ 編集 ]
やっぱり、選挙だなあ。
記者会見で、村田R4 said 「・・・多層的な論点があると思うので総合的に勘案したい。」

意味不明なことを根拠なく自信を持ってベラベラと喋ることを、マスコミは「発信力がある」と言うらしい。

これで「発信力」なら、九官鳥や鸚鵡のほうが、よほど素晴らしい「発信力」の持ち主だ。少なくとも九官鳥や鸚鵡には悪意がない。
是非、次期民進党の党首には九官鳥か鸚鵡を選んでもらいたいものだ。
勿論、「次期」があればの話だが・・・。

23日の東京10区、福岡6区の衆院補選、少し見えてきた。
東京10区、手打ちがすんだようだ。
福岡6区、保守候補の均衡が崩れ始め、勝ち馬に乗ろうとする勢力が票を移動させている。
10日には、福岡6区に小池知事が応援に入るとのこと。
ともに小池知事の存在がある。大したものだ。
この両選挙の前には16日に新潟県知事選。

エセ九官鳥代表一派やそれと手を組む勢力の「3連敗」を実現し、嘘つき一掃。
「3連敗」ともなれば、醜い党内争い必至、高見の見物といくか。

やっぱり、選挙の破壊力は凄い。

[ 2016/10/07 06:21 ] [ 編集 ]
他山の石
小野田議員は、公人として当たり前のことをしたのかもしれない。

戸籍の国籍取得箇所の情報公開は、国会議員として国民に説明責任を負うことに基づいた行動であり、日本国憲法違反の懸念は、この一事を持って解消されたといえるであろう。

村田蓮舫さんは、頑なに戸籍の国籍取得箇所の情報公開を否定しているようだが、小野田議員を見習い、他山の石とすべきであろう。
[ 2016/10/07 10:41 ] [ 編集 ]
村田さんとの違い
村田さんは、提案型ばかり中身は、要望まあお願いですね、自分達が法案も作れず、その中でも稲田大臣は、誹謗中傷にも負けずふるっていますが、マスゴミお得意の偽造捏造、話のすり替え。
心重して道を長き、私の父母は、戦後の焼け跡闇市を生きたのです、反対の為の反対、もうやめてください!
[ 2016/10/07 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: