私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南朝鮮の「おかわり」を拒絶した安倍総理

南朝鮮の「おかわり」を拒絶した安倍総理

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨年末の日韓合意で「不可逆的に解決」されたはずの、いわゆる慰安婦問題に関し、南朝鮮側が安倍総理による自称慰安婦らへの「おわびの手紙」を求めていることについては、過日書いた通りである。外交上の合意を簡単に覆す行為は彼等のお家芸であり、彼らのDNAにその習性が書き込まれていることが、今回も改めて証明された。

 昨日の衆院予算委員会で、民進党の小川淳也が、その「おわびの手紙」について質問したが、安倍総理はけんもほろろにその要請を断った。

“ゴールポスト”を動かす韓国に日本政府が強い不快感 安倍晋三首相は“おわび手紙”を「毛頭考えていない」と完全否定 (産経)

 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり、韓国の元慰安婦支援財団が首相による謝罪の手紙を求めていることに関して「われわれは毛頭考えていない」と応じない考えを表明した。日韓合意では、慰安婦問題に関し「最終的かつ不可逆的に解決」と確認されているにもかかわらず、ここにきて韓国側が合意に含まれない「追加的な措置」に言及。日本政府は、韓国側が解決の“ゴールポスト”を再び動かそうとしていることに強い不快感を示している。

 首相は3日の予算委で「合意した内容を両国が誠実に実行していくことが求められている。(手紙は)内容の外だ」と説明。岸田文雄外相も「日韓外相による共同発表の内容に尽きる。追加の合意がなされているとは承知していない」と韓国の要求が不当だとの認識を強くにじませた。(以下略)


 この答弁を受け、小川淳也の発した言葉は、「ひとまず受け止めさせていただきたい」だった。「ひとまず」とは「今後のことは別にして」という意味であるから、小川としては、安倍総理が「おわびの手紙を出すべき」だと考えているのだろう。不可逆的解決を日本側から蒸し返してどうするのか。

 この安倍総理の答弁に関し、南鮮メディアが一斉に反応している。中央日報は、南鮮のネットユーザーの反応を交えてこう報じた。

慰安婦へのおわび書簡 安倍首相「毛頭考えていない」 (中央日報)

 安倍首相が韓国の慰安婦被害者に対しておわびの手紙を送る問題について「我々は毛頭考えていない」と述べた。

 安倍首相は3日の衆議院予算委員会で、昨年12月の韓日慰安婦合意の「追加措置」として日本側が慰安婦被害者におわびの手紙を送る可能性があるのかという野党議員の質問に対し、「合意した内容の外だ」とし、このように答えたと、共同通信が報じた。

 これに先立ち岸田文雄外相も先月30日、韓国政府が前日に慰安婦に対する日本政府の「追加の感性的措置」を期待すると明らかにしたことに関し、「合意はなされていない」とし「日韓合意は昨年12月に発表された通りで、それ以上でもそれ以下でもない」と述べた。

慰安婦像


 安倍首相のこうした発言に対し、韓国のネットユーザーからは「日本首相があんな発言をしても、政府はまだ日本が慰安婦問題について謝罪したと考えるのか」「最初から日本当局の謝罪を受けることを考えるべきだったが、どうしてお金を受けたか」「あれが日本の本性だ。朴槿恵(パク・クネ)政権は慰安婦合意で過去の歴史をすべて解決したかのように主張しているが、我々がもてあそばれたと言うべき」「我々も少女像の撤去は毛頭考えていないから期待するな」などの声が出ている。

 あるネットユーザーは「安倍首相はただ『考えていない』と話すこともできるのに、わざわざ『毛頭』と強調したのは、自分の支持層である日本極右勢力に対するリップサービスということ以外に解釈することはできない」とコメントした。(抜粋)


 中央日報は「追加措置」と明確に書き、聯合ニュースも「昨年末の韓日の合意に加え、日本側が慰安婦被害者に謝罪の手紙を送る可能性について」と書いている。つまり、南鮮側もこの「おわびの手紙」なるものが合意に含まれていないことは重々承知しているのだ。一般的に言えば、いわゆる「誠意を示せ」という類いの要求だが、相手が南鮮になると「誠意」だけでは済まされない。その「おわび」が未来永劫、謝罪とカネの要求の根拠になるのだ。

 「不可逆的解決」は、そんな南鮮族の習性を見越し、いわゆる慰安婦問題については「今後は自国内の問題」と定義するものだった。

 ちなみに、外務省のホームページでは、南鮮を「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と説明しているが、相変わらず「基本的価値を共有する」という表現は削除されたままである。もう「おかわり」はないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/10/04 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
相も変わらずですね。
珍論、奇論ですね。

>あるネットユーザーは「安倍首相はただ『考えていない』と話すこともできるのに、わざわざ『毛頭』と強調したのは、自分の支持層である日本極右勢力に対するリップサービスということ以外に解釈することはできない」とコメントした。(中央日報)

中央日報の作話でしょうが、強い不快感の表明を、こんなにねじ曲げて言えるとは・・・。
やっぱり「得意技」ですね。

度し難い。



[ 2016/10/04 08:21 ] [ 編集 ]
日本側から蒸し返してどうするのか!→ 日本に住んで国籍を取得して祖国のために働いている人々です
[ 2016/10/04 11:24 ] [ 編集 ]
キムチ国連女子差別撤廃委員会
キムチ国連女子差別撤廃委員会
-----

「天皇陛下、御皇室、日本国、日本国の伝統および文化、日本国民、日本人など」を、(1)NGOという立場を韓国式悪用し(=違憲利用し)、(2)弁護士などの国家資格を韓国式悪用し(=違憲利用し)、(3)国連女子差別撤廃委員会という第三者機関を韓国式乗っ取り且つ韓国式悪用し、(4)韓国式捏造に基づき韓国式ヘイトする【林 陽子(弁護士)、伊藤和子(弁護士)、上瀧浩子(弁護士)、松川るい(元外務省官僚、自民党参議院議員)、藤田早苗(英国のエXックス大学)、山口智美(米国のモンタナ州立大学)、長山智香子(カナダのトロント大学)、建石真公子(法政大学)、加納実紀代(元敬和学園大学)、師岡康子(大阪経済法科大学)、糸数慶子(参議院議員、沖縄大衆党)、田淵広子(倒産寸前きむちニューヨークタイムズ)、山口真理(AP通信社東京支局)などの通名使用帰化在日韓国人疑惑の人物たち】
[ 2016/10/04 14:33 ] [ 編集 ]
三原則厳守
日本の反日メディアも相当に酷いですが、南鮮メディアの作文に至っては殆どニュースとは言えない代物の様で、よくもまあこれで「新聞」と言えるものだ、と呆れます。
おまけに煽って、事が面倒になると有耶無耶のマッチポンプの繰り返し。日本が対応する必要はありません。

反日教育と作文メディアで煽られて国民が火病、その大衆迎合するのが検察という国なのですから、近寄らないのが難を蒙らない唯一の方法でしょう。

何事にも対韓三原則あるのみ。教えない助けない関わらない。

昨年末の日韓合意ですら総理を支持する国民の不評を買ったのですから、元売春婦さんにお手紙、それも「謝罪の」なんて書こうものなら一挙に支持率低下間違い無しでしょう。
第一、謝罪する事実が無いのですから。
どこまでつけ上がる韓国婆さんたちなんだろ?


[ 2016/10/04 19:07 ] [ 編集 ]
在日親韓組織
日本の外務省は国民の正当な意識・認識に一歩、二歩遅れた反応をする省庁です。
時に韓国外務省(中国外務省)日本ブランチとでも思える様な省庁ですが、安倍政権に成り活動を抑えています。

その外務省のHPで韓国を「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と記しているとか。
まだまだ不確かです。
まあ現時点「戦略的利害を共通した部分のある隣国」というぐらいのものでしょう。
実質は「敵対国であり、一部利益共有のある国」というのが適切な言葉だと思います。

その韓国の実態をボヤかしているのが政党では陳哲郎のいる民進党であり、在日の多数棲息しているメディア毎日というものでしょう。
他にもそのような親韓組織は日本に存在します。
[ 2016/10/04 20:59 ] [ 編集 ]
さ迷うゴールポスト
韓国のオ・ジュン国連大使は「旧日本軍の慰安婦問題は韓日双方の問題としては終わっているが、国際問題としては終わっていない」と語ったそうですが、これ、意味わかりますか?

また、国連機関を使って日本に嫌がらせをするという意味かしらね?およそ人類の言語では到底理解できない韓国人の屁理屈ですな。

一時が万事、こういうのが相手ですから、対韓交渉をする人達には心底ご苦労様と言いたい。この罰ゲームの後にはよっぽど良いことがないと、やってられませんわな。
[ 2016/10/04 23:16 ] [ 編集 ]
南鮮は「敵国」と認識せよ
「地政学上の理由で南鮮と付き合わなければならない」と煽る方もおられますが、それは、南鮮の土地に関する問題であり、南鮮人と南鮮の土地は別の問題ですから、日本人が南鮮人と親しく付き合わなければらならない理由など、どこにもないわけです。

日本からしてみれば、南鮮は完全に「敵国」です。北や支那だけが敵国ではありません。

南鮮の土地の問題に関して言えば、専ら日本側の問題であり、南鮮人は、別に異民族に支配される事など「どうでもいい事(むしろ大歓迎)」だと考えているようです。

彼らからしてみれば、日本だろうが、支那だろうが、異民族に支配された方が「楽して暮らせる」と考えているからなのでしょう(支那に支配された時は、地獄を見そうですけど)。

そうなると、日本が南鮮に対して厳しい態度に出なければ、南鮮は延々と日本に擦り寄ってくることになります。

地政学上の理由から付き合うのならば、南鮮に条約等を確実に「履行させる」必要があります。

履行できなかった場合は、制裁対象にするなど、厳しい対応が必要だと思います。

如何せん、慰安婦の拠出金に関しては批判的ですが、それでも南鮮がこの問題や、その他歴史認識問題において、国際外交の場で、いつまでも騒ぐことが無いように徹底的に牽制しなければ、南鮮外交において上手に出る事ができないだろうと思います。

国内の反日勢力の駆逐、及び国連の朝鮮勢力の浸透の防止なども必要だと思いますが、対南鮮に対しては、国家間の約束事は「履行させる」、国内で条約を無視して、支援や外患を持ち込んだ者に対しては処罰を行う(共謀罪の適用など)など、厳しい対応を取っていく必要があるでしょうね。
[ 2016/10/05 01:31 ] [ 編集 ]
さまよわせない!
「小川淳也」で検索したら、やっぱりその手の人でした。
未だ若い身空で気の毒なことじゃ。

レッドバロン閣下
日本民間人(と敢えて)藤岡信勝氏等がジュネーブ国連人権委員会で二分の時間を得て、慰安婦問題調査委員の再訪日を要請したそうです。

「虚偽だ」と吉田父子が証言した吉田清治著書を元に書かれたクマラスワミ報告書の訂正を求めるためです。
彼女の報告書から慰安婦=性奴隷が広まって、政府間の「合意」はほぼ終了だとしても、事実関係に於いては何も解決していないわけですし、南鮮政府が「像は民間人が~」と”努力”の限界をはじめから臭わせているならば、日本も民間人で頑張ろうじゃあないか、ではないでしょうか。

日韓政府間で蒸し返さない、国際会議などで取り上げない、不可逆的解決で10億円支払い、慰安婦像一体の撤去が残るだけ。
それは政府レベルの事ですから、南鮮政府が派遣している国連大使の出る幕は既に無い筈です。

日韓合意で不可逆だの何だのでも、日本と御英霊の故の無い汚辱は一欠片も拭われていません。
一旦却下されたドイツにも像を建てる件は未だしつこく続けるそうですし、米・豪でもドッサリ建てる予定の南鮮&中共「民間人」。
対して、日本民間人は「性奴隷」の甚だしい誤解を源で断つ戦法なのだと思います。

ああいう組織が訂正に応じるかどうか?と思いますが、それでも再訪日で事実が少しでも知られれば「加筆」ぐらいの変更はあるかも知れません。

その上現在、ユネスコ記憶遺産問題では日本も含めた(政府ではありません)8カ国14団体と大英帝国戦争博物館が加わって慰安婦関連資料を記憶遺産に登録しようとしています。
その担当、というよりキーマンの豪州男性はそうした側に立った発言や講演をしているそうで、実にしつこく日本毀損に勤しむ団体が蠢いて居る訳です。

頑張って居る日本民間人はエライのです!さまよわせ・・・ないのだ!
ここが突破されたら南京虐殺記憶遺産と同じ轍を踏む事になり、冗談じゃあネーのです。
[ 2016/10/05 02:03 ] [ 編集 ]
絵にも描けないマヌケ
最終的かつ不可逆的に解決したと当事国間で合意した上で、日本側はその約束を全て履行したのだから、残ってることはすべて南鮮の問題。

日本にとっては、まさに対岸の火事。

この小川なにがしは、わざわざこれを火ダネに、日本国内での火つけに使おうと企んだのだろうが、「ひとまず受け止めさせていただきたい」ってよ。
すごすごと引き上げてやんの。

まったく、絵にも描けないマヌケとはこのこと。

似たような構図を見たことあるぞ。

ボコボコにやられた挙句に「今日はこのへんにしといたろ」って捨てゼリフ言ってる、池乃めだか。

ったく、
国会でギャグやってんじゃねぇよ。
やりたきゃ、NGKでやれ。ボケ。

ウケないだろうけどね。
[ 2016/10/06 00:38 ] [ 編集 ]
内政干渉と言う事実を
繰り返し申し訳ありません、世の中急には止まらないのに、歌って踊って革命なんて、インドに行けば少し代わりますよ、大統領閣下(笑)
[ 2016/10/07 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: