私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  蓮舫新代表選出は民進党の「終わりの始まり」

蓮舫新代表選出は民進党の「終わりの始まり」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍内閣の支持率は驚異的だ。政権がスタートして最初のNHK世論調査(2013年1月)では、内閣支持率は64%だった。そこから44か月後の2016年9月、支持率は57%と健在そのものだ。近年では稀にみる長期政権で、この間、たった7ポイントしか下げていない。同じNHKの調査では、昨年7、8月には不支持率が支持率を上回っていた。最も低かった昨年8月から、20ポイントも回復させている。

 読売の直近の調査では、前月から8ポイントも上げて、64%という高い支持率をさらに伸ばしている。NHKでも読売でも、支持と不支持のギャップは約30ポイント。実績もあるが、支持率を押し上げている主要因のひとつは、民進党の体たらくさにあるだろう。

 小池都知事と豊洲市場問題にすっかり話題をさらわれたかたちの民進党代表選だが、メディアはそれなりに報道をしていたはずである。民進党のメディアでの露出度は、少なくとも国会開会中よりは遥かに高かった。しかし、NHKの調査結果を見てみると、民進党の9月の政党支持率は8.3%と、前月よりも0.7ポイント下げた。ここ数日で報道各社の調査結果が連発されるだろうが、ご祝儀はあるにせよ、依然低空を飛行している実態には変わりないだろう。

蓮舫


 民進党は、昨日の代表選挙で、蓮舫を代表に選出した。予想された通り、蓮舫の圧勝である。票を郵送し終わるまで、蓮舫の二重国籍の真実を知らされなかった党員・サポーターの票は、この際、判断基準にならない。問題にすべきは、国会議員票である。

CsXzXoEUMAAFzlM.jpg



  地方議員  蓮舫126、前原50、玉木30
  国会議員ら  蓮舫210、前原128、玉木74

 「国会議員ら」とされる者の約半数が、蓮舫に票を投じている。あれだけメディアで取り上げられ、ネットでも批判が集中する中、事の重大さを全く勘案せず、よくも蓮舫に投票できるものだ。30年以上違法状態にあった者、そして、法務省見解によれば国籍剥奪の可能性すらある議員に、代表をやれというのだから、彼らはおそらく無国籍主義者なのだろう。そういえば、民主党初代の総理大臣は、「国というものがなんだかわからない」という迷言を吐いた人物だった。安直に、「国会議員としては比較的若く、そして女性」という看板なら、多少の浮揚効果があると期待したのだろう。浅はかさにもほどがある。

 代表選後の記者会見で、蓮舫は、「信頼がなければ、支持率にはつながらない。1つずつ時間をかけて丁寧に、そして信頼される政党にしていきたい」と語った。信頼される政党を目指す党代表が、自分の国籍についてロクに説明もできず、信頼どころか疑念の対象となっているのだから、何をかいわんやだ。蓮舫に投票した党所属議員の頭の中には、信頼への期待などない。蓮舫という女性議員で看板をかけ替え、党勢を回復させ、自身の選挙に有利な状況を作ることしか考えていなかったのだろう。

 だが、蓮舫を代表に選出した昨日が、民進党の終わりの始まりである可能性は十分にある。守旧メディアはこの代表選を以て二重国籍の追跡から意図的に力を抜くだろうが、ネットは黙っていない。新代表が言及した茨の道は、その新代表が敷いたことを、党議員は後々痛感するだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2016/09/16 07:13 ] 政治 | TB(0) | CM(18)
警戒すべきこと
おはようございます。

民進党が衰退していくのは当然の成り行きとして、
警戒すべきことを2点、感じています。

①野党の体たらくによる与党の緊張感の緩み
安倍政権最大の敵は、自民党内の利権漁りの連中の存在かと。

②民進党議員の共産党への擦り寄り
票欲しさに共産党に近づき、支配される連中多発かと。

一つの終わりは、次の始まり。
なかなか簡単にはいきませんが、気を緩めるわけにはいきません。

それにしても、民進党、しぶといですね。
早く、トドメを。


[ 2016/09/16 08:00 ] [ 編集 ]
解散総選挙でとどめを
安倍さんは解散総選挙でぱよちんるぅぴぃ集団ミンシンに
とどめを刺すべきだろう。
参院で高みの見物しかできない嘘吐きトカゲ女R4に引導を渡し、
中途半端な野党共闘しかできない狂惨とミンシンの両方を壊滅に追い込むのが上策だ。
[ 2016/09/16 09:11 ] [ 編集 ]
ご参考までに
ご存じかもしれませんが、こんなものがありました。


平成十三年三月六日提出 質問第三九号
ペルー共和国前大統領アルベルト・フジモリ氏に関する質問主意書
提出者  辻元清美

その主張は・・・

辻元清美「二重国籍は絶対に許されない 日本国籍を剥奪し、国に追い返すべき」


とにかくデタラメな連中ですね。

[ 2016/09/16 09:25 ] [ 編集 ]
R4の二重国籍問題に関し、連合や経団連は、ダンマリですね。
[ 2016/09/16 11:59 ] [ 編集 ]
しかしまぁ
確かに国会議員としての問題意識の程度は疑われるけれど、
与党から選挙対策を考えると、仮にも最大野党のトップが嘘つきの能無しになるとか
ありがたすぎる結果ではあるというか…

また、党首が選挙落選になるとかいう身体張ったギャグかましてくれるんかな。
維民党さすがやな。
[ 2016/09/16 12:49 ] [ 編集 ]
自民党、公明党、日ころ、維新および日本第一党は、「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」および「(韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人などの外国人、二重国籍者などが党員資格を有する)偽民進党」に対応する必要が全くないです。
自民党、公明党、日ころ、維新および日本第一党は、「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」および「(韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人などの外国人、二重国籍者などが党員資格を有する)偽民進党」に対応する必要が全くないです。
-----

😺 「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」は、①日本国憲法違反、②国籍法違反、③旅券法違反、④公職選挙法違反、⑤ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」などに完全に該当します。
それゆえ、「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」を、①総務大臣は、参議院議員から失職させ且つ公民権を剥奪し、②法務大臣は、日本国籍から離脱させ且つ日本国外へ退去させ、③外務大臣は、日本国旅券返納させなければなりません。

😺 「(故意又は過失を問わず)二重国籍のレンホー」を党代表へH28.9.15(故意又は過失を問わず)投票選出した「(韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人などの外国人、二重国籍者などが党員資格を有する)偽民進党」も、①日本国憲法違反、②国籍法違反、③旅券法違反、④公職選挙法違反、⑤ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」などに完全に該当します。
それゆえ、①総務大臣は、偽民進党を日本国憲法違反認定、公職選挙法違反認定などを行った上で解散させ、②法務大臣は、「偽民進党関係の二重国籍者など」を日本国籍から離脱させ且つ日本国外へ退去させ及び「偽民進党の党員資格を有する韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人などの外国人」を日本国外へ退去させ、③外務大臣は、「偽民進党関係の二重国籍者など」を日本国旅券返納させなければなりません。

😺 日本国の憲法および法令等に完全に違反しているのに帰化未帰化在日韓国人デタラメ常套句「外国人差別だ!」と発言する者は、日本国外追放の対象者になります。

😺 「差別」「レイシスト」「ヘイト」「○○をぶっ●せ!」「○○をぶっ●す!」「●を放火する」「●を爆破する」「猿」は、韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句です。

😺 第一次資料(事実)に基づく真実を語ることは、「差別」「レイシスト」「ヘイト」「猿」では全くありません、すなわち、「(韓国式)差別」「(韓国式)レイシスト」「(韓国式捏造にもとづく韓国式)ヘイト」「(韓国式)猿」では全くありません。
[ 2016/09/16 13:10 ] [ 編集 ]
言い逃れの双子
議員の最低基礎条件は遵法精神だと思うのですが、話題盛りでそれも前日に台湾籍が未処理中だと本人が発表して、つまり二重国籍状態にある人物を、それでもお構いなしで選出した210名の民侵議員の資格を問いたく思います。

立法府に属する議員が法を重要視しないなら、彼らが審議立法する法律とは何ぞや?

幹事長就任の野田元首相は就任決意表明?で「落とし前をつける」だそうで、ヤーサン然の出入りもあるのかな?w
末田先任軍曹殿! 一緒に見に行こうぜ

事ほど左様に、品も格も教養もそして一番重要なはずの信頼努力など、何処を捜しても無い政党です。(フツー捜せば一つや二つは見つけられる物ですけど、無い!皆無!ゼロ!)

土井党首の社会党も一時の盛りを過ぎたら凋落の一途でした。
福島みずほの社民党はあの通り。
三人目の女性党首政党の民侵、グラフにしたら今どの辺を歩んでいるのかな。

R4が民進党を変えたい、といい、他議員もR4ならば党が生き残り支持率上昇と希望を持って、法など無視しての選出でしょうけど、墜ちたら責任は誰に問うんだろ?無責任を絵に描いた様な政党ですのに。
それに、自分の事でも今回醜態を曝した無責任言い逃れ知らん顔のR4が、自分と双子の様な党を変えられる筈は無いだろうと思います。

法務省はしっかりお仕事して欲しいわ。
[ 2016/09/16 21:37 ] [ 編集 ]
野田さん火中の栗を拾う
何気なく見過ごしたテレビのニュース。

野田さんはコメントで(意味として)こう言った。
「落選して国会に戻れないでいる多くの人達の為にも、火中の栗を拾う決断をした」

ええ、誰のためにって? やっぱり管理人様の言われる通り、選挙互助会なんだ。

「蓮の花を支える蓮根の気持ちになって、徹底的に下支えする」

まあ、洒落のつもりか「蓮の花を徹底的に下支え」なんて、のんきな人やな。
二重国籍を屁とも思ってない証拠ですよ、野田さん。あなたも同罪ですわ。
[ 2016/09/16 22:38 ] [ 編集 ]
こはる様 
アホを挑発されてはなりませぬよ! 
民辛の鼠族なんかを見に行けばアホ自らが火病を起こして出刃包丁でも振り
回すしかないじゃないですか。 腹が立って罵詈雑言しか出てこず憂国さんに
コメントをUPするのを控えておるのでございますw~

安倍さんは氏育ちともに良くて民辛党の鼠族ドモの殲滅戦なんかやりそうに
ありませんしねぇ・・・
支那か北朝鮮がもう少し派手な挑発をしてくれるとブサヨ懲罰の口実が出来るのかも・・と神頼み状態です。

「正論」10月号に自称保守?と名乗る長島昭久が寄稿していました。
「民辛党を共産党と共闘に走らせたものには安倍首相にも責任がある。
何でもカンでも『民辛党はダメだ』と決めつけ野党根性を刺激するような
言動が我々の神経を逆なでしたからだ・・・」てなことを言ってました。
まさに「選挙互助会のバカに付ける薬は無い」の標本ですわw~
[ 2016/09/16 23:54 ] [ 編集 ]
それじゃあ同じだわ
バロン閣下をお誘いしたら、あの御方は絶対野次り倒しそうで鼠集団に追い駈けられるかも、と思って先任軍曹殿だけにしましたのに、それじゃあ同じではありませぬか。一人で行こうっと。

安倍総理はお育ち云々よりも、R4を担ぐしか手がなくなった民侵なら自然消滅すると思って居られるのでは無いかしら。
敢えて瞬殺するよりもジワジワ溶けて行く党の苦しみを自民党の反面教材しましょう、対岸で苦しめ なんて。

「正論」10月号・・・あったわ、長島手記がw
朋美大臣や尖閣・南西諸島防衛と小池姐さん記事を読むために買って、長島記事は目に留まらなかった。
そんな中身なら読まなくて正解ね。

しかし、お見事なくらいに徹底している、悪い事はみ~んな他人の所為。良い事は、無いから功を言えない悲惨さ。哀れやのー。

でね、台湾の国籍を放棄するには有効パスポートの返還が必要なんですって。
彼女は「失行しています」と言ったのよね。
なので手続きするにはパスポートから改めて揃えないといけない訳。時間掛かるわね。
それに台湾パスポートを発行するなら日本国籍を捨てないと台湾は駄目なんですって。二重国籍認めてないから。
国籍って、そういう大事な大事な扱いをされる物なのよね。当たり前だけど。
民侵等はもっと誠実に物事に当る神経ぐらいは持って欲しいものだわよね~。
[ 2016/09/17 00:23 ] [ 編集 ]
失行=失効 でありんした。ご無礼
[ 2016/09/17 00:28 ] [ 編集 ]
こはる様
鼠族ドモ視察の露払いがお勤めできませず申し訳ございません。

民辛奴らを睥睨しに行かれるのはよろしいのでございますが、くれぐれも
粗相無きようご自愛くださいませ。

貴女は憂国の鑑たるご婦人であらねばなりませぬ。 つまり
十有(ゆう)五にして学に志し三十にして立つ。 そして今は耳順(したが)ふの
境地であられることは勿論、己が心の欲する所に従って矩(のり)を踰(こ)えず
でなければならないと昔の賢者が申しておるようでございますれば。
[ 2016/09/17 01:19 ] [ 編集 ]
越えちゃうゾイ
な~~~~にを云って居るのだ。もうこの歳になったら己が心の欲する所に従って好きなように生きるんだもんねっ。
矩でも糊でも飛び越えちゃって、野狸の落とし前の仕儀を見物ツアーなのだ。

 「自分の政治生命の落とし前をつけるつもりで火中の栗を拾う」
分る?この日本語。
ワタクシに分るのは個人的事情らしいと言う事。
どっこにも国民とか有権者とか日本が無いの。敢えて言えば民侵党すらないのよね。
流石に民主党の首相をした人の判じ物は分りそうで随分違和感が湧く言語ですバイ。
だって、あの人、民主党にエンドマークをつけた張本人なのよ?なのに、未だ火中に栗が落ちていると思える所が・・・ねえ。いけズーズーしいと言うか未練がましいと言うか。
好きでするのでしょうけど、カチカチ山の狸さんにならないとイイワね。後始末が大変ですもの。
[ 2016/09/17 01:59 ] [ 編集 ]
恐ろしいほどのバカ女
はは、こはる様

蓮舫が台湾のパスポートを再取得するために日本国籍を放棄すると、自動的に国会議員の身分も失いますわな。どうする積もりなんだろ?

似たような事例がかつてありました。日本の外交官試験に受かった学生が、幸か不幸か?問題のブラジル国籍を持っておりまして。我が国の外務省は二重国籍者の外交官への登用は認めておりません。彼はブラジル生まれの日本人ゆえに。何しろブラジルは出生地主義で国籍を付与してくれる有難い国なのです。)

ブラジルも二重国籍は認めておらず、よって一旦日本国籍を放棄してからでないと手続きに入れないということになり、日本の外務省のブラジルの法務省の全面的な協力の下に彼のブラジル国籍からの離脱手続きが行われましたが、それでも官報に記載されて完了するまでに約6ヶ月かかったそうです。ブラジル国籍からの離脱はまったく出来ないことはないそうですが、かかる複雑怪奇な手法を用いなければならくて、素人にはとても無理ですね。

おまけにあのバカ女は台湾は国ではないとか余計なことを言って、台湾の議会と当局をえらく立腹させています。

はっきり言って失効している?パスポートの更新時期の問題とかを考え合わせても、全て台湾当局の胸先三寸で彼女の運命は決まります。それをカンカンに怒らせるようなことを平気で言って、場合によっては蓮舫は漢奸=国家反逆罪に問われかねませんぜ。

彼女をスパイとか工作員と言うのは過大評価もいいとこで、死ぬほどのバカ女だから止めとけと言っているのに聞く耳を持たない民辛党員の阿呆さ加減にはひたすら驚いています。あの無知蒙昧なR4がカッコ良く見える輩がいるのですから、確かに彼ら、彼女らの政治的知能指数は28以下としか思えませんですワイ。
[ 2016/09/17 02:27 ] [ 編集 ]
「歴史」の重みと民辛奴らの限りない軽さ
こはる様  レッドバロン閣下

野駄ブタが「火中の栗を拾う」とかノタマッタのですか・・・
私めでは栗が何で、それをどう拾おうとするのか見当がつきませんわぃ。
蓮舫はブンモウ(悶盲)じゃなかろうか? と思い唐突に「愛を読む人」って
映画を思い浮かべました。 

50年代のドイツ。15歳の坊やは年上の婦人(ケイト・ウィンスレット)と懇意に
なります。 坊やは女が飯屋のメニューを読めないことから文盲と気づきますが
仲睦まじく過ごしています。 ある日、一切の伝言すらなくケイトは姿を消して
しまい坊やの心に深い傷を残します。

すこし時は流れ、坊やが司法修習生(レフ・ファインズ)となって裁判所での研修
で見た被告人は突然姿を消してしまったケイト。 彼女の罪状はアウシュビッツ
の看守として多くの囚人をガス室に送った「未必の故意」の主犯。

文盲が看守の端役を務めることはあっても未必の故意の主犯などになりようが
ありません。 しかしケイトは文盲でることを申告せず司法修習生も文盲である
ことを証言しようとはしません。 判決は死刑が無い独の最高刑、無期懲役!

国籍が同じであれその中の階級と出自が絡む桎梏の世界と廉呆&野駄ブタ
の軽さをを思ったとき、「日本って本当に平和で良いお国だなぁ~~」と
投げやりな溜息しか出てきませんわ・・・   
[ 2016/09/17 13:30 ] [ 編集 ]
一個ありました
良い様に考えれば野狸が「FIN」と打った事が再生安倍総理の誕生を産んだ訳ですから、功績はあったのですね~w。一個。

ブラジル国籍の日本人青年に外務省が働きかけても6ヶ月。

本当に、本当に、民主が下野してしょぼくれ野党になっている今明らかになったR4二重国籍問題で良うござんした。
これが間違って今でもヤツラが政権に居たとしましょう。権力横暴を極めて外務省のお尻を叩き、何かのバーター行使等で失効パスポート(だと本人説)も有効にして即座に問題解消にしてしまった、であろう、とアノ三年三ヶ月を顧みれば想像出来ます。
尖閣諸島が犠牲になって・・・つるかめつるかめ。

果たして彼女の台湾パスポートは失効していたのか?ちょっと気になっている点です。
歩く「口は禍の元」が党首になって、次の選挙でどれだけの現議員の政治生命が保てるのか?賭けたくなりますわ。
で、彼女自身の運命や如何に!違法を重ねて何処まで強運が続くのか、とくとご覧あれ。

末田先任軍曹殿、ストーリーを知りますと邦題にも感心致します。評判になった映画ですが、見逃して居りました。
元看守が守り通したかった罪悪感と誇り(見栄?)。それを思いやれる迄に成長した元坊や。(ワタクシ、見栄も大事と思って居りますれば)
自己の誇りと国家の悪を背負う罰も辞さない元看守。それに対して野狸は、首相まで務めたのに国家国民への責も何処へやら、「落とし前の火中の栗拾い」。なんなんじゃー?!と言うかやっぱり民主党は民主党、なのであった。
で、誰もこの幹事長挨拶に表立って異を唱えない。冗談多過ぎですよ、ミンシンさん。

そしてR4の野田採用の言が「安倍首相にしっかり対峙出来る人」。対峙するのはR4じゃあ無いみたい。
まあ対峙、なんて対等に考えるより慎ましく冷静に政治力と国家観の違いを知って敬虔に学びの姿勢だったら将来もあるでしょうけれどネ。
[ 2016/09/17 17:14 ] [ 編集 ]
日本の恥
よくこんなバカ女が野党第一党の代表になれますね。
まー野党第一党といっても存在しないに等しいですが。共産党レベルですからね。
自民党も左翼化していてとんでもない政党になりつつありますが、日本には
自民党という政党しかないと認識してます。ただこの政党も公明党に頼って
いてはどうしようもありませんが。
[ 2016/09/22 01:37 ] [ 編集 ]
民進党(偽)は消える
元々、細川連立政権の成れの果て、まさに烏合の衆、訳のわからない、政党が山のように、できては消え、離合集散、細川連立政権の後、新進党ができたものの、また分裂して、民主党から民進党(偽)になったものの、どいつもこいつも、俺が俺がの塊、最近最大の支持母体の連合も、分裂しかかっています、あとはゆっくり瓦解を待つのみです。
[ 2016/09/27 17:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: