私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民進党新執行部人事と蓮舫のへ告発状

民進党新執行部人事と蓮舫のへ告発状

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民進党執行部の顔ぶれが決まった。新代表の蓮舫が「私たちの存在を示し、選んでいただける第1歩とするための陣容だ」と説明した布陣がこれだ。

  代表       蓮舫
  最高顧問     横路孝弘、菅直人
  常任顧問     岡田克也
  代表代行     安住淳、細野豪志、江田憲司
  副代表      近藤昭一、長浜博行、神本美恵子
  幹事長      野田佳彦
  政調会長     大串博志
  選対委員長    馬淵澄夫
  国対委員長    山井和則
  常任幹事会議長  高木義明
  常任幹事     枝野幸男
  (憲法・沖縄問題担当)

民進党新執行部


 いまだに菅直人の名前があるのが笑えるが、それを置いても、この人事はすごぶる評判が悪いようだ。民進党のサポーターともいえる朝日新聞でさえ、「内定した役員には、野田佳彦幹事長が首相時代に政権中枢を担った議員がズラリ。党内に融和ムードはなく、しらけた空気さえ漂っている」と冷ややかに報じ、文春は、もともと友達が少ない蓮舫の飲み友達である野田を幹事長に抜擢したことから、「飲み友達人事」と揶揄すり党内の声を引いている。そもそも人事を諮る民進党両院議員総会の出席者は所属議員の半分に満たず、最初からシラケムードが漂う人事である。

 ヤジだけが目立つ山井を国対委員長に持ってくるという「まさか」な人事にも失笑するが、この人事は一人の名前を挙げてでさえ批判できる。その一人とは近藤昭一副代表だ。近藤は、1998年9月、北朝鮮の金正日が国防委員長に就任した際に、こともあろうに金正日に「心から祝福する」と祝辞を送り、日本政府が北朝鮮のテポドン発射実験に対して抗議したことを受け、「日本では少し前、共和国の「弾道ミサイル問題」に対し、過敏に反応した。この対応を大変遺憾に思う。日本はもっと冷静に対応すべきだった」と謝罪した政治家である。この人事ひとつのみを以て、民進党新執行部の節操のなさが良く分かるのだ。その他、神本美恵子という骨の髄まで日教組な議員が副代表を務めるという、恐ろしい人事だ。

 野田、長浜、大串という名前が見えることから、この執行部は増税・緊縮財政派の布陣だ。いま、増税・緊縮財政で、安倍政権に勝てるのか。最初から勝負が決まっているようなものだ。

 こうして蓮舫民進党が船出したが、肝心の代表について、公職選挙法第235条5項「氏名等の虚偽表示罪の疑惑」があるとして、一般有志が東京地検へ刑事告発状を提出した。告訴状が受理され、地検が動き出せば、野党第一党の代表が刑事被告人になる可能性がある。「政権交代」「選ばれる政党」などを目指すと息巻いているが、いまは検察審査会という制度もあるから、この問題が泥沼化することだってあり得るのだ。

 安倍・プーチン会談で北方領土に進展があれば、その直後に解散という筋書きまで論ぜられる今日、この代表とこの執行部で自民党に対抗できると思ったら大間違い。甘すぎる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
[ 2016/09/22 07:24 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/09/22 07:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/09/22 07:47 ] [ 編集 ]
素朴な疑問
最高顧問⇔常任顧問、
代表代行⇔副代表、
どう違うんですかね。
ポストは多いですが、女性の名前が少ないようで。
「ガラスの天井」を破ると代表は繰り返し発言するも、それは自分だけのことのようで・・・。

いずれにしても、なんの意味もないラインナップでした。


[ 2016/09/22 08:17 ] [ 編集 ]
もともと友達が少ない蓮舫> そうですね! でも違う裏社会系では、蓮舫さんすごいと思います。そこまで書けないのは判りますが!
[ 2016/09/22 16:34 ] [ 編集 ]
昔の名前で出ています♪
いずれをとっても民主党政権時代の悪夢を思い起こさせる名前で、怨霊退散!ナマンダブ。

唯一「清新な」イメージを与えるべき女性代表は二重国籍問題で最初から躓き、刑事被告人になる可能性が大では…?

リベラル左派政党が役立たずで退潮傾向なのは世界的傾向でありまして、結局、人々の雇用と安全を守るのは国家でしかないという常識が日本でも早く共有されますように。

民辛党の最大の支持団体である連合の中に手を突っ込んで、分裂させる好機かとも思います。出でよ、フィクサー。

[ 2016/09/22 20:32 ] [ 編集 ]
外国人参政権とは、言い換えるなら外国の内政干渉であろう
謝蓮舫さんという外国人が、日本の国会議員を続けている。テレビでも、当たり前のように、謝蓮舫さんという外国人が、日本国の議員として政治的な発言をしている。日本国憲法に定められた日本国民の権利、参政権の侵害であると思い憂う。外国人の参政権とは、言い換えるなら外国の内政干渉に等しいであろう。

一般論として、日本国憲法違反に加え、その前提としての国籍法違反の疑いがある。謝蓮舫さんという外国人は、2004年の選挙公報に「1985年帰化」と、日本国民をあざむき当選した事実がある。この事実は、揺るがない。日本国民への謝罪は、いまだにない。警察は、公職選挙法の虚偽記載をした外国人を、一般論として公訴時効3年経過により、事実上捕り逃がした。この事実は重い。

なぜ、重いのか。他の外国人の犯罪が、助長されるからだ。違法行為の放置は、国内外の治安を危うくする。治安の悪化は、故なく死する人を多くする。ゆえに、未然に防がなければならない。特に、謝蓮舫さんのように、国籍があいまいなままは、良くない。日本国籍がある場合とない場合が、発言のみで証明書がないならば、性悪説で日本国籍のない場合もあり得る。日本国籍のない場合は、外国人の日本国民になりすました犯罪だから、オレオレ詐欺などの犯罪も、助長しかねないおそれがある。

外国人の謝蓮舫さんが、日本国の戸籍登録にあるのかないのか。
この問題の本質は、唯一この一点尽きると、オレは思う。
[ 2016/09/22 21:53 ] [ 編集 ]
立候補の届け出
には本人の戸籍謄本を添付して選挙管理委員会に提出しますから、蓮舫議員に日本国籍(戸籍謄本)が存在しないということはまずあり得ないでしょう。謄本の偽造まで手を染めてない限りは。(笑)

それから控訴時効は事件が発覚してから年数を数えます。事件発生後ではありませんので、蓮舫氏の二重国籍問題は時効にはかかりません。それに先だっての参院選からは僅かの時間しか立っておりませんし。


[ 2016/09/22 22:44 ] [ 編集 ]
訂正
ツキクサ様宛でした。

失礼しました。
[ 2016/09/22 22:49 ] [ 編集 ]
戸籍謄本、抄本
親族の死亡で相続する財産の処理にも自己の婚姻届にも戸籍書類は必要になりますから、成人してからこの二件を経験しているR4が自らの台湾籍に気がつかない筈は無いでしょう。
父親が台湾籍を抜けていなかったというのが正しければ、最低でも相続時にもっと明確に自分の二重国籍を自覚出来ていた事だと思います。
それとも相続手続きせずにいるのか?

記憶に無い。記憶が違って居た。家中ひっくり返さなければパスポートが何処にあるのか分からなかった。
・・・種々面妖な事を言う人です。
で、「率直に謝る」。
率直って正直に裏付けられている言葉ですけどね。

脱法ハーフ、違法人、ノラリクラリオンガール、煎じ詰めれば唯の嘘つき外国人。
それを党首に仰ぐ政党って、どこまで国家観の無い集団なんでしょ。

何人もに役職提示したけれど固辞する議員が多かったそうで、出来上がった執行部がコレ。
悪逆の徒・近藤昭一の件は忘れません。国会をサボって南鮮の慰安婦デモに参加したり、国家公安委員長の席にありながら北によ依る南鮮ヨンビョン島ミサイル攻撃の日、終に仕事場に駆付けなかった「トミ子さん」より酷い行状でした。

今回の執行部にも日本の最大の人権問題である拉致問題に言及する議員は居ないのも「あい変わらずの民侵党」です。

R4氏はシアワセの後からついてくる悲喜劇を、近いうちに我々に見せてくれるものと楽しみにして居ます。
[ 2016/09/23 00:31 ] [ 編集 ]
公訴時効と選挙に必要な書類
日本国民の多くは、選挙に立候補した経験はない。裁判沙汰になることも少ない。レッドバロンさんのコメントを読みましたが、いろいろと思い違いをなされているかと。

…まず、公訴時効だが、個別の事件で公訴時効は勘案されるも、一般に、事件が発覚したときではなく、事件が発生したときに起算されるようだ。
(参考 最高裁判所判例 農地法違反 事件番号「昭和39(あ)1111」)

謝蓮舫さんが、日本国憲法第四十四条、国籍法第四条、公職選挙法第十条に違反していると、オレは疑う。いずれも、公訴時効には当たらないであろう。

…次に、選挙に立候補するときの提出書類。レッドバロンさんの言うように、市町村の議員には「戸籍謄本」は必要だ。しかしながら、国会議員には、おそらく「戸籍謄本」は、提出書類に含まれていない。

「衆議院小選挙区選出議員の選挙・参議院選挙区選挙における立候補届出等」の手続きは、選挙長に提出する書類として、
 供託証明書(1部)
 宣誓書(1部)
 所属党派証明書(1部) 

…と、e-GOVホームページにある。「等」には、おそらく戸籍謄本は含まれていないであろう。今後は、公職選挙法を改め、必要書類に戸籍謄本も含めるべきかと。
[ 2016/09/23 09:54 ] [ 編集 ]
戸籍謄本の提出は必須
東京都選挙管理委員会に問い合わせましたが、公職選挙法にかかる選挙に立候補する者は国政選挙、地方選挙を問わず必ず戸籍謄本を提出する必要があるとの回答を得ましたので、ご安心下さい。

公訴時効は確かに色々な判断基準がありますが、何しろ国籍法違反では罰則規定がないため、訴えの効果がありません。その為、現在有志が公選法違反(虚偽記載)で蓮舫氏を地検に告発している状況ですが、今回の参院選からさほど日数は経過しておらず、時効の問題にはかからないでしょう。
ただし蓮舫氏は今・現在が「二重国籍状態」なので、過去の事件発生日からの起算ではなく、違法状態が継続していると見るべきでありましょう。

とりあえず、以上であります。
[ 2016/09/23 16:56 ] [ 編集 ]
彼らは敗戦により日本に涌きだした魔物
国民を惑わせ本質に辿り着くことを常に阻害している理論を抜きにして、本当の事を正々堂々と言えば、
蓮舫だの菅直人だのは日本を滅ぼし赤化しようとしている侵略勢力の対日スパイでしょう。
この現実は中学生や高校生も知っている。
パチンコが違法賭博であるのをみんなが知っているのと同じ。
自明のことです。

そもそも占領憲法からして無効で在り、日本は敗戦してから何もかも出鱈目なのですから、真実を追い求めていきどうしたいのかを追求していかなければ。
決まりだから拉致被害者を救出しにいけません、行くことが法に反しますと言った非常にばかげた結論にいたり国民一人助け出せない。
これは実質日本が主権を失っている証拠で在り、民主主義でも何でも無い、敗戦により侵略勢力に傀儡されている魂の無い空虚な何かになっている証拠。
かろうじて残っている國體があるからどうにか日本は日本で在り続けているけれども、このままでは日本は滅ぼされてしまいます。

民進党執行部の面々は、敗戦により日本の國體を否定した海外の侵略勢力が日本に築き上げた戦後占領体制のなかに生まれ育って涌いてきた反國體すなわち反日日本人および外国の政治スパイ(対日工作員)。

彼らは支那の工作員であったり、北朝鮮の工作員であったり、様々でしょうが、共通しているのは日本の國體を無視していること(日本そのものである國體に反しているということ)。
そして彼ら対日工作員は社会主義・共産主義の意図を汲んでいる、つまり赤い連中ということです。

彼らは私たち日本人の敵です。
日本が赤化したらおそらく大半の日本人は虐殺されるでしょう、それは歴史が如実に何度も証明しています。
ソ連、中共、チェコスロバキア、さらには反スターリンではあるけれども赤居連中であるトロツキストを源流にもつネオコンの行ってきた中東蹂躙(ブッシュだのライスなど典型)彼らの歩く先々では夥しい量の血が流れます、しかも無辜の人々の血です。
Fルーズベルトやトルーマンも同じ、彼らも赤と通じまたは赤に踊らされドイツや日本の一般国民に対して大虐殺を行ってきました。

私たちは赤(GHQとその上位組織には赤のスパイが入っていた)が築いた戦後占領体制を打ち砕かなくてはいけません。
占領憲法の無効確認、そしてSCAPIN33に代表されるような反日方向に捏造・変更・隠蔽が行われている言論弾圧・情報統制社会を打ち砕かなくてはなりません。

幸い、日本第一党が誕生し、日本第一党は政策として日本を縛り滅ぼす占領体制を木っ端微塵に打ち砕くのでようやく、日本に夜明けが来ると思って居ます。
[ 2016/09/23 18:49 ] [ 編集 ]
それでも民進党が生きているという、日本の非業な現実
正直、民進党の人事など、誰がやろうとも大差無い為、興味はありませんが、民進党の重鎮クラスの人物は、在日や労組勢力の支援が厚いのか、選挙などでも中々落とせないのが現実です。

無能どころか、日本を特亜に謙譲しようとする愚かな勢力を生き延びさせることほど有害なものは無いと思いますが、民進党に対外工作機関が浸透しているのも、また事実で、蓮舫の二重国籍ですら有耶無耶になろうとしている現状を鑑みれば、その深刻具合は重大だと思います。

今回、蓮舫を有志連合が告発したようですが、果たして検察が動くのかどうか。相手は、様々な組織(国連、特亜工作機関、日弁連、労組など)がバックに付いている無法集団ですから、そう簡単に逮捕できるとは思えません。

蓮舫を国籍法で逮捕するのは難しいですが、公選法か旅券法で逮捕する事は可能だと思います。

一縷の望みですが、反日政党たる民進党を壊滅に追い込むための手段として、代表の蓮舫の告訴は、有効な手立てだろうと思います。
[ 2016/09/24 00:55 ] [ 編集 ]
できれば、準起訴を!
検察は、告訴状の受理義務があれど、起訴便宜主義で、受理しながら不起訴だの起訴猶予にしてしまいます、それを避けるため、検察に告訴状を受理させると同時に、裁判所にも告訴状を提出、民事でも刑事でも、それは拒めません。
準起訴で徹底的に、法律を見方につける、ただ最近赤い裁判官がいるのがなんとも言えませんが。
[ 2016/09/27 16:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: