私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進野田の「自民党憲法草案を撤回しろ」 ~ 批判オンリー野党への先祖返り

民進野田の「自民党憲法草案を撤回しろ」 ~ 批判オンリー野党への先祖返り

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党の蓮舫代表(国籍法違反者)は、23日の会見で、「衆参ともに丁寧な国会論戦を行い、国民の皆さま方のご理解、そしてご支持をいただけるような提案型の審議に臨んでいく」と表明したそうである。言葉で言うのは簡単だ。民進党には、産経新聞に「言うだけ番長」というアダナをつけられ、その産経の取材を拒否するという、子供じみた対応を見せた元代表もいる。口先だけなら言いたい放題なのであって、民進党にはその「提案型の審議」というものを実質的に見える形で示してもらう必要がある。

 さて、新執行部ができた傍から、この提案型の審議を拒否したのが、幹事長の野田佳彦だ。


民進・野田佳彦幹事長、自民の改憲草案を批判 「撤回しないと議論進まない」 二階俊博幹事長は拒否 (産経)

 民進党の野田佳彦幹事長は25日午前のNHK番組で、自民党が野党時代の平成24年に取りまとめた憲法改正草案の撤回を求めた。「国民の権利を軽んじ、国のあり方を変える中身としか思えない。撤回してもらうところから始めないと議論は進まない」と述べた。

 野田氏は「(自民党は)多数を持っているから、他党は警戒せざるを得ない」と強調した。

野田佳彦


 自民党の二階俊博幹事長は「すぐさま(草案を)撤回するつもりはない」と拒否。「現行憲法の3大原則を堅持し、今後の時代に合った憲法はどうあるべきかを考えたい」として、他党の意見も聞いて集約を図りたい考えを示した。(中略)

 野田氏は番組後、記者団に自民党の方針を引き続きただす意向を示し、「(衆院の)代表質問でも、安倍晋三首相(自民党総裁)に(草案撤回の考えがあるか)見解を問わなければいけない」と述べた。


 提案型どころか、「まずゼロベースに戻せ」という要求である。提案型というのは、自民党憲法草案に対する民主党草案を示すことから始まるはずだ。「まず、お前の意見を取り下げろ」という要求の、どこが「提案型」なのか。

 民進党執行部が発足間もないことは、理由にも言い訳にもならない。民進党の前身である民主党が発足したのは1998年である。遡ること、18年も前のことだ。母体だけ18年も維持しながら、憲法の考え方ひとつまとめられないのが民進党なのである。むしろ、憲法議論から逃げてきたのが彼らの正体であり、彼らが独自の考え方を持っているわけではない。つまり、こと憲法に関する限り、彼らはいまだに「批判だけの野党」なのである。

 民進党がやっとの思いで決めた綱領には、「時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想する」とある。民進党の国会議員は、国民から“立法”という負託を受けた認識がないのだろう。「国民とともに構想」ということば自体に、政党としての主体性はない。むしろ、「国民のなかには様々な意見がある」という理由を引き合いに、何もやらなくてよいことを正当化しているだけのようにも思える。

 民進党は、憲法に関する意見を述べたいのであれば、まずは民進党憲法草案なるものを起草し、国民の前に提示すべきだろう。それでこそ「提案型の審議」が成り立つ。民進党は、護憲派から改憲派まで、思想信条を問わずに寄せ集めただけの政党だ。憲法に関する党の方針を今まで決められないで来たのは、彼等自身の「成り立ち」の問題なのだ。彼らには、自民党の憲法草案を批判する正当な資格などない。「悔しかったら提案してみろ」である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2016/09/26 07:12 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
主体性などほど遠い
党名も自らで決められない政党に、主体性を求めることは酷なことです。
綱領や政策、憲法問題全て、党員サポーターにアンケートを取って、アンケート結果を発表する政党に変えた方が、分かりやすいのではないでしょうか。
「そんなの国会議員ではない」というのが大方の意見でしょうが、市民の声を反映させるのが民主主義(選挙がそれに当たる訳ですが)だと、デモなど市民運動を先導する恥も外聞もない政党には、お似合いではないでしょうか。
[ 2016/09/26 10:42 ] [ 編集 ]
民進党にはビジョンが無く
信念も無く
対案を考える頭も無く
ある のはただ無分別な意味の無い批判のみ
ああ、ついでに課彼らには未来もありませんね
[ 2016/09/26 15:13 ] [ 編集 ]
二階も手のひら返す特技??があるがどうだろう? どっちにしろ日本は半島系に犯されている? これからは大陸です!
[ 2016/09/26 17:22 ] [ 編集 ]
ぱよちんの提案
「オマエんとこの提案を引っ込めろ」
これがぱよちんるぅぴぃ集団ミンシンの提案だ。
いかにもぱよちんらしいなぁ~~。
[ 2016/09/26 17:33 ] [ 編集 ]
改憲案の公募
改憲に、国民投票があるのだから、
国民から改憲案を公募してもよいと思う。
[ 2016/09/26 18:09 ] [ 編集 ]
ゴネるだけ~
末田先任軍曹殿
「亡国のイージス」、真田君は先任伍長でした。御免。
でも先任軍曹はもっとエライのだ。


憲法論議の叩き台にするための草案なのにそれさえ撤回しろと言うからには、叩き台そのもの=初歩的行動 を否定するわけだ。
な~んにもしないで時間の経つのを見ているだけの議員生活で、年間総額一人当り二億円?おいしそうね。

R4は何でも「自民が~」「安倍総理が~」と云っていれば民侵議員の信頼を得られると判断したのか、それともそれしか能がないのか?
国会開催の総理演説に、切りつけるような口調でモノ申して居りましたが、共産志位の100年一日の如き自民批判文言に似て、民侵党の常套句ではあります。
それが続く限り、あの野党にはこれぽっちの未来も無い。
[ 2016/09/26 23:10 ] [ 編集 ]
メリハリの効いたバカ
今日の蓮舫・民辛党代表の機関銃のような口撃を聞いていて、新種のバカを発見した思いです。

まっこと、この程度のパフォーマンスをやっていれば議員宿舎に公設秘書付き、給与以外にも恩典数多の身分を保証されるのですから、野党ショーバイはやめられませんわ。なんたって、責任がないのですから。

責任のない仕事をさせるのは、人間を最終的にダメにする最高の手段かも。共産党のように野党暮らしも永くなると、ある種の完成形に達しますなあ、こはる様。
[ 2016/09/26 23:52 ] [ 編集 ]
いきなり出たか。
言ってる事とやってることのあからさまな食い違い、矛盾。

私個人的にはよくある事ですが、蓮舫代表(国籍法違反者)が公で話す場合はダメやね、それなりに責任持ってもらわないと。

出来もしないことを言うなっての。
でも、蓮舫代表(国籍法違反者)なら仕方がないか。

それにしても蓮舫代表(国籍法違反者)に対して、マスコミの甘いこと半端やないな。その気のあるネット社会人で声をあげないといかんね。

舛添要一の時もそうだったように。
[ 2016/09/27 00:12 ] [ 編集 ]
国会ニート
お呼びで御座りましょうか 閣下w

志位が先日中共を大批判していたと言う23日の産経記事には驚きました。
中身よりも、圧倒的に「今時云うの?!」 感じで。

なんでも今月の初めにマレーシアで「アジア政党国際会議」(そんなモノがあるとは知りませんでしたので、これにも驚き)に日本共産党と志位が出席して、核兵器禁止条約交渉の開始を呼びかけ宣言案に入れてくれ~と云ったのに、中共の大反対で消された、と。
それが志位のハート(ちゃんと付いて居たみたい)をえらく傷つけちゃったのか「中国共産党代表団が国際会議の民主的運営を乱暴に踏みにじり、削除される結果になった」と怒りの帰国幹部会報告演説でした。とさ。

国連関連の各種真っ赤な委員会に於ける真蒼な純真日本人の気持ちが、少しはお分りになったかな、などと甘い事は言いませんが、この志位の年齢と永年国会ニートである日本共産党の歴史をちょっと考え併せると、物凄く奇態な言辞に思えます。
今時云うか?と多分誰でもがギョッとするのではないかしら。

付録もありまして
「中国はある時期までは核兵器禁止の国際条約を繰り返し求めてきたが、この数年間で変化が起きた」「少なくとも核兵器問題について、中国はもはや平和・進歩勢力の側にあるとはいえない」と。
国際仲裁裁判所の件でも中共批判しているそうですが、後略。

どーすりゃいいのだ。こんなのを国民のオゼゼが養っているのよ~~~!

[ 2016/09/27 00:45 ] [ 編集 ]
中共と日共
こはる様

中共と日本共産党は1998年に歴史的な和解(笑)をしました。文革中に中共が日本共産党に暴力革命を指示して、さすがにこれを躊躇った当時の宮本指導部を「修正主義」呼ばわりして散々悪態をついた誤りを認める形で、「友党」としての交誼を取り戻したそうです。32年ぶりのことだそうです。

以来、友好関係が続いていたようですが、さすがにここに来ての中共の覇権主義ぶりに日本の共産党としても一言言わねばならなくなったか。チベットや新疆ウイグル地区での中共の乱暴狼藉ぶりには一切目をつぶっての話ですから、ここに来ての日本共産党の「愛国主義」の目覚め?にはつくづく世界性がないですわな。聞いていて恥ずかしい。骨の髄まで代々木のローカル万年野党なのですよ。

共産党議員の議員報酬は一旦党に上納されて、そこから天引きされた給与を貰うようで…党内では少なくとも共産主義を実践しているらしいです。

こんなんで金満家の集団・中共に立ち向かえるのか?大なる疑問符がつくところであります。
[ 2016/09/27 02:16 ] [ 編集 ]
民辛党の保守本流でしょう
自民党は”センセイ”に成れても「雑巾奉公」とか「陣笠奉公」があるのだとか。

共産党は自民と比較にならぬ苛酷な「下男奉公」がありそうです。

民辛党は「奉公」がとにかく嫌いなくせに「センセイ」になることだけに妄執する
ヤカラの吹き溜まりのようですから、奴らが目立ち皆さまの共感を得ようと
すれば嘘八百かハッタリを喚き立てるしかありません。

救党のヒロインを嘱望されたガソリーヌは自演臭いハッタリで瀕死の青息吐息、
そしてそのバトンを託された廉保は国外追放が噂される醜態。
野田ブタが崩壊の危機にある民辛党と廉保を守ろうとすれば民辛党の「保守
本流」として、嘘かハッタリか言い掛りを喚くしかないじゃありませんか。

ひょっとして野田ブタは体躯コンプレックスから鳥ガラにホの字なのかも・・
表も裏も醜いなぁ・・・



こはる様
私めは高い位でなければ、それなりに演じますので階級には拘りませんよ。
伍長は伍長でたいへんに夢がございます。 世が世ならば特亜を抜いた
「大東亜共栄帝国」を築いて総統になれたかもしれませんから。
ブサヨらは「最終解決」、在日らは強制送還となります。 (清々しいなぁ)

そして、こはる様には「エバ・ブラウン」の名をお送りしましょうぞ!!
[ 2016/09/27 07:24 ] [ 編集 ]
無能集団は解散を!
日本国憲法には、改憲条項があり、かつ草案はあくまでも草案、最終的には國民投票で決まるものであり、護憲どころか誤憲でしょう、草案は改定を繰り返すものであり、民進党(偽)も、改憲草案を提示すべき、話し合いが通じない連中など、烏合の衆、日本国憲法すらまともに読まない連中が、いったい何を言うのか?
[ 2016/09/27 15:44 ] [ 編集 ]
「エバ・ブラウン」は嬉しいのか?
バロン閣下
日共がそのような組織で、何故不破御殿が建てられるのか?と何故日共党員が考えないのか?わたしゃそちらの方が気持ち悪いでありんす。
何週間か前、何のきっかけがあったのか?ネットを「不破御殿」が賑わして居りました。なんでも広大な(小大名の別邸ぐらいかな?)土地に壮大な建物だそうで、それが不破哲三所有らしいのです。
一般主婦としては、広くて立派なのも宜しいが誰がその掃除管理をするのか?と実務の事を思って仕舞いますが。党員召使いでも居るのかな。

彼らの世界や他国が犯罪であるかの様に云う「修正主義」が全く分かりませんで、<誤りを改むるに憚る事勿れ>の日本人には「間違いは間違いのままで良いのか??」でした。

が、一応解決。
福井義高氏の「日本人が知らない最先端の世界史」。ご存知の方向きも多いと存じますが、これは良い書物でござんした。

要するに、連合国側にとって都合の良い枢軸国絶対悪を訂正されたくないし、特に欧米人がいう「修正主義」とはイコール<ナチスドイツの組織的ユダヤ人迫害、ホロコーストを否定する、あってはならない蛮行>と理解されるのだそうな。
で一方、ナチスの罪を批判する事に自己陶酔のドイツ人は、メルケルの様に「赤軍は解放軍」になっちゃう。と(まとめ責 わたくし)

第一次大戦後の「修正主義」批判は10年でドイツの国際連盟常任理事国に変わったけれど、「人道」に対する罪のユダヤ人迫害を源にする「修正主義」解明には時間がかかっている、ということなのでしょう。
共産主義者の云う「修正主義」なんて、その「修正主義」批判利用バージョンなだけ、と個人的決定!致します。
中共が日共を「修正主義」と云って一時のサヨナラになるのもこちらから見たら唯の内ゲバですわね。

末田先任軍曹殿
エバ・ブラウン?誰だっけ?と一瞬思ってしまいましたぞえw。
同じエバならペロンの方が毀誉褒貶、波瀾万丈でイイかな、と思わないでも無いが、わたしゃ日本女性よ。
巴御前にしてお呉れ、と”強弓”は腕力が無くて引けない、”一人当千の兵者”ともとても言えないが、夢になりとああなりたいものでありんす。
”容顔まことに優れたり”by平家物語。 いいじゃん!

伍長も軍曹も先任ならとっても気分イイと思いまする。
[ 2016/09/27 19:36 ] [ 編集 ]
ご存知の向き が正しい。「方向き」を訂正致します。
[ 2016/09/27 19:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: